相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】嫁の加奈とイケメンのフミ君が、目の前でセックスした2【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


私と嫁の加奈は、結婚して3年間、本当に楽しくラブラブな日々を送っていた。

加奈は童顔で、今時まったく髪を染めていない黒髪なので、かなり若く見える。





優しい顔立ちは、フィギュアスケートの有名な姉妹を、足して割った感じだと言われたりする。





収入的にはまったく問題ないのだが、ずっと家にいても腐ってしまうので、カフェでバイトしたりしている。

子供もまだいなくて、本当に幸せな毎日だったのに、そのカフェの他のバイトの男に、加奈を寝取られてしまった、、、



私が長期出張した隙にだったのだが、まったく想像もしていない事態だったので、本当に驚き動揺し、ショックを受けた。



深く反省した加奈は、2度とその彼と会わないと言って謝ってきたが、仲直りのセックスをしている途中で、私の寝取られ性癖を加奈に見抜かれてしまった、、、








そして、結局その歪んだ性癖は、己の目の前で、愛する加奈とその浮気相手フミ君がセックスするのを見たいという所まで行ってしまった、、、





実際に目の前で繰り広げられたセックスは、想像してたよりも遥かに衝撃的で、敗北感にまみれながら、最高の興奮を私に与えてくれた。









絶叫しながら愛してると叫び、中に出されてしまった加奈、、、

私は、ペニスに触れてもいないのに、下着の中で射精をしてしまった、、、







そして二人のセックスが終わり、やっと解放されると思うのもつかの間、私のつまらない強がりから、再び二人のセックスが始まってしまった、、、







ベッドの上で、フミ君を押し倒した加奈。

私の位置からは、加奈のお尻が丸見えだ。

そして、チラチラと見え隠れする加奈のアソコからは、フミ君の真っ白な精液が溢れ出ていた。



最近、加奈と私は避妊をせずにセックスをしている。子供を作ろうと思っているからだ。

卑怯な考え方だが、子供が出来ればフミ君のことを完全に忘れるだろうと思ったからだ。

もちろん、子供が欲しいと言う気持ちもある。



だが、目の前で中出しされてしまった、、、 この若くて大きなペニスで中出しされて、妊娠してしまわないか、、、

女性は、深いオーガズムを感じているときは受精しやすいと言う事を聞いた気がする。

それが本当ならば、私とのセックスでなかなか子供が出来ないのもうなずける。

逆に言えば、フミ君とのセックスならば、一発で受精してしまう可能性があると言える、、、





それなのに、加奈のアソコから垂れ流れる真っ白なものを見て、ギンギンに勃起している私はなんなんだろう?





加奈は、ベッドの上のフミ君に抱きついて、自分から積極的にキスをしている。

あの清楚で奥ゆかしい感じの加奈が、人が変わったように積極的にキスをしている、、



フミ君も、嬉しそうに加奈のキスを受け入れている。

フミ君は、この家に来て私の目の前に初めて立ったとき、土下座までして謝罪した。

心からの謝罪をしていると感じだ。



だが、今私の目の前にいるフミ君は、当たり前のように加奈のキスを受け入れ、キスをしながら加奈の大きな胸を揉んでいる。

当たり前のように、恋人のように、自然な感じすらする。







すると、加奈がフミ君から口を離していく。

見つめ合ったままの二人。

加奈が、いきなり唾液を垂らし始める。だが、フミ君はそれがわかっていたように口を開けて受け止めた。



そして、喉が動いて、飲み込んだのがわかる。

「ふふw 美味しい?」

加奈が聞く。恋人同士、、、 しかも、超ラブラブな恋人同士のような行為だ。



「最高に美味しいw 今度は加奈に、、」

そう言って、体勢を入れ替える。

加奈と同じようにフミ君は唾液を加奈の口の中に垂らし始める。



それを受け入れる加奈の顔、、、  目がキラキラ光っている。本当に嬉しそうだ。

そして、口の中のものをすぐに飲み込む。

「もっと!」

加奈がもっとと催促する。

「はいはいw」

フミ君も嬉しそうに再び垂らし始める。

加奈は、これ以上ないくらいの最高の笑顔で唾液を受け入れる。

私は、その光景を泣きそうになりながら見つめるしか出来ない。

だけど、ズボンを突き破りそうなほど勃起したペニス、、、





うつむいて、二人を見ることも出来ない私に、加奈の声が聞こえる。

「ねぇ、もっと、、、」



吸い寄せられるように加奈を見ると、私の方を一切見ることもなく、フミ君と視線を絡ませている姿が映る、、、





そして、結局加奈は5回おかわりをして、最後に我慢しきれないという感じでキスをした。

舌を絡ませながら、長い時間抱き合って、加奈がブルッと震えた、、、



「へへw またイっちゃったよぉ、、」

加奈が、茶目っ気たっぷりに言う。



「またキスでイッたの? 良いの?ご主人見てる前でw」

フミ君がそう言うと、二人がそろって私を見た、、、

私は、思わず目をそらして伏せてしまった、、、、

私が夫のはずだ、、、 だが、キスをする二人の前でうつむいているのは私だ、、、





「良いのw だって、こういうのが好きなんだもんw 浩輔さんはw」

「ふーーん、、」

フミ君の口調は馬鹿にした感じはなかったが、加奈は完全にからかう口調だ、、、

だが、その言葉に興奮している私がいる。

フミ君にも、馬鹿にした態度をして欲しいと思っている、、、、そんな気すらする、、、





「舐めて良い?」

加奈は、聞きながらもすでに舐め始めている。

「聞く意味ないよねw あぁ、気持ち良い、、」



「へへw ホント?今までで一番? 一番気持ち良い?」

無邪気に、キャンディーでもなめるようにフミ君のペニスを舐めながら、加奈が聞く。

「もちろんw 一番気持ち良いよ。」

急に真面目に言うフミ君。

「じゃあ、もっと気持ち良くなってねw」

そう言って、フミ君の立派すぎるペニスを口に含んだ。



丹念に舐める加奈。

玉の裏から、亀頭まで舐めあげ、ジュポジュポ音を立てながら、AV女優のようにフェラチオをする加奈。







「加奈、また口でイッちゃうよw」

「だぁめっ! こっちでイカなきゃダメだよぉ。」

加奈は、自分で仰向けに寝て足を広げ、アソコをクパァとする。



自分の嫁が、二人の寝室の上で、他の男に向かってアソコを自ら広げる姿は、禁断の果実のようだ。



心臓が破れるほどの動悸と興奮が私を襲う。





「エロ過ぎw でも、ちゃんと、どうして欲しいか言ってくれないとw」

「調子乗りすぎw」

「じゃあ、入れないw」



「イジワル、、 フミ君、、、 加奈の、、、フミ君の形になっちゃったオマンコにぃ、、、 フミ君の大っきいおちんちん、、、入れて下さいぃ、、、」



「はい、よく出来ましたw」

そう言いながら、一気に正常位で繋がった。

「ウ、あぁ、ア、、やっぱり、、、凄い、、、」

「あぁ、加奈、、、最高だ、、、 愛してるよ。」

「へへw」

さっきのセックスでは、加奈も愛してると言いまくっていたが、今は言わないようだ、、、

それを、物足りないと感じる私は、病状が悪化しているのだろう、、、



フミ君は、さっきのセックスの時もそうだが、若さに任せてガンガン腰を振るだけではない。

押しつけるような動き、廻すような動き、浅く抜き差しし、一気に深く入れる、、、

「あ、あぁ、、そ、、そう、、そこ、、 あ、くぅぅん、、、 あ、は、はぁ、、んんっ」

加奈は、その度にフミ君に抱きつき、眉間に深いしわを寄せ、あえぎ声を上げる。

「はぁ、、ん、、 ハッ! はぁっ! は、はぁっ! フミ君、、 気持ち良いよぉ、、 」



「加奈、もっと、、 キス、、、 愛してる、、」

「フミ君、、」

二人はごく自然に唇を重ねる。

キスをすると、フミ君は動きが変わった。

さっきまでの余裕のある動きではなく、力強い単純な動きになった。





余裕のない動きが、フミ君の本気をあらわしている気がした。



「んんんーーーっ!!!」

加奈が、うめきながらフミ君に抱きつく。

背中に爪を立てているのがなまめかしい、、、





でたらめに腰を振るフミ君。

キスしたままガクガク震える加奈。





限界が来たのか、フミ君が唇を離しながら

「加奈!愛してる!イクよ!中にイクっ! 俺の赤ちゃん産んでくれっ!!」

と、叫ぶ。



「アアアアアアアアあっっーーーーーっっ!!! イクイクイクっ!!! フミくんっ! 来てっ! そのまま、中に出してっ!!! おおおぉぉおお゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛ぉっぅんっ!! 愛してるっ!愛してるっ!! フミ君の赤ちゃん産みたいっ!!! ぐ、ああぁぁ、、、、イッぐぅぅーーーーっ!!!!」

「加奈、イクっ!愛してるっ!!!」



目の前で、愛のこもった種付けを見せつけられた、、、

フミ君は、少しでも奥に、少しでもこぼれないように、子宮に直接注ぎ込もうとでもするように、加奈の腰に手を回して引き寄せるようにしている。



「ぐ、うぁ、、あぁ、、 出てる、、 フミ君の、、、 全部子宮に入れたいよぉ、、 あ、、、う、あ、あ、」

うわごとのように言いながら、フミ君を見つめる加奈、、、



私は、再び下着の中で射精してしまった、、、

さっきに続いて、触れてもいないのに射精した私。

立て続けで、快感もより強く、思わずうめき声が出てしまった、、、



その瞬間、加奈が私の方に視線を送った。

そして、加奈の唇の端が上がった。

確かに、笑った、、、





すぐに視線をフミ君に戻す加奈。



もう、セックスが終わったと思った私は、絶望に叩き込まれる。

加奈とフミ君は、示し合わせたかのように、何も言わないまま体勢を変える。

イッたはずなのに、繋がったまま騎乗位の体勢になる。


告白体験談関連タグ

||||||||

【寝取られ】嫁の加奈とイケメンのフミ君が、目の前でセックスした2【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月2日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ