相互リンク先の更新情報!

【学校】母親交姦 【告白体験談】

カテゴリー:学校での告白体験談
tag:


中学の頃の話です・・・



私の名前は・・・博司とでもしておきましょう!



当時、私には仲の良い友人が二人居ました。



一人は聡と言って、聡の家は、聡が小学生の頃に両親が離婚し、今は母親の涼子さんと二人暮らしをしていた。涼子さんは、中学でも背の高かった私より少し低いぐらいだったので、160後半の身長はあったと思います。スタイルの良い美人で、実は私も好きでした・・・



もう一人は猛、中学になり少し不良じみてきましたが、小学生の頃と変わらず友人として遊んでいました。猛の母親は正子さんといい、聡の母親とは逆で小柄で少しぽっちゃり気味、でも笑顔が可愛らしい方で、私はこの人もオナペットにしていました・・・



そして、私の母親は裕子といい、身長は涼子さんと正子さんの中間の160前後で、三人の母親の中では一番の巨乳、巨尻でしたが、息子の私が言うのも何ですが、涼子さんには劣るものの、中々のスタイルをしていました・・・



私達三人は部活もせず帰宅部、ほとんど毎日のように連み、三人の家を交互に遊びに行ったりしていました・・・








夏休み、私の家に遊びに来た友人達と漫画を読んだり、ゴロゴロしていると、パートが休みだった家の母が、お菓子とジュースを持って現われた。夏なので薄いブルーのTシャツにジーンズ姿で友人達に会釈をして部屋を出て行った時、



「お前の母ちゃん・・・オッパイでかいよなぁ!!」



「本当だよなぁ・・・一度触ってみたい・・・なんちゃってぇ」



聡と猛が笑いながらも家の母を褒めてくれて、嬉しくなった私は、



「まあな・・・でも、聡の母ちゃんはスタイル良いし、猛の母ちゃんだって・・・俺、お前達の母ちゃん好きだよ!!」



「「えぇ、本当かよ?」」



私の告白に二人は驚きつつも、二人も私やもう一人の母親を気に入っている事を告白し、私達は更に絆が深まった気がした。



「家は風呂無いじゃん!家のお袋結構汗かきだから、休みで家に居るときはTシャツ着替えるから、上手くすれば、下着姿見れるかもよ?」



「「ほ、本当かよ!?」」



私の言葉に友人達は思いっきり食いつき、ぜひ見て見たいと私に頼んだ。私はソッと母の様子を伺うと、ちょうど掃除器を掛け、首に巻いたタオルで汗を拭いていた。私は部屋に戻り、



「今掃除器掛けてるから、上手くすれば・・・」



私の言葉に無言で頷く聡と猛、私は少し意地悪げな表情を浮かべながら、



「家のお袋の見せるんだから・・・お前達の母ちゃんのも見せてくれよ!!」



「ああ!俺は構わないぜ!!」



「家のお袋のでも良いのか?見たいなら構わないけどさ」



聡も猛も同意し、私達は互いの母親の下着姿を見せ合う誓いをこの時打ち立てた・・・



私達は部屋を出て母の様子を伺っていると、母は居間のカーテンを閉めると、ブルーのTシャツを脱ぎ、ジーンズを脱ぐと、ピンクのブラとショーツが露わになった。首筋、脇の下、胸の谷間と拭いていると、母は私達が見ているとも気付かず、ブラを外した拍子にプルルンと弾むように母の巨乳が露わになった。下着姿どころか、少し黒ずんできた乳輪と乳首を見れた私達の興奮は更に上がった。母はタオルで胸の汗を拭っており、



「もっと近くで見て見る?」



「あ、ああ」



「もう、チンチンでかくなっちまったよ!」



私達三人は、呆気なく母の胸を見て勃起し、興奮を抑える事が出来なくなっていた・・・





「エッ!?ちょ、ちょっと博司!お母さん着替えてるんだから・・・」



慌ててタオルで胸を隠した母だったが、母の視線が我々の股間を見て思わず目を背けた。自分の胸を見て欲情している事に気付いたのでしょう・・・



「博司!さっさと行きなさい!!聡くんも猛くんも、おばさん着替えて・・・キャッ!」



聡と猛は感情を抑えられなくなったのか、母に抱きつき、聡は母の右胸を、猛は左胸をまさぐり始める。母は必死に抵抗し、二人に止めるように言うも、



「おばさん・・・好きでした!!」



「おばさん、僕も!!」



そう言って母に甘えるように顔を擦りつける聡と猛、母は困惑気味に、



「だ、駄目よ!お願い、二人共離れて!!博司、あんたも・・・」



私にも止めさせるように言おうとしたのでしょう、でも母は言葉を飲み込みました。私の目が尋常じゃ無いのに気付いたのでしょう・・・



「おばさん・・・俺の初めての人になってよ!」



「お、俺も!!」



聡と猛はそう言いながら母の胸に悦に浸りながら顔を擦りつけた。母はムッとすると、



「何バカな事言ってるの!あなた達のお母さんに言いつけるわよ!!」



だが、盛りの付いた二人がそんな忠告に聞く耳を持つことは無かった・・・



「おばさん・・・お願いだよ!このままじゃ俺・・・」



猛は我慢出来なくなったのか、母から離れるとズボンとパンツを脱ぎ捨て勃起したチンポを母に晒した・・・まだ完全には剥けきれていないチンポを・・・



「おばさん、俺も・・・俺ももう」



そう言うと、聡も母から離れズボンを脱いだ。聡のチンポは元気に反り返り剥けていた。母は胸を隠しながら何度も二人を説得するも、二人は聞き入れる事は無かった・・・



「こんなおばさんに・・・まだ、あなた達には早いわよ!大体、もっと若い子が居るでしょうに!!」



「俺、おばさんとやるのを想像して・・・オナニーしてた!」



恥ずかしそうに猛が母に打ち明けると、聡も頷き、



「実は俺も・・・」



このままじゃ不味いと感じたのでしょう、母は脱いでいた衣服を素早く手に持ち立ち上がると、徐々に居間の入り口に後退りながら、



「気持ちは嬉しいけど・・・それだけは駄目!絶対・・・キャァァ!」



母は背後に私が立って居た事に気付かなかった・・・



理性を無くしていた私は、胸を隠すのに必死で下半身が無防備だった母のショーツを一気に足下まで引き下げた。母は悲鳴を上げ思わずその場にしゃがみ込むも、聡と猛の目に、母の生い茂った恥毛が目に映った事だろう。



「「オオォォ!!」」



「あんた!母親に対して・・・何考えてるのよ!!」



聡と猛が同時に呻き、母の罵声が私に飛ぶ・・・



「そう言わずに相手してやってよ・・・親父には絶対黙ってるから!!」



そう言った私は、母に背後から抱きつき、母の足を広げようと試みた。母は激しく抵抗し、



「バカバカバカバカ!止めてぇ!イヤァ!!」



母がジタバタ暴れる拍子に、時折母の股間が聡と猛の目に飛び込んでくる。二人は身を乗り出し、聡は母の左足を、猛は母の右足を掴み、猛が母のピンクのショーツを脱がし、匂いを嗅ぐ、更に母の足を大きく広げると、無防備な母のオマ○コが露わになり、再び二人から響めきが沸き起った。



「こんなに間近に見たの・・・初めてだ」



「ああ、こういう風になってるんだな・・・」



「イヤァァ!見ないで・・・お願い、みんな正気に戻って!!」



ジッと自分の股間を見つめる聡と猛の姿を目にし、母は戸惑い、悲しそうにしながらも、私達を説得しようと試みる。だが、もうそんな理性は私達からは消え失せていた・・・





猛の哀願に、私は頷き、聡も承諾した。母は恐怖で引き攣りながら、



「だ、駄目よ・・・絶対・・・アァ、まっ、待って!胸は触らせて上げるから!!それで我慢して!!」



私と聡で母の腕を押さえ、猛は母の巨乳に顔を埋め悦に浸る。乳首を舐め、舌で転がし、吸い付くと、母から吐息が漏れる。母の胸を味わい、徐々に母の下腹部に顔を埋める正は、母のオマ○コを犬のようにペロペロ執拗に舐めまくる。



「イヤァァン・・・ダメェ、汚いから、そこは汚いから」



「おばさん・・・汚くなんか無いよ!!」



猛は舌で執拗に母のオマ○コに刺激を与えた。母は激しく暴れながらも、甘い吐息を漏らし喘ぐ、我慢出来なくなった猛がチンポを母のオマ○コに宛がうと、



「ダメェェェ!お願い、猛くん・・・それだけはダメ!!入れちゃ・・・ダメェェェェェ!!」



猛は母のオマ○コにチンポを宛がうも、何処に入れるのか分からず戸惑いながら母のオマ○コに擦りつけ場所を探す。ある部分に来た時、まるで自ら導いたように、母のオマンコが猛のチンポを飲み込んだ・・・



「イヤァァァ!ダメェェェ・・・入っちゃった!アァ、あなたぁ、ゴメンなさい・・・ゴメンなさい!!」



父以外の男に、しかも息子の友達にオマ○コに入れられ、母の目から涙が零れた。がむしゃらに腰を振り続ける猛、激しい腰の動きに合せるかのように、母の口から吐息が漏れる。だが、直ぐに猛の異変を感じた母は慌てたように、



「ダメ!抜いて!!お願い・・・もう逃げないから!!」



「ほ、本当!?」



「ええ・・・」



母は観念し、コクリと頷くと、猛は納得し、母のオマ○コからチンポを抜いた・・・



「二人共、本当におばさんで良いのね?って言っても猛くんとはしちゃったけど・・・」



二人は無言で頷くと、母は立ち上がり、



「良いわ・・・私の部屋にいらっしゃい!」



母はすれ違いざま私を睨み付け、無視するように二人を導き寝室に向かい、私はその後を、頭を掻きながら追っていった・・



寝室に付いた母は、ベッドの小棚からコンドームを取り出すと、



「二人共、避妊具を付けるなら・・・してあげる!!」



そういう母の表情は女の顔をしていた。二人は喜んで受け取ると、先ず猛がチンポに装着し、それを見た母が猛の手を取り優しくベッドに導いた。



「猛くん、もう、拒否したりしないから・・・好きなようにして良いわ!でも、さっきみたいに乱暴にしちゃ嫌よ!」



母は慈愛に満ちた表情で猛を見つめ、口付けをした。猛は鼻息荒くそのまま母を押し倒し、母の唇に吸い付く、



「ウゥゥン、こんなに乱暴にしたら苦しいわ!優しく、こういう風に・・・」



母は舌を猛の舌に絡め二人の唾液音が辺りに響き渡る・・・



舌を絡め合いながら猛は母の胸を揉みまくると、



「もう・・・入れたい!!おばさん、入れて良い?」



「もう良いの・・・ウン、猛くんの好きにして!!」



「お、俺、バックが良いなぁ!!」



猛の言葉に頷いた母は、身をくねらせ四つん這いになると、猛の前に巨尻を突き出した。興奮した猛は、母の尻に頬擦りし、再び母のオマ○コにチンポを宛がった・・・



今度は先程と違い、スムーズに母の中にチンポを埋め、激しく腰を振り続ける猛、



「アァ、アァン、アッ、アッ、そ、そんなに激しくしたらぁぁ・・・」



母の口から歓喜の声が漏れ、気をよくした猛だったが、早くも呻き始め、



「も、もう・・・いっちゃうぅぅぅ」



猛は母の尻に身体を合わせ、グッタリとする・・・



時間にして30秒に満たなかった・・・



仮性包茎の影響もあるのか、猛は早漏だった。先程慌てて母が猛を引き離したのは、猛が早漏だと見抜いたからなのかも知れない・・・



満足はしたものの、雑誌で早漏は嫌われると書いてあったのを読んでいた私達、猛はそれを思いだし、



「ご、ごめんなさい・・・」



「エッ!?謝る事何か無いわ!・・・若いんだから・・・ネッ!」



母は、猛のチンポを優しく撫で、猛を労った・・・



た手付きで母の身体を愛撫し、



「アァァン!さ、聡くん・・・本当に初めてなのぉぉ?」



母のオマンコに右手の人差し指と中指を入れ激しく刺激を与える。焦らすように動きを止め、時折クリトリスを刺激した。



「ハァァン、アッ、アッ、アァァ!!」



母は悶えトロンとした目を聡に向けると、



「もう・・・欲しい!入れて!!」



母は自ら股を開き、聡におねだりをする。聡は意地悪そうに、



「おばさんの写真撮らせてくれたら入れて上げる!!」



そう言って母の股間を舐め、クリを舌で刺激した。母は悶えながら、



「良いよ!撮って良いから・・・あなたの・・・頂戴!!」



母は潤んだ瞳で承諾し、私と猛は母の痴態を存分に写真に撮った・・・



「じゃあ、ご褒美上げなきゃね・・・入れるよ!!」



聡は、正常位の体勢でゆっくり母の体内に挿入していくと、聡のチンポの気持ち良さに、



「イイ!アッ、アッ、アァン、アッ、アッ」



身を悶え快楽の虜になる母、息子の私の目の前で、母は歓喜の声を上げ続けた・・・



聡は猛と違い、早漏では無かった。バック、騎乗位と体勢を変え母と交わり、母は歓喜の声を上げ続け、やがて騎乗位の体勢で先に果てた・・・



ぐったり倒れ込んだ母を、仰向けに寝かせると、再び正常位で繋がった二人は、



「おばさん、イッタの?じゃあ、次は僕の番だね!!」



聡の腰の動きが早まり、再び母から歓喜の声が漏れる。



「アッ、アァァ、アッ、イクゥゥ、また・・・イクゥゥゥゥ!!」



「おばさん・・・俺も、俺も」



「一緒に・・・イッテェェェェ!!」



母の絶叫と、聡の呻き声が部屋に響き、二人の動きが止まった・・・



聡は満足そうに離れ、母は放心したように荒い呼吸を繰り返していた。私も母に覆い被さり、母の胸に吸い付くと、母は慌てて私を突き飛ばし、



「ダメ、あんたはダメ!あんたは私の息子なのよ!絶対ダメよ!!」



「チェッ」



母に拒絶され、私は思わず舌打ちをした。自分の早漏さに落ち込んでいた猛に気付いた母は、猛の手を取ると、



「そう落ち込まないで・・・もう一回する?」



猛がコクリと頷くと、母は猛をベッドに招き、今度は自分が主体で猛に性の手解きをし、猛を導いた・・・



「ねぇ、今日の事は忘れてね!私もどうかしてただけだから・・・」



母も、猛と聡も服を着て、母の理性も戻ったのか、母が私達に頼むも、



「駄目だよ、母さん!これからも、聡と猛と楽しんでよ・・・なぁ?」



「うん、おばさん、また溜めておくね!」



「今度は生でしたいなぁ・・・」



私達はその申し出を断り、聡と猛は母の痴態が映った写真を手に帰って行った・・・



母はその姿を複雑な心境で見送った・・・



「あんた、どういうつもり?」



「別に・・・母さんだって喜んでたじゃない?」



「あれは・・・」



「親父には絶対言わないから!今度は俺とも・・」



「バカ、それだけは駄目よ・・・ねぇ、あんたからもあの子達に頼んでよ!こんなの良く無いよ!涼子さんや正子さんに合わせる顔無いもの・・・」



嫌われたと思っていたが、母は私のした行為をそれ程怒っては居なかった・・・



母が二人を拒む理由・・・



それは聡の母、涼子さん、猛の母、正子さんへの罪悪感からだと思った私は、



(大丈夫、母さんだけをこんな目に遭わせたりしないよ!あいつらの母親も同じ目に・・・いや、それ以上にさせるから!!)



その夜、私は母の抱かれる姿を想像してオナニーをしていた。私は、和姦の時より、最初に母が拒絶していた頃の方に興奮していたのを悟り、俺は、母親が犯されている姿を見る方が興奮するのかと、この時気付いたのでした・・・




告白体験談関連タグ

|||||||||||

【学校】母親交姦 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月5日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

このページの先頭へ