相互リンク先の更新情報!

【外国人】ロシアの天使が空から落ちてきた 【告白体験談】

カテゴリー:外国人との告白体験談
tag:


僕は、23歳の大学生で、休学していたのでまだ2年生です。

昔から、英語が好きで、休学していたのもアメリカを放浪していたからです。



そのおかげもあって、映画はしゃべるのも含めて、問題ないレベルです。

とは言っても、英語が出来るくらいで就職が有利になる時代でもないので、すでに就職に関しては色々と調べて動いていました。



僕は、自分ではそこそこ整った顔だと思っていますが、いわゆる草食系なので、彼女もこの歳まで作ることが出来ませんでした。とは言っても、それほど強く欲しいと思っているわけではないので、毎日趣味などで楽しく過ごしていました。

趣味と言っても、アニメを見たり、フィギュアスケートを見たりするくらいですが、それで毎日充分楽しいです。





そんなある日、秋葉に買い物に行って、ちょっと外れの方にあるショップに向かう途中、いきなり英語で声をかけられました。

『あなたは、英語しゃべれるのかしら? 本当に、誰もしゃべれないって、信じられない!』

と、かなりイライラした感じで言われました。

振り返ると、ちょっと大きめのコロ付きのバッグを持った、小柄な金髪の白人さんがいました。

どう見てもまだ子供なんですが、恐ろしいほどの美しさで、射抜くような青い目で僕をじっと見つめていました。






僕は、気圧されるように、

「しゃべれます。なんでしょうか?」

と、気弱に言ってしまいました。



僕をじっと見ていた美少女は、

『ハニュー、、、』

と、ボソッと言いました。

「あ、違います。別人です。似てると言われますが、違います」

と、しどろもどろで答えました。



僕は、フィギュアスケートの羽生選手と似ていると言われることがあります。

彼が話題になるようになってからは、にわかに僕もモテ期が来たのかな?と、思うくらい、女子に話しかけられるようになりました。

でも、顔はちょっと似てるけど、羽生選手とはスペックが違いすぎます。僕は弱気ですし、スポーツもダメ、勉強も英語以外はごくごく普通、、 本当に、同じ人類とは思えないくらい、彼とは差があると思います。





『わかってる、、 ねぇ、ここにはどう行けばいいの?』

英語が通じるのがわかって、イライラも収まったのか、普通の口調でした。

でも、ニコリともせずに、淡々と言う彼女は、氷のように冷たい印象でした。

それにしても、驚くほどの美少女です、、、



そこで僕は気がつきました。

この子は、リプニ○カヤさんだと、、、

フィギュアスケートを見るのが好きな僕ですから、間違いないと思いました。

「ユ、ユリアさんですか?」

おっかなびっくり聞くと、右眉が少しだけ上がりました。

『で、ここにはどう行けばいいの? 答えてくれますか?』

聞かれたことにだけ答えろという感じで、クールに言われました。





そのプリントアウトした紙を見ると、よく知ってるショップでした。

大型の店で、フィギュアやマンガDVD等々、中古、新品、古い物からなんでも置いてあって、店員さんがコスプレしているので有名なあそこでした。





「はい、ここから歩いて5分くらいです。場所は〜」

場所の説明をしようとすると、さえぎるように

『後ろ付いてくから、案内して』

と、短く言いました。

それは、お願いする態度ではなく、決定事項を下僕に告げるような口調でした。

僕は、正直、怒りよりもゾクゾクしていました。



そして、あの映画のあの場面のように、”親方、空から女の子が!!”と、叫びたいような気持ちでした。

何か、ワクワクすることが始まった! そんな気持ちでした。



「わかりました。付いてきて下さい」

僕はそう言って、彼女の前を歩き始めました。

それと同時に、スケジュールを思い出していました。フィギュアスケートの試合のスケジュールは、ほぼ頭に入っています。

ユリアが何をしに日本に来たのか、推測が始まりました。



今は、シーズンオフなので、試合もないはずです。

エキシビションか、、、

ここで思い出しました。



うろ覚えですが、日本のテレビ番組に出る予定があったはずです。

収録がてら、観光かな?

そう思いながら、真っ直ぐショップを目指します。

すれ違う人達が、ガン見する感じです。

秋葉に集う人間に、ユリアはアニメキャラのように神々しく映るはずです。

二次でもスゲぇと、、

僕は、ユリアと気づかれないか、ドキドキでした。

多分、バレたらパニックになる、、、 そんな気がしました。





それは彼女も感じたようで、人が増えてくると、サングラスと帽子をしました。

これだけで、かなりわかりづらくなりました。

その上、彼女は黙ってると、プンプンオーラが出てるので、怖くて声をかけられないと思います。





僕は、不思議な気持ちでした。

あのユリアを先導している。そう思うと、テンションが上がりまくります。

でも、話しかけることも出来ず、それどころか、振り返ることすら出来ずに、足音だけを頼りに、彼女がついてきていることを確認します、、、





そうこうしているうちに、あっけなく、何もイベントが起きないまま、なんのフラグも立たずにショップに着きました、、





「ここです。お疲れ様でした」

案内して疲れたのは僕なのに、彼女のオーラに気圧されて、こんな事を言いました。



すると、ユリアはニコッと笑って、

『ありがとう』

と、一言だけ言いました。



その冷たい氷のような顔が、笑顔になっただけで、魂を奪い取られる感じでした。

もともと、2番目に好きなスケーターでしたが、この瞬間、一番好きになりました。

好きになったと言うよりも、恋に落ちた感じでした、、、



「ど、どういたしまして」

ドモリながら答えて、会釈をしてその場を去ろうとしました。

すると、後ろから、シャツの裾を引っ張られました。

『なんて書いてあるか、通訳して』

と、またお願いではなく、決定事項の通知という感じで言われました。



僕は断ることも出来ずに、それどころか、嬉しいと思いながら、

「喜んで!」

と、力強く言いました。



その僕の言い方に、ユリアはフッと軽い笑みをこぼしました。

もう、この笑顔のためなら、なんでも出来る!! そう思うほどの破壊力でした。





彼女は、テレビで見るよりも、背は小さく感じます。でも、体つきは、きゃしゃではありませんでした。

さすがにアスリートというか、筋肉を感じる体つきでした。

そして、意外に胸があることに驚きました。それほどデカくはないですが、イメージよりは大きいです。

テレビやネットで見る彼女は、ぺったんこなので、成長期で育ったのかな? 

それとも、試合中はさらしでも巻いているのかな?と思いました。





僕は、今度は逆に彼女についていきます。

彼女は、フィギュアコーナーを見て、ハガレンのところで足を止めました。

そして、サングラスを外して、熱心にショーケースの中を見始めます。

本当に、鋼の錬金術師は外国でも人気なんだなぁと感心しました。

エド推しかな?と思っていたら、まさかのブラッドレイ推しで、熱心にフィギュアを見て、僕に価格とか、ポップの文章を翻訳させました。



マスタングも好きなようで、嬉しそうに見ています。

と言っても、顔は笑顔ではなく、相変わらず冷たく感じるほどの美しさのままでしたが、目が笑っています。



やっぱり、まだまだ子供なんだなぁと、少し安心しました。



そして、5つほどフィギュアを買いました。

包んでもらっている間、僕をレジに残して、店内を見回りに行くユリア。

ちょっと心配でしたが、ここにいるお客さん達が、ユリアに声をかけられるとは思えないので、まぁ大丈夫かと思いました。







そして、包装が終わり、ユリアを探すと、奥の古い物が置いてあるコーナーにいました。

熱心に見ている彼女は、さっきハガレングッズを見ているときよりも、はっきりとした笑顔です。

無邪気に、年相応のこぼれんばかりの笑顔で見つめるその先には、コロ助の目覚まし時計がありました。



へぇ、、 コロ助好きなんだ、、 と、ちょっと驚きながら後ろに立ち、声をかけました。

「コロ助、好きなんだ?」

すると、彼女は驚いた顔で振り返り、美しい白い顔を少し赤らめながら

「な、何それ?知らない。終わったの? じゃあ、行くよ」

と、動揺しながら僕のシャツを掴んで、引っ張っていきます、、



頬を赤らめて、慌てている彼女。

人間らしいところを見た感じです。氷のように見えても、やっぱり女の子なんだなぁと思いました。





店を出ると、彼女が僕のシャツから手を離しました。

あぁ、終わってしまった、、、 でも、彼女の色んな一面が見られて良かった、、 本当にラッキーだった、、 そう思っていると、

『お腹すいた。ソバが食べたい』

と、ユリアが言いました。また、冷たい感じの、通知口調でしたが、僕は嬉しくなりました。



まだ一緒にいられる上に、食事まで出来る!!

小躍りしそうでした。

そして、秋葉では有名なソバ屋に連れて行きました。

ユリアは、珍しそうに店内を見回しています。



そこで僕は行動に出ました。おそらく、このまま何もしなかったら、ただのガイドで終わるはずです。さして記憶にも残らないはずです。



僕は、注文を終えると、ちょっと待っててとユリアに言い、ダッシュでさっきのショップに戻り、コロ助の目覚まし時計を買いました。





そして戻ると、彼女はもうソバを食べていました。

僕を待つことなく、食べている彼女。

僕が戻っても、チラッと見るだけです、、、



彼女は、音を立てないように、慎重ににすすっています。

僕は、

「ソバは音を立てて良いって言う日本のルールだよ」

と、教えました。

彼女は、ちょっと目を大きく開けて、驚いたという顔をしたあと、それでも僕を真似て、ソバをすすりました。



最初は少し気にしながら、恥ずかしそうにすすっていましたが、だんだん慣れてきたようで、普通の日本人みたいに食べ始めました。



そして食べ終えて、そば湯を注いであげると、珍しそうに、不思議そうに飲みました。

「美味しい! このスープ、何?」

と、聞いてきました。

説明すると、感心したようにうなずき、飲み干しました。

そして、僕が飲んでいるのを、僕の手から奪い取り、飲み干しました。

僕は、ドキドキしてたまりませんでした。 間接キス、、、 そんな言葉が頭を巡りました。





そして、それも飲み干すと、”美味しかった”と満足そうに言いました。



そして、僕はこのタイミングで、コロ助が包まれている袋を渡しました。

「なに? くれるの?」

あまり関心がなさそうに言うユリア。



無造作に、つつみを破っていきます。

すると、コロ助の外箱が見えてきて、ユリアは一瞬で全開の笑顔になりました。

そして、ニコニコしながら、箱から取り出します。

黙っていると、冷たい氷のような彼女が、太陽のように無邪気な笑顔でコロ助をいじくり回します。



”朝なりよ! まだ眠いなりか? 遅刻するなり!!”

コロ助が、そう叫びました。

すると、もっと笑顔になった彼女が、

『なんて言ったの?』

と、聞いてきました。



通訳して教えると、片言で

『チコクゥスルゥナリィ アサァ、ナリィィヨォゥ』

と、何度も繰り返します。



僕は、その姿を見て、心から幸せでした。ユリアのこんな姿が見られた、、 ラッキーという言葉では足りないくらいです。



「プレゼントだよ。世界選手権銀メダル、おめでとう」

僕はそう言いました。

『あ、ありがとう、、  もらっといてあげる』

そんな言い方をしながらも、照れた感じで、ずっとコロ助を触り続けています、、、



なまじ黙ってると、氷の女王様のような感じなので、今のこの可愛い仕草とか、照れた感じがたまらなく可愛いと思いました。



僕は、多分少しニヤけながら見ていたのだと思います。

『名前は?』

急にユリアが聞いてきました。僕は、今さら?とも思いましたが

「ユウだよ」

と言いました。

『ユヅルじゃないんだ、、 ホント、似てる、、』

ユリアは不思議そうな顔で、ボソッと言いました。

自分では、そんなに似ているかな?と思うのですが、ロシア人にはそっくりに見えるのかも知れません。



「ゴメンね、似てて、、 やっぱり、本当に好きなんだ?」

僕は、ネットでの噂をストレートで聞きました。

彼女は、ネットにあげられた彼とのツーショット写真に、わざわざ”いいね”しているそうなので、相当好きなんだろうなと思います。噂では、プーチンとの写真には”いいね”しなかったそうです、、、



『な、なに言ってんの? バカじゃないの!』

顔を真っ赤にして強がる彼女、、 透けるような白い顔が、本当に笑ってしまうほど赤い顔になっています。

僕がそれを見て笑っていると、急に真顔になって、黙って見つめられました。

彼女が黙って見つめてくると、その青い瞳に吸い込まれそうになり、ちょっと怖くなりました。



「ご、ごめんなさい、、 これから、どうするの? ホテルまで、帰れるの?」

僕は、そう聞きました。

『浅草寺に連れてってくれる?』

ユリアは、それには答えずに、短く言いました。

「え?あ、あぁ、いいよ、行こう!」

僕は、予想外の言葉に驚きましたが、嬉しくて仕方ありません。



会計を済ませて、店を出ました。

そして、つくばエクスプレスの駅に向かいました。

駅が近くなると、すごい人混みになってきて、ユリアは驚いているようでした。

もしかして、これだけの人混みはロシアにはないのかな?と思いながらも、少し足を緩めると、ユリアが手を繋いできました。



小さな可愛らしい手で、僕の手をギュッと握る彼女。不安そうな感じが伝わってきます。

僕は飛び上がりそうなほど嬉しかったです。

まさか、あのユリアと手を繋いで街を歩けるなんて、想像したことすらありませんでした。





僕は、そのまま手を引っ張り、電車に乗りました。

そして、浅草寺や浅草を色々と観光しました。

浅草寺で、香煙を”良くしたいところに塗り込むと、良くなる”とか教えてあげました。



ユリアは、ふ〜んとか言いながら、”変なの”と、興味なさそうに言いましたが、僕が頭に香煙塗りながら、”頭が良くなりますように”と言うと、笑っていました。



そして彼女が、僕が見ていない隙に、慌てて胸に塗り込んでいるのを見逃しませんでした。

やっぱり、胸は大きくしたいモノなんでしょうか? 

競技には邪魔になる気がしますし、彼女のキャラクターには、貧乳のほうが似合う気がします。





もう、何時間も一緒にいて、彼女のことがわかってきました。

彼女が冷たく感じるのは、笑顔と真顔のギャップが強すぎるからで、彼女自身は別に冷たい人間ではないということ。

黙っていると、大人びて見えるけど、中身は無邪気な子供ということ。

そんな事がわかってきました。



そして、彼女も僕に慣れてきてくれたみたいで、ニコッと笑いかけてくれるようになっていました。

もう、まるっきりデートのような感じです。

僕は、この短時間で、一生分の運を使い果たした気持ちになりました。





そして、日も落ちて、辺りも暗くなってきました。

「じゃあ、そろそろ帰った方がいいよね? 同行の人も、心配してるんじゃないの?」

僕は、まだ一緒に過ごしたい気持ちを押し殺して、大人としての意見を言いました。



『ユウの家は近いの?』

ユリアは、また僕の話を無視してこんな質問をしました。

「え? あぁ、近いよ。歩いても、20分くらいだよ」

『じゃあ、ちょっと見せて。日本人の部屋、見てみたいから』

ユリアは、とんでもないことを言い始めました。

僕の部屋に来る? ユリアが!? 今まで、女性は誰一人来たことのない僕の部屋に!?



ちょっとパニクりました。

でも、ユリアも微妙に緊張している感じです。

僕は、

「いいけど、狭いし、散らかってるよ」

と念を押しました。



『どっち? 行くよ』

ユリアは、また僕の言葉を無視して、勝手に歩き始めます。

「ち、違う、こっち、こっちだよ!」

慌てて声をかけて、方向を修正します。

すると、また僕の手を握ってきました。

『早く言いなさいよ。はい、出発』

冷たい目で言うユリア。また、僕は気圧されながら

「は、はい、ゴメンなさい」

と、謝ってしまいました。



すると、今までと違って、ユリアがニコッと笑いながら

『そんなしゃべり方しないでいいよ。友達と話すみたいにして』

と、言いました。

僕は、この年下の美少女に、翻弄され続けています。でも、それが楽しいとも思っていました。



そして、彼女と手を繋いで、歩き始めました。

恥ずかしい話ですが、僕はこの歳になるまで、女性と手を繋いで歩いたことはありませんでした。

当然、デートもしたことがなかったので、初デートの相手がユリアということになります。



道案内だけだと思っていたのに、本当にワクワクするようなことが始まった感じです。

いきなり始まった非日常。ユリアはもしかして飛行石のネックレスをしているのではないか?などと、下らない妄想が広がります。





どっぷりと妄想に浸っていたら、急に手を引っ張られました。

慌てて足を止めると、ユリアは、

『あそこに行きたい』

と言って、そちらに歩いて行きます。

すべての決定権は、彼女にあるという感じですが、こういうのは嫌いじゃないです。それどころか、弱気な僕は引っ張ってもらう方が好きかも知れません。





彼女が興味を持ったのは、コンビニでした。

中に入ると、色々なお菓子を手にとって、不思議そうな顔をしたり、ニコッと笑ったりしながら、どんどんと手に取ったかごに突っ込んでいきます。



そして、ちょっとした小物というか、オモチャ的なグッズにも興味を示し、アンパンマンのヤツや、プリキュアのものをかごに入れました。

やっぱり、こう言うのを見ると、見た目はクールでも、中身はただの女の子だなぁと思いました。





そして、彼女は500円クジにも目をつけました。たまたまサンリオ系のヤツだったので、猛烈に興味を示し、商品をかごに突っ込もうとしました。

慌てて止めて、それはクジだという説明をしたら、頬を少し膨らませて、不満そうな顔をしました。

そんな表情をしたのは、テレビでもネットでも見たことがないので、腰が砕けそうなほど萌えました。



そして、レジで会計をして、クジを引きました。

こう言ってはなんですが、世界レベルのアスリートは、やはり非凡な存在なんだと思いました。一発で、さっきかごに入れようとした商品を引き当てました。

彼女は、ロシア語で叫びながら、その場で飛び上がりました。

店員のおばさんも、良かったねぇ〜などと言いながら、商品をバーコードリーダーに通し、ユリアに渡してくれました。



ユリアは、袋はいらないと手で制し、その大きめのぬいぐるみを抱きかかえます。

ぬいぐるみを抱えて、ニコニコしている彼女は、本物の天使に見えました。



そして、上機嫌な彼女は、ぬいぐるみを抱えたまま、僕の手を握ってきました。

書き忘れていましたが、彼女の大きめのカバンは、最初の段階で、当然のように僕が持たされていました。あまりに自然に、当然のように僕に持たせたので、持つのが当たり前と思っていました、、、





そして、僕の家に着きました。

ごく普通の1Kのマンションです。

ユリアには狭いと言いましたが、駅から少し遠いのと、若干古いので、居住スペースは35くらいあり、そこそこ大きめです。



でも、ユリアは部屋に上がると、

「部屋はこれだけ?」

と、驚いた感じでした。

ロシアの住宅事情は知りませんが、1Kという間取りが不思議なようです。



彼女は僕のフィギュアの棚や、マンガ、DVDの棚を興味深そうに見ています。

そして、ハガレンのDVDを見つけると、再生しろと言いました。



僕の部屋には、ソファなんてありません。自然に、二人並んでベッドに腰掛けて、DVDを見ることになりました。



僕は、コップなどを持ってきて、緊張しながら彼女の横に座ろうとすると、彼女が慌てた顔で、少し横にずれました。

僕も、そんなにくっついて座ろうとしたわけではないのですが、かなり距離を開けられました。

まぁ、初対面の男性の家に上がったのだから、無理もないなと思って、そのまま座りました。





そして、テーブルのリモコンを取ろうとして、少し体を動かしたら、彼女がアスリートの機敏さで、立ち上がりました。

『な、なに!?』

彼女は、驚くというか、ちょっと不安そうな顔で僕に言いました。

「え?あぁ、、その、リモコンを、、」

僕が説明すると、

『あ、あぁ、そう、、 ビックリさせないでよ!』

と言いながら、また座りました。





部屋に入ってから、彼女のキャラが変わりました。

勝ち気でクールな感じの女王様。そんな感じだった彼女が、か弱い小動物みたいな感じになっています。



ずっとスポーツ漬けだった彼女は、もしかしたら男性に慣れていないのかも知れない、、、

そう思いました。



とは言っても、二人きりでベッドの上に座っている状況でも、僕は何も出来ないと自覚しています。





そして、僕のそんな弱気を理解したのか、ユリアも緊張が解けてきたようです。

さっき買ったお菓子を食べながら、DVDを鑑賞しました。



彼女は、たこ焼きを作る駄菓子みたいなのを、興味深く作っていました。

水を混ぜて、型に入れてこねて、ソースをかけるだけなのですが、目をキラキラさせながらやっています。

そして、完成すると、無造作に僕の口に近づけました。



まさか、こんな風に食べさせてもらえるなんて思ってもいなかったので、メチャ嬉しかったです。

パクッと食べて、美味しいと大げさに言うと、ニコッと笑ってくれました。

そして、自分も食べて、

『美味しい』

と、僕に笑いかけました。





なんか、恋人になった気分です。

彼女は、僕が買ってあげたコロ助を取り出しました。

ニコニコとしながら、撫でています。

すると、自分のカバンからサインペンを取り出して、裏側の足の部分に

『ここに、ユウの名前書いて』

と、ぶっきらぼうに、照れた感じで言いました。



この子は、本当にギャップがたまりません。

乙女と、女王様が、コロコロ入れ替わります。





僕は、漢字で名前を書きました。すると今度は、シールとか色々と貼ってある可愛らしいノートみたいなものを取り出して、真っ白なページを開きながら

『メールアドレス』

と、僕の方を見ずに、一言だけボソッと言いました。

彼女の横顔を見ると、耳まで赤くなっています。

僕は、本気で惚れました。



有頂天でメールアドレスと、携帯番号も書いてみました。そして、facetimeもやってると説明しながらノートを返しました。





すると、彼女がカバンから小さなポシェット?みたいなものを取り出し、キッチンの方に行きました。

トイレかな?と思って、黙って待っていると、僕のiPhoneに着信がありました。

見ると、facetimeで、見たことのないアドレスからでした。

出ると、ユリアが映りました。

彼女は、画面の中でニコッと笑うと

『登録しといてね』

と、上機嫌で言ってくれました。





そして、すぐに部屋に戻ってくると、僕に太ももが触れるくらいの近さに座りました。

僕は、一気に緊張しました。



緊張しすぎて、ユリアの方を一切見られなくなりました。

こんな緊張しながらDVDを見たことはありません。



すると、今度は彼女の頭が、僕の腕に当たりました。

彼女が、僕に体をもたれさせてきました。

彼女の良い匂いがして、クラクラしてきました。





鈍い僕でも、これはOKのサインだとわかります。

でも、悲しいかな、経験がないのでどうして良いのかわかりません。





あの憧れの天使が、すぐ横にいて、OKのサインを出している。

心臓が体から飛び出しそうなくらい早く脈打っています。





そんな情けない僕ですが、彼女はさらに僕の手を握ってきました。

彼女の手は、汗ですごく湿っていて、微妙に震えている感じでした。

僕は、やっと気がつきました。彼女も、勇気を持って頑張ってくれていることに、、、





僕は、逮捕されて、国際問題になっても後悔しないと決意して、思い切って彼女にキスをしました。



彼女の方を向き、顔を彼女の顔に近づけていきます。

悲鳴を上げられて、逮捕される自分を強く想像しながら、勇気を奮い起こして顔を近づけると、奇跡が起きました。

彼女の方も、すっと目を閉じて、顔を持ち上げてくれました。



こんなにも美しいキス待ちの顔は、映画でも見たことがないです。

ただただ美しい。吸い込まれるように唇を重ねると、彼女がビクッとなりました。

僕は、それに驚いて、慌てて唇を離そうとしましたが、彼女がガシッとしがみついてくれました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

【外国人】ロシアの天使が空から落ちてきた 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月5日 | 告白体験談カテゴリー:外国人との告白体験談

このページの先頭へ