相互リンク先の更新情報!

【友達】友達だったの女の子【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


行きつけのショップに来ていた女の子、美樹ちゃん(仮名)としておきます。

他のメンバーと共にいつの間にか仲良くなりました。皆と一緒に遊びに行ったり、飲み会をしたりと。携帯が普及する前でしたんで、家の電話番号を教えて貰い、ちょくちょくと長電話もしていまいた。

ショップの忘年会に参加し、私は飲めないので1次会で引き上げる事にしたら、美樹ちゃんも帰る!と言い出しました。車で来ていた私は

「じゃあ、送っていくよ」と美樹ちゃんを車に乗せました。

美樹ちゃんはあまり酒は強くないようなんですが、ビールにチューハイを何杯か飲んだらしくご機嫌でした。

これはチャンスかも!?と思い

「少し、ドライブしない?」と言うと、美樹ちゃんは

「うん、イイよ」と言うんで夜景の見える向かっていたら、美樹ちゃんは軽い寝息を立て始めました。私はコッソリと人気の無い場所に車を停めて、肩に手を回し

「お〜い美樹ちゃん、寝たのかい?」と話し掛けたけど「う〜〜ん」と言うだけです。

眠っている美樹ちゃんに静かにキスをしました。軽く唇を合わせただけで起きません。

少し大胆にキスをして手を伸ばし胸を触っていると・・・起きちゃいました、美樹ちゃん(汗)。

ビックリした美樹ちゃんは

「何?何?たまのすけさん、不意打ちはダメだよ〜」と言うんで

「美樹ちゃんの寝顔が魅力的だったから!(汗)」と言うと

「いいもん、たまのすけさん好みだったし。それにもうすぐ何もできなくなるから」と言う美樹ちゃん。




「美樹ちゃん、結婚するの」っと聞いたら「うん」と言いました。

とりあえずこの日はそのまま送って帰りました。



結婚式の数日前に美樹ちゃんから電話があり

「たまのすけさん、今何してるの?」と言うんで

「家に居るよ〜、遊びに来る〜?コーヒー位だすよ、インスタントだけど」と冗談交じりに言うと

「今日は彼氏居ないし、時間が有るからいいよ」との事



おいおい、俺は美樹ちゃん狙ってたんだぜ、結婚前ならヤッちゃっていいかな?と妄想してました。この前みたいに失敗したらイカンから確実にゲットする為に卑怯な手を使わせてもらうよ。

と心の中で思いました。



「じゃあ、美樹ちゃん。コーヒー用意するからお好みはどの位?」と聞くと

「コーヒーに砂糖にミルク、全部スプーン2杯づつ」と言うので

「わかった、用意しておくよ」と言い電話を切りました。

美樹ちゃんの家から私の家まで車で10分位、コーヒーの用意をしないと



コーヒー2杯、砂糖も2杯、ミルクも2杯と・・・・・睡眠薬(ハルシ○ン)1錠。

叩いて砕いて粉にして溶けやすくしておかないと。

全部コーヒーカップに入れて、後はお湯を注ぐだけにして待っていました。



美樹ちゃんがやってきて、ウチの中に。カップにお湯を注ぎ、丁寧にかき混ぜました。

なかなか溶けずにかなりしつこく混ぜていました。

「はい、どうぞ」とコーヒーを渡すと

「ありがとう」と言ってコーヒーを飲み「うん、バッチリ!」



そう、バッチリだよ。と思う私。しばらく話していたけどなかなか効かない(汗)。

すると美樹ちゃんが

「ドライブ行かない?」と言うんで出かける事に。

美樹ちゃんの家まで彼女の車を置きに行き「途中で寝るなよ!」と思ってました。

駐車場に停め、私の車に乗り込み、まずは一安心。

ブラ〜リと走り、目的地は人に知られていない夜景の見える山の中。まずは人はこない場所。

着く頃には美樹ちゃんはコクリコクリとしはじめていました。

夜景を少し見てたらさすがに眠そうな美樹ちゃん。

「美樹ちゃん、眠いの?」と聞くと「うん」と言うんで

「リヤシートで寝てていいよ」と誘導しました。ブランケットを掛け、車のヒーターを効かせていると・・・美樹ちゃん落ちちゃいました。

私はリヤシートに移動し、ブランケットを取りました。

美樹ちゃんの服装はフロントに沢山ボタンがあるロングスカートに白いボタン留めのシャツ、上着のボタンは留めてなかった。

少し上着を広げ、肩を出しました。まずはシャツのボタンを2つだけ外し、ブラを覗かせました。スカートのボタンを静かに一つづつ外していきました。

ドキドキものでしたが美樹ちゃん起きないんで大胆になり、スカートのボタンを全部外しました。そしてシャツのボタンも全部は外しブラもパンティも丸見えの状態。

ブラを外そうと、背中を抱え少し起こしたら・・・起きちゃった。

最初は訳がわからなかった美樹ちゃんでしたが脱がされかけていることに気付き

「たまのすけさん、いつの間に」と言うんで

「美樹ちゃん、大好きだったんだよ。結婚してしまう前に今だけ俺の彼女になってくれない?」

とコクると

「こんな時が来る様な気がしていたよ、今はたまのすけさんの彼女になるよ」

と言ってくれたので美樹ちゃん抱きしめてキス、激しく舌を吸い合いました。

ブラも外し、美樹ちゃんの胸を揉み、乳首を指で刺激し、吸っていました。

美樹ちゃんもスイッチが入ったらしく、色っぽい声を上げ始めました。

パンティを脱がそうとしたら

「たまのすけさん、やっぱり怖いよ」と言うんで

「大丈夫だよ、優しくするから」と言いながらプルンと脱がせてしまいました。

アソコに顔を寄せクンニ始めると

「いや、恥ずかしい」と言う美樹ちゃんの膝を曲げ、足を抱え込み攻めました。

感じて濡れ濡れ美樹ちゃんに正常位で挿入、無抵抗で入り、ピストン開始。

「あっあっ、たまのすけさん」と言うんで

「呼び捨てでいいから、美樹」と言いながら腰を動かし、攻めていたら

「たまのすけ、好き、愛してる〜」

「でも結婚するんだろ、美樹」

「だって〜」と言い、その後2人ともイってしまいました。


告白体験談関連タグ

|||

【友達】友達だったの女の子【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月12日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ