相互リンク先の更新情報!

【初体験】男嫌いのあの女を【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


きくりん





俺の名前は弘志。

高校二年生。



同じクラスに幸恵と言うとても気の強い女がいる。

幸恵は可愛い顔をしてるクセに男は汚い物とみなして男を見下している。



そのためか色々な男から恨みを買っている、俺もその一人だ。

おまけに幸恵は空手をやっているため中々手を出そうにも出せない。



そこで俺は幸恵に男の恐ろしさを教えるため、友達7人と幸恵をまわすことにした。

幸恵を怒らせる内容の手紙を使って幸恵を理科準備室に呼び出した。






「あんた達ちょっと何のつもりっ! 女に男は倒せないですってふざけんじゃないわよ! あんた達なんか私が倒してやるわ」

すると友達の一人の靖男が──。



「うひょーいいねぇー気が強い女は! 犯る前に立って来ちまうよ」

とか言ってる内に幸恵の鋭いパンチが当たってしまった。



一発で崩れ落ちる靖男、俺は幸恵を押し倒そうと幸恵に向かっていくが、

キックを脇腹にもらい倒れるだが俺にキックをくらわした時に喧嘩の強い進一が、

後ろから幸恵を押し倒し、

幸恵を仰向けにし体の両手両足を4人がかりで押さえつけた。



「やめろ……離せ! 離せ」

と必死に抵抗する幸恵、いくら空手をやっていても男4人ではどうする事も出来ない靖男が──。



「早く犯ろうぜもう待てないよ」

と言うと俺が──。



「いや待て撮影誰やんだよ! じゃあ修司がやれっ」

「しょうがねぇな」

と修司にデジカメを預ける、靖男と俺がワイシャツのボタンをはだくと、

赤色のブラで覆われた豊満なバストのブラを剥ぎ取り激しくもみくだした。



「いやぁぁ!」

幸恵が叫ぶ。



「うるさい女だな俺が口塞いでやる」

左足を押さえてた陽太が言った。

陽太の一物を幸恵の口にぶち込んだ。



「んんんー! うぐっ! うぐっ」

進一が──。

「へへへもう我慢できねぇ」

と言いパンティを剥ぎ取りビンビンになったチ○ポを一気に幸惠のマ○コを貫いた。



「うんんんんんっ!」

幸恵のマ○コに激痛が走った。

幸恵は処女だったのだ男を嫌っていたので当然の事だろう。



「ああぁすっげぇ締まる」

しばらくピストンを続けてる内に幸恵が感じ始めたのか呻き声を上げ始めた。



「あっ! あっ! あんうん! あぁ」

進一が言った。



「へへっ感じてんのかこの変態女めぇ! あぁイキそうあぁイクッあぁイクぞイクぞ」

「いやぁぁぁ!」

進一は幸恵の中で果てた。



「ハァハァハァ! オイみんな誰の子供が出来るか試そうぜ」

「いいねぇじゃあ次は俺の番だ」

と、この後、幸恵は男達に気が狂う程、犯されまれ──翌日も撮影したビデオで脅されて、

今日も幸恵は男達のペ○スで犯されている。



ごめす

【速報】ちょっと無理して超高級デートクラブに契約した結果www



告白体験談関連タグ

|||

【初体験】男嫌いのあの女を【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月17日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ