相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】いなかでの葬式(続き)【告白体験談】

カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談
tag:


 久しぶりに妹と会ってホテルでのセックスを書きたい。

 

 昨日妹と別れた後にぼくは直ぐにメールをして会う約束をした。

 妹夫婦が住む社宅から車で30分位の公園で待ち合わせをした。朝8時に待ち合わせ、妹は夫に仕事の講習会と嘘をついて出てきたそうだ。

 ぼくの車に乗り込みどこのホテルにしようかと聞いた。

 「こないだ行ったとこにしようよ、安いし空いてるし」

 半年くらい前に行ったホテルだ。 人妻が実の兄とホテルへ これも不倫だろう。浮気の相手が兄は珍しいが。

 

 「昨日は声が出そうでもうやばかったんだからー 前にうちの旦那はいるし。」

 「いやぁ もう辛抱出来なくて、それに黒の礼服姿がまたもう。」

 「もう・・かんべんしてよ・・人に気づかれたらどうするつもりだったのよ。」

 ぼくはホテルの向かって走りだした。 平日の朝8時である、ホテルは空いてるだろう。ぼくと妹は葬儀ということで休暇をとっていた。

 待ち合わせた公園から15分くらい車を走らせるとホテルに着いた。 やはり空いていた。空いてるガレージに車を入れぼくらは部屋に入った。

 妹は仕事の講習会ということで出てきたのでスーツ姿だった。部屋に入るとすぐに着ている上着を脱ぎぼくに抱きついた。

 ぼくはすぐに唇を重ね激しく舌を絡めた。ふたりとも昨日の興奮が冷めてないようだった。




 「おにいちゃん・・・あぁ・・昨日みたいにして・・・」

 妹の着ている服を脱がし下着だけにして、自分もパンツだけになった。ベットに倒れこみ重なりあい激しくキスをした。

 ブラジャーを下にちょっとだけ下げて乳首を吸う。ああ可愛いオッパイたまらねえ、久しぶりの妹の体だ。

 からだのあちこちにキスをしてパンティのうえをなぞってみる。もうすでに濡れてるはず。

 「うう・ん はぁ 早くさわってぇ・・」

 パンティの中にてを入れクリトリスを刺激する。もう洪水だ。クチュクチュクチュと音が響く

 「ああん・・あん・・あぁん・・んんん・・いい・・きもちいい・・」

 「あぁん・・あん・あん・もっとくちゅくちゅして・・」

 ぼくは妹に最近旦那としてるか聞いてみた。

 「ううん・・しばらくしてない・・ああん・・だからいっぱいして・・」

 指を激しく出し入れする、卑猥な音が響く、キスをすると声を出せない苦しいあえぎが興奮する。

 「むうん・・ん・・む・・んん」 唇を離すと大きくやっと息が出来るかのように

 「はあっ!ん・・んん・・あぁん・・」

 妹の手がぼくのパンツの上からイチモツをまさぐる、すぐにトランクスの下の隙間から手をもぐりこませギンギンのチンポを握る。

 「ああん・・おっきい・・すごぃ・・かたぁい・・・」

 妹は高校の頃から体形は変わってないと思う。10代の頃から完成された大人っぽいスタイルで、バストはそんなに大きくないが形はいいと思う。20代後半にさしかかった現在もそのまんまですごくいいと思う。そんな妹をすっかり全裸にしてまさぐりあった。すごく気持ちがいい。

 指を入れたまんまでチンポを顔に近づけフェラしてもらう。

 「あぁん・・もうだめ・・はやくぅ・・」 ぼくがえっと聞き返すと

 「いやぁん・・ちょうだい・・はやくぅ・・ねぇ・・」 それでも黙ってると

 「ああん・・いじわるしないで・・・・いれて・・」 いつものパターンだが興奮する。体勢を整え正上位のかっこでしばし休憩。 コンドームをはめて、さあ入れる。 チンポの先っぽでクリトリスをグリグリっとすると

 「ああん・・・ちょうだい・・・・ねぇ・・あぁん」 あまり焦らしてもしらけるのでここらでグッと挿入。

 「はぁん!・・あん!・・おっ・きぃ・いい・・」 すぐにピストン運動。

 「あん・・あん・・はぁん・・ううん・・いやぁん・・・きも・ち・いぃ・・」

 ああ最高だ。なんかもうイってしまうかもヤバイなぁ。と思いつつも激しくピストン。

 「あぅん・・あん・・お・にい・ちゃん・・きもち・・いい? あたし・・もう・・だめ・・」

 「おに・い・ちゃ・あ・ん・・あたしの・こと・・すき?・・あん・・ねぇ・・」

 「ああ・好きだよ・ ああオレもういきそうだ・・・!」

 「ああんん・・まだ・だめ!・・もっとぉ・・」

 「いや!ダメだいきそうだ!」 ぼくは激しくピストン!

 「ああん!そう・・いい・・もっとついて!・・ついて!あぁんん・・!いい・・きもちいい・・」

 全身に気持ちよさの神経がつらぬき、ぼくは射精した。コンドームをしての射精だが妹のからだにも気持ちよさの神経にスイッチが入り、声にならない快感がからだを仰け反らしていた。

 「あっ!はぅ!うう~ん!・・・・・・・・・・・!! はぁ・・・・はぁ・・・・・・・・・・・・・」

 ぼくは愛液まみれのチンポをぬき、ティッシュでおまんこを拭いてあげた。自分のチンポを拭き、静かに抱き合いキスをした。 やはり妹とのセックスは気持ちがいい、離れられない、困ったものだ。

 

 その後一緒の風呂に入り浴室で一回、ソファーで一回、合計3回もセックスをした。 浴室ではおしっこのかけ合いと顔射、ソファーでは服を着せて手を縛り目隠しをしてやった。最後は口の中に射精した。 すこしザーメンをこぼし仕事スーツを汚した。

 夕方待ち合わせた公園に行きぼくらは別れた。 妹、香織はなにくわぬ顔で家に帰り旦那と夕飯を食べるのだろう。

  今晩、旦那がせまってきたらするのだろうか、それとも拒むのだろうか? 香織はセックス中、ぼくの方が気持ちいいと何べんも言っていた。 

 

 

 


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

【浮気・不倫】いなかでの葬式(続き)【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月19日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

このページの先頭へ