相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】ペットの人妻の旦那とのセックス【告白体験談】

カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談
tag:


いつも楽しませてもらってるので、私も初めて投稿させてもらいます。

ネットで知り合った人妻のペットがいるんだけど、まだ会ったことはありません。

そのかわりメールやチャットで色々な命令をして感じてもらっています。

例えば、子供の授業参観にノーパンで行かせたり、乳首を洗濯ばさみで挟ませたり…



この間まで旦那が単身赴任だったんだけど、旦那が帰って来ちゃったので、なかなか遊べなくてつまんなくなってます。



ということで、前フリが長くなったけど、旦那が帰ってきて久々にセックルするって事だったの、そのセックスの様子をメールで報告させました。暇つぶしに読んでやって下さい。ちなみに○○○が私です。

あっ、信じる信じないは別としてノンフィクションです。



—ここから—

旦那が帰ってきてから初セックスの報告だよ。○○○とチャットしていたかったけど、旦那はベッドで待っていたから、仕方なく落ちちゃったんだよ。

○○○とおやすみしてから、急いで旦那が待ってる部屋のベッドへ行ったけど、もう旦那は寝てたの。今思うと寝てはいなかったのかもしれないけど。



「寝てる?」って聞いたら、「遅いよ!」って。「もう遅いから今日はしない」って。ごめんねって謝ったけど何も言ってくれなくて、でも手を繋ぎたくて、そっと触ったら指を組んでくれたの。






でも、「遅い、もう寝るよ」って。

しばらくそのままでいたら

「遅かった罰として、フェラチオしろ」って。

いままで「しろ」なんて言い方したことなかったから、本当に怒ってるんだぁと思って。

でもすぐに動けなくていたの。

「しないんだったら本当に寝るからね」って。

あたしはキスが大好きなのね。唇が触れるか触れないくらいのキスを何度もしているうちに、我慢できなくなって舌と舌が溶け合うみたいなキスをするのが好きなの。それだけでいつもすごく濡れちゃうくらいなんだよ。でも、しようとしたら、顔背けられちゃったの。

「それもダメ。罰として、今日はキスもしないし、俺は動かないよ。全部自分でするんだよ。」

なんか悲しくなっちゃって、でもね○○○に報告しなさいって言われたときにすごく感じてしまっていて、旦那とセックスすることを考えて感じたよりも、○○○に報告するんだって思って感じちゃっていたの。



それに、やっぱり何ヶ月かぶりだし、○○○から新しい世界を教えられてからいつも欲求不満みたいな身体になってて…。

もう一度「キスさせて」ってお願いしたけど、「だめ」。

頭の中より身体が我慢できなくてキスは諦めたの。



それで口でし始めたら、すぐに硬くなってザラザラした感触があたしの舌に伝わってきて、口の中が一杯になったの。あたしね、フェラしてもすごく自分が感じちゃうの。

あたしの呼吸が荒くなってきて、夢中になってきても、頭の中から○○○はいなくならなくて。



自分は、旦那とセックスするときに○○○のこと考えたり、旦那が○○○のかわりにはならないと絶対思ってたのに、○○○が消えなかったんだよ。あたしの中から。

不思議なんだけど、このまま終わっても良いって思うくらいすごく感じてたの。



そしたら急に上に引っ張られて

「上に乗ってまたいで」って。

足を開いてまたいだかと思ったら、腰を捉まれてグッって下におろされていきなり挿入。

びっくりするくらい濡れてたから痛くなかったけど、久しぶりだったから?すんなり入らなくて、それでも強引にあたしの中へ入ってきたの。

きっと旦那のも大きくなってたのかもしれないけど、あたしの中もすごく収縮してる感じでピッタリお互いが隙間なく密着してる感じだった。



この一瞬だけ、あたしの頭も身体の中は、○○○のことも、旦那のことも何もなくて、ただただ気持ちいいっていう快感しか感じてなかった。

すごく気持ちよくって自然に腰が動き出して、一瞬止まっていた呼吸がまた荒くなってきて、声も洩れて。

でも旦那は寝てるみたいに呼吸も静かで、何も言わない。あたしだけが気持ちいいの?って思うくらい。恥ずかしくなってきたけど、身体は止まらないの。



今まで何も言わなかったのに急に

「音が聞こえるよ。そんなに濡れてんだ。」って。言われたら音がすごく気になって、でも聞こえると余計に興奮してきちゃって。

そしたら、○○○に音を聞かれてるみたいに思えてあっという間にイッちゃったの。

背中が反って目は開いていられなくて。自分でも膣がピクピクしてるのがわかったの。

「まだ止めちゃダメだよ。動いて」って。

何を言われても○○○に言われたことを思い出しちゃう。何度も何度も続けてイッたときのことも。



うまく動けなくていたら、旦那があたしのお尻を支えてあたしの動きに合わせて手伝ってくれたの。それでも旦那はまだ冷静。



一度イッたら二度目ももうすぐにイキそうで、もうちょっとっていうところで急に腰を持ち上げられて

「罰だからイカせない」って。

あたしは泣きたいくらい。

「じゃ、お願いキスさせて」

ってお願いしたら

「一回だけ」って。



お互い口を少し開いて舌と舌がほんの少し触れたと思ったら

「もう、おしまい」って。

余計にしたくなったけど、本当にしてもらえなかった。

「俺のところ汚したんだから、自分の口で綺麗に舐めて、綺麗になったらまた入れてもいいよ。じゃないともうおしまいにするから」



あたしは何も言えなくて、でももうどうにも止まらないの。頭が下へ動いてもうすこしでっていうところで、頭押さえられて

「しなくてもいい」って。

でもね、これは意地悪してるんだって分ってたの。

あたしがフェラしたいのわかってて、しなくていいって言ってるって。だから言うこと聞かないでそのまま舐めたの。ペロペロって。

「どんな味がする?」

「どんな匂いがする?」

って聞くの。

○○○がいつも「久美の匂いが…」って、思い出しちゃって頭のなかは、また○○○でいっぱいになった。



「きれいになったら上に乗って」

あたしはもうすこししたかったけど、また上に引っ張られて今度はゆっくり、ちょっとずつ入ってきた。

それもあたしがすごく感じるのをわかっていてわざと、ゆっくり。

最後まで入ったところで、乳首をつままれたの。もうそれだけでイキそう。動かなくてもイッちゃいそうだった。



腰に手が添えられて、そしたら自然に腰が動き出して、今度は旦那も一緒にあたしの動きとあわせて腰が動いてすごく気持ちよかった。

あたしにはどれだけ気持ちいいのか言葉ではうまく表現できないよ。

○○○が言うみたいに腰が痺れて指に力が入って、何時の間にか旦那の肩をつかんでいて

「もう、だめ。イッちゃう…イクよ」って。

あたしの中では○○○に言っていた気がする。

あんまり激しく動きすぎて、はずれちゃったの。そしたらちょうど旦那のとクリで擦れて、すごく濡れてたからヌルヌルして、すっごく気持ちよくてイキそうになって

「ヤダ、こんなのでイクのヤダ。」って言ったの。

「イキそうなの?イキなよ。クリが気持ちいいんだ?」

「うん。気持ちいい。」って、その間も腰は動いていて、すごいんだよ、そのままイッちゃったの…。初めてだった。



身体が震えて、鳥肌もたって、乳首も痛いほど硬くて、脚に力が入って脚も震えるくらい。

今も思い出すと感じちゃうくらいだよ。

腕に力が入らなくて旦那の上に倒れそうになったけど、やっぱりまた「止まったらだめ、ちゃんともう一回イカないとだめ」って。

でも脚に力はいらなくて、またお尻支えられてヌルヌルって入ってきた。自分ではもううまく動けなくて、下から旦那が腰を突きながら

「やっぱり、気持ちいいね」って、やっと言ってくれた。

それであたしも「うん、気持ちいい」って。そのまま結局あたしのが先にイッちゃったけど、旦那もすぐに終わったの。

たくさん出たよ。最後は口でって言ってたけど間に合わなかったの。

最後に「やっぱりセックス好きだねぇ。やらしいよね。」

って言われちゃった。



夫婦のセックスの内容を報告するなんて…考えたこともなかったよ。

これを読んで、○○○はどうなんだろう?

単に興味本位?それとも嫉妬する?それとも興奮するのかな?

○○○は奥さんとどんなセックスをするんだろう?聞いてみたいけど聞きたくない。

すっごく長くなっちゃったけど、読むの大変だったよね。

このごろ○○○に「いい子だね」って褒めてもらってないから寂しいよ。

はやくたくさん話がしたいよ。たくさん逢いたいよ。声が聞きたいよ。

○○○に「△△」って呼んでほしい。



あたしはネット中毒じゃなくて、○○○中毒だよ。もう○○○なしでは耐えられない。

結局旦那は朝は6時半に出て、夜は遅くならないと帰ってこないしね。

○○○がいて良かった。やっぱり大好き…



最後にもう一つ報告がある。

セックスして気持ちよくて何回もイッたけど、旦那が寝ちゃったあとに、○○○のこと考えながら一人でしちゃったんだよ。

セックスしたあとにオナニーするなんて自分でも信じられないけど、○○○のこと考えたらしたくなっちゃったの。

セックスとは違う快感なの。



特別なの。

○○○は。

あたしにとって…。


告白体験談関連タグ

|||||||

【浮気・不倫】ペットの人妻の旦那とのセックス【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月6日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

このページの先頭へ