相互リンク先の更新情報!

【スカトロ】電車で吐いたら彼氏ができたwwwwwwww【告白体験談】

カテゴリー:スカトロ告白体験談
tag:


昨日からお付き合いしだしたおw

スペック



19才155cm42キロ

彼氏

28才身長わからないけど多分168くらい?

営業職

二ヶ月前に専門学校からの帰りに電車にのってた。

その日は一日中なんかお腹痛くて、でも友達の付き合いで牛丼をお昼に食べてたから調子わるかったんだ( ; ; )

最寄駅まで30分くらい。

始発から乗るからどうしても座りたくて並んだ。

並んでる時から体調が悪くてやばかった!

思い出しても気持ち悪くなっちゃう。

やっと座れて、そこから急行だったから10分は止まらない電車だった。

かなり調子悪かったんだけど帰らないといけないし、




帰らないところで体調がよくなるまで休む場所も思いつかなかったから頑張って乗ったよ(´;ω;)

10分間は生きた心地しなかった。

何度も吐いては飲み込んでた(´;ω;)

で、次止まったら降りようって決意した。

でも、停車駅近くになったらなんだか体調が持ち直してきたんだよね!

停車駅で降りて、

休んでからまた乗ったら満員電車で立たないといけないから、

自分を信じてそのまま電車に乗り続けたんだよ!

そこからは各駅停車だったから

扉開くたびに何度も降りようとしたけど

どうしても帰って寝たかったから頑張って乗った( ; ; )

最寄駅まで10分のところで最悪なことが起きた。

私は一番はじっこに座ってたんだけど

おばあちゃんが乗ってきちゃった。

私の目の前でいかにも立ってるのが辛そうにしている。

よぼよぼって吊り革もっててさ。

満員だから周りも私の事情も知らないで

「かわってやれよ」

みたいな顔してた。

おばあちゃんは下向いてはぁはぁしてる私の脚を踏んで気づけよって合図してくる。

あと、10分だしっと思って席を代わる事にした( . .)

そんで、立ち上がった瞬間立ちくらみ。

そのまま我慢する暇もなくリバースした。

とっさに自分のカバンの中にね!!

だから周りに被害はなかったよ!

けど、皆私から離れていった。

ちょうど、最寄駅二駅前で電車が停車したから私は倒れこむように降りた。

階段から遠い位置で、屋根もない所だったから降りる人は私以外いない様子だったよ。

でも、雨がその日はふってて寒かった。

お母さんが好きなあんみつをお土産にしてたのに、それも水たまりにひっくり返ってた。

カバンはゲロまみれだし、雨にうたれたしですごい可愛そうな子だった( ???????? ?)

そしたら、水たまりのあんみつを拾う人がいたんだよね!!

それが彼氏なんだけど!

「大丈夫ですか?」

みたいな事を言ってたと思う。

背中さすりながら、

「沢山たべすぎちゃったのかな?」

ってハンカチくれた。

多分、吐いたものが完全に肉の塊だったからかな(>_<)

雨に打たれてたから、彼に引きずられながら屋根まで行った。

私は謝り続けてたよ。

だって、他人の吐いたものを平気で自分のハンカチでふいてるんだよ!

「あんみつグチャグチャになっちゃったねー!大丈夫?」

みたいに笑いながら言ってた。

その時は何笑ってんだよ!って思ってたけど、元気つけようとしてたのかな?って今は思ってる。

カバンはボストンタイプだよ。

しかも誕生日にお母さんがくれた

だったんだよ( ; ; )

その人は駅員さんをつれてきてくれて、

私は駅員さんにつれられて事務所みたいな所につれてかれた。

彼はそのまま次の電車に乗ろうとしてたからあわてて呼び止めた。

「ありがとうございました!

お礼がしたいです!連絡先教えてください!」

って口にゲロつけながら言った。

「大丈夫だよ!きにしないでー」

って多分言って、電車にのってった。

しばらく駅員さんの事務所でイスに座らされてた。

駅員さんは横で事務作業してて、壁にむかって置いてあるパイプイスに大量にもらった紙ナプキンを持たされて座ってた。

かなり惨めだったよ!!

それに「ここではくなよぉーっ」

っておじさんの駅員さんは笑ってくる。

若い駅員さんは迷惑そうに私の周りに紙ナプキンをまいてくる。

吐いたらすっきりしてきたので、

二駅歩いて家に帰った。

家に帰ったら熱があって、

病院行ったらウィルス性の胃腸炎だった。

素手でげろに触った彼にうつってるんじゃないかと心配だった。

でも、連絡も取れないからどうしようもなくて、一週間安静にしてた。

んで、一週間学校休んる間その人の事を思い出そうとしたけど全然覚えてなかった。

シルエットでしか思い出せなかった。

気持ち悪くて相手を見る余裕なんてなかったんだよね!

ただ、サラリーマンってだけ。

でも、最寄駅が一緒な可能性は高かった。

私の最寄駅は終点だからそこまま電車に乗ってったって事は終点まで行く可能性は高かったし。

終点から乗り換えの可能性もあったけど、職場は始発の駅の可能性が高かった。

そんで、

復活してお世話になった駅にお菓子持って行った。

吐くなよっとか言ってたおじさんは

「心配したよー」とか言っててイラっときたよ。

駅員さんに「介抱してくれた人ってどんな人でした?」

って聞いてみた。

「スーツきてた事しかわからない」

ってさらっと言われた。

なんにも参考にならなかったよ!

でも、意外にもあっさりその人は見つかった。

私がいつものように最寄駅で電車をまってた。

「おはよう!」

って話しかけられた。

最初は朝からナンパかよ!!

って思ったけど、なんとなく見覚えがある気がした。

「体調大丈夫?」

って言われて、あー!!って思い出した。

あまりにどこにでもいるサラリーマンって感じで記憶に全然残ってなかった(>_<)

それに記憶の中でなんとなく美化されてたから正直がっかりしてた。

オードリーの若林とユースケサンタマリアを足して割ったかんじだった。

沢山お礼を言ったあと、

「○○専門学校?」

っていわれて「そうです」

って答えた。

ちなみに服飾の学校!

「私、ウィルス性胃腸炎だったんですけど、大丈夫でした?」

「え。」

ウィルス性って言われて、少し引いてる様子だった。

そのまま電車で隣に座った。

私は人見知りだから、実は結構嫌だったんだけどね!

でも、じゃぁって違う所に座るのも申し訳なかったから隣に座ってみたんだよね。

でも、彼からしたら隣に座られたって思われてたかも。

そこから30分は一緒になるってわかってたから、会話しなきゃってちょっと焦った。

そんな時、彼が「おれ、寝不足だから終点まで寝るね!体調よくなってよかったよ!おやすみ!」

って言って、寝ちゃった。

すこしほっとしたけど、ちょっと寂しいのと残念なのと、嫌われてる?って心配したりもした。

そんな感じでそれから私は常に高島屋で買ったハンカチを持ち歩くことになった。

彼に会ったら渡せるようにね!

でも、まったく会えなくなった。

二週間してハンカチを持つのをやめた頃、

今度は最寄駅の駅ではない始発の駅で会った。

その時は帰りだったよ。

「おー!今帰り?遅いね!遊んでたの?」

「あー。はい。」

みたいな返答も出来なくてしどろもどろしてた。

ハンカチ!って思ったけど、その時にかぎって持ってなかった。

「私、お礼がしたくてハンカチを渡したくてずっとさがしてたんです。

なのに、今日にかぎって持ってないんですよね。」

って素直に言った。

彼はいいっていいってってすごい遠慮してた。

その時もなんとなく電車で隣に座った。

その後、終点の30分はしゃべり続けたよ!

そしたら同じ中学出身で家もそんなに離れていなかった。

年はだいぶ離れてたけど、彼が私に合わせてたのか話やすかった。

でも、私もそこから爆睡した。

終点になって他の人が立ち上がり出して目が覚めた。

彼も起きて立ち上がってた。

「じゃあ、体調管理ちゃんとしなね!

学校がんばれ!」

って言って、人混みの中に消えてった。

私はちゃんとお礼言えてたのかな?とか態度悪かったかな?とかその後色々考えてた。

一番思ったのが、お礼の言葉だけで彼にしてもらった事のお返しになるのかなってこと。

なにかしらするなり、何かあげるなりしないといけない気がした。

本当にあっと言う間に最寄駅についた。

私、結構がっかりしてた。

でも、名前を聞いたから家に帰ってFacebookでさがした。

んで、さっそくそこからメッセージをおくった!!

たしか「本当にありがとうございました!こんなに優しい人が先輩でいたなんて感動です!今度は絶対ハンカチ渡します!」

みたいな軽い内容で送った。

それからスマホのアドレスを教えてもらってメールするようになった。

Facebookを見ると彼はお友達が多い様子だった。

いつも楽しんでるってかんじがした。

私はどちらかっていうと家で洋服を作ってるほうが好きだったから、

性格あわなそうって思ってた。

んで、しばらくメールのやり取りをしてた。

そしたら地元のライブハウスでイベントあるから来ない?ってお誘いがきた。

私はあたま数の一人だろって思ったけど、

友達を連れて行くことにした。

ライブハウスにつくと、彼がすぐに近づいてきた。

彼の私服はすごぉーくダサかった。

多分、コムサイズムだなって思った。

友達も服飾の友達だったから彼を見て

「ダサくね?」って普通に言ってた。

でも、彼の周りには女の子が多かった。

皆に優しくて愛想がいいんだなって思った。

私はその時好きとか思ってた気はしなかったけど、結構嫉妬してた。

だから、のりについていかずに友達とライブハウスのはじっこで傍観してた。

来たことを後悔してた。

彼が心配してすぐにやってきた。

「つまんない?私ちゃん」

私はすねてたから

「帰りたい」

って素直に言った。

「じゃぁ、ごはんでもいこうか?」

って言ってきた。

私はかなり嬉しくて機嫌がすぐ治って、

飛び跳ねてた。

彼はダサいし地味に見えるのにリア充だし、全然好きになれそうになかったけどね!

やっぱり人が嫌がることを率先してできる優しい人には惹かれた。

そんで続き

彼の友達と数人の女の子と

私と友達で居酒屋に行った

そこでもまた盛り上がり方についていけないし、友達は完全に不機嫌になってた

酔ってきた頃に、

彼が友達に私との出会いを話しはじめた

ついでに言うと私と友達はお酒は飲んでないよー

ホームで電車を待ってる時点でおかしいかんじに気付いてたみたいで、 座ってからも膝の上のカバンに頭をのせている様子をみて吐くのかなって思ってたみたい

私は気づかなかったんだけど、

ずっと目の前に立ってたんだって。

声をかけようとしたけど、ナンパに思われるのも嫌だったから見守ってたそうで いつ吐くかとヒヤヒヤ見守ってたらしい

吐いて電車から降りた時は雨に打たれてそれはそれは悲壮感がただよってたって、 笑い話にされた

周りからは運命の出会いかもねっみたいに冷やかされたけど結構複雑だったよ

なんか、話のネタにされたっぽいし

年下を冷やかしてるようにしか感じれなかった。

彼からしたら私は完全に子供なんだなぁって思った

彼はお酒好きっぽいけど、私は飲まないし隣歩いたら兄妹にしか見えなさそうだし。

私が子供っぽい見た目なのもあるんだろうけど

だから、その日は彼はお洋服もダサいし絶対合わない絶対無理って思うようにしてた

その時は二十歳まで処女守ろうとか、初めての彼氏はイケメンがいいみたいな、

上から目線なかんじだったんだぁ(∩´_∩)

高校が女子高だったし、理想が本気で王子様になってたってのはある。

あとね、最初嘘ついた。

二ヶ月前って言ったけど半年前ね

付き合うまでの時間を短くサバ読んだ。

ゴメン。

半年まえにで吐いてたのは私です。

そいで、皆で飲んでる時にちょっと事件がおきた。

酔っ払ってた人のたばこの火が私の髪の毛についた。

私はへそまであるロングヘアーなんだけど、チリッとやっちゃった。

びっくりして私泣くし最悪なかんじでその会は終わった。

髪の毛は焼けたけど他の髪の毛とまぜたらわからないくらいですんだ。

泣いたのも違う感情があったからかもって思うよ

彼は

「まぁ大丈夫」

みたいな事を言ってた。

で、その後一緒に最寄駅まで帰った。

その30分はやっぱり結構楽しかった。

私の周りに彼くらいの年の人がいないのもあるけど、沢山の事を知っていて面白かった。

皆で会うより、2人で会うと私はすごい楽しくて独占したい気持ちで満々になってきた。

よく見たら、目が丸くて可愛いかも。

とか、私服と髪型よくしたらマシかも。

とか付き合ってもいないし、好きになられてもいないのにそんな妄想をしてた。

「俺、カプセルのMEG好きなんだよね。

私ちゃんは似てるね」

って言われた。

この人私の事好きなのか?って勘違いした。

そこから私は彼は私の事が好きって勘違いしだした。

そこから特に連絡してなかった。

してたかもしれないけど、内容はたいした事なかったと思う。

実際はちょくちょく最寄駅で彼を見かけたけど隠れてた。

話すこともないし、一緒に歩くのが嫌だったのも正直ある。

でも、その隠れてたのは彼にばれてたんだよね。

横浜駅の始発をいつものように待ってた。

そしたら隣に彼が並んだ。

「久しぶり!髪の毛大丈夫?」

「大丈夫。おつかれー」

みたいな事を言った。

「私ちゃんは髪が長いから遠くにいてもわかるね。前、(最寄)駅で俺見て隠れたでしょ?」

って笑顔で言われた。

私は人見知りだからーとか言い訳したと思う。なんて言ったかよく覚えてない。

家帰ってカプセルのMEGの画像見たけど、全然可愛くなくて結構ショックうけた。

自分に自信がありすぎる処女なんだよね(゚o゚;;

だから、色々勘違いして彼のやさしさって私の事が好きだからって思い出しちゃった。

その勘違いのおかげで積極的になれたってのもある。



そこからお互い同じ電車で出勤、通学することにした。

帰りは合うようだったら連絡取り合ってあわせた。

彼は営業で遅くなる日が多かったから、帰りが合わない日が続いたらわざと横浜で時間つぶしてあわせた。

私でもあー私と毎日電車のるのはしんどかったんだなってわかった。

舞い上がってた。

本当にごめんって気持ちになった。

しゅんとしてると彼は

「でも、私ちゃんといると元気もらえるよ。若さをもらえるっていうか、妹みたいで可愛いよ」

フォローいれてくれたんだろうけど、

それって妹的に可愛いってだけで女じゃないんだなって思った。

私は慣れるとよくしゃべるほうだったから、学校の事とか友達のこととかお母さんに話すような事を彼に話しまくってた。

彼は「へーそうなんだぁー」

って相槌してくれた。

そんな日が続いた。

いつものように帰りに一緒の電車にのった。

私は友達の話をしまくってた。

「私ちゃん、ごめん。今日は疲れてるから寝ていい?あと、帰り待たなくていいよ。これからしばらく終電になりそうだから」

「じゃあ、先に終電に並んで若林くんの席をとっておくよ」

「いや、大丈夫。そんなに遅くなったらよくないし。もっと早く帰ったほうがいいよ?」

その後、宿題もあるんでしょ?親は心配しない?朝起きれてる?みたいな事を言ってた。

その時期は私は彼の一挙手一投足に舞い上がったり落ちたりしてた。

だから、その次の日からまた彼を避け出しちゃった。

一応、彼には課題があるからしばらくは電車早いの乗るってメールした。

それからしばらくの朝の電車はカプセルばっかり一人で聞いてた。

好きって思っててバカじゃないのーって死にたくなった。

たまに寝たふりしながら涙貯めてた。

それでそのまま横浜まで寝たりした。

毎日イライラしてた。

欲求不満ってかんじだった。

なんか、すごーく彼とイチャイチャしてみたい衝動にかられてた。

発情期っぽかった。

友達には最近色っぽくなったって言われた。

おっぱいもちょっと大きくなった。

ちょっとやさぐれ気味に男友達と遊んだりして、いい感じになりそうになって急に気分が落ち込んで逃げたりした。

彼からメールきたら、すぐに返したい衝動を抑えながら時間をあけてわざとそっけないメールをした。

返信を待ってもこなかったら落ち込んでた。

あんなメールしなければよかったって思っても同じことを繰り返した。

彼のFacebookはまめにチェックしてた。

だれと遊んだーとか見てちょっと羨ましくかんじたり、女の子からのイイネ!があったら嫉妬した。

でも、私は彼にコメントしたりイイネしたりしないで興味ないフリに徹してた。

彼はそんな事まったく気にしてないのも知ってたよ

わざと男の子との写真をFacebookでUPして彼からのイイネをまったりした。

これも絶対どうも思ってないのはわかってたけど、何故だかザマーwとか思ってた。

完全に病んでた。

自分からどうする勇気もないのに、

気にしてほしかった。

Facebookに一回のせるために髪をバッサリ切って彼を驚かそうとか考えた。

お母さんに止められてやめた。

だんだん、Facebookを見るのもやになってきた。

彼が私のいない所で楽しんでるのが嫌になってた。

彼のメールがきそうな時間にスマホを握りしめてるのにも疲れてた。

枕の下にわざとかくして気にしないようにして、30分でチェックしてた。

電車で寝たふりしながら泣くのが毎日続いた。

起きたらマスカラが目の下につきまくってた。

色々限界がきてた。

恋をしたことがなかったから、どうやって癒すのかわからなかった。

友達に何度も相談したけど意見を聞きいれることが出来なくて友達もあきれてた。

そんな日が続いて爆発した日がきた。

彼にこのわけわかんない感情をぶつける事にした。

メールで

「若林くんが好きみたいだから付き合って」

ってだけ送った。

送った時はやけだったから何も考えてなかったけど、送信した後に我に返ってちょっと叫んだ。

ヤバイヤバイ!!って部屋の中で悶えてた。

その日、メールの返信はなかったよ。

ずーっと泣いてた。

眠れないけど、体がまったく動かなかった。

化粧したまま寝た。

翌朝は体がむくんでニキビも出来ていて、ドブスだった。

メールはなかった。

その日は普通にスマホを家に忘れて行った。

一日気にしてないふりをしながらかなり気にしてた。

友達からはドブスっていじられた。

夜は友達とイベントに行って気を紛らわせた。

でも、本当は早く帰ってスマホを確認したかった。

ちょうど帰りが終電になった。

いつも一番はじの車両に乗るから、ちょっと期待しながら行ったけどいなかった。

家に帰って何も連絡なかったらどうしようって思うと帰りたくても帰りたくない気持ちになった。

でも、どっかで時間つぶす技術もお金もないから普通に電車にのって帰った。

今なら若林に気を使って若林の話をきいたり、寝かせたりしてあげれるのにって思った。

ただ、一緒に電車にのりたいって思ってた。

自分の女としての未熟さと力量に泣けた。

家に帰ってご飯食べた。

スマホは確認できずにいた。

2時くらいになって、やっと見れた。

電源が切れてた。

充電するの忘れてた。

たちあげても何もなかった。

でも、しばらくしてSMSがきまくった。

若林からの不在着信だった。

一気に幸せになれたよ!

イヤッホーって叫んでた!

メールもきてた。

これは読むのに勇気がまた必要だった。

そっからまた3時くらになってたと思う。

時間見てなかったけど、なんとなく。

で、見た。

「冗談はよせよー(笑)」

のあと、

「電源きってる?」

のあと

「なにかあったの?」

で、

「おーい」

ってきてた。

このメールはまだ残してる。

なんか記念なきがして!

その後は不在着信の嵐。

最終的には

「心配しています。連絡ください」

ってメールだった。

時間も時間だからすぐに返信するか迷った。

でも、もしも、万が一心配して待ったてくれてたらって思って返信した。

その後の返信はなかったけどね!

それで私の返信の内容なんだけど、

読み返すのも恥ずかしいし、もし返信なかった時に記憶から無くすために送信後すぐ消した。

だから内容はあんまり覚えてない。

多分、

「ごめんねー!スマホを家にわすれた!!

でも、冗談じゃないよ!本気だよ!

若林はどうなの?!」

ってかんじでメールした。

返信を待ってたけど、気がついたら寝てた。

朝返信はなかった。

電車では会いたくなかったから時間をずらして乗った。

でも、返信はなかったよ。

若林はいつも電車にのってる時に携帯をいじるのを私は知ってるのに。

だから、返信出来ないなんて事はなくて、ただ返信してないっていうのはわかった。

ちょっとは携帯忘れたのか?!

なんて期待したけど、若林の仕事的にありえないしね。

いつものように寝たふりして電車で泣いた。

髪が長くてよかったなって本当に思った。

思い出したら泣けてきた!!

本当につらい数日だったんだよ!!

でもお昼頃に返信がきてた。

私は自分で読めなかったから、先に友達に読んでもらった。

友達三人の顏が曇ったのがはっきりわかった。

友達がえーっとみたいに濁したから、私は消して!!って言った。

友達は「でも、読んだほうがいいよー」

って見せてきたけど、目をつぶって拒否した。

「本当に消すよ?」

「けして!けして!」

って言い続けてた。

読む勇気もなければ、耐えられる力なんか残ってなかったんだよね。

でも、ずっと気になっちゃってた。

友達には「彼氏つくるー!今日はやけ食いする!ラーメン!ラーメン!」

とか、空元気出してたけど本当はすぐに帰って一人になりたかった。

トイレに行って、友達にばれないように個室の中で受信メールをみた。

友達はメールを消してなかったよ。

ばっちり読んだよ!

読む気ないのに、嫌なフレーズだけしっかり頭に入ってきた。

「彼女としてはみれない」

「妹みたいな存在」

「これからも友達でいよう」

そんなのがババっと頭に入ってきた。

そしたら、何故だか怒りが込み上げたきた。

何に対するものかよくわかんない。

それに息苦しい。

トイレの匂いが気持ちわるい。

悲しい!辛い。もうヤダ!!

みたいな感情で押しつぶされて、

本当に押しつぶされて洋式便所につっぷした。

いつもならトイレにほほづりなんて汚いって思うのに、洋式便所のヒーター機能に触れたくなったのかな。

あったかくてトイレに向かって大泣きした。

けど、声は出さない様にしたよ。

学校だったし。

メンヘラだよ!

友達にもこのメンヘラ女!って言われてた。

でもさ、自分でもどうしようもなかったんだよー!

でも、その日でメンヘラから抜け出したよ!

その後、開き直りまくった。

申しわけないけど、若林の悪口言いまくってしまったよ!!

ゴメンっておもったし、思ってもないことも言ってたよ。

「28っておっさんだよね!」

とか、友達にはイズムってあだ名をつけられてた。

女の子って敵に周ると残酷だよ。

とにかく必死に嫌いになろうとしてたよ。

一週間後くらいに会うまではね!

それが二ヶ月前。

帰りの電車が一緒だった。

若林は普通に話しかけてしたよ。

大人だなって思った。

私は完全にびびってたよ。

本当に普通の会話してた。

何事もなかったかのように。

くやしいけど気が楽だった。

その時の私は違う性格が入りこんでた。

「若林。なんでつきあってくれないの?」

ってもう、妹キャラになりきって甘えることにした。

若林も私が意外に気にしてない?って思ったのか、

「10代は無理だわー」

って笑ってた。

「あと、一年したら付き合ってくれる?」ってしつこく言い続けた。

若林の断り方を楽しんでた。

これだ!!って思った。

若林にフラれるキャラになったら若林も気が楽だし、私も楽だって思った。

そしたらまた、電車に一緒にのれるかもって思った。

んで、いつか本当に普通に友達として見れるようになろうって期待した。

それからたまに電車に一緒にのるようになった。

毎回、私は若林に好きだよーって言い続けた。

でも、若林が疲れてそうな時はちゃんと寝かせたし、若林が電車にのるのが遅れそうな時は先に並んで待ってた。

若林の話も沢山きいた。

知らない若林が沢山いたよ。

今までどんだけ自分のことしか言ってなかったかよくわかった。

そしたら今まで以上に若林に素が出せた。

今まではおしゃれな女の子を演じすぎてた。

電車酔いしそうな時は若林を待って一緒に電車にのってもらった。

私はハンカチを持ち歩く癖がないから、

若林のハンカチは三枚くらい借りパクした。

メールも自然にできるようになったし、

さみしい時はさみしいって言った。

好きだなって思ったら好きだよって言った。

電車で酔ってきたら途中下車も一緒にしてもらった。

背中さすってもらったよ。

相鉄線と小田急はすごい酔っちゃう。

そんなかんじで七月の頭の出来事だったよ。

若林が車買ったからドライブつれてってやるって言ってきた。

私は夏休みに入る所だったから若林にいつでもいいよーって返事した。

若林は休みのなんかで平日に休みがとれたらしい。

それが10日に決まった。

私は気合いをいれまくった!

ちょっと服装は大人っぽくしようと思って、初めてシップスで服買った。

若林にあわせて少し大人しめにもしたよ。

車の名前忘れちゃったけど、すごい可愛い車で最寄駅のロータリーで待ち合わせした。

若林はその時シップスで買ったものをきたんだって。

私がコムサイズムをばかにしてたから気にしたらしい。

だから、同じブランドのペアルックだねって言った。

そこからのドライブといったら江ノ島だった。

すごく暑くて外車だったから窓がUVカットされてないから焼けるよって言われた。

このデートの内容はカットするね!

面白くなさそうだし。

しらすどん食べて、江ノ島神社行ったよ!

夜はカレーを食べた。

初デートは楽しかったな。

カレー食べたらバイバイかぁって辛かった。

お会計しようっていわれて、

きゅーんっとした。

ちょっと気分が暗くなってた。

また、電車で会うだけになるのかなって思って。

その日が楽しすぎたから帰って一人になるのが怖かった。

ディズニーランドの帰り道みたいな気分だったよ。

でも、若林は「まだ大丈夫?車停めて話さない?」

って言ってきた。

気を使ってくれたのかなんなのか、そう言ってくれた事に素直に嬉しかった。

多分、茅ヶ崎かそこらへんに車停めた。

ハーゲンダッツを食べて車で談笑してた。

その頃には若林がイケメンに見えてた。

ものすごくかっこいい大人ってかんじがしてた。

今日のデートもなんだかすごくカッコイイものだったよ。

私はいつもよりいい女になった気分になれてた。

色々普通に会話してる時に若林が急に

「はまっこは最近、キレイになったよね!

最初の頃よりガキ臭さもすくなってきたし。」

って言ってきた。

私は「なんだってー!!」

って怒ったけどすごい嬉しかった。

気がついたら、24時まわってた。

お母さんに遅くなるって言ってなかったから焦った。

鍵もないしヤバイって思った。

カバンの中でこっそりスマホ見たらお母さんからのおに電がきてた。

でも、若林には知られたくなかった。

この時間をもっと続けたかったし、

お母さんに管理されてる事を知られるのが恥ずかしかった。

若林が「かわいくなったよ!本当。

楽しいし癒されるよ」

とベタ褒めしてきた。

ただただ照れた。

「付き合おうか?」

ってさらっと言ったきた。

私は「冗談いわないでよ!」

って笑ったけど、

「え?まじで?!」

ってすぐに確認に入った。

「本当、本当。はまっこがまだ俺の事を好きならね。それとこんなおっさんでもよければ。」

って、笑ってた。

その顔は冗談抜きで春日とネタで「えへへー」って笑ってる若林にそっくりで笑えた。

「ほんと、ほんと、お願いします!」

って言った。

ドキがムネムネして、死にそうになった。

晴れて付き合うことができたのが、

11日の話。

その後、お母さんに家から閉め出されたので朝まで若林とカラオケに行った。

その日からまだ若林には会ってないのだよ!

メールは毎日してるよ?

電話もしてる。

あれから毎日ルンルンしてるよ!!

でも、お母さんにはまだ許してもらえず、口聞いてもらってない。





- – – – – – – – – -


告白体験談関連タグ

|

【スカトロ】電車で吐いたら彼氏ができたwwwwwwww【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年5月31日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談

このページの先頭へ