相互リンク先の更新情報!

【友達】す・・す・・好きなんです②・・・6【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


ベットで、二人。

大介さんと、私。

ベットの上に座ってる大介さんと、

スッと伸ばしてる大介さんの両足の間に、

座っている、私。

向かい合って座っている、私たち。

私が…正座なのが、違和感を感じる…けど…。

「そのまま…だよ、

 両手は、ベットについたままにして…ね。」

「仰せのままに。・・可愛い女王様。」

ドキドキ・・。

 大介さんの、行動を規制…。

 私って、悪い女王様…。

 だって、…お仕置き…だし。 

「・・・・・。」




胸が…チクチクしますが…、

  気を取り直して…っ。



ギシ・・。

まずは、胸から…。

 顔を寄せて、・・スリスリ。

大介さんの、胸だ…。

 ・・スリスリ。

ほっぺに伝わる、大介さんの服越しの、胸…の感触。

嬉しいな…。

 ・・スリスリ。

「ふふ・・」

 ・・スリスリ。

 ・・スリスリ。

「・・甘えん坊なのかな…?」

「…。違…。」

   私、そんなにしてた…?

「もっと…していいよ。

 女王様は、胸にほっぺでスリスリが、好きなんだろう…?」

「・・・・・。」

   恥ずかしい…。

でも、もう少しだけ、したい。

 ・・スリスリ。

「スリスリ、…好きなんだろう?」

「・・・うん。」

ギシ・・。

「だけど、大介さんは、

 もっと好き…。」

 優しく触れ合う、おでことおでこ。

「俺もだよ・・。」

ちゅ・・。

 優しく触れ合う、…唇と唇。

かぷ・・。

 唇・・。

かぷ・・。

 耳・・。

かぷ・・。

 首筋・・。

かぷかぷ…って、したいの。

ちゅ~ちゅ…って、したいの。

 何度も、

  唇を・・味わって、

 何度も、

  舌と舌が・・出逢いを重ねて、

 何度も、

  耳の形を舌先で・・たどって、

 何度も、

  首筋を・・堪能。

かぷかぷ…って、したいの…。

ちゅ~ちゅ…って、したいの…。

「…。・・はぁ、・・はぁ。」

 優しく触れ合う、おでことおでこ…。

「・・はぁ。・・はぁ。」

「・・はぁ。…っ。」

 さっきまでと、少し、ちがう。

変に、なって来てる…私。

「女王様。…お許しを頂けますか。」

「…え…?」

ドキ…ッ。

「可愛い私の女王様に…触れられるお許しを」

「…。」

ドキドキ・・。

「お許しを頂けますか…?」

「…っ。え・・」

ドキドキ・・。

大介さんの、声が・・

「可愛い女王様・・。」

「…っ。」

耳元で・・。

「…はい…。」

 ゾクゾクって、してるの・・。

 変な…私。

 変な…体。

「上出来ですよ。女王様。」

「あ…っ」

ギシ…っ、ギシ…ッッ

「あっ、あっ。ダメ、ダメ…っっ。」

うつ伏せにされて…、

「怖~い女王様にお仕置きされて…っ。」

「えっ、あっ、ダメ…っ、ダメ…っっ。」

たくし上げられた…スカート。

足元から引き離されてしまった…下着…。

「怖くて、怖くて、こんなになってしまいましたよ…。」

恥ずかしいのに…っ

 お尻に押し付けられて・・、大介さんの、

 硬くて…熱くて…、大介さんの、



・・続き、書きます・・



 


告白体験談関連タグ

||||||

【友達】す・・す・・好きなんです②・・・6【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月24日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ