相互リンク先の更新情報!

【出会い系】出会い系のドキドキ感 【告白体験談】

カテゴリー:出会い系での告白体験談
tag:


出会い系のドキドキ感がたまらなくてやめられない独身です。

でも実際に満足できる体験は少ないですね。

会ってみてがっかりすることの方が多いです。

俺の好みは熟女さん。

同年代以下の女性にはあまり魅力は感じません。

いつも狙いは30代後半から40代前半くらいまで。

いつものように平日の休みがねらい目の人妻さんを目当てに

最近お世話になっている癒し妻新空間を覗くと。

40代の人妻さんの投稿が載っていました。

「暇しているので会えるかた?」と。

プロフィールを覗くと45歳で主婦。

体系はスリムとある。

さっそくメールしてみる。ほどなく返信があった。

友達と一緒だけど良かったら会いたいと書いている。

友達と一緒?暇つぶしかなと思いつつ「いいですよ。」と返信。




サクラかとも思いながらも待ち合わせ場所に行ってみると

確かに教えてもらった車に熟女二人が乗っている。

車の中から見た感じでは、怪しい雰囲気はない。

急にドキドキ感が高まって来た。

しかし、メールのやり取りでは、特に何しようという話もしていなかったので

カラオケか何かで終わってしまうかもしれない。

勇気を出して、車を隣につける。

人妻たちはこっちを見て軽く会釈をしている。

間違いない。

こっちも会釈をしたら、一人が車から降りてきて

よかったらこっちの車で移動しませんかと言ってきた。

ムム、やばいかも。

どっかに連れていかれるかもと思いつつも、欲望には勝てず

あっさりOKし、車に乗り込んでしまった。

怖そうな雰囲気はなかったが、警戒感は持ち続けていた。

聞けば、二人とも普通の主婦で、友達だという。

確かにどこにでもいそうな普通の主婦である。

年の割には体型も崩れていなさそうである。

どこなく二人ともはしゃいでいる。

若いこと遊べるなんてラッキーなんて話している。

遊ぶ?ここでまたエッチな遊び?などと想像してしまう。

メールのやり取りではエッチなことはお互い話していないので

どういう展開になるかわからない。

しかし、あのサイトはエッチ系だし。

しばらく、世間話をして、車を走らせていると向こうから待っていた言葉が。

「これからどうする?」

「どうしましょうか?」

「すぐ、ホテルでいい?」

「いいですよ」

そして、車は郊外のホテルへ入りました。

中へ入っても興奮と警戒感から緊張しています。

それに比べてお二人は、はしゃいだ感じで

アダルトグッズのボックスをのぞき込んだりして

余裕な感じです。何なんだろうこの二人は。

私の緊張を察したのか

「大丈夫だよ。怪しい人じゃないよ。二人とも普通の人だから。

あんまり緊張しないで。ただこういう遊び好きなだけだから。」と言う。

たまにこうして遊んでいるらしい。

一人は派手でもなく、地味でもなくどこにでもいそうな普通の奥さん。

白いブラウスにグレーのパンツスーツ。

動くたびにブラジャーの線やパンティのラインが透けてすでに勃起。

もう一人はどちらかというと地味目。

黒髪にメガネ。

こちらもスリム。

こちらはちょっとタイトっぽいスカート。

「暑いからちょっと脱ごうよ。」と言って

二人ともキャミソールとパンティだけの姿に。

脱いでいる姿を見てさらに興奮する俺。

地味目の奥さんの方がTバックだったのに超興奮。

「Tバックエロいっすね?」と声をかけると

「だって今日はあなたみたいな若い男とするんだもん。」

と顔からは想像もつかない言葉が。

するともう一人が

「この人真面目そうに見えるでしょ?ドスケベだから。」

「さあさああなたも脱いで、ちょっと身体見せて。」

促され、俺もパンツ一丁になった。

割と細マッチョの俺の体を見て、

「いい身体してるねー。今日ラッキーだよね。」などと話している。

「ちょっと立って見せてみてよ。」二人の前に立たされる俺。

この後、人生で二度とない快楽を味あわせて頂きました。

その後、お二人とは友達を誘って4Pをしたりもして

数度会いましたが、なかなか予定が合わず

しばらく遠ざかっている状態です。


告白体験談関連タグ

||||||

【出会い系】出会い系のドキドキ感 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月4日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

このページの先頭へ