相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】信用したことが・・3【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


「若いだけに、締まりも抜群だ」

男は腰を振り始めた。私は、妻が犯されていることも忘れ、目の前で娘が犯されている光景に、見入っていた。「あ・・い・いや」

娘は、泣いてましたが、抵抗は、ほとんどしてませんでした。

男は、フイニッシュに入ると、ペニスを抜き、娘の腹に出しました。

また男は、娘にしゃぶらし、物が復活すると、また犯した。

そして、終わると

「よーし、次はあんたの嫁を味合うとするかか!もっとも、まだ、使えればの話だがな」男は、車から出て行った。

娘は体中、精液をかけられ放心状態だった。私は、その光景に我を忘れ、ズボンを脱ぎ、一気に入れた。

「お父さん・・なんで?」

娘の、哀しそうな声も無視し、無我夢中で腰を振り、中出しした。射精が終わると

「父親が娘を犯したらいけないな」

そこには、男達と妻がいた。

「この家族もお終いだな」

妻は、冷めた目で私を見ていた。

男達は、妻と娘を犯し始めた。




「あんた!中出ししたらだめだわ」

娘に手を出してしまった以上、何も出来ずに、ただ、終わるのを待つだけでした。

結局開放されたのは、夜になってました。

その後、妻とは離婚し、娘も妻が引き取り、妻たちは、今も男達に相手させられてるみたいです。


告白体験談関連タグ

||||||||||

【人妻・熟女】信用したことが・・3【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月31日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ