相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】大学生の甥と嫁のプライベートレッスン2【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


甥のタクミ君を、彼の受験の時に家に数日泊めた。

その時に、俺のいたずら心から嫁の明子をけしかけて、色々とタクミ君に対して挑発をさせた。



そして、俺のアシストもあって、彼は嫁でファーストキス、ディープキス、フェラチオ、ごっくんまで体験し、嫁をクンニでイカせることも出来た。

俺は、嫉妬が興奮に変わり、寝取られるという新しい快楽に目覚めてしまった。



嫁も可愛らしいタクミ君を挑発して、色々と教えてあげるのは楽しかったようだ。



ただ、それも数日間だけのつかの間の非日常だと思っていた。



タクミ君が帰ってしまった後は、嫁とは出会った頃のように激しく求め合う日々が復活していて、タクミ君との事は最高のスパイスになったと思って喜んでいた。





嫁も、色々とタクミ君の事を口にしては、俺を挑発して嫉妬させてくる。

それにまんまと乗って、嫁の事を狂おしく求める毎日だった。






今日のセックスの時も、俺に覆いかぶさり乳首を舐めながら

「ねぇ、茂ちゃんも乳首気持ちいいの?タクミ君みたいに、いっぱい感じてよ。」

わざわざタクミ君の名前を出して挑発してきた。

「アキは、タクミ君とまたしたいと思ってる?」

「もちろん! だって、彼の茂ちゃんよりも・・・  だからねw」



そんな事を言われて、我慢できなくなりすぐに挿入してしまうというのが、最近の流れだ。

なので、ついつい生でしてしまって、危うく中出しそうな事もあり、危なっかしかった。

さすがにこの歳で出来てしまっては恥ずかしいので、嫁が避妊リングを入れる事になった。



最初は俺がパイプカットする方向で考えていたのだが、そんなときにタクミ君合格の知らせが入ったので、念のために嫁の方を妊娠しない体にすることにした。

嫁も、口ではそんな必要はないなどと言っていたが、自分で病院も調べて、予約してあっという間に装着した。

何かを期待しているのが見え見えだったが、避妊せずにセックスが出来ることが嬉しかった。





そうこうしているうちに、タクミ君が本当にウチから学校に通うことになり、引っ越しの日時なども決まった。

俺の弟は、「悪いね、助かるよ。」などと言って喜んでいたが、俺たち夫婦の方が実は喜んでいたと思う。





そして、1ヶ月もしないうちにタクミ君が家に来るので、色々と模様替えや掃除などをして準備をする毎日だった。





タクミ君が来るまでの、その3週間くらいが、今までの人生で一番嫁とやりまくった日々になった。

息子の部屋をタクミ君に使わせるので、息子の物を屋根裏収納に移動させたりしていたが、おそらくこの部屋でタクミ君と嫁がセックスをすることになると思うと、我慢できなくなり片付けをしている嫁をベッドに押し倒した。



「ちょっと、なに興奮してるの?」

あきれたように言う嫁。

「ここで、タクミ君とセックスするんだろ?」

「ふふふ・・・  どうでしょうか?」

ベッドから、するりとすり抜けながら、意味ありげな微笑みを浮かべる嫁。

「ゴメンね、まだリングなじんでないから、ちょっと痛いんだ・・・  我慢してねw」

そう言って、リビングに行ってしまった。





結局、そんな感じでうまくかわされ続け、タクミ君が来る日まで一度もセックスが出来なかった。手や口でも無しだったので、結局1ヶ月弱の禁欲生活だった。





そして、タクミ君が引っ越してくる日が来て、トラックと一緒に彼が来た。

タクミ君は、少しはにかみながら

「アキさん、叔父さん、よろしくお願いします。」

そう挨拶をしてきた。

「タクミ君! 本当に、良かったね!おめでとう! 自分の家だと思ってね!」

嫁が本当に嬉しそうな笑顔で言う。引っ越しの人がいるのであまり変なことも言えず、とりあえず引っ越しを終わらせることにした。



荷物はそれほど多くなかったので、引っ越しはものの2時間くらいで終わり、そのまま歓迎会というか夕食に出かけた。





楽しく会話をしながら夕食を食べたが、受験の時に泊まった時の事は嫁もタクミ君も話に出さなかった。あの、刺激的な体験を、タクミ君は当然忘れていないだろうし、嫁も思い出してモンモンとしているはずだ。

しかも、嫁は1ヶ月弱セックスをしていない。

どちらかというと性欲は強めな嫁なので、もうセックスのことで頭がいっぱいかもしれない。

ただ、それを一切表に出さずに、普通の叔母と甥という感じを貫いている。





「タクちゃん、学校来週からだよね?明日は色々と必要なもの買い物行こうか?」

嫁の何気無い言葉をきっかけに、俺が煽る。

「デート?どこ行くの?」

俺が笑いながら言うと、タクミくんは顔を赤くしながら

「いえ、そんな、その、、、」

などと恥ずかしがるが、嫁は

「そうだよ!すっごく楽しみにしてたからねw勝負パンツはいて気合いれて行こーっと!」

冗談とも本気とも取れる言い方で嫁がニコニコしながら言った。



勝負パンツと言うフレーズが刺激的だったのか、タクミくんは顔を真っ赤にしている。

「はい、よろしくお願いします。」



「タクちゃん、何をお願いなのかなぁ?」

嫁が意地悪く聞くと

「あの、いえ、その、日用品とか、、、買い物を」





「ふーーん、買い物だけでいいんだぁ? デートは?」

ニコニコしながら嫁が聞く。



「あの、、、  デートもお願いします。」

耳まで赤くしてそう言うタクミ君は、ドキリとするくらい可愛らしかった。



「茂ちゃん、こう言ってるけど、いいのかな?」

ニヤニヤしながら俺に聞いてくる。



「あぁ、、  もちろん、いいよ。楽しんできなよ!」

言いながら、楽しくなってきたと思った。



楽しい食事も終わり家に帰ると、タクミ君の布団がないことに気が付いた。

今思えば、用意が良い明子が忘れるわけがないので、わざと用意し忘れたのだと思うが、すでに22時近くになっていたこともあり、タクミ君と一緒に寝ることにした。





俺達の寝室は、昔のラブラブだった時と違ってシングルベッドが2つ置いてあり、それぞれ別に寝ている。



俺と嫁、タクミ君が一人という感じで寝れば良いという話になった。



そして、リビングで3人でくつろいで楽しく話をしていた。



「そろそろお風呂入ったら?お先にどうぞ。」

嫁が俺にそう言ってくれた。俺は言われるままに風呂に入ったが、湯船につかりながら、嫁とタクミ君が二人きりになったなと思い、落ち着かなかった。



色々なことを想像してしまって、心配な気持ちと興奮が入り交じって、勃起が凄かった。おまけに、1ヶ月近く抜いていないので、自分でしごきたくてたまらなくなったが、何とか我慢した。



意識的にゆっくりと風呂につかり、のぼせそうになってから出ると、リビングで二人とも楽しそうに笑い合っていた。

「あっ、茂ちゃん、早かったね。 明日、タクちゃんとIKEA行ってくるね! 夕ご飯も食べてくるから、外で済ませてきてね。」

笑顔でそう言ってくる嫁。気のせいか、嫁は今日一日で若返った気がする。



40歳の嫁が、まだ十代のタクミ君とのデートに目を輝かせているのは、ちょっと痛い気もしたが、嫁は童顔と言うこともあり、二十代に見えなくもない。もちろん、夫のひいき目なのだろうが、いつまでも若々しい嫁は、俺の宝物だと思っている。



「わかったよ。お風呂どうぞ!  もう23時だし、一緒に入っちゃえば?」

俺がドキドキしながらそう言うと、

「えっ!それは、そんな、あの、、、」

タクミ君が動揺するが、嫁は笑顔で

「そうしよっか! 遅くなっちゃうしね! 行こう!行こう!」

そう言って、タクミ君の腕を引っ張って強引に風呂に連れて行く。





そして、風呂のドアが閉まる音がした。ドキドキが止まらなくなり、立ちくらみしそうなほど興奮した。







そっと浴室のドアのところに行き、聞き耳を立てると

「ほらほら、そんなに緊張しないの! こっちまで恥ずかしくなるよ。」

「あぁ、すみません。でも、アキさんの見えちゃうから、、、」

「なに言ってんの! 見るどころか、触ったり舐めたりしたくせにw じゃあ、洗うよ。」

「うわっ! アキさん、あぁ、、、」



「なにこれぇ! こんなにしちゃって、なに想像してたのかな?」

「アァッ! ダメです、触ったら、あぁぁっ!! 」



嫁が、エロい口調で聞いていると、痴女もののAVのようだ。



「うわっ! えっ? すごい、、、 」

「あぁぁ、、、ごめんなさい!すみません!」



「凄いねぇ、、、 握っただけで出ちゃうんだぁw しかも、出し過ぎw 鏡まで届いてるじゃんw」

「ごめんなさい、、、 溜めてたので、、、」



「ふふふ、、、  どうして溜めてたのかなぁ? こうなるってわかってたから?」

「はい、、、あれからずっとアキさんのこと考えてました! こうなること期待して、1ヶ月溜めてました。」

「へぇーw 茂ちゃんと同じだw 溜めすぎは体に良くないぞw」

こんな風に、エロいお姉さんみたいな感じでしゃべる嫁に、興奮がさらに高まる。



「あっ、自分で洗います。そんな、、」

「いいよ、洗ってあげるから! ほら、じっとして!」

「あぁ、、すいません、、、」

「凄いね、、出してもカッチカチだw 乳首も硬くして、タクちゃんはエッチな子だねw」

「あっ! 気持ち良いです、、、  乳首ヤバいです、、、」

「気に入ったみたいだねw じゃあ、こっちも洗ってあげる。」



「あっ!ダメです!汚いから! そこは自分で!」

「ほら、じっとしてなさい。おばちゃんに任せておけばいいからw」



「恥ずかしいです、、、 アキさん、、、  もう十分です。」

「お尻も気持ち良いんだよ。アナニーって興味ないの?」



お尻の穴を使ったオナニーのこと?なのか、アナニーと言っている。そんな言葉を知っていることに驚いたが、お尻を責めることの経験がありそうな事に一番ビックリした。もちろん、俺は嫁にアナルを責めてもらったことなどない。





「ちょっとだけ、、、ありますけど、、、」

「やっぱり? なんか、タクちゃんって、ちょっと女っぽいなぁって思ってたんだよねw 試したことあるの?」

「はい、、、 まだ指だけですけど、、、」



「ふーーん そうなんだ。  ホントだw すんなり入るねw」

「あぁぁぁぁっ! ダメぇ、、、 アキさん、汚いです! 汚れちゃうから!」



「結構ほぐれてるねw 相当やってるでしょ? 指入れてもこれだけ脱力できるのは相当だよw ホントに指だけなのかなぁ?」

「んんっ! そこぉ、、、 だめ、あぁ、、凄い、、」

「可愛い声出して、、  もっといじめたくなるよw ほら、言ってごらん、ホントのこと。」



「はい、、、 魚肉ソーセージで、、、」

「やっぱりねw ところてんはするの?」



「、、、、はい、、、」

「じゃあ、イカせてあげるw」



「あぁっ! ダメぇ! 動かしたら、、あぁぁ、、、 アキさん、気持ち良い!気持ちいいです!」



どっちが女かわからない状態になっている、、、 それよりも、嫁の手慣れたアナル責めに驚いたし、嫁の過去の他の男の影がちらつき、鬱勃起が凄い、、、



「ここでしょ?コリコリしてるw 凄いね、ガマン汁ダラダラ出てるよw」

「ホントに、、あぁっ! ダメ、そここすったら、、、ダメです!」

しばらくタクミ君のあえぎ声が続いたが

「ダメぇ! 出ちゃう! イク!」

「うわぁ、、、  凄いね、、、 飛びすぎ、、、  顔までかかっちゃったよ。」

「あぁっ! ごめんなさい!」



「いいよw  ん、、、  美味しいw」

「あぁ、アキさん、、、 飲んでくれたんですね、、、  嬉しいです!」

「凄いねぇw ここまで開発できてるんだ。 タクちゃんは男も好きなの?」

「それはないです! 好きになるのは女性です!」



「でも、掘られてみたいって思ったことあるでしょ?」

「それは、、、 その、、、  少しは、、、」

「やっぱりw タクちゃん可愛いから、女装とかも似合いそうだね。 って言うか、冷えちゃうから入ろっか?」



湯船につかる音がした。



「私もね、タクちゃん来るの楽しみにしてたし、期待してたんだよw タクちゃんに彼女が出来るまでは、おばちゃんとも遊んでねw」

「もちろんです!っていうか、彼女なんて作らないから、アキさんが彼女になって下さい!」

「いいよw 喜んで。 じゃあ、アキって呼んでねw」

「えっ?でも、茂さんいるし、、、」

「大丈夫よw 茂ちゃん、タクちゃんと私がラブラブになる方が興奮するって言ってたよ。」

「マジですか?それって、寝取られってヤツですか?」

「そうそうw 彼、意外にド変態よw」



「意外です、、、  じゃあ、わかりました!  アキ、よろしくね。」

「こちらこそ、タク、よろしくねw」



そう言って、静かになった。



「あぁ、、最高です、、 アキとキスするの、ずっと夢見てた、、、」

「そんな風に言われると、ドキッとするよw 本気になりそうw」



二人のやりとりを聞きながら、嫉妬と不安がわき上がったが、それを遙かに上回る興奮が俺を駆け抜けた。





そして風呂から出そうな雰囲気だったので、慌ててリビングに戻った。





風呂から出た二人は、パジャマに着替えていた。

「あぁ、、良いお湯だった。茂ちゃん、今日はタクと寝るね。」

相談ではなく、確定事項として言われた。



「あぁ、、良いよ。」

そう言うのがやっとだった。



「じゃあ、寝ましょうか。茂さん、本当に今日はありがとうございました!今日から、4年間よろしくお願いします!」

「こちらこそ。タクミ君が来てくれて、家が明るくなるよ。遠慮なく、自分の家だと思ってくれて良いからね。」

「はい!ありがとうございます!  アキ、行こうか。」

俺の前でも、嫁を呼び捨てにするようだ、、、 怒りよりも、興奮が先に立つ俺は、寝取られ好きの鏡だと思った。







そして、仲良く寝室に向かう二人の後にくっついて寝室に行き、ベッドに一人寂しく潜り込んだ。





特に会話もなく、そのまま就寝になったが、全然寝れなかった。



時折、チュッというような、湿った音がする。キスをしているような感じだ。たまに嫁の小さな笑い声もする。ますます寝れなくなり、身もだえしていると

「ん、、そこ、、 あぁ、、ん、、」

急に嫁のあえぎ声が聞こえ始めた。

心臓の音が聞こえないかと不安になるくらいドキドキしながら、息を潜めて聞いていると

「ん、く、ふぅ、、、 あっ、、 そう、皮剥いて、、、 あぁっ! いい、、 タク、、 ん、、、あ、、」

必死で声を抑えている感じだが、抑えきれなくなってきている。



「んんっ!! ん! 二本にして、、、  あぁ!  そう、、 上に指曲げてみて、、、 はひぃ! そこ、そここすって、 あぁっ  出し入れしないで、そのまま指先震わせて、、 あっくぅぅ、、、  上手、、、  そう、、、  そのまま、、、、  あぁぁ、  イク、、  いく、、、  あぁぁっ!」



そして、嫁の荒い息づかいだけが響いていた、、、

俺がすぐ横にいるのに、クンニや手マンでイカされる嫁、、、

いよいよセックスか?と、期待と不安でドキドキしながら待っていたが、会話をするだけで動きがない。



「アキ、可愛い声出してましたね。」

「なぁに?タクは恋人に敬語使うの?」

「あ、ゴメン、、つい、、、 アキ、可愛いよ。 俺、マジでアキのこと好きだ。」

「ふふふ、、、 嬉しいなぁ、、、 こんなにときめいたの、何十年ぶりだろう、、、  好きよ、、、」

そして、キスの音がいつまでも響いていた。





ただ、疲れていたのか、タクミ君の寝息が聞こえだした。

「ホント、可愛い、、、」

嫁のささやき声がした、、、







朝起きると嫁もタクミ君もすでにいなく、リビングに行くとタクミ君が朝食を作っていた。

「あっ!おはよう!もうすぐ出来るから、新聞読んでてね。」

洗濯物を干しながら嫁が笑顔で言う。

「茂さん、おはようございます!もうちょいです!待ってて下さい!」

あらためてみると、ドキッとするほどイケメンだ。昨日のアナルを責められているタクミ君の声を聞いた影響もあるのか、女顔がより女っぽく見えてしまって、ドキリとした。





そして、テーブルに朝食が並ぶと、

「アキ! 出来たよ! 食べようよ!」

タクミ君が嫁を呼ぶ。

「はぁーーい! 今行くね!」

嫁が、元気よくに叫ぶ。しゃべり方が、何となく可愛らしくなっている気がする、、、

たった一日で、嫁を呼び捨てにしてラブラブな感じになっているのにさすがに焦りを感じたが、朝から心地よい鬱勃起が出来て爽快だった。



そして、3人で仲良く朝食を食べる。

驚くほど美味しくて、夢中で食べた。



「ねぇ、今日は夕ご飯食べてきてね。ゴメンね!」

「了解。でも、今日はどっちにしても遅いから、先に風呂入って寝ててね。」

「忙しいんだ?無理しないでね。」

嫁の優しさは、何一つ変わっていない思えて、安心した。



本当は遅くないのだが、ちょっとした企みがあったのでそう言った。



実は、寝室とタクミ君が使う部屋、リビングにはカメラを隠してある。

全て無線でデータを飛ばして、PCで録画するタイプだ。基本的に、24時間動態検知でとり続ける事が出来る。パソコンから操作して、ズームも出来る。ネットワーク越しに視聴と操作もできるので、外出先からも見て操作できる。

家庭内盗撮という、禁断の扉を開けてしまったという罪悪感はあったが、止められない。





仕事も終わって、事務所でパソコンで家を確認すると、まだ帰ってきていない。



リビングの様子を写しっぱなしにしながら、書類をまとめたり、動画サイトの動画を見たりして時間をつぶした。





すると、夕方の8時過ぎに動きがあった。

リビングに入ってきた嫁は、そんな服持ってたんだ?と思うような、可愛らしいミニスカートと白っぽいカーディガンを着ていて、ぱっと見学生みたいだった。

とても40歳には見えない可愛い嫁に、ドキドキしたが、荷物をいっぱい抱えたタクミ君が続いて入ってきた。



「うわぁ、重かったぁ、、、  ホント、ありがとう。いっぱい買ってくれて。」

タクミ君が気安い感じで言う。

「いいよ、気にしないで!  今日から、おそろいのパジャマだねw なんか、嬉しいなぁ」

「俺も嬉しいよ。 アキとペアのパジャマなんて、ちょっとドキドキする。」

「下着も、可愛いの選んでくれてありがとうね。でも、ちょっとエロいよねw」

「すぐはいてみてよ!」

「えーーー? 今すぐ?」

「そう、今すぐ。」





「わかったよ。ちょっと待っててね。」

そう言って、浴室に向かおうとする嫁の手をつかんで

「ここで着替えなよ。恋人同士でなに恥ずかしがってんの?」

「ふふふ、、、 タクも一気にキャラ変わったねw わかったよ。」



そう言って、カーディガンを脱ぎ始める。いきなり始まったストリップに、ドキドキして死にそうだ。

リアルタイムで、いま家で行われているストリップに、今すぐ電話をかけて止めさせたくなる気持ちが起きたが、何とか踏みとどまった。



嫁は、セーターを脱ぎ、ミニスカートも脱ぐと、ブラとショーツだけになった。





その下着は、俺も初めて見るもので、濃いピンクと朱色が組み合わさったセクシーなもので、ショーツの方はヘアが見えそうなほど浅めで小さい布だ。

わざわざ新しい下着を用意していて、それを着て出かけるなんて、恋する乙女そのものだと思った。



「恥ずかしいなぁ、、、 こんな明るいところでこんな事するなんて、、、 もっとちゃんとダイエットしとくんだったよ。」

「そんなことないよ。凄く良いスタイルだし、ダイエットなんて必要ないよ。」

「でもね、さすがに10代の子の前でストリップは、四十路にはつらいよ、、、」

「アキ、凄く綺麗だよ、、、 もう、我慢できないよ、、、」

そう言って、嫁を抱きしめた。



嫁は、そのまま抱きしめられて、タクミ君のキスを受け入れた。今、自宅ではリアルタイムで嫁が下着姿でタクミ君とキスをしている。

それを車で30分しか離れていない場所で、二人を止めることもなく見続ける俺は、もう後戻りできないと自覚した。





舌を絡め合う二人。最初はタクミ君が一方的に舌を絡めていたが、すぐに嫁の方が積極的に舌を絡めているのがわかる。





そして、キスが落ち着くと

「そんなに焦らないの。せっかくあんな恥ずかしい思いして買ったんだから、着ないともったいないでしょ?もう少し待っててね。」



そう言って、嫁はタクミ君から離れて、後ろ手に回してブラを外した。

贅肉の少ない引き締まった嫁の体だが、胸は大きい。

しかも、運動をずっと続けている成果か、垂れていない釣り鐘型の形の良いおっぱいだ。胸だけは高岡早紀のような感じだ。



ただ一点、色白で童顔な嫁に似つかわしくない、大きな乳輪だけがアンバランスだが、それが逆に何とも言えないエロさをかもし出していた。本人は、その大きな乳輪がコンプレックスだったのだが、俺がその方が好きだと言い続けたせいで、気にならなくなったと言っていた。



「うわぁ、、、エロい。」

タクミ君が思わずそうつぶやく。



「ジロジロ見ないの。恥ずかしいんだから!」

そう言って、照れながらショーツも脱いだ。

「あっ! アキ、糸引いたよw なに興奮してるの? 焦ってる?w」

タクミ君が、そんな言い方をしている。今日一日のデートで、嫁に対して馴れ馴れしくなったというか、普通に彼氏になったような感じだ。



「バカ! そんなところ見ないでよ! もう! 」

顔を赤くして恥ずかしがる嫁。ショーツに糸を引いてしまうほど濡れているのだろうか?少なくとも、俺とは今までそんなことは一度もなかった。





「でも、そんな期待してくれてるなんて、嬉しいよ。」

タクミ君が言う。最初の頃のおどおどした感じがすっかりとない。今日一日のデートで、何かあったのかな?と、不安になる。



「だって、あんなお店行ったらちょっとは興奮するよ。」



そう言いながら、紙袋から下着を取り出して着始める。



その着た下着を見て、”あんなお店”というのがアダルトグッズショップだったと理解した。

ブラは、ピンクのフリフリがついた可愛らしいもので、40歳の嫁が着るには痛いと思う感じだ。なによりも、ちょうど乳首のあたりがくりぬかれていて、ブラをしているのに嫁の大きい乳輪と乳首が丸見えになっている。

そして、下は布が小さすぎてアンダーヘアが半分くらい見えてしまっている。

具が何とか隠れるくらいの小さなショーツを身につけて、恥ずかしそうに内股でモゾモゾする嫁は、若い女の子みたいだった。



「すごいよ、、  アキのエロいからだがもっとエロくなったよ。 でも、毛は剃らないとねw」

「うぅぅ、、、 そうだね、、  ていうか、タクのおもちゃ買いに行ったのに、何でこんなのまで、、、 恥ずかしいよぉ、、、」

「でも、すっごく似合ってる。アキ、可愛いよ。」

そう言って、また抱きしめてキスをするタクミ君。



嫁が、キスをしながら器用にタクミ君を裸にしていく。

そして、全裸になったタクミ君は、その立派なおちんちんをそそり立たせたまま、嫁に乳首を舐められ始めた。



「あぁ、、、アキ、気持ち良いよ。」

気持ちよさそうにあえぐタクミ君。嫁は、乳首をしばらく舐めた後、

「じゃあ、シャワー浴びにいこ。お尻綺麗にしないとねw」

意味ありげに笑いながら嫁が言った。そして二人で浴室に行く。



しばらくは、どのカメラにもなにも写らなかったが、寝室のカメラにあの下着姿の嫁が入って来るのが写った。

さっきと違って、ショーツからヘアがはみ出していない。剃ってしまったようだ、、、

若い恋人のために、夫の許可もなくヘアを剃ってしまう嫁。その行動には驚いたが、それ以上に興奮した。



タクミ君は全裸のまま入ってきて、仲良くベッドの上に寝転んだ。

タクミ君の方から嫁に覆い被さり、キスをしてブラから飛び出ている乳首を舐めたりして責め始めた。

「あっ、ん、、、  はぁ、、ん、、  タク、、、もうダメ、我慢できないよぉ、、、、 下も舐めてぇ、、、」

こんなに甘えた嫁の声は、初めて聞いた気がする。

タクミ君は、言われるままに嫁のショーツを脱がして顔を近づける。

「ふふ、、 アキ、ツルツルで子供みたいだねw すっごくエロいよ。  でも良いの?勝手にこんなにして、、、」



「大丈夫、、、 茂ちゃんとはもうセックスしないから、、、 気づかないと思う。」

ガーーンと殴られたような感じだった。俺とはセックスをしない?意味がわからなくてパニクった。



「どういうこと?茂さんとしないって?何で?」

「タクは良いの?私が他の人としても。」

「えっ、、 それは、イヤだよ。」

「そういうこと!」

「、、、ありがとう。アキ、俺、本当に好きだ。」

「へへへ、、、 嬉しいなぁ、、、」



さすがに後悔の気持ちが生まれた。嫁が、2周り近くも年下の男の子に、こんなに本気になるなんて想像すらしていなかった。





そして、タクミ君が嫁のアソコを舐め始める。

「ふわぁぁ、、ん、、  くぅ、、、 あっ! あっ! そう、、、そう、剥いて、、、  はひぃぃ、、 そこ、凄い、、、 あぁ、、」

一心不乱に舐め続けるタクミ君。



すると、指を嫁の中に埋め込んでいく。

「あっ! ぐぅ、、 だ、、めぇ、、、、 ハッ! ハッ! そこ、、 つよく、、、  がっ、はぁ、、、  もう一本入れてぇ、、、」

言われるままに指を増やすタクミ君。



「だめぇ、、 イクぅ! イクぅ! イッちゃうよぉ!  あぁぁ、、 タク、、凄い、、、あぁぁ、、好き、、、」

「アキ、もう俺ダメだ、、、 入れるよ。入れたい!」

そう言って、嫁に覆い被さりチンポを入れようとする。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

【寝取られ】大学生の甥と嫁のプライベートレッスン2【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月22日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ