相互リンク先の更新情報!

【友達】隣の少女の友達②【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


「真実ちゃんがおしっこするとこ見せて」

「え?……恥ずかしいです…」

んー、既に恥ずかしい状況なんだけどなー。

「お姉ちゃんも佳純ちゃんもみんな、してるよ?」

してないケド。

「本当ですか?……」

「大人のエッチはみんなするんだよ?」しないケド。

「……恥ずかしいな……」と、いいつつも、真実ちゃんは、恥ずかしそうに腰を下ろしてくれた。

「あ、ちょっと待ってね」真実ちゃんを壁に寄り掛かるようにさせ、俺は真実ちゃんの正面に俯せに寝転んだ。特等席です。

「あ、あの…そこじゃ、おしっこが……」

ドギマギしている真実ちゃん。

「おしっこかかっても大丈夫だよ、お風呂だし」

「でも…恥ずかしいし……おしっこかかりますよ?」

「大丈夫大丈夫、さ、ガンバロウ!」何をがんばるんだか?

真実ちゃんは諦めた様子で、おしっこの態勢に。




「真実ちゃん、もっと足開いて」所謂、インリンの格好ですね。ゆっくり真実ちゃんの脚が開く。

「もっと開いて」

「は、恥ずかしいです……」ぐわぁー!いやらしいー!インリンなんて目じゃないよ!

真実ちゃんは目一杯脚を開いて、放尿態勢!

「ん……」ジョロ…ジョロジョロジョロ〜

「………」目をつむり、上を向いてる真実ちゃん。

おぉ〜いいながめだ……真実ちゃんのおしっこが顔にかかる。

カワイイ巨乳小学生の放尿姿に、マイジュニアが復活。

ジョロジョロ……。

真実ちゃんはおしっこが終わるとすぐに、シャワーでアソコを洗い流した。

「恥ずかしかった…」真実ちゃんは後ろを向いて、呟いた。

そんな真実ちゃんを後ろから抱く。おっぱいを揉みながら、

「出ようか?」と耳元で囁いた。

「はい」と頷く真実ちゃん。最後にシャワーで体を流してから、出た。

裸で二人、ベッドに座った。真実ちゃんは、流れているアダルトビデオが気になるみたい。

「………」

「どう?凄いでしょ」

俺は真実ちゃんの後ろから手を回して、おっぱいをいじりながら囁いた。

「大人はみんなあんな事するんだよ?」

うー、我慢汁がでまくり…真実ちゃんは黙って画面を見ている。

俺は真実ちゃんのアソコに手を延ばした。

「あ…」ぴくっと反応した。おぉ、濡れてる……

「ここが濡れてるのは、エッチしたいからなんだよ」調度、ビデオで女がフェラを始めた。

「ほら、あれがフェラチオだよ。エッチの時は必ずやるんだよ?」

真実ちゃんは黙って頷く。しばらくフェラ映像を観させてから、

「ほら、真実ちゃんもしてごらん」

「はい……」真実ちゃんは、マイジュニアを握って、顔を近づけた。

ああ…俺はなんて幸せ者なんでしょーか!

佳純ちゃんに続き、真実ちゃんにも、フェラを……しかも真実ちゃんは初フェラ…

「!あぉっ!」真実ちゃんがジュニアをくわえた。

既にイキそう……俺って早漏だな……

真実ちゃんにフェラ指南しながら、綺麗なおっぱいをいじくり回す。

真実ちゃんは懸命にフェラしてくれる。

もうたまりませーん!

「あぁー真実ちゃん出る!」真実ちゃんの頭を押さえて、口の中にどぴゅっ! 「んぐ?」

「精液でたよ…それは飲まないといけないよ」

「ん…」真実ちゃんはジュニア液を飲んでくれました。

はあ、②発目なのに、出たなぁ。

「……」真実ちゃんはちょっと驚きながらも、笑顔になった。

「気持ちよかったよ、真実ちゃん」真実ちゃんを抱き寄せ、ベロチュー。

真実ちゃんが背中に腕を回してしがみついてきた。

おっぱいがぷにゅっと俺の胸に。たまらなーい!

「今度は真実ちゃんが気持ち良くなる番だよ」

真実ちゃんをベッドに横にして、ぬれぬれのおまんこをクンニ。

「んっ…はぁっ…ううん…」

ため息に近いアエギ声。

でも、カラダはちゃんと反応してる。

お姉ちゃんにいじくられててるだろう、小さなクリを刺激すると、

「ひんっ!」腰がぴくってなった。

さぁて、じゃバイブ使っちゃおうかなぁ……

「真実ちゃん、バイブいくよ?」俺は持参したバイブを真実ちゃんに見せた。

すると…

「何ですか?それ」

は?バイブですけど…?

「バイブだよ?使ってるんでしょ?」

うねうね動くバイブに驚いて、

「ううん…使ってないです…それがバイブなんですか?」

あら…お姉ちゃん、何をバイブにしてるの?

ローターを見せた。

「それです……」

あらま!お姉ちゃん、ローターとバイブを間違えてるわけね。

「これは、ローターていうんだよ」

ローターのスイッチオン!真実ちゃんのぬれぬれおまんこに宛がう。

「あ…はぁぁ……」

膝を曲げた格好で脚を広げてる真実ちゃん。エロい……

さらに刺激すると、

「くっ!あぅーっ」

脚が自然に開いて、シーツをギュッと握って、のけ反る。お姉ちゃんにかなり仕込まれてるな。

バイブを使ってないなら、初挿入は、マイジュニアになるわけだ!

ムフフフ。

「あ、あくぅ……はあはあ」散々ローターでいじくりまわし、真実ちゃんのおまんこはぐちょぐちょ。

マイジュニアも②度目の復活をしたし、挿入しようっと。多分すぐイカないと思うから、始めは生で入れちゃおう!

快感の余韻に浸る真実ちゃん。

「はあはあ…」

「さぁ、真実ちゃん、チンチン入れるからね」

「ん……はい…」

脚を目一杯広げて、ジュニアをグチョグチョおまんこになすりつけ、滑りをよくする。

「う?…アアッ!」ジュニアの頭はツルッと入った。すでに、キツイ感じで気持ちいいー!

そのまま押し込む。

「うぐっ、痛い!」

真実ちゃんは顔をしかめて、腰を逃がそうとする。

「痛いです…うぅ」

「初めはみんな痛いんだよ?我慢して」

「うぅっ…はい」

ゆっくり挿入して、途中抵抗があった。膜かな?

「はあぁぁ…痛っ!」

真実ちゃんは涙を流し、必死に堪えてる。

ゆっくり途中まで入れて、後は一気に貫いて

最後まで入った。

「ぐぅぅぅ……痛っ」

「最後まで入ったよ」

「うぅ」

「初めは痛いけど、そのうち気持ちよくなるからね?お姉ちゃんも佳純ちゃんも同じだったからね」

なんかありふれた台詞だな。

やっぱりきっつい!最高ですね!

俺はゆっくりだしいれしてみた。充分濡れてるから、抽挿はスムース。

「くっ!あぐ」

もう真実ちゃんに気を使ってられない!

腰を振る度に、真実ちゃんのおっぱいがプルンプルン揺れる。

「うっうっうっ」

突き上げる度に真実ちゃんの苦しそうなアエギ声。

キツイおまんこが気持ちいいのもあるけど、なにより、ダイナマイトバディ小学生とつながってるという事が興奮する。

射精感がやってきた…一度ジュニアを抜いて、コンドーさんを装着する。

シーツに真実ちゃんの血がついた。

「はあはあ…血…?」

「大人になった証拠だよ」「………」

ベロチューして、また挿入した。

「あぅっ…!」

色々したいけど、また今度にしよう…余裕がない!

気持ち良すぎ!

「うあっ!くぁっ!」

おっぱいを揉みながら腰振り。ああ、気持ちいい……もうだめ……

どぴゅっ!

「うあぁん…!」

真実ちゃんは気持ちいいのと痛いのが入り交じった状態かな?

「ふぅ…終わったよ、真実ちゃん」

真実ちゃんは脚を開いたまま、大の字で朦朧としている。

「どうだった?」

そういわれて、のそのそ起き上がる。

「痛かったけど大丈夫です…」

「そのうち気持ちよくなるよ」

真実ちゃんは頷く。

そんな真実ちゃんにベロチューをした。

また二人でお風呂に入り、汗を流し、ラブホを出る。

うーん、感激…小学生のバージンを頂きました。

真実ちゃんとはまたエッチする約束をして、別れた。癖になりそう…てか、なってる。


告白体験談関連タグ

|||||||

【友達】隣の少女の友達②【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月31日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ