相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】勿体無いほど美形の人妻③【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


手で顔を覆いながら濡れたオマンコは丸出し・・・間隔が長くなって行きながらもビクンビクンと前後に痙攣する腰・・・

男からすれば何とも卑猥な眺めです。

息も絶え絶えの彼女を俯きに替え四つん這いにさせました。

イた太ばかりの彼女はグッタリとして為すがまま・・・私の唾液と愛液が入り混じり、オマンコはグチャグチャです。私はチンポをあてがうと、オマンコの入り口をまた何度もなぞり上げます。

“アン・・・あっ・・・”しばらく続ける彼女は喘ぎだしました。わずかながら腰もグラインドしています。チンポのカリでクリトリスを擦り上げると“ああっ・・・いっ・・・”“ほら欲しがってるよ。どうする?チンポ嵌めたいんでしょ?”“ン・・・いやっ・・・いっ・・・あっ”彼女の声は弱弱しく、言葉に反して腰のグラインドは大きくなって行きました。“言ってごらん、どうして欲しい?ヌルヌルのオマンコにチンポ嵌めて欲しいって。”私は彼女の耳元で何度も囁きながら同じ動作を繰り返します。

“・・・さい・・・を・・・て・・・”“ちゃんと言わないとこのままだよ。クリ舐められてイッたでしょ?恥ずかしいことないやん。”“・・・てください・・・んちんを入れ・・・”“ほら、はっきり言わないと分かんないよ!私のオマンコにチンポをハメてっていいなよ!”そう言いながらクリを擦りたて、オマンコの入口に先をあてがいジッとしてると、

何とか入れようと彼女の腰が押し付けられてきます。

そのたびに腰を引き、彼女の望みは叶えてあげませんでした。絶対に落としてやる!そう決めていました。私もビンビンに興奮し、チンポのカリはパンパンに膨れあがっています。“お願いします。私のオマンコにビンビンのチンポをハメて下さいって言いなよ!”

彼女は堪らないようで、腰のグラインドも早くなっていました。

危うく入りそうになったり・・・私は尻を掴み動かせないようにするや入口にチンポをあてがいます。カリの手前まで挿入し“早く!言わないと抜いちゃうよ!”とうとう彼女が落ちる瞬間が来ました。“お願いします…私・・・わたしの…ンコ・・・オマンコにおちんちんを・・・て・・・入れて下さい。”“はっきり言わないとダメでしょう?それに子供じゃあるまいしおちんちんなんて・・・チンポと言いなさい!”そう言いながら腰を少し引きました。“あっ・・・いやっ・・・オマンコに…私のオマンコにチン・・・チンポをハメて下さい・・・”“チンポじゃなくてビンビンのチンポだろ?言い直し!S子のオマンコにTさんのビンビンに起ったチンポをハメて下さいっていいな!”

ここまで来ると口調も変えます。

“あ~っ・・・お願いします、チンポを・・・ビンビンに起ったTさんのチンポをS子のオマンコにハメて下さい・・あ~っ、イッ!”

私はS子の言葉が終わらない内にゆっくりと入れ始めました。

ビンビンに起ったSさんのチンポまで言った時にはカリまで、S子のオマンコまで来たときは半分まで、ハメて下さいの直後には子宮口に届くまで深く・・・

あ~っ凄い・・・奥まで届いてる・・・す、すごい・・・っ・・・”ゆっくりと抜けてしまうくらいにチンポを引くと“あっ!いやっダメっ!”とS子。大丈夫、抜きはしないよ。




パンパンに張りきったカリでオマンコの入口を擦りだします。“あっ、あっ、あっ・・・気持ちいい・・・あん、あん、あっ・・・”“初めに入口でイカせてやるよ!”次第にピッチを速めて行きました。”あっ・・・凄い・・・いいっ・・・あっあっあっ、ああ~・・・・!”S子は大きな声で叫ぶと腰をガクガク痙攣させました。

オマンコの入口もビクビクと・・・

“あれぇ?オマンコもうイッちゃったのかなあ?”私はS子のオマンコの痙攣に合わせて、チンポをゆっくりと出し入れしてやります。

“ン・・・アアん・・・”快感の余韻に浸りながら甘えたよがり声を上げるS子。

オマンコの痙攣も収まり、S子の呼吸も戻ったので、またカリで入口を擦りたてます。

入り口よりほんの少し奥・・・そこをカリで擦りたてると、中から本気汁がどんどん出てきます。尿意を超えると潮を吹きます。出し入れのストロークを少しづつ深く・・・それでも奥までは入れない・・・

“あっ・・・あっ・・・また・・・あっあっあっあ~!”潮までは吹きませんが、中から本気汁を洩らしながら果てるS子・・・

二回イッたS子は、恥ずかしさも少し落ち着いたようでした。

“今度は君の番だよ。さあ俺のチンポをしゃぶってごらん!”私はS子からチンポを抜き、四つん這いのS子の目の前に突き出しました。

S子のフェラは上手ではありませんでした。本人もあまり好きではないとの事。可愛く美人でプライドの高いS子に、フェラを命令できる様な男は居なかったとの事でした。

“好きにさせてやるよ。チンポが好きでしゃぶるのも大好きな淫乱な女にしてあげる。”私はそう囁きながらS子の髪の毛を掴みあげ、チンポを出し入れします。“返事は?”“・・・”とS子。“ほら返事は?”私はS子の口にチンポを出し入れしながら何度も聞きます。“チンポが大好きな淫乱S子にしてください”そうS子が答えるまで何度も・・・

屈辱的な言葉を言わされる…S子には経験のない事でした。

後で聞いたのですが、男とSEXしてチンポでイカされるのも初めての経験。

衝撃的だったそうです。

私とS子は4時間以上も交わり続け、ふと気づいたら18時近くに・・・あわててホテル出て車に乗ると“あの…Tさんはいいんですか?”とS子。

何が?と聞きました。“あの・・・Tさん出してない・・・私ダメでした?”と・・・

“心配しなくても十分すぎる位に満足したよ!

俺にとってSEXは、相手の女性に満足してもらう事。

S子ちゃんは数えきれない位にイッたじゃない。最高だったよ!”

“そんな男の人は初めてです・・・”

かなり遅くなりましたが、S子と再会を約し、駅まで送り届けました。

翌朝10時半、携帯にS子より電話が入りました。

“明日は忙しいですか?”とS子。大丈夫だけど何時から?と聞くと“昨日と同じ時間にどうですか?”

じゃあ同じ場所で!と決めて電話を切りましたが、疑問がわいてきました。

“S子って何をしてるんだろう?仕事は?”一昨日も明日も平日です。

子供もいるみたいだし・・・

明日聞いてみよう。

続く


告白体験談関連タグ

|||||||

【人妻・熟女】勿体無いほど美形の人妻③【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月2日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ