相互リンク先の更新情報!

【学校】ヒナ【告白体験談】

カテゴリー:学校での告白体験談
tag:


俺は児童クラブで働いている。

児童クラブってのは、共働きとかで親が不在で、学校から帰って来ても家で独りの子を預かる施設。

そこで先生をしている。



そこに来る子供達は、親と接する時間が少なく、充分に甘えられないで育ってきているので、総じて甘えん坊が多い。

小学校高学年や中学生になっても、ボディタッチでベタベタ甘えてくる。

その中でもヒナは特に甘えが強かった。



ヒナのうちは母子家庭。

複雑な親子関係のうえ、母親も子供よりは自分優先。

仕事が休みの日でも、自分が遊びたいから子供をクラブに通わせるような親だった。

俺はヒナを不憫に思い、他の子よりも手をかけた。

ヒナも甘えられる相手が俺しかおらず、常に俺に体をくっつけている子だった。

俺に父親代わりを求めているのは容易に分かった。






小学1年生からクラブに通っていたヒナも5年生になった。

背も伸び、胸の膨らみも少し気になる程度に。

ヒナの親はギャル系で、ヒナもノースリーブやホットパンツなど、露出の多い服を着ていることが多かった。

それでいて相変わらずのベタベタ。

向かい合って膝の上に乗られ、腕を首に回されたりすると、対面騎乗位を想像させ、下半身の条件反射を抑えるのに苦労した。



そんなある休日。

俺が外出からアパートへ帰ると、駐車場にヒナの姿が見えた。

声をかけると親は相変わらず子を置いて遊びに出かけ、友達も捕まらないので俺を訪ねてきたとのこと。

普段から手をかけている子なので放置も出来ず、家に上げることにした。



ヒナは何をして遊ぶでもなく、相変わらず俺にベタベタ。

それもクラブにいる時よりねちっこいものだった。

膝に座り俺の手を掴んで自分の前で組ませる、抱っこしてとねだっているのだ。

他にも後ろから抱きついてきたり、寝転がっている俺の上に覆いかぶさってきたり。

クラブでの甘え方でもヒナには足りなかったのだろう。

俺を独り占め出来る今、本能のままに体を擦り付けてきた。



この日のヒナは胸元の開いたTシャツを着ていた。

ブラは付けていなかった。

こと有るごとに、胸元から膨らみかけた乳房と、申し訳ない程度にとがった乳首が見えた。

下はホットパンツ。

細い太ももで俺の腰に絡んでくる。



魔が差した。



俺はヒナを抱き寄せ、強く抱いた。

ヒナを女として意識した、初めての瞬間だった。

嫌がるかと思ったが、ヒナは彼女が彼氏にそうされた時のように、応えるかのように強く抱き返してきた。

ヒナの顔を見ると、親に抱かれた子の顔と、恋人に抱かれた女の顔が入り混じった表情をしていた。



「ヒナ、先生のこと好き?」

コクリと頷く。



「キスしてみる?」

またコクリと頷く、戸惑いは無かった。



俺は恋人にしてやるように、子供騙しではなく、大人のキスをしてやった。

ヒナの顔から子供の表情が消え、女の顔になった。



長めのキスをし、俺が唇を離すと、ヒナが俺の首にすがりついて自分から唇を合わせてきた。

長いキスを何度も何度も。

心の穴を満たすように、俺に愛情を求め続けた。



やっとヒナが落ち着いた頃、今度は俺の収まりがつかなくなっていた。

ヒナを寝かせると、Tシャツをめくり、乳房に吸い付いた。

ヒナは「わあっ!」と驚いた声を上げたが、すぐに俺の頭に腕を回し、目を閉じた。

俺は欲求に任せることはせず、ヒナへ愛情を注ぐように優しく吸った。



「セックスって知ってる?」

頷くヒナ。



「先生とそういう関係になってもいい?」

また頷く、この時も戸惑いは無かった。



Tシャツを脱がし、ズボンとパンツも脱がせた。

毛は生えていなかったが、股間に顔を埋めると驚くほど濡れていた。

挿入はもちろん、指を入れるのもさすがにまずい。

俺は股間を舐め続けた。

クリトリスが膨れてくるのが分かった。



ヒナは段々呼吸が荒くなり、次第に呻き声のような声を上げて下半身をよじりだした。

あくまで優しく舐め続けると、大人の女のように「ああっ!」と一瞬だけ大きな声を上げ、果てた。



肩で息をしているヒナの太ももを閉じさせ、その間に俺のモノをねじ込んだ。

「本当は違うんだけど」

そう言って俺は腰を振った。

細くて折れそうな太ももだが、充分な弾力で俺のモノを包み込んでくれた。

ヒナに負担をかける訳にもいかない。

俺は再びヒナの乳房を吸い興奮を高めると、早めに果てた。



その後はただただ抱き合った。

お互いの体温が温かかった。

俺の腕の中で少しばかりヒナを寝かせてやった後、服を着せ、家まで送ってやった。

母親はまだ帰ってきていなかったが、ヒナは「大丈夫」と言うと中へ入っていった。



それからは同じようなことが続いた。

しかしクラブでヒナが甘えてくることはパタリと無くなった。

充分に心が満たされたのか、少し大人になったのか。



ヒナの処女を奪うことはなく、ヒナが中学が上がってから疎遠になり、ヒナの方からフェードアウトしていった。


告白体験談関連タグ

|||||

【学校】ヒナ【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月9日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

このページの先頭へ