相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】NTR嗜好の俺の体験した話【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


<>1:名も無き被検体774号+:2013/01/28(月)22:23:10.10ID:f3jyA+5W0<>

まず自分語りになって悪いが、俺はNTR嗜好だ。

彼氏持ちの女を男の目の前で犯す妄想をする日々。

でも実行した事がなかった。童貞じゃないが彼女やら今いないしな



そんな悶々と妄想するだけであっても、やっぱりこの願望を叶えたい。

なんとか実行出来ないかと思い、大手出会い系サイトやらに書き込みをした。

内容は、「寝取られ嗜好のあるカップル、または同類の嗜好がある方募集です。一緒に乱交やら楽しみませんか?」

こんな感じに書き込んだ。

正直期待はしていなかったけど



翌日、一件の書き込みがあった。



「はじめまして、私を私の彼氏の目の前で犯して欲しいです。」






と書いてあった。

出会い系は初心者だし一瞬サクラかと思ったが、シンプルな文だし、とりあえずはやりとりする事にした。

正直この書き込みにテンションが上がっていたし、これでついに…と妄想が膨らんだ



少しのシンプルなやりとりをしていくと、

女は「さっそくですが、25日に会えませんか?」と書いてきた。

急展開だな、それともこんなもんなのか?と悩んだが、その日なら俺も仕事が早く終われそうだし、思いきって会う事にした



そして25日の夜、俺は待ち合わせの駅に。

車椅子を押しているらしい女を探した。

待ち合わせ時間を数分過ぎた頃、エレベーターから車椅子を押している女が出てきた。



女は降りるなりキョロキョロと辺りを見回し、暫くして俺に気付いたようだ。

ゆっくり近付いてくるから、俺もゆっくり近付いていった。



女は夏帆似の、大人しそうな可愛い子だった。



女「俺さんですか?」

俺「はい。女さん?」

女「そうです、はじめまして、今日はよろしくお願いしますね」



丁寧にお辞儀をされ、こんな可愛い子とヤレるのか、と内心ゾクゾクしていた。



だが、それよりも気になる人物がいた。

女が押している車椅子には、ぐったりとした男が座っていた

顔は見えない。

けれどこの男が彼氏だとすぐ分かった。



俺「こちらこそよろしく。…彼氏さんだよね?…歩けないのかな?」

失礼かもだが聞いてみた。

女「いえ、不自由とかじゃないです。また説明するんで、行きましょうか」



?マークが浮かんだが、とりあえずは女の言う通り進んだ

駅から暫く歩いてホテル街へ到着し、数あるラブホの中から、女が決めたラブホへ。



移動する間も男は下を向いてぐったりしていた。

動きといえば、振動で頭が少し揺れるくらい、時折横に倒れた時、意識がないのだと分かった。



部屋を選びフロントに行くと、フロントのオバサンが「お連れ様大丈夫ですか?」と言ってきた。

それに女が、「大丈夫です、飲み過ぎちゃったみたいでw」と返していたが、なんとなく嘘だと分かった



部屋に着いて玄関で靴を脱ごうとすると、女は鞄から鋏を取り出し男の腹部へちかづけた。

何やってんだ、と思いよく見ると、男の胴体を車椅子の背もたれ(?)の所とグルグル縄で縛っていたようだ



なんかゾッとした



縄を切り終えたようで女が男を抱えようとした。流石に無茶だと思って「なんか手伝おうか」と言うと、「ありがとうございます、じゃあ一緒に彼をベッドまで運んで下さい」って。



なんとか男を運びベッドの上で仰向けにし、

するとまた女は行動を開始した。

鞄からまた違う縄を取り出し、男の両腕を上げて束ねて縛り、脚はM字に固定するようにガチガチに縛っていた。



おいちょっと待てよまさかこの男を一緒に犯してくれってか?ふざけんな俺はホモじゃねえし野郎の緊縛なんて誰得だよって思ってた。

そしたら女がソファに座りましょうって言って、色々訳を話してくれた。



女が言うには、

自分は彼と二年以上の付き合い

結婚前提(まだ正式に婚約してない)の交際で、お互いの両親にも会わせた事がある程真剣だった。

一ヶ月程前彼の携帯を見たら出会い系で女と会っている事が発覚

彼に問い詰めると自白してきたが、別れたくないと泣きつかれ現在も交際中。

女は彼との将来の為に大学も頑張ってきたし、結婚するから中出しもした事あるのに浮気なんて許せない

だからせめて自分と同じ苦しみ、もしくはそれ以上の苦しみを味わわせてやろうとこの計画をたてて、NTR好きな男を探そうと彼氏が使っていた出会い系に自分も登録し、みつけた相手が俺。

因みにこのラブホは初めて彼氏ときた思い出のラブホらしく、男が意識を失っているのは自分が盛った睡眠薬の為らしい。



とんでもないのに巻き込まれちった



だが重たい内容だとしても、何処ぞのなりきったNTRではない、これが真のNTRで、こんな体験を出来る俺は運がいいんじゃ…とも考えた。

そう考えていると「うわっ!」と叫び声が聞こえた。男が起きたのだ



女「あ、○○(名前)起きたね、量まちがえて死んだかもって心配だった。」



両手足縛られてる男が、モゾモゾと此方を見た。

改めてよく見ると、男は結構な美形だった。



男「なあ○○(女の名前)ここどこ?」

女「覚えない?初めてうちらが行ったラブホじゃんw」



もうめんどくさいから

俺は俺

女は夏帆似だから夏帆

彼氏は彼氏な



夏帆「いい加減嫌になっちゃってさ、何で私だけがこんなに苦しまなきゃいけないの?なんで裏切ったの?意味わからんよ。…私以上に苦しめ、お前なんか」



ここで夏帆がメンヘラみたいになったけど、直ぐに夏帆が俺の腕を引っ張ってキスしてきた。

ああ、ついにはじまるのかと思った

彼氏の叫び声が聞こえた



舌を絡めて濃厚にキスをした。

我慢出来なくて夏帆の上着、シャツ、スカート、タイツなど脱がせてあっと言う間に下着だけにした。

ソファーの上でヤるなんて初めてだ



彼氏がやめろ!やめろ!と叫んでいる。

興奮してきた。



夏帆「彼氏以外の男とこういう事するの初めて…いっぱい気持ちよくして下さい」



俺「いいよ、いっぱい気持ちよくしてやる」



多分、童貞卒業した時よりゾクゾク興奮した。

俺ってやっぱりNTR好きなんだな、と実感した。



夏帆からも積極的に動いてくれて、濃厚キスから下着まで脱がせ、おっぱいを揉みしだいた。

あっ、あっ、と夏帆の喘ぎ声が聞こえたが、彼氏の叫び声、泣き声で聞こえづらかった



暫く胸を舌で愛撫してマ○コに手を伸ばして触れた。

が、あまり濡れていなかった。

俺のテクが下手なのか、夏帆が彼氏以外で緊張しているのかわからなかったが、とりあえず風呂場へ俺だけ行き、シャンプーの隣にあったローションを手に取り部屋に戻った。

彼氏と夏帆が叫びあってた。



彼氏「ふざけんな!夏帆!ふざけんなよ!ひでえよこんなの!」

夏帆「種巻いたの誰だと思ってるの!一生恨んでやる!」



夏帆に近付いて、とりあえずローションを垂らして黙らせた



夏帆「ああ、冷たい…」

彼氏「うわあああああ!お前誰だよ!しね!しね!夏帆に触るな!しね!しね!しね!しね!」



罵声を浴びたが気にせず、夏帆のマ○コを濡れ濡れにして、指を入れて攻めてやった



夏帆「気持ちいい、彼氏、他の女ともこうしたんでしょ?」

彼氏「うわあああああ!」



早く入れたかった、適度に手で愛撫して、ゴムをつけて夏帆に入れようとした。



彼氏「もう嫌だ!もう嫌だ!ごめんなさい!もう許してくれ!ごめんなさい!夏帆ごめんなさい!」

夏帆「謝るなら最初からしなければいいのに」



テンプレが出てきてちょっとクスッとなった

夏帆ねらーかよ



彼氏「もう絶対しないから!」

夏帆「もうしちゃった事が問題なんだけど」



テンプレじゃねえかとツッコミつつ、我慢出来ないから夏帆にも突っ込んだ

気持ちいい…

バックで攻めてやり、そして思いついた

彼氏のいる傍で突いてやろうと、バックを楽しむと一緒にベッドに近づき、彼氏に見えるよう立ちバックで攻めてやった

彼氏がなんか叫んでたけど、何いってるかわかんなかった



夏帆の中を数分か突き続けて限界がきてゴム越しに中に出した。

一度抜いた後、夏帆が「もう一度しましょ」と言ってきたが、酸っぱい臭いを感じた



彼氏がベッドの上でゲロったらしい

ゲロ吐いてもイケメンはイケメンだった

ゲロを垂れ流しながら嗚咽を漏らし泣きじゃくるイケメン

もうなんラウンドするつもりだったが、

ゲロの悪臭で気分が悪くなり萎えてしまった。



夏帆「ねえ彼氏今どんな気分?私が他の男にやられてどんな気分?ねえ?私も辛かったよ、ずっとずっと。自分がした事の酷さ分かってる?」

彼氏「もう死にたい…もう死にたい…」

夏帆「あーあ、そんなに苦しむなら浮気なんてしなきゃ良かったのにね。残念だね。死ななくていいからさ、一生苦しんどきなよ。」



女怖い



彼氏「もう殺して下さい、お願いします、お願い夏帆、お願いします」

夏帆「いいからさ、もっと苦しんでよ。ざまあみろ」

彼氏「うう…」

夏帆「とりあえず、言う事あるよね?」

彼氏「は、はい…


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【寝取られ】NTR嗜好の俺の体験した話【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月10日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ