相互リンク先の更新情報!

【友達】す・・す・・好きなんです・・・2【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


 

 

 それは 

 

 と、いう、気持ちです。

 もちろん、いつだって、好きです。

大介さんに、をした…あの日…から、ずっと…、ずっと、好きでした。

 その想いが込み上げて来るとき…

 来たとき…

 私は…。

 いつも眠っている、この、ベット。

どこででも見かけるような、ごく、ありふれたこの…ベット。

 全ては、ここから、はじまります。

 目を閉じて、今、大介さんを…想う…。

ドキドキして、胸が、苦しい。




だって、貴方が、目の前にいる…。

な、何か話そうかっ…と、思うのに、もう、頭が全然働かない。

何も…喋れない。

口が、かすかに、動くばかり。

貴方の目に、ただ、捕われて、いる、ばかり…。

 

「あ、またミカン買ってるの?たしか一昨日も買ってたよね。」

「うん。今、旬だし、ミカン、大好きだから。大介さんは?ミカン好き?」

 また、今日も、他愛もない話しをする。

だけど、話せて、嬉しい。

毎日の時間の中で、私の一番、好きな時間。

大切に思える…時間。

何分かの、楽しい時間は、今日もあっと言う間に…過ぎる。

私も、これで、十分なんです。

 

 …でも、今は違う。

貴方を想って、こうしている間は…私の自由…。

 今、貴方は、私だけのもの。

大介さん。…貴方を、独り占めに…出来る。

 こうしている間、私は、って呼ぶんです。

…だから、。

そうすると、まるで、恋人どうしみたいに、感じる事が出来るから…です。

「大ちゃん、大ちゃん…っ。」

 心がどんどん大介さんを求めます。

何度、こうして、貴方を求めたか、もう分からない。

何度も、何度も、貴方を求める。

 …一度、会話の流れで、大介さんの、手を、触ったことが、あります。

何気ないフリをしていたけど、本当は、嬉しかった…。

 温かかった。

 …その手が…、

 私の手が、今、になる。

 貴方の手の温もりを思い出しながら、私は…。



 続き、また、書きますね。



 

 


告白体験談関連タグ

|||

【友達】す・・す・・好きなんです・・・2【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月3日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ