相互リンク先の更新情報!

【初体験】媚薬の体験談【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


彼女とは週に1度デートをしております。エッチに奥手な彼女で、ベットの上で、愛を確かめ合うことはかなりお気に入りのようです。今回は、彼女が映画を見て、ホテルへ行くことになっておりました。



僕は飲み物を買ってから席に向かいました。だが、ホテルで飲ませようと思っていた「紅蜘蛛媚薬」を彼女のお茶の中に入れちゃいました。映画を見ながらも、彼女がお茶を飲むたび、気になって仕方がなく、あまり映画に集中できない僕。映画を見始めて1時間過ぎたあたりで、彼女の様子が変わってきました。



スクリーンをみながらも、ひざをもじもじさせたり、僕の手をふともものうえに乗せたり…ゆっくりひざからふとももを撫でたり、髪をなでたりしていると、我慢できなくなったのか、ズボンのうえからわたしのモノをさすりながら、

「…ね。いい」と聞くので、

「ん.どしたん」

「欲しいの。…だめ.映画はいいから…いこ。ね。」と彼女に手を引かれてホテルに向かいました。



ホテルまでも、むずむずするのか、内股で歩きにくそうにふらふらしている彼女の腰に手を回しながら、お尻を撫で回していました。ホテルの待合室に入り、部屋が空くのを待っていると、我慢できなくなったのか、チャックを下ろし、モノをとりだすと、いきなりパクっとくわえて、しゃぶりはじめました。



今までフェラされたことがないので、これには驚きました。

「どしたの.きょうはエッチなんだね」

「…知らない…もうぐちょぐちょなの…あなたに目覚めさせられちゃったんだよ…こんなこと初めてなんだから」といいながら、夢中でしゃぶりながら、スカートの中に手を入れてもぞもぞ…異常なほど興奮して2分ほどで彼女の口に1回目を発射してしまいました。






先日スペインガールを購入しました。昨日 夕方野外のお居酒屋で、彼女と焼酎の梅割りを飲んでいました、彼女が2時頃になったらカラオケ行こうと言って、トイレに立ちました その間に水割りの中にスペインガールを入れました、どうせ変化なんか、おきる訳なんか無いと思っていたので罪の意識もなく..20分位経った頃、彼女何か変、カラオケには行けないと言い出し酔った.



かなと思い会計をすませ車の中へ、(山の中のお蕎麦屋で駐車場も広く、木が立ち並び人目のつきにくい場所)彼女、いきなり抱きついてキスしてきました、キャミソールとデニム姿の彼女、ブラを外し乳首をさわっただけで、すごいんです声が、デニムのファスナーを下げ、パンティーの中へ手を入れました。すでに濡れ濡れ、アソコの様子が違うんです。潮吹き出したかのようにぐっちょりとべちょべちょになり。そのままホテルに行きました、彼女すごいんです、いきなり私の物を激しくしゃぶるんです、その後sexしたんですが、すごいんですシーツがびっしょり!


告白体験談関連タグ

||||||

【初体験】媚薬の体験談【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月10日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ