相互リンク先の更新情報!

【友達】キメセクにハマった女達2【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


その人妻と別れて・・・行きつけのスナックのママさんから女性を紹介されました。〝〇〇さん、今彼女居ないでしょう?今度可愛い子を紹介するからね!”とは聞いていましたが・・・。ママさんと焼肉を食べているときでした。

〝あっ忘れてたね。紹介したい子がいるから今から電話してみるね。”

30分ほどして来た女性の名はN子。

X1で32歳、実家に帰り今は何もしていないとの事。私は、ママの経営するスナックで何回か見かけていました。色白で線が細く、年齢よりずい分若く見える子でした。

食事が終わりママはそのまま出勤。

私はN子をママのお店に誘うと〝行きます。”との返事。〝私ほとんどお酒が飲めないんですよ・・・”と言うN子に、頻りにお酒を勧めるママ・・・。

9時を過ぎる頃にはかなり酔ったN子。

目線はとろんとして頬をほんのり赤く染めています。ママは気を利かせたのか〝Tさん、N子ちゃんを送ってあげて!”と言いながら片目を瞑ります。

その頃の私はお酒が強い事もあって、平気で飲酒運転をしていました。N子を誘い〝もう一軒飲みに行かない?”と聞きました。

〝・・・私かなり酔ってるし・・・どうしようかなぁ・・・。”無理してのまなくてもいいから付き合えば?と聞くと〝じゃあもう一軒だけ・・・。”

あまり酔わせてもいけないし、二軒目ではもっぱらカラオケを歌って11時過ぎてからお店を出ました。車に乗りN子に大胆な提案をしてみました。〝家に遊びに来ない?”〝えっ・・・奥さんがいるんじゃないですか?”

この返事内容でN子は落ちたも同然です。

奥さんがいなかったら付いてきてもイイと言う事ですよね?(爆)

私は妻とは別居、実家で一人暮らしをしている事をN子に伝えると〝じゃあ行ってみようかな・・・”N子を家に連れて行くと〝スゴイ家に住んでますね・・・”三階の私の部屋に案内し〝何か飲む?”と聞くと、〝お水を貰えますか?”と言うので、冷蔵庫から出したペットの水を・・・。N子は私のベッドに座り水を飲んでますが、なんとなく手元無沙汰風です。

〝俺シャワーを浴びるから、ビデオでも見てて!”と言うとテレビとビデオのスイッチオン。




画面を見つめるN子の前で平気で裸になりました。季節は夏・・・私の部屋のベランダにはシャワーがあります。N子は緊張しているし、私の裸を見るのも恥ずかしいのかテレビ画面にクギ付けでしたが・・・。ナレーションが終わり流れ出した映像はアダルト。

しかも海外の無修正です。私はワザと時間を掛けてシャワーを浴び部屋に戻りました。

部屋の明かりが漏れるベランダから見えるN子はビデオを見ています。〝あ~すっきりした。N子ちゃんも汗を落として来たら?気持ちいいよ。”と言いました。私はバスタオルで体を拭きながらN子に声を掛けましたが、下半身はワザと丸見えになるようにタオルでは隠していません。

・・・部屋を暗くしてもらえますか?と言うN子。ライトを消しましたが、テレビは付けたままなので真っ暗にはなりません。

逆に薄明りの中、聞こえるのは無修正ビデオの中の女優の喘ぎ声・・・余計に淫靡な雰囲気になりました。

後ろ向きで服を脱ぐN子・・・。

薄明りの中に私好みのスリムで真っ白な体が浮かび上がります。私は後ろからバスタオルを掛けてやると〝ありがとうございます、恥ずかしくてそちらを向けなかったんです・・・。”胸までバスタオルを巻きベランダに出て行くN子・・・。私は〝ドライヤーを用意しておくから髪も洗っていいよ!”と声を掛けました。

10分ほどで部屋に戻ったN子は髪は洗っていませんでした。私はベッドの中でビデオを見ていました。N子はベッドの横に座るとモジモジしています。

私はN子の手を掴み、ベッドに引き込みました。

〝ぁ・・・”と声を上げるN子・・・。私はN子を押し倒し、バスタオルを剥ぎとります。

N子の上に乗り両足をこじ開けました。軽く唇にキスをし、額、頬、また唇・・・何度も繰り返し緊張を解してやります。強張ったN子の体から力が抜けて行くのが分かります。N子にキスをして、唇の間に舌を軽く・・・Nの唇が開き舌を絡ませてきました。

私はNこの舌を私の口の中に導き強く吸い上げます。・・・・ンン・・・と声を上げるN子。

この間にN子の両膝を私の両足で押し広げてMの形にしていきます。少し抗うN子を無視して、首筋に舌を這わせながら次第に両膝を上に押し上げ、屈曲位の形にしていきました。

私のチンポはN子のオマンコに触れています。少し腰を動かし、チンポでオマンコを擦ってみると、すでに溢れる位濡らしていました。私はカリ先でクリを擦りながら〝すごく濡れてるやん・・・いつもこんなにオマンコ濡らすの?”と聞きました。

N子は恥ずかしいみたいで、両手で顔を隠し、首を横に振りました。〝違うの?じゃあなんで今夜はこんなにオマンコ濡らしてるのかな?”そう聞きながらもカリでクリを擦るのは止めません。“イや・・・恥ずかしい・・・”とN子。〝フ~ん・・・恥ずかしいんだ。N子ちゃんは恥ずかしいとオマンコぐちゃぐちゃに濡らすんだ・・・じゃあもっとはず恥ずかしい目に合わせて、もっとオマンコぐちゃぐちゃにしてあげるよ!”X1でフリーターのN子。

これから変態淫乱調教の開始ですよ。(爆)


告白体験談関連タグ

|||||||

【友達】キメセクにハマった女達2【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月31日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ