相互リンク先の更新情報!

【友達】彼女の子供【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


スペック

俺28歳独身

彼女 29歳 バツイチ 6歳の娘がいます

見た目はかなりの美人。小泉今日子似です

スタイルは細めで胸もそれなりに小さい

ただすごく敏感な身体の持ち主ですぐに逝ってしまう

俺はそこにはまってしまっています。

アナルも何でもOKでやりたい放題です。

毎日やりまくってます。

また、フェラも大好きで毎朝、寝起きにフェラしてもらってます

娘の千佳ちゃん(仮名)も俺の事をお兄ちゃんといって慕ってくれてます

俺はロリコンではないので千佳ちゃんに欲情したりとかはなかったんですが

一緒にお風呂に入ってて、身体を洗ってあげてたんですけど、

「かわいいお尻だね」っていってお尻をもみもみしたんです

性欲とかではなくて、単におふざけだったんですが・・・




「きもちいい」と言ったのに驚きました

「はぁ?」と思ったんですが、性欲とは別にこんな子供でも気持ちいいって

わかるのかなぁと興味がでてしまって

「ここは?」ってクリトリスをこりこりしてやると

あきらかに女性の反応がありました

全身をピクンピクンさせてました

俺は「母親似で敏感なのかな」って心の中で思いました

でもその場はさすがにこれ以上はできないし、するつもりもなかったので

「さっきのことはお母さんには内緒だよ」っていうと

「うんうん。絶対いわない」と約束してくれました。

でも俺的には全然やましいこととは思ってないので

彼女にそのことを伝えました

「お尻触ったらきもちいいっていったのに驚いたよ」

「あははww。うちも小さい時よく自分の触ってた」とあっけらかんに答えてきました

「いつから一人エッチしてたの?」って聞くと

「いつだろう・・・小学生の頃だと思う」といってきたので

「そうなんだ。小学生でも逝っちゃうことしってたの?」って聞き返すと

「たぶん。はっきり覚えてないけど逝ってたと思う」って答えてくれた

「そうなんだぁ」と思ったけどそれ以上は聞かなかった。

興味は小学一年生でも逝っちゃうことあるんだろうか?という疑問が浮上してきました

有休で会社を休んだときに千佳ちゃんが小学校から戻ってきたのでこれ当ててと

俺たちが使っているデンマを俺の肩に当てるように言いました

「うんうん」と何も疑いもせずにデンマを俺の肩に当ててくれました

そしておもむろにデンマをとりあげて

「じゃぁ交代」といってデンマを千佳ちゃんの股間に当ててみました

「うわぁ・・・・」って目をつむって快感に浸ってる様子

「パンツ脱いで」っていうと

素直にパンツを脱ぎました

そしておもむろに触ってみると濡れていました

内心へぇ~こんなに幼いのに濡れるんだと思いました

そしてデンマをクリトリスに当てると

「きもちいい」と連呼して仰け反りながら果てました

やっぱり親子なんだぁと逝きかたが似てると思いました

俺は面白がって何回も千佳ちゃんを逝かせました

千佳ちゃんも逝くってことにはまってしまったみたいでこっそりデンマを使ってる模様です

そのことはまだ母親には伝えていませんが、いつか親子どんぶりをしてやろうと思ってます


告白体験談関連タグ

||

【友達】彼女の子供【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月7日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ