相互リンク先の更新情報!

【友達】冬の出来事【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


雪のふった長野駅で夜10時にあったんだ。

 寒くてさ、でもぴっちりとしたパンツに胸が大きく開いた麻の服をきて、大きなニットの帽子を深めにかぶっててさ。かわいかったよ。19歳で、1週間前の年末まで処女だった子。

 もうすぐにでも僕のいやらしいおちんちんで汚してあげたくてもうカチカチになってたよ。

 相手の子の車で寒いからすぐにホテルにいってさ。ホテルに入ってからソファにすわっていろいろと話してさ。そのままソファに押し倒して、キス。

 唇をなめるようにキスして、相手の唇を奪うようにキスして閉じてる唇に舌をいれて、お口の中の舌を僕の舌でからませて、いやらしいディープキスしたんだ。

 まだ 最初はやさしく、ゆっくり・・・でも僕のおちんちんはすぐにでもあそこにつきたててぐちゃぐちゃにしたいくらい固くて、おちんちんの先からはいやらしい液体がおちんちんの根元までたれてひくひくしてるんだ。

 キスしながら、指を胸や乳首、おへそ、あそこに伸びていって、身体中を感じさせながら、さ。

 そろそろ いやらしくいじめてやろうと思ってさ

”キスだけで こんなにどきどきしてるの?軽く触るだけであそこが熱くなってるよ”なんて やさしくいいながらあそこを服の上からさわるんだ。

 もう処女みたいに”やっ やだ はずいっ”っていいながら 僕の手が動かないように両手でおさえつけてさ

 だから、そのときに胸をいきなり むき出しにして、白くて大きい胸をあまってる片手でいやらしくもみながらぴんってたってる乳首にキスして、舌で転がすようになめてさ。

 乳首をいやらしくなめて、唇ではさんだり、おっぱいを口の中にいれて舌でめちゃくちゃにしたり。

”あっ だめえ 直 感じちゃうの”なんていいながら、目をとろんってしながら 僕に乳首をなめられて感じてきてさ。

 それだけでもう身体から力が抜けちゃってるから、パンツの中に手をいれて、下着の中へ・・・

 すっごくぬるぬる。Hが2回目なのにこんなに濡れててさ。




”こんなにぬれてるよ 君のおまんこ。淫乱ちゃん”っていうと、”だって 直にこっ こうされたかった。めちゃくちゃにして”っていいながら 腰がいやらしく動いてるの。

 キスをしながら、口を閉じさせてあそこを指でいやらしく 動かしていくと、とろとろに濡れてるあそこの中に、クリトリスが大きくなってるのがわかって、指ではじくたびに腰がピクンピクンはねてさ、キスしてるから”んんっんんーっ”っていうのがわかるけど、そのまま押さえつけておちんちんが一回しかはいったことがないあそこを探したんだ。

 指先で探してると、相手の子は感じすぎて僕の首に両手をまわして しがみつきながら、あそこがどんどんぬれてくるんだ。

 指先であそこのいろんなところを触りながら、やっとあそこの穴を見つけたんだ。もう本当に狭くって、人指し指の先しか入らないくらいの小さい穴なんだ。

 でも、相手の子はあそこをいじめすぎたみたいで ぐたってしながら ”もう だめ 直さん すごいよう・・・”っていいながら ぐたっとしてるんだ。

 ソファでパンツと下着を脱がして、靴下も脱がして、上の麻の服はきさせたまま、ブラもとってさその格好のまま、ベッドまで抱き上げてつれていったんだ。

 相手の子はぐったりとしたままなんだ。

 それで、僕の固くなってるおちんちんをあそこに生のままくっつけて、腰を動かしてクリトリスにあたるようにいじめてさ。服をたくし上げて 大きなおっぱいを両手でもみしだきながら、両方の乳首を口の中にいれながら相手の子を感じさせたんだ

”は あああ ああう あん”って 感じててさ

”俺のおちんちんが あそこに当たってるのわかるんだろ?いってごらん”っていうと

”はあっ そんっ なこといわないで”っていってものすごくぬるぬるしてきたから、言葉でいじめられるのが好きな Mの子だってわかったからさ。僕の好みのいやらしい女にしてやろうと思ってきたんだ。

 そのまま 入れようと思ったけど、ものすごく狭くって僕のおちんちん入らなくってさ

 だから、乳首から下まで舌でなめていって、あそこの毛を指つかんでおまんこ広げながら、あそこの穴に舌をいれたんだ

”そんなひどいことしないで いやあ”

”やん ああう 気持ちいいよ 直 直”っていいながら 腰を突き出して身体 ひくつかせちゃってさ、あそこがひくひくして 穴の入り口がしめつけるんだ。

 舌でなめてるとだんだんとあそこの穴が少しずつ広がってくるんだ。

 指をいれると 奥でしめつけて すごく気持ちよさそうだったから、もう我慢できなくってあそこを指で広げながら 足をかかえて 腰をつかんだまま、ぬるぬるのおちんちんを 相手のあそこに押し付けて、ゆっくりと押し込んでいくんだ。

 ものすごく狭くて、僕のおちんちんがゆっくりと入るたびに あそこがぎゅーって締め付けてきて ものすごく気持ちいいの

 ”あいっ 痛い 痛いよ”っていうけど、あそこはぬるぬる。

 だから 奥までぬるぬるしたのが続いてだんだんと入っていくんだ。

 あそこの奥までおちんちんをいれたけど、相手の子が痛がっててさ。僕は ものすごく気持ちいいんだよ。あそこが狭くて息をするたびに僕のおちんちんをしめつけてきてそれだけで いきそうになっちゃう。

 セカンドバージンだから 激しく動かすといたがるから、あそこの奥までいれたあと動かさずに、乳首とクリトリスを指でいじりながら、耳元で”いやらしいよ あそこ。僕のおちんちんが入って”とか、”指であそこに入ってるおちんちんをさわるんだ”とかいって、僕のおちんちんを指でにぎらせたり。

”あああ あそこに太いのが はいってえ・・”っていいながら、2回目のおちんちんで痛がってるんだ。

”あっ はっ はっ”っていいながら 我慢してるんだ。

 30分くらい あそこの奥までいれたまま 動かさずにおっぱいとクリちゃんをいじめてたら、だんだん我慢してる声が いやらしい声にかわっていくんだ。

”はあっ あっ あっ”ってね。

 おちんちんを自由に動かせる僕は、ひくひく動かしたら、もう”あああっ”っていいながら、あそこが僕のおちんちんを締め付けながら、気持ちよくなってるんだ。

 そのまま10分くらいあそこの奥にいれたまま、おちんちんを びくっびくって動かしていじめてると痛みを我慢してる声があえぎ声になっていくんだ。

 興奮するよ。俺のおちんちんでだんだん女の子がいやらしくなっていくのを見てるのはさ。

 もう ものすごくおちんちんが固くなってきて かちかち。

 我慢できなくなって正常位でゆっくりと出し入れしはじめたんだ。乳首を吸いながら、30秒くらいかけて 出したり入れたり・・・ クリトリスにこすりつけるようにね。

 もう相手の子なんか シーツを指でぎゅーって握り締めながら、顔を上に向かせて目をつぶって 快感に身をまかせてるみたいに いやらしい声を出し始めてさ。

”はあっ いい いいの すごい ああうー”ってさ

 だから、腰をつかんで20分くらい ずっとあそこの奥までこすりつけてじらすようなセックスを楽しんだんだよ。

 最初はきついだけのあそこの感触がだんだんと 僕のおちんちんで広がってきて、あそこが締め付けるくらいに動くようになってきて。

 相手の子なんか ぐったりしてても入れるたびに身体がのけぞってさ。

”2回目でこんなにいやらしくなって。淫乱ちゃんだね”

”いやあ そんなこと いわないで、直 直・・・”っていうから 動きを止めると

”いやいやあ してえ お願い”っていうくらい。

”直のおちんちんでHしてくださいってお願いするんだ”っていうと すごく恥ずかしがって

”・・・hしてください。直”って小さい声でいわせてから、激しく動かし始めたんだ。 そのころにはあれだけきつかったあそこが、僕のおちんちんを奥までずるってくわえこむようになっててさ。 腰をうちつけるたびに くちゅくちゅって音がして、つながったところから 愛液がたれるくらいに感じてて。

 相手も感じすぎて、僕の首に抱きついたまま、ずっといやらしい声をあげつづけてるんだ。

 いきそうになってるらしくって 何度も何度も 僕の背中につめをたてたり、シーツをつかんで上半身だけふるさせてさ。

 それから、バックと騎乗位、側面位って 相手の子がしたことがない格好で何度も突き上げてさ。

 バックでしてるときなんて、胸の大きい子だったから、白いお尻を見ながら、おちんちんをあそこにつきあげて胸をもみしだきながら、クリちゃんをいじってバックで犯すように動かしてさ。

”こんな格好で犯されるようにエッチして いやらしいな”って耳元でいじめると、”はあっ あっ ああ 気持ちいい・・いいよう”って もうHにのめりこんでてさ。

”あそこにおちんちんが入ってるんだよ。ちゃんと自分の手で確認しろよ”っていって 手をつながってるところにもっていかせると、夢中になって僕のおちんちんを指ではさんでさ。

”ぬるぬるしてるだろ?君のいやらしいのがついてるんだよ”っていいながら、おちんちんをさわってる手を相手の子のお口にもっていかせて、僕と相手の子の指をなめさせて、バックでつきあげたんだ。

 それから、僕が動かなくって 相手の子に動かせたりさ。バックがはじめてなのに気持ちいいところにあたるように、いやらしくお尻をふってるんだよ。

 騎乗位のときも自分でいれさせてさ。

 2時間くらい あそこにおちんちんをいれて セックスしたかな。もう、いやらしい声がずっと出っ放しで”ああっ あっ あう いいの いいの”ってさ。

 最後は、正常位で抱きしめながら激しく動かしててさ”精液をちゃんと飲むんだぞ わかったな”っていって耳たぶを噛んでると ”はっ はいっ 飲ませて 飲ませて”っていうから、いきそうになるまで いやらしくおちんちんであそこを攻め立てたあと、あそこからぬいたときに 僕がいっちゃったんだよ。

 相手の子のあそこから胸にかけて 精液がびゅくびゅく飛び散ってさ。

 だから 相手の子の頭を射精してる僕のおちんちんに近づけさせてくわえさせたんだ。

 精液がでてる最中だからほっぺや 唇に精子がかかってるところを お口にくわえさせて なめさえたんだ。

 夢中になって舐めてたよ。

 初めてみたいだから、もう僕の精液をのむミルク人形みたいに ぴちゃぴちゃとなめてさ。

 終わったあと、相手の子はベッドから動けなくて、腰ぬけちゃったみたいでさ。セカンドバージンだったから僕も興奮して4時間しちゃったよ。

 あとは、お風呂でもいやらしくなっちゃってる女の子の身体を堪能してかえってきたんだ。

 こんな風に女の子を感じるまで抱くのってすごく好きかも?

 Mっぽくするといやらしくなるくらいまでいじめてさ。もっともっといやらしい女の子 いじめたいな。


告白体験談関連タグ

||||||||

【友達】冬の出来事【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月30日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ