相互リンク先の更新情報!

【友達】2人の男に【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


私は31歳です。2年前に夫がリストラされてからセールスドライバーの仕事に就きました。仕事中の出来事です。不注意から山道で車を脱輪させ、通りがっかたトラックに助けてもらう事になったんです。「ねーちゃん、うちのコンテナからロープ取ってきて」と50代半ばのSが私に言いました。私がコンテナでロープを探していると、Sと40歳位のYがコンテナに入って来て、中からドアを閉めたんです。二人の男が突然襲いかかって来ました。Yに後ろから羽交い締めにされて倒されました。そしてSに両脚を掴まれて、いくら逃げようと暴れてもどうにもなりませんでした。私は泣きながら「やめて、やめて!」と哀願しましたが聞き入れてはくれません。Sが私のジーンズのファスナーを下ろして脱がせようと・・・。脚を掴まれているので逃げれない。必死の抵抗も虚しく、とうとうパンティーまで剥ぎ取られていまいました。「ねーちゃん、暴れないで楽しもうよ!気持ち良くしてあげるから!」とSが、私を羽交い締めにしながらYが「そうだ!諦めな!!」と怒鳴るように言ってました。私は恐怖と惨めさで声を出す事も出来ず、ただ泣くばかりでした。男二人の力には為す術もなく・・・。Sにアソコを指と舌で執拗に責められ耐えるのに必死、「感じちゃダメ!濡れちゃダメ!」

自分に言い聞かせながら耐えてました。でも・・・Sの責めに躰が・・・

アソコの奥から熱いものが湧いてくるのが分かりました。Sが私のアソコを舐めながら「だいぶ具合良くなって来たな。Yもう放していいぞ!!」私はすでに抵抗する気力も無く、ただ早く終わって欲しいと願うばかりでした。

Sが遠慮無く私に覆い被さって来て、Tシャツとブラジャーを剥ぎ取りました。全裸を見知らぬ男二人に・・・涙が止まりませんでした。「イヤーッ!!ダメェー!!」Sに容赦なくペニスで貫かれて・・・。嫌なのにSの腰使いに、ペニスに躰が反応して、快楽の波が・・・。「ハアッ!ハアッー!」声を押し殺す事が出来ない。「ねーちゃん、もっと声出していいぜ!!逝っていいぜ!!いいオマンコだ!!たまんねェー!!」Sのペニスに激しく突かれながら、だんだんと頭の中が真っ白に・・・「逝かされちゃう!!もうダメー!!」何回となくそれを繰り返し、Sの精液を中で受け止めていました。Sが私から離れるやいなやYが・・・。バックから激しく突かれすぐに絶頂・・・。もうダメでした。犯されている事も忘れ、Yのペニスに快楽求めていました。自分で腰を使いYの精液を受け止めていました。いばらく放心状態の私にSが「ねーちゃん、旦那いるのか?いいオマンコだし旦那、幸せだな!」と言いながらペニスを私に見せつけ、フェラチオを求めてきました。言うがままに・・・。「アッー!!イィーッ!!」Yにバックから突かれて・・・。SとYが入れ替わり・・・。二人同時に責められ・・・。何回絶頂に遣られたのか・・・。Sの精液を口で受け止めながら終わりました。犯されたとは言え初めての快楽でした。二人の男を相手に・・・それにこんな年上の男とのセックスも・・・。Sのペニスの大きさも初めて・・・。犯されて快楽を味わった私はいけない女ですか・・・。


告白体験談関連タグ

||||||

【友達】2人の男に【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月17日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ