相互リンク先の更新情報!

【学校】不良女の忘れ物【告白体験談】

カテゴリー:学校での告白体験談
tag:


中二のとき、クラスにわかりやすい不良女がいた。

髪はクラス中そいつだけ茶髪だし、普通に化粧してたり制服を着崩すのは当たり前。平気で授業もサボる。だが、正直不良というのを差し置いても、そいつは可愛かったし、カラダも中二とは思えない程に発育が良かった。

スラッと伸びた長く、そして丁度良い肉付きの太ももがエロい上に、夏場では目を凝らせば普通に透けブラもしているし、ボタンを二つ位外しているので、胸元も大きく開いていた(まあ、正面から見るなんてことはできなかったが)。



ある日、不良女は珍しく体育の授業に出ていた。数ヶ月に一回あるかないかだ。

授業終わりにちょっと体操服姿を拝んだが、やっぱりクラスの他の女子とは違うな、と思わされる。

結局、休み時間に他のクラスの不良と小一時間電話した後、必要な小物だけ小さなカバンに持って早退してしまったようだ。

その日の放課後、俺は一人教室に残っていた。「夕日に染まる教室が好き」という、学年そのままの厨二病男子だったからだww

ふと、後ろの棚を見てみたら、不良女の置いていったカバンがある。

いくら不良と言えど、女子である。それどころか、凄くかわいい女子なのだから、やはり私物が気になってしまう。

気配のないことを確認し、おそるおそるカバンを開ける。その中に袋が入っている。これはまさか…ゆっくりと紐解いていくと、そこには体操服が入っていた。

今日がマラソンの日だということは授業終わりの女子との会話を盗み聴いていたことで知っていた。

汗でじんわり湿っている体操服は鼻を近づけずとも酸っぱい匂いがした。

そして靴下。普段の彼女からは想像できない清楚っぽい白ハイソックスである。土で少し汚れていた。さらにスポーツブラも発見。無論これ以前に見たことはなかったが、パットの大きさからも彼女の巨乳ぶりがうかがえる。

それだけではなく、なんとパンツまで見つかった。意外と神経質な子なのかもしれない。




そこから先はもう、人が来るかもしれないという警戒心は無くなっていた。

たくさん汗を吸ったであろう体操服に顔面全体を擦りつけ、パンティのクロッチ部分を口に含みチュウチュウペロペロしながら、ハイソックスにチンポコを挿入して俺は猿のごとくオナニーした。今までのどんなオナニーより、興奮したし幸福感があった。出も凄まじく、ザーメンが染みこんだハイソックスはずっしりと重たくなっていた。彼女が毎日学校に来ないことを考えても、流石にこれはまずい。ハイソックスだけ持ち帰り、念入りに洗濯し、翌日バレないように「落し物」として置いておいた。

それから卒業まで、彼女でオナニーするのが日課になった。彼女がよそでヤンキーと何をしていようが、あのハイソックスを汚したのはおそらく、俺だけなんだろうからな。

【速報】ちょっと無理して超高級デートクラブに契約した結果www



告白体験談関連タグ

|||||

【学校】不良女の忘れ物【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月21日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

このページの先頭へ