相互リンク先の更新情報!

【友達】す・・す・・好きなんです②…8【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


あぁ・・。

あんな…私。

あんな私を・・、教えちゃう…なんて・・、

ドキドキ・・。

「女王様・・。恥ずかしいの・・?」

「はぁ・・。はぁ・・。……う・・ん。」

もう、ずっと、変…な私で・・。

ドキドキ・・。

「はぁ・・。はぁ・・。教えて…。

 俺の手が、してること…。」

もう、ずっと、ダメ…になってて・・。

「・・・。…っ。・・。

 …デ。・・て、る」

恥ずかしくて・・、

それでも、・・・貴方には一番、素直に…なりたいから。




「…ナ、デナデ…。」

「・・・。」

…知って欲しい…。

「お・・、オン…ナの私を…、

 ナデナデ…、してる…の。」

言っちゃった…っ。(恥っっ~っっ)

「はぁ…っ。ご褒美…っ、ですよっ。」

「・・・あっ。・・・あっ。・・・あっ。」

ずきゅん、ずきゅんって…、

嬉しい・・。

・・きゅんきゅん。

「・・はぁっ。可愛いおしりだね…っ。はぁっ」

「・・あっ。・・あっ。・・・恥ず・・っ。」

いつも、大介さん、言ってくれるの。可愛いって・・。

恥ずかしいけど…、嬉しい。

「スゴイ…っ。柔らかいし…っ、カワイイ…っ、ん・・っ」

「・・あっ。・・恥ず・・っ。」

ずきゅん、ずきゅん…って。

イイ・・。

好き・・。

「・・はぁ。・・柔らかい…っ、・・んっ。・・はぁ。」

「・・あっ。・・あっ。・・はぁっ。・・あっ。」

貴方と、どんな風でも・・。

好き・・。

でも・・。

「ダメだよっ。・・隠したらっ、ダメだよ…っ。」

貴方と、…どんなカタチでも、

こうして、幾度となく結ばれるのなら・・。

「・・あっ。・・でも・・っ。・・あっ。」

・・捕まった、左手・・。

大介さんの、左手と、・・・絡まり合って…。

「・・はぁっ、・・どの指かな・・っ?・・っ」

「ナデナデしてるのは…っ、・・はぁっ、・・はぁっ、

 教えて・・っ」

「可愛い女王様…っ。・・はぁっ。」

「・・~・・っっ。」

貴方だからだよ…。

「いっ、いちば…ん・・。・・あっ、真ん中のっ、…指っ、・・はぁっ。」

「私のナカには・・っ、はいら・・っ、入らなくて・・っ、

 ずっとっ、…ナデナデ…っ。」

イイ・・。

好き・・。好き・・。

「・・んっ。ずっと…っ?・・んっ。」

「・・あっ。最後まで・・っ(恥)、・・ナデナデ…って・・。イヤ・・っ。」

こんなにまで…なんて、

大介さん、だからだよ…。

「最高の出来ですよ…ッ。・・ハァッ、ハァッ」

「あッ、あッ、あッ」

ギシ・・ッ、ギシ・・ッ、

「激し・・ッ、あッ、あッ」

「好きだろうッッ…、激しいのが…ッッ」

ギシ・・ッッ、ギシ・・ッッ、

「あッ、好き…ッ、好き…ッ」

「好きだろう…ッッ、後ろからが…ッッ」

ギシ・・ッッ、ギシ・・ッッ、

「あッ、あッ、好き…ッ、好き…ッ」

「かわいいッ。かわいいよッ!」

きゅんきゅんッッ。

きゅんきゅんだよ…ッッ

「好き・・っ、すき・・!大介さんっっ…っッ!」

「俺も、好きだよ…っ!好きだよ!」

体中ッ、わたし・・っっ。

あなたを求めて…っっ。

「好き・・っッ!すきィ・・っッ。」

「・・んふっ。・・・くッッッ。」

「あはッッ、あァ~~・・ッッ…・・ッ。」

ビュクンッッ、ビュクンッッ

ビクンッ、ビクンッ

ビュクンッッ、ビュクンっッ…

きゅん、きゅ~、きゅんッ…

背中に・・、熱いの…。

貴方の、熱いのを・・・いっぱい、イッパイ、感じてる…よ…。



・・続き、書きます・・

【速報】ちょっと無理して超高級デートクラブに契約した結果www



告白体験談関連タグ

||||

【友達】す・・す・・好きなんです②…8【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月25日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ