相互リンク先の更新情報!

【学校】いじめ・・・・その時の俺【告白体験談】

カテゴリー:学校での告白体験談
tag:


俺は 小さな頃から近眼で眼鏡をかけており ひょろひょろな体つきで 



よく女子達から 「 トンボちゃん 」 と からかわれていた



小学生の時期は学年が同じだと 女子の方が体格がよかったりするから



尚更 標的にされがちで 俺はしょっちゅう女子達から からかわれては 笑われていた



中学校に入るときは 「 これで ヤツらから解放される 」 と思っていたのに



何のことはない 同じ小学校だった女子らが 新たな仲間を加えたグループとなり



ますます 俺をいじくりだしたのだ もうそれは 「イジメ 」 だった



何もしていないのに すれ違いざま体当たりして突き飛ばされる






肩にかつぐ振りして 鞄をすごい勢いでぶつけてくる 



教室で机の間の通路を歩いていると 足をひっかけられる



その度に体重の軽い俺は 吹っ飛ばされ こかされ 壁や床に激突する



ヤツらは 確信犯なくせに 「 あー ごめん 大丈夫? 」 と殊勝な声を上げる



そうして ケラケラケラケラ笑うのだ ケラケラケラケラ



結局俺は 不登校気味となり 何とか中学校は卒業したものの



もちろん希望の高校にも入れず 



すべり止めで 誰もが入れるような高校にしか 行くことができなかった



そこで出会ったのが 同じクラスの美都だ



「 もしかして あなたが 『 トンボちゃん?』 あははははは 噂どおり〜 」



そう言いながら 美都はわざと 俺の頭に鞄をぶつけて 教室を出て行ったのだ



それから美都による 俺へのイジメが始まった



上履きを捨てる 鞄をかくす 机に弁当カスを突っ込む



俺がいったい あの女に何をしたと言うのだ



ただ単なる憂さ晴らしとしか思えない いやストレス解消のターゲットか?



『 付き合ってる彼氏と上手くいってない 』 って誰かが言ってたから 八つ当たりか?



冗談じゃない いい迷惑だ イヤ やり過ぎだろ



しかし 実は美都は 肌の色が抜けるような白い 結構な美少女だった



黒目がちな大きな瞳に 長い髪を巻き毛にして 一目を惹いた 



しかも親父は会社を経営していて 地元では有名な資産家 学校にも多額の寄付をしているとか



だもんで 彼女の行動は 周りのみんなからも 先公達からも 一目おかれ



大概 いや すべて大目にみられていた



イヤイヤ やりたい放題か? チクショー



性格が悪く 傲慢で自己チュー 鼻持ちのならない女だった



そして素晴らしく胸のでかい女でもあったのだ  噂だとFカップあるとか



夏になると 制服のブラウスのボタンがはちきれんばかりに 盛り上がってるのがわかる



そんなのを目の前に 美都から頭を小突かれながら



俺は 一度でいいから こんなおっぱいを鷲掴みにしてみたい と渇望したもんだった



そんなこんなある日 俺は忘れ物をして 放課後学校に戻ってきたのだ



教室に入ると 美都が 俺の机の上に座って 誰かと電話していた



「  どうして? まだ足りないの? この間の100万円は?



  パパの金庫からこっそり持ち出したものだから バレたらヤバイんだけど ・・・ 」



俺はほくそえんださ もちろん



「  わ わかった わかったから こうちゃん もうちょっと待って 何とかする  」



そう言いながら 電話を切った美都が俺に気付いて ギョッとした



「 な 何してんのよ さっさと帰りなさいよっ 」



言いながら美都は 俺の眼鏡を取り上げ 放り投げやがった



俺は そんな美都の腕を掴んで 「  何すんだよっ 」 とこっちを向かせたのだ



すると 美都は俺の手を振り払おうと もがき始めた



ヤツの胸は大きく揺れ ブラウスのボタンが1つ弾け飛んだ



と 同時に 窮屈そうなブラの中に押し込められてる オッパイの谷間が 目の前に現れたのだ



「  キャァ  何するのっ  」



慌てて胸を隠す美都の顔が 見る見る赤くなっていく



俺は真っ白なうなじに 美都の朱を差した耳たぶを見て もう頭がクラクラしてしまった



さっきチラリと見えた ピンク色のブラジャーも 俺の股間を熱くさせた



俺は 美都の腕を掴み無理矢理 開かせると



間髪を入れず ボタンの取れた部分から ブラウスを引き剥がしてやったのだ



「  イヤァァァァ  」



パラパラ と 残りのボタンも弾け飛び 美都はその場に しゃがみ込んだ



俺は 美都の腕を掴み立たせると ブラを上にずり上げてやった



すると 噂どおりの イヤ 噂以上か? すげーでかいオッパイがボロンとこぼれたのだ



俺の理性は吹き飛び 俺は 両手でそのオッパイを鷲掴みに 握り締めた



何という柔らかさ 何という弾力 股間が一気に立ち上がった



「  やめてーーーーー  」



美都が叫びながら 俺の腕を力いっぱい振り払いやがった ヤツも必死だ



そこで俺は 逃げようとする美都を 押さえ込みながら 言ってやった



「  さっきの会話 俺聞いてたんだぜ もちろん 俺のスマホに録音したし  」



ピタッ と美都の動きが止まった 録音は嘘だけど



「  お前の親父さんに知らせてやってもいいんだぜ 100万円の事  」



美都のおびえたような顔が 俺を見つめる



あぁ やっぱり綺麗だな コイツ 目を潤ませて耳赤くさせて ゾクゾクするぜ



俺は 動かなくなった美都の胸を もう一度鷲掴みにし 揉みくちゃにしてやった



美都は 眉根に皺を寄せながら俺を睨みあげ 下唇を噛んでいた口を開いた



「  何がしたいの?  」



わなわなと声が震えてやがるぜ ふふふ



「  お前には散々可愛がってもらったからな  お礼がしたいだけだよ俺は  」



言いながら ズボンのベルトを外し トランクスから俺の息子ちゃんを取り出してやった



それを見ながら 美都は引きつった顔を背け その場に泣き崩れた



「  うわぁぁぁん  お願い勘弁して 言うこと聞くから  お願い えぇぇぇん  」



高慢ちきな美女が泣くってのはいいもんだ 俺はますます興奮してくる



「  親父にバラされたくなかった 咥えろよ こうちゃんだっけ? 彼氏にはやってんだろ? 」



俺は 美都の頭を掴み 泣き声を上げる口に無理矢理 俺の滾った息子ちゃんを捻じ込んでやった



初め美都は えずきながらもがいて首を振り立てていたが



俺のガッチリ掴んだ腕力に抗えないと悟ったのか 徐々に力が抜けていき



俺の成されるがままに 頭を前後左右に 振り回されていた



抵抗しないのをいいことに 俺はそんな美都の顔を



俺の息子を咥え込んで 涙を流している美都の顔を 至近距離で写メてやった



「   ばにを”ずるのぉぉ  や”めでーー  うがんがぅぅぉう  」



また美都がもがき始めたが 俺はスマホを胸のポケットにしまい込むと



もう遠慮会釈なく 思いっきり喉奥に突き込んでやった



美都は 獣のような呻きをあげながら 真っ赤になって



涙と涎と鼻水でぐちゃぐちゃな顔で 俺に救いを求めるように 見上げた



この時 俺の中で何かが爆ぜたんだ



くそ生意気な女が ドロドロの顔で俺のものを咥えさせられて ゲェゲェ泣いてる



これ以上ない征服感とういうのか 支配感というのか 体の中から込み上げる優越感



俺の息子は あっと言う間に白いザ.ーメンを 美都の喉奥にぶっ放した



その瞬間の美都の顔ったら 



大きな瞳を般若のごとく見開いて 喉をヒクヒク震わせていやがった



俺はその顔を見ながら 放出感と満足感で 思わす身震いしたほどだ



頭を掴んだ手はそのままに 両親指だけ美都の目の下にあてがい



目を潰さんばかりに力を込めて 言ってやった



「  全部飲み干せっ  一滴でもこぼしやがったら ・・・  」



言い終わらないうちに 美都は恐怖に顔をヒクつかせながら ゴクリと音を立てて飲み干した



あははははは なんて爽快なんだ



俺は次に美都にやらせることを その時思いついた



俺は美都の頭を 片手で掴んだまま 椅子を一つ机から引き出し座った



そうして 美都をその前に正座させ 命じたのだ



「  パイズリして もう一度起たせろよ  」



俺の息子は 自分のザ.ーメンと美都のねばっこい唾液でヌメヌメしていた



触るのもおぞましいような顔つきで 美都が固まってる



起たせた後の事も考えているのか また再びシクシクと泣き始めた



「  泣いたって許さねーよ  俺は毎日毎日 お前にやられっ放しだったからね  」



「   ごめんなさい  もう   もう  しませんから   」



当たり前だっつーの  馬鹿か



俺は答えず 大きく足を開き しぼんでしまった息子の根元を持って 美都の胸元で振ってやった



美都は諦めたのか 仕方なさそうに タプンタプン揺れる両乳で俺の息子っちを挟んだ



おおおぉぉぉぉ  なんと気持ちいいんだ



ヒンヤリとしたお餅で包まれ こねられてるようだ



どうやら 美都は彼氏にいつも パイズリしてるのだろう



あまりの手つきのよさに 俺は嫉妬さえ覚えるくらいだ



ムカツクので パイズリしながら 先端を舐めさせてやった



チロチロ舌を伸ばして パイズリしながら 俺の息子を舐め舐めしてるところを



今度は動画で撮ってやった バッチリ美都の顔が入るようにね



また 美都の顔が引きつっていたが そんなことは構わない

 

完全に再勃起するまで イヤというほど 美都の白く柔らかい胸と舐め舐めの触感を楽しんで



今度は美都を立たせると 後ろ向きに お尻を突き出させ スカートを捲り上げてやった



一瞬 上体を起こし抵抗しようとした美都だが すぐに体勢を戻し 動かなくなった



観念したのか それはそれで面白くないのだ



「  上体はそのままで 自分でケツを広げろ 顔はこっちを見ながらな  」



俺は命じてやった



美都の背中が震えている しかし手を伸ばし 美都はパンツをずらしケツを割って見せた



顔をこっちに捻じ曲げる また泣いていた



俺は再び 異様な興奮状態に陥っていった



こんな美少女が しかも彼氏もいる女が 泣きながら俺にケツの穴を見せているのだ



この圧倒的な 制圧感 たまらんぜ



俺は 美都のバックから近寄り ぴっちりと閉じているムチムチの太ももに 息子を擦り付けた



美都の体が ビクッと跳ねる



俺の先走りの液が 美都の太ももを濡らしていく あぁ 息子が歓んでるぜっ



「  や やめてっ  お願いだから もうやめて お金なら用意するから  」



「  金? なんだ金って? チッ お前のクソ彼氏と一緒にするんじゃねーよ  」



俺はムカついて 太ももの間に息子を捻じ込んで パンツ越しにマンコを擦りながらピストンしてやった



挿入もしていないのにマンコは濡れてるのか 股間はしっとり湿っていて それなりに気持ちよかった



さすがに パイズリでギンギンになってただけあって 数分で俺はフィニッシュを迎えた



もちろん 俺のザ.ーメンちゃんは 美都のケツや太ももや 制服のスカートにベッタリ付けてやったぜ



ざまあぁみろ



泣きながらも 挿入されなかったことに安堵した様子の美都を見てると



俺は もっともっと美都を はずかしめてイジメテやりたくなって



スカートの裾を押さえ 泣くじゃくる美都に言ってやった



「  パンツ脱いで マンコ見せろよ  」



ギョッとした顔を向けて 美都は座ったまま 後ずさりを始めた



俺はスマホを取り出し さっき撮った動画を見せてやった



「  これをクラスの奴らや おっ そうだ お前のこうちゃんに 見せてやってもいいんだぜ 」



見る見る 美都の顔が歪んでいく



美都はその場に 土下座しながら 涙をボロボロこぼし謝罪し始めた



「  ぁぁぁ  ごめんなさい 今までごめんなさい 勘弁して それは 勘弁して  うぁぁぁぁん  」



そんな姿を見て 俺の息子ちゃんがまた 勃起し始めた



なんなんだ この高揚感は



もっともっと 泣かして 這い蹲らせて しいたげてやりたい



「  だったら さっさと言うこと聞けよ  パンツ全部脱いでマンコ見せなっ 」



美都は泣きながら ノロノロと履いていたピンクのパンツを脱いで スカートを捲くり足をM字に開いた



薄い下の毛の間から 淡い色合いの花びらが覗いてる 心なしかヒクヒク震えているようにも見えた



俺は鼻息が荒くなるのを抑えて スマホでその姿を動画に撮りながら言った



「  『 私のマンコに そのおちんぽ様を 入れて掻き回してください 』 って言えよ  」



美都は 首をブンブン振りながら 足を閉じようとした



「  言えっ  ここまで撮られて もう今更 逃げても同じ事だろ? 言うこと聞いたら 誰にも見せないよ 」



その言葉を聞いて 美都は 動きを止めた



「  ほ 本当?  誰にも見せない?  」



「  あぁ 俺の言うことを 全部聞いたらな  」



美都は 覚悟を決めたのか 震える声で口を開いた



「  わ  私のオマンコを その お おちんぽ様で 掻き回してください  」



あははははは これで合意の上だ いらない部分はカットすればいい



俺は 動画を保存すると スマホをしまって 美都に近づいた



すると 何かを察した美都が 突然立ち上がり 逃げようと駆け出したのだ



俺は すぐに美都の肩を掴み 引き倒した



「  イヤァァ  止めてぇ  助けて〜〜〜〜っ  」



大声を出す美都にのしかかり その口を片手で塞いで 片手で力いっぱい胸の根元を握り込んでやった



「  うぐぅぅぅぅぅ  」



美都が カエルを潰したような うめき声を上げる



また 俺の中で何かが爆ぜた



もっともっと うめき声を上げさせてやりたい メチャクチャに犯してやりたい



俺は 普段では考えられない力が 体中にみなぎるのを感じた



いつもの俺なら 美都の反発に吹き飛ばされていただろう 



しかし今日は違う ガッチリ美都を押さえ込める



「  黙れっ! 」 俺は大声で 美都を威嚇し 傍らに落ちていた美都のパンツを口の中に詰め込んでやった



目を白黒させる美都をよそに



俺は 美都の上に覆いかぶさったまま スカートをたくし上げて美都の膝を割り 挿入を試みた



体を捩って抵抗する美都の下半身に 思いっきり膝蹴りを食らわせると



美都の動きは止まり 観念したように身体を震わせながら目をつむった



涙をボロボロこぼす美都をながめながら 俺は深々と 美都の中に生ちんぽを捻じ込んでやった



あぁ たまんないな 生マンコは



俺は何度も何度もピストンしながら



美都の豊満なオッパイを揉んだり 舐めたり 吸ったり 噛んだりして楽しんだ



美都は嫌そうに 首を振りながら それでも身体はピクンピクン跳ね 反応を示している



「  なんだよ 嫌そうな顔しながらも 身体は歓んでるぜ〜  」



耳元で ささやいてやると 美都は首をすくめながら 甘いため息をもらしていた



あははは 感じてやがんの



あきらかに潤いを湛えてきた マンコがグチョグチョ音を立て始め



キューっと 俺の息子を締め付けて きた



美都は真っ赤な顔して イキそうな雰囲気



なんだコイツ 中は開発済みかよ まぁ その方が俺も楽しいけど



俺は 短時間に3度目なもんで なかなかイキそうになくて



それでも 美都の締め付けを楽しみながら ガシガシ突いてやった



美都のヤツは 俺の背中に手を回し 足を腰に巻きつけてきて



しがみつくように イッテしまってました



あははは 



俺の背中に爪を立てて ガクガク痙攣する美都を 振り払うように 俺は引き剥がすと



今度は腹這いに転がし 邪魔なスカートを千切るように脱がせて バックから挿入してやったのだ



まだ 身体がピクピクしている美都のマンコは ズルズルながらも 締まっていて最高だった



でかい胸同様 美都はケツもでかく その分くびれて見える腰を掴んで



俺は猛烈に突き上げてやった



いつの間にか 吐き出したのか 自分で取り出したのか



口に突っ込んでたパンツは外され 床に転がっていたけれど



美都の口からは 甘く それでいて切羽つまった喘ぎ声しか出なくなっていた



「  アァァァン  もうダメ もうダメ ハァハァ   また また イッチャウーーー  」



首を仰け反らせ 背中を痙攣させる 美都を見ながら



俺は ズコズコ腰を突き立て 美都の釣鐘状にぶらぶら垂れ下がった乳を掴み



乳首を思いっきり つねってやった



「  ギャァァァァアアア  ンン   お願い 許してーーー  」



叫びながら マンコがキュゥゥゥと 締め付けてくる



オォォォォ たまんないな



美都は顔を床に付け ケツだけ高く掲げた体勢で 俺にガシンガシン 息子を叩き込まれて



ヒィヒィヒィヒィ鳴きながら 果てては また 身体を硬直させた



俺は 真っ赤になって痙攣している 美都のオッパイを



揉みくちゃにしたり 大きなケツを バチンバチン引っ叩いたり



もう楽しくて仕方なかった



俺の息子で ピクピク白目を剥きながら 硬直する美女を見下ろすのは 男冥利につきる



何度も何度も 息子を抜き差しするたびに 美都の口から 訳のわからない叫び声が上がり



美都の真っ白な太ももを 白いマン汁が垂れ落ちていて 俺もかなり興奮した



床は 美都の涙と鼻水と涎とマン汁で グショグショだった



最後は また美都を正座させ なかなかイケない俺は



たっぷり30分ほど 美都の口でイラマチオを楽しんで 美都の顔に ザーメンをぶっかけてやった



もちろん 俺の息子を綺麗にお掃除フェラさせた後 汚れた床も 美都に綺麗に舐め取らせてやったよ









俺は イヤ俺様は こうやって 『 S 』 に目覚めていったのだ 『 ドS 』 にね



美都はあの日以来 俺様の奴隷になった 



もともとヤツにも 『 M 』 の資質があったんだろう 『 ドM 』 のね



俺様は もう 「  動画を見せるぞ 」 なんて 脅しは一切使わなかったけれど



呼び出す度に マンコ濡らして 俺様の足元に這いつくばっていたよ 美都のヤツは



美人で身体つきも好みだったから 当分調教して可愛がってやったな 鼻フックが似合ってた 笑


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【学校】いじめ・・・・その時の俺【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月3日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

このページの先頭へ