相互リンク先の更新情報!

【友達】す・・す・・好きなんです・・・4【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


 ベットの上で、二人。

 大ちゃんと、私。

 並んで、腰掛ています。

…キスの余韻で、あんまりチカラの入らない私は、大ちゃんの肩に、頭をのせています。

大ちゃんは、そんな私の左肩を、抱いてくれています。

「・・・・・・」

    つん…、つんつん…。

「あっ…」

「…硬い…」

「…まぁ…ね。好きなコとキスしたら、こう、なるよ。」

 好きなコ…

 好きなコ。

 私…の、事、だよね?

 大ちゃん、照れてる。

こういう顔も、持っている、いつも、いぢわるな、大ちゃん。




 いつも、素敵なのに。

 いぢわるなのに。

 …可愛い。

「ふふふ…。」

    つん…、つつ、、、。

「苦しくない…?ズボン…。」

「まぁ…ね。開けてもらおうかな、ジッパー。」

    つつ…、つつつつ、、、、、。

「・・・・・。」

 目と、目があって…。

「・・・・・。」

 はぁ…。大ちゃん。

その目、大好き。

格好いいよ、大ちゃん。

どんなに見てても、全然たりないよ…。

いつも、いつも、思ってたんだよ。

また、逢えて、嬉しいって…。

…だいちゃん…。

「・・・・・・。」

 あれ?

 息って、どうやって、してたっけ?

息苦しい…。

「・・・・・・。」

 …ジッパーは、まだ、駄目…。

今日は、私が…。

いいでしょう?

「駄目だよ。」

って、いぢわるな大ちゃんは、言いそう…

…だけど。

「ねぇ、させて…?」

って、お願いする。

「…したいの?」

「・・・・・・うん・・・・・・・。」

ほら。いぢわる…。

「…いいよ。」

お許しが、出ました…。

もう。いぢわる。

「よいしょっ…と。」

「お、重い…?」

「大丈夫だよ…っ。」

「おぉっ…、大胆だな…っ。」

私は、大ちゃんのヒザの上に、向かい合って、座りました。

「恥ずかしい?」

「・・・うん・・・。」

「恥ずかしがらないで、ちゃんと、やらなきゃ駄目だよ。」

「・・・・・うん・・・・・。」

 耳元で、囁かれる…。

あぁ…。また、くらっと来る…。

 …あれぇ?…なんで…?

「私にさせて。」って、言ったのに、

私から、座ったのに…、

…どうして、・・・どうして、私の方が、…変に、なってるの・・・?

 変だよ・・・、変、だよね…、変、だよ…。

 大ちゃんの、肩に、また、頭を、のせる…。

駄目だなぁ…。

もう、全然、平常心を、保てないよ…。

 そんな事を、考えながら、そのまま、大ちゃんの、首筋を、見る。

ノド仏、も、みる。

オトコ…だ。

 大ちゃんって、セクシーでも、あるんです。

 グッと来ちゃった女のコも、多いだろうな…。

ぼんやりきてる頭で、考える・・・。

「ん…?どうしたの…?何かするんじゃ、なかったの?」

 いぢわる…。・・・いぢわるぅ・・・。

「ん…?」

 大ちゃんが、顔を私に、向ける。

 ちゅ、、、。

あ、音が、鳴っちゃった。

…私が、どんな顔をしてるかなんて、見ちゃ駄目…。

抵抗の・・・キス・・・。

 さっき、あんなに、した…のに…、

     もっと。

 こんなにも・・・したいよ・・・。

舌を、大ちゃんの、唇に、這わす。

下唇をゆっくり、なぞって・・・。

   かぷ。

   ちゅ、、、。

 あ、また、音が…。

 ・・・あ・・・。

大ちゃんの舌と、また、出会う…。

 んぅ・・・・。

気持ちいいよ・・・、

・・・だいちゃん・・・。

 ・・・大ちゃんも、感じて、くれてる・・・?

続き、また、書きますね。


告白体験談関連タグ

|||||

【友達】す・・す・・好きなんです・・・4【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月7日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ