相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】「単棹独穴⑥‥火宅ⅠⅡ」【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


【同穴 : 火宅Ⅰ】

 結婚して六日目の朝 層雲峡のホテルを出ると、辺りは真っ白で この年初めての雪がうっすらと積もっていました。雪は 踏むと解けて足跡が黒く残る程度で、もう 止んでいます。(続く)

 *以下の記事へは 間違って訪問した未成年者はもちろん、Sex描写に嫌悪を感じる方は お這入りにならないで下さい。

 (承前)用意の下着を着込んだので 二人とも寒くはありませんが、ソロソロ新婚旅行も終わりかと思うと 何かこれからの実生活が身に迫り、夢の覚め際のような 薄ら寒さを感じます。今日は北海道の最後の夜を 洞爺湖で一泊の予定です。家に帰れば お袋と三人の暮らしになるし、列車で直接に一日では無理な行程なので もう一晩二人切りの時間を持つことにしました。ただ心配は 手違いで宿の予約が出来なかったことです。

 列車に乗ると流石に疲れが出て 二人とも手を繋いで昏々と眠りこけます。夕方に 今は「洞爺」に変わった「虻田」に着くと、駅に出迎えの 客引きと交渉開始です。客引きと云っても みんな予約客の出迎えで、聞いても 空き部屋は無いと云うばかりです。困って立ち往生していると 親切そうなオヤジさんが「あんまりキレイで無くても 良いですか?」と云って呉れます。「もう…泊めて貰えて 飯さえ食えれば…」と お願いすると、「それじゃぁ この車にどうぞ…」と 迎えのバスに乗せて呉れます。着いて案内されたのは 湖畔の水際の小さな和風旅館で、部屋は 宴会場の広間の隣の布団部屋でした。

 部屋は広間と 襖一枚で仕切られているだけで、いつでも誰でも サッと開けて這入って来られます。「オイオイ… これじゃぁ…」と思っていると オヤジさんが釘と金槌を持って来て、仕切りの襖の下を 釘で止めて呉れました。夕食が済み 温泉に這入って来ると、既に 布団が敷いてあります。隣の広間では宴会が始まり お酒が回ると歌も出るし大分賑やかです。「最後の夜がこれじゃぁ… あんまり情緒が無いね」「そうねぇ… でもこれもイイ思い出じゃない」‥ 女房はわりに平気なので私も少し安心します。寝巻きに着替え 灯りを消して床に入ると 私は待ちきれず直ぐ女房の布団に潜り込みます。

 私のペニスは既に勃ち切って パンツに突っ張っています。抱き合って唇を合わせ 舌でチロチロと探ると 女房もチロチロと応じて呉れるのが、二人だけの密やかな楽しみの戯れで 布団の中の小さな嬉しい世界になります。私が浴衣の前をはだけ 女房の手を取ってパンツの隙間から挿し込み、ペニスを持たせると ギュッと握って呉れます。私は手を離し 女房の襟元から乳房を掴みます。掌で乳房を包み 指先で乳首を摘んで揉み始めると、女房は目を瞑りウットリしますが その内に逆手ながらペニスをシゴいて呉れ始めます。暫くすると女房の掌が カウパー汁でヌルヌルになってしまいました。

 私は〝女房も そろそろかな…〟と 乳房から手を下げ、ショーツに手を突っ込み 人差し指で陰毛を掻き分けオマメを弄ります。軽く少し擦ってやり 大陰唇の方に手をやると、その辺はもう スッカリ潤っています。中指で小陰唇のビラビラを探り ヴァギナの口にその指を入れると、既にヌルヌルで もう準備は充分です。「イイぃ?…」「ウン…」‥の返事で 女房のショーツを下ろし足の指先で布団の外に蹴り出します。私もパンツを脱ぎ捨て 女房に覆い被さろうとした時です。ガタン!‥「オイ…ココ 開かないぜ、さっきは 開いたんだけどなぁ…」と無遠慮な声で 襖の透き間から明かりが差し込みます。

 二人はビックリして ピクンと緊張して動けません。そこへ 仲居さんらしい女の声で 「あ…そこ お客さん這入りましたから…」、「ふーん こんなトコへ?…」 不思議そうでしたが声は遠退きます。一時はどうなるかと 思いましたが これでもう来ないでしょう。さぁ…作業再開です。だけどこれじゃぁ 妙な声も出せません。襖一枚向こうの話し声が聞こえる処で Sexだなんて…、私も女房も何やら妙な昂奮で 声を潜めます。私は右足を 女房の右腿に掛け、膝をオマメに宛行いグリグリと刺激しながら腿を摺ると 女房は反り返ります。もう一度女房に「イイィ?…」「ウン…」と断り 私は上に乗り足を開かせます。

 肘で上体を支え V字に開いた足の間に両膝を衝き、右手で陰部を探ると 女房は腿を弛めソコを突き出すようにします。〝あぁ 新婚六日目なのに、あの何にも知らなかった生娘が コンナ形をするように!…〟と思うと ペニスが一層いきり立ちます。もうズリ上がる心配は無いのですが 首を抱き右手にペニスを持って、ヴァギナの口に宛行い 静かに押すと今日はそのまま這入りました。女房はまだ 少し痛みがあるようです。そこでユックリと抽送していると 私は快感で昂まって来ます。だけど… そうは行きません。「ネェ… 」「なぁに…」‥ 「今日は 一緒にイキたいんだけど…」「イク? って?…」。(Ⅱへ 続く)



【同穴 : 火宅Ⅱ】

 (Ⅰより 承前)「ウン…最初の晩は 素肌で抱き合って気持ち良かったけど…」「エェ…」‥ 「川湯で… ボクが出したの判った?…」。(続く)

 *以下の記事へは 間違って訪問した未成年者はもちろん、Sex描写に嫌悪を感じる方は お這入りにならないで下さい。

 (承前)「ウン… 温かいモノが私の中にタラッと掛かって、スゴク気持ち良かったけど… あれで…赤ちゃんが出来るんでしょう?…」「そう… あれが精液で、男があのとき 気が遠くなって気持ちヨクなるのを〝イク〟って云うんだ…」「そう なの…」。「層雲峡でも ボクだけイッちゃって…、お風呂場で 気持ちヨクなったとき、アナタ… 何か出た?…」「んん ン 判らないの…、気持ちヨクて 身体中の力が抜けちゃったけど…」「そう… それがイッたんだと思うよ…」「そうかしら… それで?…」。




 「今夜は 旅行の最後の晩だから…、一遍… 一緒にイキたいんだ…」「どうすれば… 一緒にイケるの?…」‥。「女の人は ココ(ピクンピクン…)で感じてイクって聞いているけど、中は 感じ無いの?…」「何だか… 判らないの…」‥ 「でも… 昨日はお風呂でヨカったんだろう?…」「だってあれは 前のトコ…触るんですもの…」‥。無理も ありません。「Gスポット」が判ったのも 「二段絞め」が出来たのも、子供が生まれてから…なんですから 奥の深い話です。「一人のとき… 自分で前のトコに触ってた?…」「… 知らない!」‥ これはもう、〝ペニスを抽送しながら オマメをイジろう〟と 思います。

 「ネェ…ボクがイジってヨクして上げるから 頑張ら無いで…ヨクなって呉れる?…」「ハィ…」 「イキそうになったら教えるから… アナタもその気になって…、ねぇ… 一緒にイコウ!…」「ハイ…」‥。今夜は何とか 女房と一緒にイキたいので、まず正常位で挿入し 私の足を外側から絡め、上体は左肘で支えて 女房の首を抱え、僅かに届く乳首をイジリます。右手は前へ回して 掌を前向きに二人の間に差し込み、人差指と中指でオマメを揉み それを続けながらペニスを抽送するのです。女房は始めは 〝こんなことで 取り乱すまい!〟とす様子が見えましたが、少し続けると 表情が変わります。

 隣の宴会の歌は いつしか軍歌になっています。何となく自分が その歌の調子に連れて腰を使うのに気付くと、〝マジメに ヤレ!〟と 少し反省したりします。女房は額‥眉間に皺を寄せ 苦悶にも見える表情で眼を瞑り、下唇を噛んで 息が荒くなります。左手を弛め 口を乳房に寄せしゃぶると、乳首は固く勃っていて 舌先に気持ちの良い抵抗感があります。舌先でそれを転がし 左手でオマメを速めに掻き立てると、女房は「ァゥ… ィィ…、ファタシ… モウ…」と喘ぎ、それにつられて私も昂まって 「ボクも… もう…イクよ」「ァァッ… アファヒモ…」、「ウッ…」と射精したとき 女房もグッタリ果てました。

 私は 射精したものの、今日は少し余裕があったので グッタリした女房の上でユックリと腰を使い続けて遣ります。一度萎み掛けたペニスは また硬直します。ヌルヌルの中で雁首が ヴァギナの壁を掻くのが気持ち良いらしく、女房は苦悶の表情も消え 無意識に私の動きに応じて小さく動いて呉れはじめます。まだ 身体のことは三回目なのに、〝こんな風にして 覚えて行くんだ!…、Sexって 二人でヤルものなだなぁ…〟 と改めて思いました。どうやら 宴会もお開きになったようで、いつの間にか お隣は静かになっています。そうなると 〝二人 ッキリ〟が身に沁みて、もう一度 シタくなります。

 左手で首を抱え直し 唇を合わせて舌を絡め、右手を 繋がっている前へ差し込んで探ると、そこはもう ズルズルです。〝これは アブナイ…〟と 云う気がして、枕元のチリ紙を掴み 女房の尻の下に手を回して、下から割れ目に 膣汁や精液が洩れ無いように挟み込みます。前へ手を戻し 改めてオマメを擦りながら抽送を始め、今度は加減せずに一気に盛り上げます。女房はまだ ヴァギナよりオマメの方が利くらしく、手の動きの方に 反応します。身を反らし二度目の昂まりが来て 「イイね…」「ハイ…」と私が果てたとき、女房も「アッ… 出た!」と精液を感じたらしく そのまま一緒にイキました。

 暫らくして 女房が身動きしたので、「一緒に イケたね!」と 声を掛け 「…こういう コトなの…」、「これからも イクときは一緒だよ…」「ウン…」と 話し合いました。二人でもう一度 風呂に行き 戻って寝ようとしたのですがあまり寒いので、その晩は 同じ布団で抱き合って寝ました。女房には「ウチへ帰ると お袋も一緒で大変だけど、何でもその場は笑顔でね… 後で私も一緒に考えるから…」と話し、その夜は 二人とも熟睡しました。夜が明けてみたら 寒い筈で、壁の上に ストーブの煙突用の15cmぐらいの孔が開いていて、そこから 湖上を疾走するモーター・ボートの音が派手に聞こえました。

 結婚した頃は成長期の始めで 北海道旅行など贅沢なような気もしました。しかしこの期間 二人だけの時間が持てたことは有意義でした。お袋との血の繋がりは 今更に努力の余地もありませんが、女房とは 三十年近く別に育った赤の他人が一緒に暮らすのだから大変です。女房にとっては 嫁姑の問題だけで無く、〝今後 私との生活をどう造るか〟が大問題の筈です。それが二人キリで一週間 如何に嫌いでは無いとは云え、親にも見せ無い処を 見せ合い触れ合って、絶頂感まで共有したのですから シッカリと人生の基盤が固まった思いです。そんな気持で二人は 憂世の火宅に向かうのでした。(終わり)(ブログ「茫々録・共存録」より)


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【人妻・熟女】「単棹独穴⑥‥火宅ⅠⅡ」【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月5日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ