相互リンク先の更新情報!

【外国人】婚約者がいるのに巨根外人にやられる女w 【告白体験談】

カテゴリー:外国人との告白体験談
tag:


彼女のさおりとは、付き合い始めて2年経つ。

まだお互い大学生だが、すでにお互い、このまま結婚するものだと思っている。



自分で言うのも恥ずかしいが、いわゆるイケメンに生まれたおかげで、女にはまったく不自由しない人生だった。

さおりとの付き合いも、さおりの一目惚れから始まった。

告白されたときに、俺には彼女が二人いたが、すっぱりと別れてさおりと付き合いだした。

それくらい、完璧にさおりが俺好みだったからだ。



そして、付き合い始めてからは、俺の女癖の悪さも姿を消して、浮気一つせずに2年が経った。





でも、さおりは相変わらず俺の心変わりが怖いみたいで、物凄く一途でほぼ俺の言いなり状態だ。



さおりは、俺的には絶世の美女なのだけど、友人達は皆普通だという。

どうやら俺の好みは多少人とずれているらしいが、そのおかげで、さおりは俺と付き合うまでは男性経験ゼロだった。








100%俺の好みのルックスで、性格も奥ゆかしくて一途。

セックスも、俺のしたい事は何でもさせてくれた。



とは言っても、俺もそれほどアブノーマルな性癖は持ってないので、電マを使ったり、外でしてみたりする程度だ。



ただ、最近ちょっとマンネリを感じているのも確かだった。



今日も、大学が終わると一緒にさおりの家に向かう。

俺のワンルームよりも、さおりの部屋の方が広いので、ほぼ入り浸りだ。

と言うか、いつも一緒にいて欲しいと強く希望されているので、離れられないというのもある。



そして家に帰ると、

『ねぇ、最近エッチしてくれないよね?もう飽きちゃった?』

と、さおりが聞いてきた。

一瞬言葉に詰まりながらも、

「え?そうだっけ?飽きるわけないじゃん!」

と言った。

マンネリを感じているのを見抜かれて、ちょっと焦りながらも、誤魔化すようにさおりを抱きしめた。

『本当に?嬉しいなぁ、、 さとる、愛してる! 私がしてあげるっ!』

さおりは嬉しそうに俺の服を脱がせて、乳首を舐めてくる。

まったくテクニックのなかったさおりは、2年の付き合いの中で俺が根気よく仕込んだので、今ではかなりのテクニックになっている。

元々が真面目な性格の上に、俺に一途で、飽きられることを極端に恐れるさおりは、本当に真剣に口技を向上させた。





俺の乳首を、舐めたり、唇で噛んでみたり、時には焦らし、かと思うと強く吸ってみたりしながら盛り上げていく。

そして、指でも乳首を責めたりし、徐々に下に手を伸ばしていく。

もう、固くなったチンポを、ズボンの上から指で絡めていく。



『カチカチだねw ねぇ、私だけのおちんちんだよね?これからもずっとだよね?』

泣きそうな顔で言いながら、俺の下も脱がせていく。

いつものことだが、可愛いとも思うし、少しウザイとも思う、、、

ここまで俺に執着してくれるのは嬉しいが、もし浮気でもしてバレたら刺されるかな?と、不安にも思う。





『いっぱいお汁出てるw 嬉しいなぁ#9825; 興奮してくれてるんだ!』

それだけのことで、本当に良い笑顔をしながら、俺のチンポに舌を這わせていく。

すぐに敏感なところに舌を這わせずに、竿の部分を唇でパクッと噛んでみたりしながら、徐々に上に舌を這わせていく。



そして、いったん亀頭ごとパクッとくわえて、口の中で舌を使って、俺の仮性包茎の皮を剥いていく。

普通に手で剥かれるよりも、ゾクゾクする感じで思わずうめいてしまう。



『気持ち良いの? もっと気持ち良くしてあげるから#9825;』

さおりは、そう言うとカリに舌を這わせたり、口の中で亀頭を頬に押し当てたりして責めてくる。

チンポがさおりの頬に押し当てられると、頬がぷっくりと膨らんで視覚的にエロくて興奮する。





俺の目を見つめながら、一生懸命にフェラしてくれるさおり。

俺が何も言わなければ、どれだけでも舐め続けてくれる。

俺に奉仕をするというか、俺が喜ぶことなら何でもしたいと言うことらしい。





そして、フェラをしながら白くて綺麗な指が伸びてきて、俺の乳首を触り始める。

両乳首を両手でいじりながら、フェラをするさおり。

風俗嬢みたいな(行ったことないけど)巧みなテクに、うめき声が漏れる。

だけど、正直マンネリは否めない。



体は正直で、気持ち良いのにチンポが若干柔らかくなってきた。

さおりは、それを敏感に察知して、必死で責め手を早くするが、ダメだ。



すると、さおりは責め方を変えて、フェラをしながら服を脱いでいく。

下着姿になったさおりを見て、またカチカチになる俺のチンポ。





さおりは、それほど胸は大きくないが、黒にボルドーの刺繍が入ったセクシーなブラをしていて、下はブラをペアのセクシーなショーツだ。ショーツには、マイクロミニくらいの丈のレースのスカートっぽい布がついていて、下着なのにパンチラみたいな感じでエロさが増している。



『へへw どう?これ、、 エッチ?』

しゃべっている時も、手でチンポをしごきながら言うさおり。

「あぁ、エロいよ、、」

『さとるが好きそうな感じだから買ってみた#9825;』



良いのか悪いのかは別として、さおりは一日中俺のことを考えているようだ。

思いが重すぎると思うこともあるが、今のところ嬉しいと思う気持ちの方が強い。





ただ、エロ下着ブーストをしても、やはり徐々に柔らかくなるチンポ、、、

ほぼ毎日、ずっと一緒にいて、セックスもほぼ毎日していたら、こうなるのは仕方ないと思う。



しかし、さおりは悲しそうな顔になる。





そして、今度はフェラをしながら、自分でアソコを触り始めた。

オナニーをしながらフェラを始めたさおり。

下着の上からクリや乳首をまさぐりながら、フェラをするさおりは確かにエロくて、今度はガチガチになった。





すると、嬉しそうな顔になり、そのまま俺にまたがってきた。

下着を脱いでいないのに、ヌルンとチンポが軟らかい膣肉に包まれた。

ショーツは、アソコの部分に穴が空いているタイプだったようだ。



今日、大学でもずっとそんな下着を身につけていたのかと思うと、妙にドキドキした。

俺の好みで、結構短めのスカートを穿いているさおりなので、もし誰かに見られたらと思うと、余計ドキドキした。





そんなエロい下着を穿いているところを誰かに見つけられて、脅されて無理矢理やられてしまったら、どうしようとか、変な妄想をした。





『あぁっ!さとるの、大っきくなってきたぁ! 気持ち良いの? さおりのおマンコ、気持ち良いっ?』

さおりが、淫語を口走りながら嬉しそうに言う。

さおりは、俺に仕込まれて、セックス中に結構どぎついことを言うようになっていた。

恥ずかしそうに、淫語を言うさおりを見て、良いメス奴隷だなと思いながら、下から突き上げてみた。



『あっ! さとるぅ、私が動くから! 私が気持ち良くさせてあげるっ!』

そう言って、必死で腰を振る。

ホントに健気でエロい女だと思う。



だけど、最近マンネリと思う原因は、俺を気持ち良くさせたいというその気持ちそのものだった。

俺が気持ち良くなるためではなく、自分が気持ち良くなるために、、、、 淫乱な自分のためにセックスをする、、、  そんな、本当の意味での痴女になって欲しいと思っているからかもしれない。





ようは、俺が喜ぶから、俺を気持ち良くしたいから、  そんな理由ではなく、自分がイキまくりたいからセックスをする。そんな女になって欲しいと望んでいると言うことだと思う。







必死で腰を振るさおりを見ながら、冷めた気持ちでそう思ってしまった。



そして、セックスを中断させて、最近ずっと考えていたことを切り出してみた。

さおりは、物凄く悲しそうな顔になっていて、

『ゴメンね、、下手くそで、、、 気持ち良くなかった?』

と、聞いてくる。



俺は、正直に思っていることを全部話した。



・さおりとは絶対に結婚するつもり。なので、末永く一緒にいられるために、もっと俺好みの女になって欲しい。

・俺好みとは、俺のためにエロいことをするのではなく、自分自身のためにエロいことをする女と言うこと。

まとめると、こんな感じだ。



『嬉しいよ、、結婚してくれるんだね、、 ありがとう、、 私、さとるの言うとおりの女になる!』

さおりは、泣きながら、それでも嬉しそうに言った。





俺はすかさずこのタイミングで、俺の目の前で、俺の知り合いとセックスしろと言った。



さおりは、俺のその提案に、一瞬目を見開いて驚いたが、

『わかりました、、 その人と、セックスします』

と、素直に言った。

俺の言葉に、ここまで従順なさおりに、ちょっと驚きながらも、気が変わらないうちにと思い、さっそく週末に設定した。



俺の目の前でセックスさせて、背徳感と罪悪感でリミッターをはずそうと考えたからだ。

そして、貞操観念をかなぐり捨てさせようと思っている。





さおりを抱かせるアテはあった。

あまり近い知り合いはヤバいし、それなりに経験がある相手でないとイケない。



そんな中で、知り合いのトルコ人にしようと思っていた。

知り合いのトルコ人は、ウル・ケナンと言う名前で、輸入雑貨を取り扱う店をやっている。

知り合ったのは、その店でバイトしている友人を通してだ。

陽気で人当たりの良い彼は、イケメンという感じではないが、やたらとモテる。

俺もそれなりに女性経験は多いので、結構話が合って仲良くなった。





その友人も交えて、トルコ料理をごちそうになったときに、たまたまトイレが一緒でウルのチンポを見た。

混血がほとんどのトルコ人の中でも、ほぼ白人の見た目をしているウルは、馬みたいなものをぶら下げていた。

驚いて、デカいっすねと言ったら、大きくなったらもっとデカくなるよと、ウィンクをしながら言った。



俺は、結構セックス経験は多いけど、チンポがやや小ぶりで、仮性包茎なのがコンプレックスでもある。

なので、悔し紛れに

「でも、固さなら負けないっすよ!」

と、力説した。



すると、

「色々血が混じってるから、100%白人と違って、僕もカチカチになるよw」

と、満面の笑みで言われた。





それ以来、ウルには結構尊敬の念を持っていたが、最近は、アレにさおりがやられたら、どうなるだろう?そんな事を思うようになっていた。

アレを経験すれば、もっとエロい女になるんじゃないのか?そんな思いからだと思う、、、







そしてすぐにウルの店に行き、話してみた。

「ふふふw 良いよw cuckoldねw 若いのに大変だw」

と、即OKしてくれた。こういう経験も、したことがあるらしい。



cuckoldは、意味がわからないので聞いたら、寝取られ性癖とか願望とかそういう意味だそうだ。

俺は、違うと否定したが、

「初めはみんなそう言うよw 大丈夫、わかってるからw」

と、流ちょうな日本語で、優しく微笑みながら言った。





俺は、違うのにな〜と思いながらも、もしかして、実はそういう性癖もあるのかもしれないと思い始めていた、、、





ウルは、190cm近いような大柄の男で、眉毛の真ん中がつながり気味で、結構毛深い。男性ホルモン過多という感じで、体も筋肉質っぽい。

一見熊みたいな感じだが、笑うと妙に人なつっこい感じだ。



多少イントネーションが怪しいところもあるが、日本語も上手すぎると思う。

なんでそんなに上手いのか聞くと

「ガールフレンドに、教えてもらったからw」

と、ウィンクをするウル。





そして、あっという間に前日になった。

さおりは、学校にいる間も、帰ってきてからも、何か深刻そうな顔をしている。

まぁ、あんな約束をさせたので、無理もないとは思う、、



『ねぇ、、私のこと、嫌いになったりしないよね?』

「なんで?」

『だって、、、 他の人と、、、するから、、、  それって、浮気でしょ?』

「浮気じゃないよ。俺の指示だし、そうだなぁ、、、  実習みたいなもんじゃん?」

『本当に? 嫌いにならない? 捨てない?』

心配そうに聞くさおり。

「それは絶対にない。明日、ちゃんと出来たら、その後俺といっぱいしような!」

『うんっ!! 絶対だよ!! いっぱいだよ! 一回とか二回じゃ、ダメだからね#9825;』

本当に、健気な女だと思う。

もう、俺の中でさおりとの結婚は確定事項だ。コイツしかいないと思っている。



だけど、もう少し俺好みにしたい。そんなくだらない理由で、さおりをウルとセックスさせる俺は、狂っているのかも知れない。





そして、さおりは一晩中俺に抱きつきながら寝た。

ぐっすりと、子供みたいな寝顔を見せながら寝るさおり、、、  俺の方が緊張しているのか、浅い眠りを繰り返して、何度も起きてしまった。





そして朝になった。





さおりはすでに起きていて、準備を始めている。

『おはよう。ねぇねぇ、今日は、久しぶりにホテルでお泊まりしようね!』

嬉しそうに言うさおり。

「あぁ、、良いけど、、 ちゃんと出来たらな」

『わかってる、、、、  もう、覚悟出来ているから、大丈夫だよ。それよりも、約束、守ってね#9825; い〜〜〜〜っぱいしてくれなきゃダメだからね!』

俺に抱きつきながら言うさおり。

可愛いヤツと思いながらも、この後のことを考えるとドキドキしてしまう。





そして、メイクをしているさおりに、引き出しから取り出した下着を渡す。

俺の気に入っている、カップレスのブラに、アソコのところがパックリと開いているショーツのセットだ。

これには、おそろいのガーターベルトがあるので、タイツもはかせるつもりだ。

『こんな、エッチな格好で行くの?』

「そうだよ。初対面の男に、この姿をさらすんだよ」

わざと冷たく言ってみた。



『あぁ、、 さとる、、、 なんか、、ドキドキしちゃうよお、、』

「何?興奮してるの? 他の男に抱かれたいんだw」

『そ、そんなこと、、、』

口ごもるさおり。

「ないんだ、、」

ちょっと残念そうに言ってみた。

『す、少しは、、 そう思ってる、、、』

空気を読んで、そういうさおり。

でも、俺が喜ぶと思って、俺のために無理矢理言っている感じだ。

これが、今日の経験で変わると良いなと思う。



そして、俺は無造作にさおりのあそこに手をやる。

すると、グチャグチャに濡れたアソコに手が触れた。

『あぁっ!ダメっ! ダメぇ、、』

必死で俺の腕を掴んで、引き離そうとする。

「なんだよw グチャグチャじゃんw スゲぇ期待してんだw そういうさおりが好きだぜ」

我ながら酷いセリフだと思いながらもそう言うと、さおりは嬉しそうにニッコリとして 

『好き? へへw 他の男の人に抱かれるの、凄く期待してるよ! あぁ〜〜 早く抱かれたい#9825;』

と、こんな事を言った。俺が喜ぶツボを理解したさおり。

短時間で成長したさおり。この先有望だと思った。



そして、着替えさせて出発になった。



さおりは、ガーターベルトをしているので、それほど短いスカートではない。

普通の上品なブラウスに、スカートだ。お嬢様っぽい感じで、清楚にすら見える。

だが、一皮剥けば、エロ過ぎる格好をしている。



このギャップに、ドキドキしているのは俺だけではないようで、さおりもちょっと緊張気味だ。

『ねぇ、透けてなぁい?』

胸のあたりをしきりに気にするさおり。



ブラウスの下は、カップのないタイプのブラなので、思い切り乳首が浮いている。

そして、太陽が強く当たると、透けて乳輪も何となくわかる感じだ。



「メチャ透けてるよw でも、なんで乳首立ってるの?」

『えぇっ!? やっぱり透けてるんだ、、、 ねぇ、恥ずかしいよぉ、、』

「だから、恥ずかしいくせに乳首立ててるじゃんw」

『それは、、、寒いからだよ、、、』

「ウソつけよw まぁいいや、、もうすぐ着くから」

『あ、、うん、、』

緊張が強まった感じだ。



徒歩で移動しているが、もうホテルが見えてきた。

出入り自由で複数利用OKのホテルで、ちょっと高いホテルなのだけど、ウルが全部出してくれると言う事になっている。

そして、すでにウルは待っているはずだ。



『ねぇ、、どんな人なの?』

心配そうに聞くさおり。

「メチャ良い人。結構年上で、モテるタイプだよ。カラダがデカい」

そう言いながら、”チンポもデカいよ”と、心の中でつぶやいた。

『そうなんだ、、、 ねぇ、さとるは最初からずっと見てるの?』

「そうだよ。なんで?」

『恥ずかしいし、、見られるの、、、なんか心配だよ、、』

「大丈夫だって、良い人だから」

『そうじゃなくって、、 嫌われるのが、、、心配、、、 ホントに、嫌いにならない?』

「ちゃんと出来なきゃ嫌いになるよ」

『うぅ、、頑張る、、、』



他の男に抱かれるのを頑張ると言うさおりは、健気というレベルを超えている気がした。





そして、ホテルに入り、エレベーターに乗る。

さおりは、黙って俺の手をギュッと握ってきた。

そして、

『キスして、、』

と、真剣にお願いしてきた。



”ちゃんと出来たらな”と言おうとしたが、さおりのあまりに真剣な顔に、黙ってキスをした。

嬉しそうに、俺に抱きつきながらキスをするさおり。

そして、エレベーターの扉が開き、キスを止めた。





そして、部屋に入る。

ウルが、バスローブを着てソファに座っていた。

「さおりちゃん!初めまして、ウル・ケナンと申します。トルコ人だよw」

陽気な感じで、流ちょうな日本語で言うウル。

ニコニコと笑っている彼は、本当に良い人に見える。



『えっ?あ、初めまして、、 トルコ、、ですか、、』

唖然と言うか、本気で驚いているさおり。

無理もないと思う。



「じゃあ、ウルさん、よろしくお願いします」

俺がそう言うと、

「大丈夫。優しくするからねw」

と、ウィンクをしながら笑った。





そして、俺は呆然と立ち尽くすさおりを置いて、壁際の小さなテーブルの横の椅子に座り、これから始める出来事にドキドキし始めていた。



すると、すぐにウルが動いた。

ソファから立ち上がり、さおりに近づく。

身長差が30cm近くあるので、さおりは見上げている感じになる。





ウルは、さおりの手を掴み、

「じゃあ、行きましょう」

と語りかけ、そしてベッドに向かう。





『あ、、はい、、』

さおりは、緊張した声で答えて、連れて行かれる、、、





位置関係が、ソファよりもベッドの方が俺に近いので、すぐそこに二人がいるという感じになる。

ウルは、俺にウィンクをしながら歩いてきたが、さおりは俺を見ることが出来ない感じでうつむいている。





そして、ベッドに腰掛けるさおり。

展開早いなと思いながらも、目が釘付けになる。





ウルは、

「本当に、可愛いですね。 それに、それw エッチな子ですねw」

と、さおりのブラウスに浮き上がった乳首を指さしながら言う。

さおりは、慌てて腕で胸を隠しながら

『こ、これは、、その、、寒いから、、』

と、また苦しい言い訳をする。



「じゃあ、僕が暖かくするね」

ウルはそう言うと、さおりに抱きついた。

大男のウルが抱きつくと、さおりが隠れて見えなくなる。



『あっ、大丈夫です、、 大丈夫です、、』

さおりが、しどろもどろでオウムみたいに繰り返す。





「可愛いねw 大丈夫だからw」

優し口調でそう言いながら、さおりを抱きしめるのを止めて、さおりのあごに手を添えて上を向かせた。



そして、ウルはゆっくりと顔を近づけていく。

目の前でキスをされそうになるさおり。

自分で始めたことなのに、怒りが湧いて止めそうになってしまった。





『ダ、ダメ、、』

さおりが、慌てて顔を背けて逃げようとする。

「彼ががっかりしてるよ、、怒ってる、、」

ウルは、俺のことを見てもいないくせにそう言った。

それに驚いて、さおりが始めて俺を見た。





俺は、たしかに怒ってはいたが、それはキスをしようとしたウルに対してで、さおりのことを怒ってなどいない。

それでも、俺の表情を見たさおりは、ハッという顔をして、慌ててウルに向き直り、

『キスして下さい、、』

と、ボソッと言った。





この言葉は、俺の心をえぐるインパクトだった。



そして、すぐにキスをしたウル。

あのさおりが、他の男とキスをしている。

そのことだけで、俺の心の中はドロドロに色々な感情が交じり合って、カオスになった。



目を閉じて、上を向いてキスを受けているさおり。

しかし、ただ唇が重なっているだけと言った感じだ。

ウルも、舌を突っ込んだり、ハードなキスには移行しない感じだ。



それでも俺は、ドキドキして目が離せなくなっている。





すると、ウルが唇を離して

「それじゃあ、さとる君は興奮しないよw 良いの?捨てられちゃうよw」

ウルが、多少怪しいイントネーションながら、流ちょうに言う。

それにしても、ウルには驚かされた。

細かい話はしていないのに、さおりが気にするワードを巧みに会話に織り込んでくる。

エスパーかよと思いながら、黙って見続ける俺。



さおりは、ウルの言葉に、強い不安の表情を浮かべながら、自分でウルにキスをしに行った。

そして、ウルの顔を両手でホールドしながら、激しく舌を絡ませに行った。



目の前で、怪しいトルコ人とキスをするさおり。

しかも、自分で積極的に舌を絡めに行っている。



時折唇が離れると、さおりの可愛らしいピンクの小さな舌が、ウルの厚切りのタン塩のような舌に絡みついているのが見える。



そして、そのままけっこう長い時間キスをし続けるさおり。



俺は、さおりの羞恥心や貞操観念などをぶち壊して、エロい女にするためにこの企画をした。

ウルは、俺のことを寝取られ願望だと言ったが、俺は否定した。俺の中に、そんな要素は全くないと思っていたからだ。

だけど、俺の目の前でキスを続けるさおりを見て、怒りや嫉妬だけではなく、確かに興奮しているのを自覚した。





するとさおりが、ウルをキスしたまま押し倒した。

ベッドに仰向けに転がるウル。それに覆いかぶさりながらキスを続けるさおり。



すると、ウルがその大きなグローブみたいな手で、さおりの胸をブラウスの上から揉み始めた。

さおりは、一瞬それを押しのけようとしたが、結局そのまま放置した。





ウルは、大きな手でスッポリとさおりの胸を覆いながら、優しい感じで揉んでいる。

そして指で、ブラウス越しにもはっきりとわかる、さおりの乳首をつまんだ。

さおりはキスをしたまま

『んん〜っ!』

と、うめき声を上げた。

それでも、キスを止めないさおり。





ウルは、下になった状態でキスをしながら、両手でさおりの両乳首を転がし始めた。

みるみる赤くなるさおりの顔。



目を閉じてキスをしていたさおりの目が開く。

その目には、戸惑いや不安が見えるが、どことなく上気してうるんだ感じも見える。





『ん〜〜っ! ンッ! んんっっ〜〜!!』

キスをしながらうめくさおり。その声にも、エロい感じが混じってきているように思える。



そして、ここでチラッと俺を見たさおり。

俺は、どんな顔をしていたのだろう?

自分でもわからないが、俺の顔を見たことで、さおりがさらに動いた。





キスをしながら、ウルの股間に手を伸ばした。

バスローブの上からでも盛り上がっているのがわかるデカいチンポ。

俺は、勃起した状態は見ていない。だけど、ウルのチンポは、平常運転時でもアホくらいデカかった。



そしてさおりの手が、バスローブ越しにウルのチンポを握った。

この時のさおりの表情は、本当に忘れられない、、、

心底驚いた顔でキスを止め、握ったチンポを見た。

そして、さらに目が大きく見開き、驚愕の顔になった。



握ったまま、固まるさおり。



「ビックリしてる?」

ウルが、普通の口調で聞く。

『あ、、え、、はい、、、』

なんて答えたら良いのかわからない感じで、さおりが答える。



「何に?w」

今度は、楽しそうにウルが聞く。

『そ、それは、、、』

そう言いながら、チラッと俺を見るさおり。

この時も、俺はどんな顔をしていたのか自覚がない。

ただ、俺を見た後、慌ててさおりが言った。



『ウルさんのおチンポが、すっごく大きいから、、』



俺を喜ばせるというか、俺の指示を忠実に守るために言ったのだと思うが、それでもさおりの口からそんな言葉が漏れるのは、かなり衝撃度が高い。



「バスローブ、めくってごらん。まだ、100%じゃないから」

ウルが、イタズラっぽく言う。



ウルのその言葉は、”私はまだ二回変身を残していますくらい衝撃的だった。

今ですら、バスローブがおかしいくらい盛り上がっているのに、まだ100パーじゃない?

ウソだと思った。







『はい、、失礼します、、』

妙に丁寧に言いながら、さおりがバスローブをめくる。

すると、真っ白な棍棒が姿を現した。

当然、亀頭はズル向けで、そこはほのかにピンク色だった。





『え?ウソ、、 こんなのって、、、』

さおりは本当に驚いている。

無理もないと思った。



エロ動画なんかで見る白人のチンポは、確かにうすらデカいけど柔らかくて、自立しない感じだ。

それがウルのチンポは、見事なまでに天井に向かってそそり立っている。

「どう?w」

誇らしげに言うウル。





さおりは、何も言わずに吸い寄せられるようにそのチンポを握った。

『凄い、、、 本物だ、、、 なんか、、、ウソみたい、、、』

うわごとのようにつぶやくさおり。

チンポを握ってはいるが、指が回りきっていないのがわかる、、、



「どう?気に入った?」

ウルがニヤニヤしながら言う。その優越感を持った笑顔に、俺のプライドが傷ついていく、、、



『え? それは、、』

そこでまたチラッと俺を見て、

『すっごく気に入りました。大っきくて、固くて、、 もう我慢出来ないです、、舐めて良いですか?』

と言った、、、



そして、ウルは

「お好きにw」

と、笑いながら答えた。





そしてさおりは、ゆっくりと舐め始めるとかではなく、いきなり限界まで口を大きく開けて、その白い棍棒を口の中に収め始めた。

指が回らないくらい太いチンポでも、大きく開けた口の中にはギリギリっぽいが収まっていく、、、

そして、半分も収まりきらないうちに、奥に当たったのかストップした。

そして、さおりはそのまま頭を前後に動かして、フェラを始めた。



真っ白いものが、さおりの口に出入りする。

なんか、さおりが餅の早食いの人みたいに見えてくる。



口を目一杯広げて、必死で頑張るさおり、、、



だが、しばらくするとチンポを口から吐き出して

『ダメ、、 大っきくなってきたから、どうしても歯が当たっちゃう、、  下手くそでゴメンなさい、、、』

そう言って謝るさおり。



フェラをしたことで、ウルのチンポは100%になったようで、血管がビキビキ脈打ってるのがわかるくらい戦闘形態を取っていた。



入るのか? そんな疑問が頭をよぎる。

まぁ、女性は出産出来る位なので、あれくらいなら入るのか、、、 とも思ったが、そのど迫力のサイズに、ひれ伏しそうになる。



「大丈夫、、 歯が当たるのは慣れてますw 逆に気持ち良いよw 続けて、、」

優しくさおりの髪を撫でながら、ウルが穏やかに言う。

この感じが、モテる秘訣なのかも知れない、、、





『はい、、ウルさんの、おっきなおチンポ舐めますね、、』

そんな事を言いながら、フェラを再開したさおり。

俺に嫌われないために、こんな事まで言いながら、必死で他人のチンポをフェラするさおり。

少し良心が痛んだ。

だけど、演技とはわかっていても、さおりのその言葉に嫉妬がメラメラと燃え上がるのを感じる。





そして、くわえるだけではなく、竿を舐め上げたり、カリを舐めるさおり。

こうやっていると、チンポのサイズとさおりの顔の縦の長さが、ほとんど同じくらいに見えてしまう。





膣の長さは、確か10cmにも満たないはずだ。興奮状態だと伸びると言うけど、それでもこんなものが全部収まるとは思えない。

完全に子宮口というか、子宮に直撃してしまうと思う。

さおりが壊される、、、  そんな恐怖感を持ってしまった。





だが、舐め続けているさおりを見て、ドキッとした。

さおりは、ウルのチンポを舐めながら、うっとりした目になっているように思えたからだ。

舐め続けながら、潤んだような目でウルのチンポを見つめるさおり。



本能的に、大きなチンポを前にすると、雌が全開になるのだろうか?





『あぁ、、凄いです、、 大きいだけじゃなくて、、 固い、、 それに、、、 なんか良い匂い、、、』

「さおりちゃんは、上手だね。気持ち良いよ。」

ウルが気持ちよさそうに言いながら、さおりの服を脱がし始めた。



フェラされながらでも、長い腕がさおりの服を脱がしていく。





「わぁw エッチな下着だね。とても似合ってるw」

ウルは、優しいというか、何とも言えない穏やかな言い方で、さおりを褒める。



『恥ずかしいです、、』

照れるさおり。

胸が丸見えのブラに、穴あきショーツにガーターベルト、、、 こんな売春婦みたいな格好で、恥ずかしいもないと思うのだけど、顔を赤くしているさおりは妙に可愛らしく見える。





そしてウルは、さおりをベッドの上に膝立ちにさせて

「自分で広げてみてw」

と、優しく楽しそうに言う。

『えっ?広げるって、、どこを、、ですか?』

「自分で考えてごらん」

穏やかで、優しい口調で言うウル。何となく、学校の先生みたいな感じだ。

だけど、そんな穏やかで優しそうな言い方をしながら、ウルは全裸で白い極太を限界まで勃起させている。





さおりは、困った顔をしていたが、意を決して手をあそこに持っていく。

そして、膝立ちのまま自分でアソコを広げた。



俺は、ウルがこれほど出来る男とは思っていなかった。

ただセックスして終わり、、、 そんな風に簡単に考えていた。

ウルは、さおりの弱点を見抜き、そこをついてコントロールしている。

それは、俺の希望を深読みしてそうしているのかも知れないし、ただ単に、ウルの性癖なのかも知れない。





だけど、俺は嫉妬と怒りの他に、興奮しているのを認めるしかないところまで来ていた。

自分の彼女が、良いように外国人のオモチャにされている。

それを見て、勃起している俺。





「なんか、垂れたよw ほら、、シーツにシミが出来てるw」

『イヤァぁっ! ご、ごめんなさいっ! すぐ拭きます!』

顔だけではなく、耳まで真っ赤にして叫びながら、慌ててティッシュを取ろうとするさおり。

「良いよ、どうせグチャグチャになるしw そのままにしておいて良いよ」

なぜこんなに日本語が上手いのだろう?



「ほら、もっとよく見せてw」

『うぅ、、 はい、、さおりの濡れすぎて溢れちゃったアソコを見て下さい、、、』

泣きそうな声で言いながら、さおりがアソコを広げる。

すると、またあそこから透明の液体がツゥーと流れ出て、シーツを汚していく、、、


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

【外国人】婚約者がいるのに巨根外人にやられる女w 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月23日 | 告白体験談カテゴリー:外国人との告白体験談

このページの先頭へ