相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】夜中に目が覚めたら嫁がチャラ後輩にバックでハメられていた【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


今日は、会社の後輩が家に遊びに来て、調子に乗って飲み過ぎて潰れたようだ、、、

いま目が覚めたが、今が何時なのか、それどころか自分がどこで寝ているのかも、一瞬わからなかった。

頭もガンガンする、、、



とりあえず、自分がリビングのこたつに入ったまま寝ていた事は理解した。

そして、こたつで寝たからだと思うが、猛烈に喉が渇いている事に気がついた。



とりあえず、水かな?と思っていると、人の気配と物音?声?に気がついた。

あぁ、嫁か、、水持ってきてもらおう、、 そんな事が頭をよぎったが、すぐに水でもぶっかけられたような気持ちになった。



『ダメぇ、、抜いてぇ、、 ホント、もう無理、声、、出ちゃうぅ、、 ンンあっ、、、』

嫁の嬌声だった、、、 薄暗いリビングの端っこのソファの上で、人影が二つ重なっている。

「だから、その声で起きるってw 黙って締めてろよw すぐイクからw」

後輩のサトシの、いつもの明るくチャラい感じとは違った、冷たい声が聞こえる。








よく目をこらしてみると、ソファの背もたれに体をもたれさせて、座面に膝をつき、バックからサトシにやられているようだ、、、



僕は、慌てて引き離さなきゃと思ったが、体が動かなかった。

サトシに対して、先輩と言いながらも頭が上がらない僕は、一言で言うと彼にビビっている。



気弱な僕は、喧嘩もした事がないし、人に強く意見を言えない。

サトシは、そんな僕に対しても馬鹿にした態度を取らずに、会社でも凄く僕を立ててくれるのだけど、よく日に焼けていて、茶髪でスポーツ万能で良いガタイの彼に、僕は密かにビビっている。



だけど、今はそれどころではないし、犯されている嫁を助けないといけない。







嫁は黒髪眼鏡という清純タイプだが、僕より半年生まれが早くて、学年が一つ上なので、姉さん女房風だ。

尻に敷かれている感じはあるけど、幸せな新婚生活を送っていた。



嫁は、ルックスこそ抜群というわけではないが、不細工でもない。

眼鏡をかけるようになってからは、眞鍋かをりっぽいと言われるが、しょせんその程度だ。

ただ、体は凄い。

ウエストがくびれていて、うっすらと腹筋が見えるくらいなのに、胸はFカップあり、しかもツンと上を向いていて垂れていない。



下手なグラビアアイドル以上のその体に、僕は骨抜きになっている。





その嫁が、今レイプされている。

すぐに助けなきゃと思い、動こうとした矢先、

『わかりましたぁ、、 締めるから、、、早くイッて、、 あぁっ! もう、ダメ、、イキすぎて死んじゃうよぉ、、、』

と、嫁がうめいた、、、



イキすぎて?無理矢理されているんじゃないのか?

パニックになるが、サトシが言う。

「おぉ、スゲぇ締まってきた。良い感じw そのまま締めてなよw」

そう言うと、腰を強く振り始めたサトシ。

ソファがギシギシ言うし、

『ンあっ!! あぁあ、あぁ、、ダメぇ、、 声、出るぅ、、 あっ! あっ! んん〜〜〜っ!!!』

と、嫁も声が抑えきれなくなっている。

僕がいるのを忘れているように、セックスをする二人、、、

まだ夢の中にいるのかな?と、思ってしまった。





「おぉw またアナルパクパクしてるじゃんw イキすぎだってw」

『んおぉおぉんっ、、 ダメェェ、、 だって、、 こんなの、、 ヒぐぅ、、、 こんな所突かれたらぁ、、イッちゃうよぉ、、、、』

「かおりは奥が好きだなw ほら、ほら、こうだろ?」

『ングッ! んんっぐぅっ! それ、ダメぇ、、 だ、め、、 あ、あぁぁ、、、 また、、イ、ク、、、』

「すげぇなw たまってた?w て言うか、声出しすぎじゃね? 先輩起きるぜw あぁ、見てもらいたいのかw」

『ちがっ! 違う! あぁぁっ! で、も、、ダメぇ、、声、、止まんない、、止まんないよぉ、、  もうイってぇぇ、、、』

ダメと思いながらも、感じている様子の嫁。

初めは無理矢理だったのかも知れないが、今の状況は、どう見ても嫁も感じているし、楽しんでいるようにすら思えてしまう、、、





俺がすぐ近くで寝ているのに、バックでガン突きされている嫁は、どうやら全裸だ。

薄暗い中で、グラビアアイドルも驚くほどの形の良い巨乳が、ブルンブルンと揺れているのもわかる。



さっきの嫁の言った言葉から考えると、すでにかなり前からセックスしている様子だ。

そして、イキまくっている嫁。

実際に、僕が目を覚ました後も、イッた様子だ。

無理矢理されているのなら、迷う事なく助けに行ったと思うが、嫁が感じてイッていることによって、どうして良いのかわからなくなってしまった。

もちろん、僕が冷静な状態ならば、それでも助けに行ったはずだが、とにかくパニックだった、、、





「あぁ、たまんねw イクぞw このまま出すぞw」

『ダメっ! それは絶対ダメっ!! 外で! 外でイッてっ!!』

「て言うか、もうイッてるしw 手遅れw」

『あぁぁ、 そんな、、 あ、アアッ! ダメぇ!! ンあっっ!!』

「ダメとか言って、出されてイッてんじゃんw」

『うぅあ、、あ、、 酷い、、酷いよぉ、、、 出来ちゃうよぉ、、 赤ちゃん出来ちゃうよぉ、、』

ほとんど泣き声の嫁、、、 中で出された? 生ではめてた?

僕は、太ももがガクガク震えるのを抑えられなかった、、、



「大丈夫だってw 俺の薄いからw それに、今さらだろ?w いつも中出しじゃんw」

『うぅぅ、、、だって、、、 今日は、、、大丈夫じゃない日だもん、、、 酷いよ、、、』

「ほらほら、先輩起きちゃうぞw ちゃんといつもみたいに綺麗にしろってw」

『うぅぅ、、、 わかりましたぁ、、、』

そう言うと、薄暗い中で嫁がサトシにフェラを始めた、、、



え?







いつもみたいに?





いつも中出し?





今日初めて襲われて、初めてサトシとセックスしたんじゃなかったんだ、、、 





いつからだろう?

まったく気がつかなかった。

たしかに、しょっちゅうサトシはウチに来て遊んでいた、、、

泊った事もある、、、

 

頭の中に疑問が際限なくわき出てくる、、、



「ほら、ちゃんと肛門も舐めろってw」

『はい、、』



「あぁ、気持ち良いw」

『うぅ、、 もう、、これで最後にして、、、 もう、、これ以上裏切れないよ、、、』

「はぁ? 最初にかおりが誘ってきたくせにw」

『あれは、、間違えただけだよ、、、』

「なに言ってんのw 間違えに気がついた後も、触り続けてただろw」

『そ、それは、、、 その、、驚いたから、、、』

「何に?w」

『、、、大きさ、、です、、、』

「俺も驚いたよw 目が覚めたらかおりが俺のチンポ握ってたのにはw」

『、、、ごめんなさい、、、」





「でも、いいぜw 今日が最後でもw 俺もそろそろ先輩に悪いって思ってた所だしw じゃあ、俺このまま帰るわw」

『ン、、、、』

「なんだよw 離せってw」

『、、、、、、』

「なんだよw黙ってちゃわかんねーしw」

『もう一回、、、して、、、』

「なんで? 最後にするんだろ?w」

『さ、最後だから、、、もう一回、、、』

「はいはいw 何回目の最後だよw ほら、自分でまたがれよw」

そう言って、ソファにどっかりと座るサトシ、、、





『うぅ、、、 イジワル、、、』

嫁は、そんな事を言いながらも、ほぼノータイムですぐにサトシにまたがった。





そして、躊躇なくそのまま生で騎乗位で繋がる。

「危ない日なんじゃねーの?w」

『、、、そうだけど、、、』

「なに言いながら、腰振り始めてんだよw」

『だ、だってぇ、、 急がないと、起きちゃうし、、、』

「起こすより、出来ちゃった方がヤバいだろw」

『大丈夫、、、 多分、、、 あっ! あぁ、、ん、、 凄いぃ、、 奥が、、ダメだ、これ、、 ダメ、、 ホントダメ、、 あっ! あぁぁっ!!』

「ダメと言いながら、腰振りすぎだろw すっげぇ子宮降りてきてるけどw」

『んんっ! あっ! あん#9825; あぁんっ#9825; 凄いぃ、これ、、当たってるぅ、、 あ#9825; アン#9825;』

「声出しすぎだろw キスしろ」

嫁が、騎乗位で腰を振りながら、サトシにキスをしたようだ、、、



『ンン〜〜ッ! ンッ! ンッ! んんっ#9825; んっ#9825;』

キスをしながらも、甘いあえぎが抑え切れていない、、、



もう、どこから見ても、レイプされている女ではない。

それどころか、僕とのセックスよりも間違いなく気持ちよさそうだ。





僕が同じ空間で寝ているのに、ソファの上で、お互い全裸でセックスする二人。

しかも、嫁が上になって腰を振り、嫁の方からキスをしている、、、





絶望感が凄い。世の中に、こんな裏切りがあるのかと、心の底から驚いた。

そして、驚きが収まってきた僕は、どうするべきなのか考え始めた。

離婚?訴訟? だが、こんな状況でも、嫁を嫌いになれない。何か事情があるはずだと考える僕がいる。



同時に、サトシに対しても、制裁するという考えになれない。

ビビっているというのもあるが、嫁がどう考えても楽しんでいるので、一方的な怒りを持てないでいる、、、





まぁ、一言で言うと、腰抜けと言う事だけど、持って生まれた性格はどうしようもない、、、







そんな事を考えながら、薄暗い中でうごめく二人を見ていた僕だが、動きがあった。



サトシが、騎乗位で繋がる嫁を、抱え上げて立ち上がった。

『ちょ、ちょっと、何、、どうしたの?』

声を殺しながら、驚きの声を上げる嫁、、、

「たまには違った刺激が欲しいだろw」



そう言いながら、嫁を駅弁にしたまま歩き始めるサトシ。

さすがのパワーだと、感心してしまう。





そして、そのまま真っ直ぐ僕の方に来る、、、

慌てて目を閉じて、寝たふりをする。



『ダメっ! ダメだって、何考えてんの! ダメ!』

嫁が、結構マジな感じで抗議する。

「黙れってw 起きるぞ」

ちょっと怖い感じでサトシが言った。





『だってぇ、、 ダメだよ、、こんなの、、、』





サトシは、駅弁から嫁を解放して、それでもつながったまま嫁を床に降ろして、立ちバックの体勢にした。

僕が寝ているこたつに両手を突き、立ちバックの体勢になった嫁、、、



ドキドキしすぎて、心臓の音で寝たふりがバレないか不安になった。

しかし、不安になりながらも、薄目を開ける僕、、、



そして、サトシが動き始めた。

ゆっくりと、さすがに彼も僕を起こしちゃまずいと思っているのか、静かに動き始めた。

『ん、、 あ、、、  ン、、』

嫁も、声を抑えている感じだ、、、



そのまま、静かに、浅く動くサトシ。

時折嫁の吐息と、ニチャ、ヌチャと言うような、湿った音がする、、、





そのまましばらくその静寂が続いた。

それを破ったのは、嫁だった。



『ち、乳首ダメぇ、、 声出る、、出るもん、、ダメぇ、、』

「なんだよ、カッチカチだぞ、おいw ほら、静かにしろよw」

サトシが、嫁の巨乳を揉みながら、浅く静かに腰を振る。



『だ、だってぇ、、 じらすから、、、 敏感になってるよぉ、、、 あぁ、、 あっ、、 くぅ、、あぁ、、』

「じらすって? なに言ってんのw」

『うぅ、、、だって、、イジワル、、、』

「はぁ? 起こさないように、気を使ってるだけだろw」



『、、うぅ、、、 奥に、、、奥まで、、、下さい、、、』

「ひでぇw 先輩すぐそこにいるのにw」

『だ、だってぇ、、 こんなの、、こんなの我慢できるわけないよぉ、、、』

「だから、黙れってw 代わりにこっちに指突っ込んでやるよw」

『ダメぇぇーーーっっ! それは絶対に、ダ、あぁぁっ!!!! ひグゥゥッ! ダメぇ、、汚いよぉ、、』

抑えているとはいえ、もう結構なボリュームで叫ぶ嫁。

「おっw 締まったw マジ、可愛い顔してこっちも好きなんて、ド淫乱だなw」

『うあぁぁ、、 違うぅ、、 違うもん、、 あ、あっ! ダメぇ、、指、抜いてぇ、、 』

「逆に聞くけど、抜いて良いの?w」

『うぅあぁ、、 うぅ、、、あぁ、、、』

「なんだよw 返事なしかよw」



『、、、そのまま、、、で、良いです、、、、』

「良いですじゃねーだろw 抜くぞ、オラw」

『抜いちゃダメぇ、、 ねぇ、、もうダメ、我慢出来ないっ! 奥まで来て、、 奥まで入れてぇ、、』

嫁が、声を抑えずに言った、、、



慌ててサトシが嫁の口を手でふさぐ。

「馬鹿かっ!声出すなって!」

『わかったからぁ、、 はや、く、、ぅ、、』

そう言って、嫁はこたつの上の台拭きを手に取り、口にくわえた。

「マジかw ほんとセックス大好きだなw 行くぞw」

サトシがそう言いながら、一気に腰を突き入れた。



『グぐぅーーんっ!!』

嫁は台拭きを噛みしめながらも、かなりのボリュームでうめいた。

そして、ガクガクと足を震わせて、生まれたての子鹿のようになった。



「先輩の真横でイクなよw ド淫乱w」

その言葉に、ビクンビクンと体を震わせる嫁。





もう、認めなければいけないと思った。二人は、相当長い期間、何度もセックスしていると、、、

そして、嫁はこれで最後と言いながら、何度も同じことを繰り返していると、、、



『ンンーーっ! んーっ!!』

台拭きをくわえたまま、荒い息をする嫁。

「なんだよw まだしろって?w」

『んんっ!』

台拭きをくわえたまままたうめく嫁。どうやら、”うん”と言ったようだ。



「知らねーぞw」

そう言うと、サトシは猛烈に腰を振り始めた。

嫁のお尻の穴に指を突っ込んだまま、嫁が壊れるんじゃないかと不安になる勢いで腰を振るサトシ。

僕はこんな風に腰を振った事はない。

僕は早漏と言う事もあり、もっとゆっくりとしか動けないからだ、、、



ガンガン腰を振るサトシ。

『ん゛ん゛ん゛ん゛っっーーーっっ!!』

台拭きを噛んだままうめく嫁、、、





いきなりビチャビチャビチャッと水をぶちまけたような音がした。

「うわっw いきなり吹くなよw どうすんだよ、これw」

そう言いながら、腰を振り続けるサトシ。

『ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛っっーーーっっ゛!!!!』

嫁は、こたつに両手をついたまま、ガクガクッと震えて痙攣している。



「スゲぇ締まってんぞw ヤバ、もうイク、、 中でイクぞw」

『ん゛ん゛ああ゛あ゛あ゛あ゛っっっ!!!!』

「イクっ!」

嫁は、途中で噛んでいた台拭きを口から落として、絶叫して果てた、、、

そのまま、スコンと糸が切れた操り人形みたいな感じで床に座り込み、まったく動きもしゃべりもしなくなった。



「なんだよ、また失神かよw めんどくせぇw あーあ、ビッチャビチャ、、」

サトシが、そんなグチを言いながらも、床を拭いたり、嫁の体を拭いたりしている。

そして、嫁に服を着せ始める、、、

何とも言えない、慣れた感じで着せていくサトシ、、、

初めてではないらしい、、、



僕は、とんだ間抜け夫だったようだ、、、



そして、すでにスヤスヤと寝息を立てている嫁を横に、手際よく片付けをしたサトシは、そっとドアを開けて出て行った。



結局何も出来なかった僕。

裏切っていたサトシは許せないと思うけど、それ以上に嫁が信じられなかった。

イヤイヤと言いながら、結局おかわりまでした、、、



だけど、一番怖いのは、浮気していたことを、まったく僕に気取られずに今日まで来たことだ。

僕が鈍感なだけかもしれないが、それ以上に女は怖いとあらためて思い知った。





そして、色々と考えて眠れずに、結局朝になった。

今日は休みなので、ゆっくり寝ようと思っていたが、それどころではなかった、、、



僕はとりあえず頭をしゃっきりとさせたくて、コーヒーを入れ始めた。

嫁は、サトシに運ばれて、ソファの上で毛布をかぶって気持ちよさそうに寝ている。

そりゃ、失神するまで気持ち良いセックスをすれば、良い睡眠が出来るだろうと思う、、、





そして、コーヒーを入れ終わる頃に、

『私も飲む〜』

と、嫁が甘えた声で言ってきた。

僕は、メチャメチャ狼狽した。

「あ、これ飲んでて」

焦りながら、自分が飲んでいたのをとりあえず渡した。



それをニコニコとした顔で受け取りながら、一口飲み、

『ふふw 間接キス〜#9825;』

と、嬉しそうに言った。

さっきまで、他の男と生ハメ中出しセックスをしておきながら、よくこんな態度が取れるものだと、逆に感心した。

だけど、可愛いと思う僕もいる、、、





思わず

「じゃあ、直接」

そう言って、嫁にキスをした。

キスをして、すぐにさっきまでサトシとキスをしてたな、、、 うがいもしてないじゃん、、、 そう思って、凹んだ。

と言うか、今の嫁の体内には、少なくても2発分のサトシの子種が入っているはずだ、、、



そういえば、サトシは嫁に服を着せるときに、ショーツとあそこの間に、ティッシュを挟み込んでいた、、、

アレは、精子が流れ出てきたときのことを考えた配慮だと気がついた。



そんな事を自然の流れでするくらいに、嫁に生で注ぎ込んでいるのかと思うと、泣きそうだ。

僕らには、まだ子供はいない。結婚して半年も経っていないので、まだまだこれからだと思っていた。

なので、僕は嫁と避妊をしながらのセックスしかしたことがない。



嫁の生膣を味わったことがないと言うことだ、、、

嫁は、僕と初めてしたときに、処女ではなかった。

でも、経験が少ない感じだった。僕以前には、一人としか付き合ったことがないと言っていたし、それを信じていた。



演技だったのかも知れない、、、

そんな黒い思いが浮かんできてしまった、、、





『ねぇ、せっかく早起きしたから、今日はデートしよっ!!』

元気いっぱいの嫁、、、

思い切りストレス解消して、ぐっすりと深い眠りをして、フル充電した嫁はハイテンションだった、、、







結局、僕は色々な思いを少しも表に出せずに、いつも通り嫁の言いなりで一日をスタートさせた、、、









そして休日を終えて、会社に出勤した。

サトシと顔を合わせるのは気が重かったが、サトシも驚くほどいつも通りだった。

と言うか、もう慣れたものなのだろう、、、

この、チャラいけど人の良い笑顔の下で、僕を馬鹿にしているのかも知れない、、、



「先輩、勝手に帰ってすいませんでした。先輩が寝てすぐに、かおりさんも寝ちゃったし、俺も先輩が寝た後すぐに帰りました。二日酔いでした?w」

心の中でウソつけと思いながらも、何も言えない僕は、ヘタレなんだろう、、、

「あぁ、うん、ちょっと頭痛かったよw かおりは平気だったみたいだけど」

「かおりさん、酒強いッすもんねw また週末カラオケしましょうよ!」

「あ、そうだね。でも、家で飲まない?たまにはゆっくりしよう」

「良いっすね! じゃあ、なんか良いつまみ持ってきます!」

と、月曜日にして早くも約束をした、、、





金曜日とかは、こんな感じで嫁とサトシと僕とで、カラオケしたり、ボーリングしたりして、食事をしてから家で飲むパターンが多い。

今回は、ちょっと試したいことがあって、家でゆっくりしようと誘った。







帰宅後、嫁に予定を話すと

『はぁ〜い#9825; じゃあ、気合い入れてごはん作るね!』

「ごめんね、サトシしょっちゅう遊びに来て、ウザくない?」

『え? 大丈夫だよw けっこう面白いし、タッくんも楽しそうだし!』

「そっか、じゃあ、よろしくね」

と、こんな会話をした。



やっぱり、僕には嫁が浮気しているなんて気がつけないと思った。

この会話も、この前のアレさえなければ、なんの違和感も感じなかったはずだ。

不審なところは一つもない感じだ。

嫁もサトシも、悪人ではないと思うが、これだけボロを出さないのは凄いと思う、、、、





そして、あっという間に週末が来た。

ただ、前日に嫁におねだりされて、セックスをした。

しかし、嫁の上で腰を振りながら、サトシが来る前日は、ほぼ必ずと言っていいくらい、嫁からのおねだりでセックスすることに気がついた。

嫁なりに、サトシが遊びに来ても、セックスしないようにという決意の表れだと思った。

前日に僕として欲求不満を解消しておけば、サトシと変な空気になっても、我慢出来る、、、そんな考えなのではと思った。





そして、当日になった。

早めに会社を出たサトシ。

「じゃあ、お先っす。つまみ買って行きます!」

調子よく言いながら、サトシが出て行った。



そして帰宅すると、嫁が料理を作っていた。

『おかえりなさぁ〜い#9825; へへw結構気合い入れて作ってみたw』

確かに、こたつの上には色々と乗っている。

真ん中の鍋に入ったブイヤベースには、カニなんかも入っていて、豪勢な感じだ。

「良い匂い。お腹すいちゃったよ」

『もう少し待ってね! もう出来るし、サトシくんも来るんでしょ?』

「そうだね」

『じゃあ、これ飲んでて!』

そう言って、缶ビールを渡してくる嫁。

これも考えてみれば、早く僕を酔いつぶそうという考えなのかも知れない、、、





僕は、飲んでるフリをしながら、密かに中身をトイレに捨てた。

今日は、トコトン飲むのを回避して、酔ってるフリをするつもりだ。





そして、すぐにサトシが到着して、夕食が始まった。

「マジ、お店みたいに美味いね!サイゼリアみたいじゃん!」

『ちょっとぉ〜 それ、褒め言葉になってないと思うけど」

「あぁ、すんません。俺の中ではサイゼリアがナンバーワンなんでw」

『はいはいw』

調子の良いサトシの言葉も、今までならば心から笑えたと思う。

しかし今は、この二人の仲の良さ、息の合った感じが怖い、、、



「ね?先輩もそう思うでしょ?」

僕にフリながら、酒を注ぐサトシ。

僕は、飲んだフリをしながら

「あぁ、そうだね、メチャ美味いよ!」

『ホント?嬉しなぁ#9825;』

嫁が嬉しそう言う。



「ホントホント、サイゼリア並みにw」

サトシが茶々を入れ、

『もうっ!バカw』

と、嫁がまんざらでもない感じで言う。



僕は、飲んでるフリをしながら、隙を見て酒を台拭きにしみこませたり、サトシのコップに移し替えたりしながら、ほぼ酔わずにいた。

それでも、

「ちょっと飲みすぎた〜 トイレ行ってくる」

そう言って、トイレに立つ。

そして、トイレの扉を薄く開けたままにして、聞き耳を立てる。



『バカ、ダメだって』

扉を開けて、意識を集中していないと聞こえないレベルのボリュームだったが、確かに嫁のそんな声がした。

「いいから、舌出せよw」

サトシの小声も聞こえた、、、





二人は、キスでもしている様子だ、、、

今までも、僕が席を外したすきに、こんな事をしていたのだろう、、、

嫁もサトシも、スリルにハマっていったのかもしれないが、もっと注意をして欲しかった。

どうせなら、知りたくなかった、、





そして、何もしていないけどレバーで水を流して、一呼吸置いてからドアを開けてリビングに戻った。





戻ると、不自然なくらい間を開けた二人がいた。ちょっと吹き出しそうになりながらも、座ると、

『そろそろ、おじや作る?』

と、嫁が言ってきた。

「あぁ、いいね!」

僕が答えると、頼んでもいないのにサトシが酒を注ぎながら

「出来るまで、飲んでましょうよ!」

と言った。

考えてみれば、サトシは僕に凄く酒を飲ませる。

早く僕を潰して、嫁とセックスしようと言うことだったのだろう、、、





僕は、相変わらず飲むフリをしながら、酔ったフリも始めた。



そして、おじやを食べている途中で、

「ダメだ〜ちょっと休憩」

と言いながら、横になった。

『飲み過ぎだよ〜 風邪引いちゃうよ?』

そう言いながら、嫁がタオルケットを掛けてくれた。



この一見優しい行動も、僕の睡眠を深くするためのものかと勘ぐってしまう、、、



そして、寝たふりをしながら二人の会話を聞く。



「先輩、酒弱いっすねw」

『サトシ君が飲ませるからでしょ!』

「それにしても、これ、マジ美味いっすねw」

『サイゼリア並みなんでしょ?w』

「そうっすw でも、こんなの作ってもらえて、先輩は幸せですねw」

『へへwそう思う? サトシ君も、良い人作らないとw』

「そうっすね〜 そろそろ俺も結婚したいかも」

『え?相手いるの?』

「いるに決まってんじゃんw 伊達にチャラくないっすからw」

『いやいやw チャラいから、相手いないんでしょw』

「まあ、そうとも言うw」



『でも、セフレは何人いるんだっけ?』

いきなり嫁が下ネタに走る。

「今は二人っすよ。」

『私も入れて?』

「えっ?かおりちゃんはセフレじゃないっすよ!」

『じゃあ、何?』

嫁が、小悪魔っぽい口調で聞く。

「そ、それは、、、大切な人かな?w」

『ぷっw 嘘つきw 都合のいい女でしょw 結婚しろとか言わないからw』

「そんな事ないっすって! マジ、結構惚れてるッすもん」

『はいはいw ありがとw』

「あぁ〜! 信じてないし。 俺、マジですよ!」

『だったら、私と結婚出来る?』

「えっ?先輩いるし、、」

『マジなら奪えるでしょ?』

嫁が、真剣な口調で言う。

まさか、、、 吐き気がしてきた、、、





「先輩と、、、別れるんですか?」

サトシが、緊張した声を出す。



『別れたら?』

「それは、、、結婚するっす」

サトシが、観念したように言う。

『ぷっw 冗談よw サトシ君のために別れるわけないじゃんw』

嫁が、楽しそうに言う。

「なんだよ〜 焦ったって!」



なんだこのやりとりは、、、

サトシが無理矢理している、、、脅してしている、、、

そうだと思っていた。

この会話を聞く限りでは、嫁が主導権を持っている感じだ。



『サトシ君って、意外とビビりだねw』

「うっさいなぁ。 でも、確かにかおりちゃんの方が度胸あるよねw 普通は結婚式の控え室でしないもんねw」

『さぁ?何のことかわかりませんがw』

「とぼけんなよw ウエディングドレスで中出しされて、ティッシュで精子抑え込んで挙式とかw AVじゃんw」

『アンタが無理矢理したんでしょ!』

「なに言ってんのw アイコンタクトで呼びつけたくせにw」

『まぁ、いいじゃん、そんな昔話は』

「昔って、半年前じゃんw」



気が狂いそうだ、、、

結婚前からやっていた?

しかも、式の当日に中出しされていた?

僕が、永遠の愛を誓って指輪をはめたのに、その直前に他人のチンポをはめていた?



誓いのキスをしたときには、体内に他の子種が入っていた?



さすがにキレそうだ、、、

だけど、逆に言えばこれでもキレられない僕は、ダメ男なんだろうと思う、、、





「何してんの?w」

『何って、ファスナー降ろしておちんちん取り出していますけど?それが何か?』

「なんで半ギレれなんだよwて言うか、電気消して場所移そうぜ」

『いただきますw』

「聞いてねーしw あぁ、、かおり、気持ち良い、、、」

ピチャピチャいう音が響く。



僕が寝ているすぐ横で、嫁が自分からサトシのチンポを取り出して、フェラを始めた、、、

もう、ずっと悪夢に迷い込んでいる感じだ、、、、



嫁を、少し気の強いところがあるが、清楚で奥ゆかしい女性だと思っていた。

まさか自分の嫁が、こんな糞ビッチだったなんで、想像すらしていなかった。





『今日はいつもより固いねw 溜まってるんじゃなぁい?』

嫁が、からかうような、それでいて楽しそうな言い方をする。

「まぁね、月曜に約束したから、今日までオナ禁してみたw」

『ウソつけw オナニーなんてしないくせにw セフレと都合が合わなかっただけでしょw』

「そうとも言うw でも、この特濃の1発目は、どこに欲しい?w」

『中にw って言いたいけど、止めとくw 濃すぎて、安全日でも出来ちゃいそうだからw 飲んであげるから、早く出してw』

「マジで? 超上がる」

嬉しそうなサトシ。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

【寝取られ】夜中に目が覚めたら嫁がチャラ後輩にバックでハメられていた【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月3日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ