相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】居候【告白体験談】

カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談
tag:


就職して間もない頃、親類の家に居候していた

食費も入れずにアパートが見つかるまでの間だ

広い家でもないので申し訳ないとも思ったが

しばらくの間だけとお世話になっていた

仕事から帰って、食事を済ませ、風呂に入り

10時ころにコーヒーを飲んだが、しばらくすると深い眠りに入った

午前3時ころだろろうか、チ〇ポの上でグラインドするものがある

なかなか素敵な快感に襲われる

5Wの電球の明かりの中で、若奥さんが腰を振っていた

「気持ちがいい~~よ~~」「当たってる~~~、当たってる~~~」

俺は、たまらず、腰を両手でつかんで、前後にゆすった

「あ~~~あ~~~あ~~~いく~~~~~」

俺は奥さんの中に精子をはきだした

その時は分からなかったが、奥さんは俺のチ〇ポにコンドームをつけていた

奥さんは一度はなえてしまった俺のチ〇ポからコンドームをはずして




チ〇ポのスペルマを舐め取って、球筋、玉袋、鬼頭を口に含み

「どこにも行かないで、ここにこのままずっと一緒にいて」

そう言いながら、俺の乳首に口付けした

俺は奥さんを引き寄せて、唇を吸い、尻肉をわしづかみにした

しばらく熱い抱擁をし、体の上下を逆にして、奥さんの割れ目に指を這わせた

言うまでもなく、滴が落ちるくらいに濡れていて、既婚者でもあり

指2本はすっぽりと入ってしまった

クリをもてあそんでいると、「A君のを入れて、お願い、我慢できないから」

俺は、奥さんの脚を大きく開いて「きれいなマ〇コだよ」と言ってペニスを突き立てた

子宮口に当たるのが分かる。チ〇ポの先にちょんちょん当たるのが心地い

当たるたびに奥さんは声にもならない、吐息を漏らしている

しばらくピストンして俺は、精子をありったけ奥さんの腹の上に出した

奥さんに腕枕して、頭を引き寄せてキスして、「このままじゃやばいね」というと

「このところ夫とは交渉がないの。彼には感じなくなってしまったの。迷惑はかけないから」

奥さんとは、ご主人が飲んで寝てしまった時とか仕事が休みで日中に在宅しているようなときに

関係を続けた


告白体験談関連タグ

||||

【浮気・不倫】居候【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月13日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

このページの先頭へ