相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】嫁を寝取っていたのは俺だった?完【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


ふとしたきっかけで、優香のメールを見てしまったのが間違いだった。



俺には不似合いな、長澤まさみさんによく似た抜群のルックスを持つ嫁が、俺と付き合う前にモテまくっていたのは聞くまでもなくわかっていたが、まさかまだ続いている男がいるとは思ってもいなかった。



しかも、俺よりもその男のことの方が本命のようで、言ってみれば俺が寝取りの間男といった感じだ。



しかし、俺はここまでされていても嫁のことが大好きだし、子供もいるので別れるなんて少しも思っていない。





色々と考えた結果、証拠を集めて、男に直接面談をしてフェードアウトしてもらうという、非常に消極的な、弱気な方法を思いついた。

あまりにへたれな感じだが、実際にこの状況になって、強気にガンガン攻めるなんて言うのは、なかなか出来ないと思う。





浮気が発覚しただけでもショックだったのだが、嫁が昔キャバ嬢だったというのも、ショックは大きかった。

水商売の方を差別するつもりはないが、やっぱり自分の嫁が元キャバ嬢というのは、嫌悪感というか、汚いと思ってしまう。それで嫁のことが嫌いになれれば良いのだが、それも無理のようで、悩みは深くなる。






ボイスレコーダーの中で、男と嫁が話している内容で、複数でのセックスをしているというのも信じられなかった。ただの浮気ではなく、男の性癖(寝取られ)を満足させるためだけに、他の男とセックスをするなんて、正気とは思えない。







そんなことを知ってしまった故に、毎日落ち込んでいたのだが、そんな俺を嫁は心配してくれて

「ヒロくん、元気ないね・・・ どうしたの?疲れてるの?嫌なことあった?」

そんなことを言いながら、俺の肩を揉んだり、甘えてきたり、とても良くしてくれる。

ちょっと仕事が忙しくて疲れてるんだ、なんて誤魔化しながら、日々過ごしていた。





隙があればのぞき見る、嫁のスマホのメールは、見るに堪えないモノばかりで病みそうだった。

ラリっているとしか言いようがないメールは、若いカップルのモノのようだった。



「シュウちゃんは、私の運命の恋人だよ。」

「今日も、ずっとシュウちゃんのこと考えてたよ。」

「シュウちゃんのこと考えて、自分でしちゃったよ。」

「生まれ変わったら、絶対に結婚しようね。」

「早く会いたいよぉ。」

こんな事を絵文字でゴテゴテにしたメールで送っている嫁は、俺のことをどう思っているのだろう?

男のメールなどからも色々とわかった。



優香は、キャバクラは週に2日程度しか出勤していなかったのに、在籍中はずっとナンバーワンだったそうだ。雑誌や広告など、一切出なかったのに、凄いことになっていたそうだ。



そして、キャバで働いていた理由が、やはりというか親父さんの病気だった。普通は、水商売の女の子の身内が病気というのは100%近い確率でウソなのだが、優香の場合は本当だ。





男と嫁は店で知り合ったのだが、お互いに一目惚れで、すぐに深い仲になったそうだ。

ただ、男には嫁がいて、いわゆる不倫関係だったそうだ。



そして、嫁がキャバを止めるのをきっかけに、会わなくなったそうだ。

会わなくなった理由は、男は水商売を止めた女の子に、その時のお客さんがいつまでも会っていては女の子のためにならないという、思いやりのあるのもで、嫁が会わなくなった理由は、男が自分のことを好きでいてくれているとは、夢にも思っていなかったからだそうだ。お店の子と客という関係ではなく会うのは、男の嫁に申し訳ないという理由だったそうだ。





そして、時が流れて、俺と結婚することが決まった時に、どうしてももう一度会って男の気持ちを確かめたかったそうだ。



そして、男にメールをして、男の気持ちを知って、また関係が戻ったと言うことらしい。

いっそ、俺との結婚を破棄して、男とくっついてくれた方が良かったと思ったが、男には嫁と別れられない理由があるようだ。それが何かまではわからないが、知りたくもない。





場合によっては、証拠を男の嫁に突きつけて、男を引き離してもらうのも一つかな?と思っている。





そして、何より驚いたのが、次に男と会う時のことだ。

ボイスレコーダーで、男と嫁の他にもう一人男が参加すると言うことはわかっていたが、また俺の家でプレイをするようだ。近所の目もあるのに、なぜ?と思うが、メールから判断すると、嫁が、そのスリルがたまらないというようなことを言っている。





トコトン救いようのない話だと思うが、嫁は男に騙されているだけだと思うので、切り離しさえすれば全てうまく行くと思っている。そう思い込みたいだけかもしれないが、そう信じることにした。



そして、あっという間にまたその日が来た。



今回は、リビングにボイスレコーダーをセットして、寝室にカメラをセットした。

カメラは照明に隠してセットできるモノを用意した。

今回のことがあって以来、ネット掲示板をよく見たりしていたが、ついに我慢できなくなり色々書き込んだ。

そして、俺の弱腰の対応にさんざん叩かれたが、カメラのことを教えてもらえたし、証拠の保全の仕方の知恵も付いた。



そして、少し緊張しながらいつも通り家をでて、長い一日を終えた。



家に戻ると、息子が笑顔で出迎えてくれて、キッチンで嫁が夕食を作っていた。

「ヒロくん!お帰り!お疲れ様!もうすぐ出来るから、座って待っててね!」

飛び切りの笑顔で嫁が言う。

この笑顔を見ると、男のことなどどうでも良いとさえ思ってしまう。

ただ、と言っても証拠は必要なので、照明からカメラを回収してボイスレコーダーも回収した。



そして、楽しく3人で食事をすると、風呂に入って寝た。

二人が寝たのを確認してから、またリビングで確認開始した。





リビングのボイスレコーダーには、俺がいなくなったあと、嫁が息子を実家に連れて行く流れが録音されていた。

この前の時も、おそらく同じように実家に預けたのだろう。

そして、しばらくして嫁が一人で戻ってきた。

子供を実家に預けて自宅で不倫をする嫁など、社会的に見ると最悪なビッチなのだが、どうしても俺はそう思えない。



しばらくするとまた男が家に来た。もう一人の男も連れてきたようで、リビングに3人で入ってきたようだ。

「初めまして!よろしくお願いします!」

緊張気味の、かなり若い男の声がする。

「こんにちは。そんな緊張されると、私まで緊張しちゃうよ。」

嫁もかなり緊張している。



男が

「まあまあ、そんなに緊張しないでよ。とりあえず、一緒にお風呂入ってきなよ。」

男だけが、緊張感のない楽しそうな声で言う。





そして、動画も確認する。



寝室に、腰にタオルを巻いた若い男と、ピンク色のスケスケのビスチェを身につけた嫁が入ってきた。そして、最後にワイシャツ姿の男が入ってきた。



男は、もうすぐ40歳とのことだったが、若々しくてなかなかのイケメンだった。めがねが似合う感じの、知的で都会的な雰囲気のする男だった。

若い方の男は、ちょっと若すぎると思うほどの若さで、大学生、下手したら高校生という感じだった。短髪のスポーツマンといった感じの男の子で、緊張した顔でベッドに座っている。



「やっ君、どう、優香は?」

男は、嫁を呼び捨てにしている。二人きりの時は姫と呼ぶようだが、今は名前で呼んでいる。



「メチャメチャ美人で・・・ びっくりしました・・・ マジで、良いんですか? なんか、信じられないですよ。」

男の子は、さっきよりも緊張している感じだ。

「良いんですかって、もうフェラしてもらったじゃんw しかも、飲んでもらって・・・ 最高の初体験だなw」

「えっ? 初めて・・なの?」

嫁が驚く。

「・・・はい・・・ そうです。」

男の子が、恥ずかしそうに言う。



「へぇw なんか、やる気出てきた! 可愛いおちんちん、食べちゃうねw シュウちゃん、優香が童貞おちんちん食べちゃうの、見ててね。 今日は、シュウちゃんは見るだけだからねw」

嫁が、楽しそうにそう言って男をからかう。



「マジで!? 優香は俺としたくないの?」

男がちょっと真剣に聞く。



「別にぃ・・・  だって、優香が他の男とするのを見るのが好きなんでしょ? 変態さんw」



嫁はそう言うと、すぐに男の子に抱きついてキスをした。



そして、ベッドに男の子を押し倒すと、顔中なめ回すようなキスをして、舌を差し込んでかき混ぜた。

男の子は、夢中で舌を絡めている。



嫁は男に無理矢理、他の男とさせられているわけではないんだと思った。どう見ても、楽しんで積極的にやっている・・・



嫁は、キスをしながら男の子のタオルを外す。

男の子のおちんちんは、すでに完全に勃起していて、時折ビクンビクンと跳ねている。

取り立てて大きくもなく、普通のサイズのおちんちんは、半分皮を被った仮性包茎だった。





嫁は、男の子の唇から首筋に乳首に舌を這わせていき、手ではおちんちんを撫でるように触っている。

ピンクのスケスケのビスチェ姿で、若い男の子を責める嫁は、風俗嬢のようで何とも言えないエロさがあった。



それにしても、男の子はこれが初体験だと言うことらしいが、最高の経験だと思う。





そして、そのおちんちんを指で剥き、亀頭をむき出しにするとカリ首あたりを舌で舐め始める。

そして、たっぷりと亀頭や竿を舐めたあと、おちんちんを口に含んでいった。そして、手は乳首を責めていて、俺には決して見せないテクニックを駆使している。



男の子は、女の子のように喘ぎ声を上げながら、嫁に責められるに任せている。





そして嫁は急に男に顔を向けると

「ねぇ、シュウちゃん、このおちんちん、優香の下のお口で食べても良い?」

興奮したような口調で言う。

「あぁ・・・ 優香、愛してるよ。いっぱいイカせてもらうんだぞ・・・」



その言葉に優香は無言で男の子にまたがる。

「ねぇ、本当に良いの?私なんかが初めてで・・・」

そんなことを言いながらも、すでにおちんちんをアソコにあてがっている。

しかも、ゴムを付ける気配がない。





「はい、お願いします!優香さんが初めてなんて、最高です!」

男の子が言い終わらないうちに、優香が腰を下ろす。

一気に生チンポを飲み込むと、

「あぁぁ・・・  入っちゃった・・・  卒業、おめでとうw」

優香がそう言いながら、騎乗位で繋がったまま男の子にキスをする。





なんて言ったらいいのかわからない・・・ こんな異常なセックスを、俺と結婚した時から5年以上も男としてきたのかと思うと、吐き気すらもよおす。

しかし、嫁を嫌いになることは出来ない。





嫁は、男の方に目線を向けたまま腰を振り始める。

「あぁぁ・・・ シュウちゃん、ゴメンなさいぃ・・・ また浮気しちゃったよぉ・・・  浮気チンポ、生で入れちゃったよぉ・・・ アァッ! 」

男の方を見たまま、腰を振り続ける嫁。



男の子は、嫁の騎乗位に喘ぎなら感じている。



挿入から、5分も経っていないのだが男の子の限界が来たようだ

「アァッ! 優香さん、もうイキそうです!」

切羽詰まった声で男の子が言う。



「良いよ!イッて、そのまま中で! あぁぁっ! 見て!シュウ!見て! 優香が浮気チンポに種付けされるところ見てぇっ!」

そう言って、凄い勢いで腰を振ると、男の子がうめきながらイッた。



「あぁぁ・・・ シュウちゃん・・・ ゴメンなさぃ・・・」



嫁は、完全に男に心を縛られているようだ。





すると、男はベッドに近づき、嫁をベッドサイドに立たせる。

そして、ベッドに手を付かせて立ちバックの姿勢にすると、ズボンとパンツを素早く下ろして嫁に生チンポを挿入する。



「ヒィぁっ! ダメェ・・・ ぐぅ・・・ 奥に当たってるよぉ・・・  あぁぁ・・・」

嫁がさっきの男の子の時とはまったく違う反応をする。背中をのけ反らせて、うめくような声を出して感じている。

男のチンポは、体積で言ったら俺の倍ほどありそうな感じで、素直に負けたと思った。





「優香! 愛してるぞ! お前は俺のモノだ!」

相当興奮した様子でそう言う。

嫁も、

「あっ!くぅわぁっ! 私も、私も愛してる! 優香はシュウのモノだよぉっ! アァッ! ダメっ! もう、イク!イッちゃうよぉ!」

嫁も高ぶっている。



他人に愛する人を抱かせて、それで興奮して愛を深める。そういう世界があるのは理解できるが、そもそも優香は俺の嫁だ。男は、自分の屈折した欲望を自分自身の嫁では実現できないので、優香で代替しているに過ぎないと思う。

嫁は、そんな男の打算による優しさに騙されているだけだと思う。





男は、腰をガンガン振りながら嫁に命令する。

「ほら、彼のチンポもくわえろよ!」

そう言われると、嫁と男のセックスを真剣な顔で見ている男の子のおちんちんを、口にくわえた。



立ちバックで極太にガンガン突かれながら、さっきまで童貞だった男の子のおちんちんをくわえている嫁。

掲示板などで相談している時に、そのうち性的に興奮するようになると言われたが、嫌悪感しかわかない。



自分が愛する人を他人に抱かせて楽しむなんて言うのは、気が狂っている人間の話だと思う。

この男も、そういう性癖があるので、優香を他人に抱かせていると言っていたが、そもそもこの男は優香を真剣に愛してなどいないと思う。都合の良いセックスフレンドで、飽きないようにアブノーマルに走っているだけだと思う。





男の子は、さっきイッたばかりだというのに、この異常なシチュエーションにやられたのか、もうイキそうだ。

「優香さん! ごめんなさい!イキます!イク!イク!」

可愛らしく喘ぎながら、体を震わせる男の子。

「んん! んっ! ン! ん! んぐぅ」

などという声にならない声を上げながら、それを飲み干した。



「優香、イクぞ! どこに欲しい!?」

男がうめくと、嫁は何も言わずに黙ってチンポを抜いて、しゃがんで男のチンポを口にくわえた。

そして、男が

「イク!」

と言った瞬間に、口からチンポを抜いて、手でしごいてイカせた。



「あぁ・・・ 優香・・・ なんで?」

極太から、驚くほど大量に精子を飛び散らせながら男が聞く。



「えーーーっw だって、今日はホントは見てるだけでしょ? 飲んであげるのも、中出しさせてあげるのも、やっ君だけだよw シュウちゃんは、手コキだけw」



嫁は、男の性癖を良く理解して、それを最大限に生かすようなプレイをしている。

その息の合ったところに、年月を感じて悔しかった。





「どう、優香は?びっくりするぐらい変態だろ?」

男が男の子に聞く。

「そんな! 優香さん、こんなに可愛いのにエロくて、最高です。もう、僕も普通じゃダメかもしれないです・・・」



「そうなんだw ねぇ、こっちでもしてみる? ダブル初体験w」

そう言って、自分でアナルを指で広げる嫁。

さすがにこれには驚いた。と言うか、驚きっぱなしだが・・・



「コイツさぁ、こっちも好きなんだよねw でも、俺のじゃ痛いから、おもちゃで我慢してるんだぜw」

「ちょっと!シュウちゃん酷いよーーw」

こんなところを見せられても、嫁のことが嫌いになれない俺は、もうすでに壊れているのかもしれない。





そして、緊張しながら、おちんちんを嫁のローションが塗られたアナルに押しつける男の子。

正常位で、手で足を持って開脚している嫁。男の子がぐっと腰を突き出すと、スルンと抵抗もなくアナルに全部挿入された。



「あっ!ぐぅあぁ・・ 入ったよぉ・・・  あっ! はひぃ・・」

「凄い・・・ キツいです・・・  あぁ・・優香さん・・・ 気持ちいです」

「あ、がぁ・・・ 凄い・・・ 気持ちいいよぉ・・  シュウちゃん、浮気チンポォお尻に入ってるよぉ・・・ あぁぁ・・・ゴメンなさぃ・・」



そんなことを言いながら、男の子にアナルを犯され続ける嫁。



すると、今度は男がチンポを嫁にくわえさせる。

嫁は、本当に美味しそうに、愛おしそうにくわえている。



「これが好きなんだろ?」

「アァッ! 好き! このおチンポ好き! 堅くてぇ・・・ 大きくてぇ・・・  優香の気持ちいいところ、全部に当たるよぉ・・・」

「旦那のと比べてどうだ?」

「イヤぁぁ・・ 意地悪言わないでぇ・・・ 」

「言えよ。言えばいつもみたいにもっと気持ち良くなるぜw」



「アァッ! シュウの! シュウのおちんちんの方が、全然大っきいからぁ、すっごく堅いからぁ・・・ 100倍気持ちいいよぉっ! このおチンポ無しじゃ、生きてけないもん!」



「じゃあ、もう旦那とセックスしなくても良いよな?」

「しない! もうしない! もう、浮気しないよぉ! あんなちっさなチンポいらないもん! あぁ! シュウ! 愛してる!愛してる! 結婚してぇっ!」



なんと言っていいかわからないが、これで性的に興奮できる人間がいるというのが信じられない・・・





そして、男の子は早くもまた限界が来たようだ。

「イク!イク!出ちゃう!」

そんな可愛らしいことを言いながら、男の子が体を震わせる。

アナルでも、当然のように中出しを受け入れている・・・





そして、嫁は男の子の射精を受けながら

「あっ! ヒィあっ!  イク!イク!」

そう言って、足をピンと伸ばしながらイッたようだ・・・



「童貞チンポに、ケツマンコに中出しされてイクなんて、どうしようもない変態だなw」

「あぁぁ・・・ ゴメンなさぃ・・・・  でも、変態は嫌い?」

「好きに決まってるだろ!」



そう言って、キスをする男。

すると、嫁は慌てて口を離して

「だーーめっ! 今日はシュウちゃんはキスもセックスもダメだよ。 見るだけね。」

こんな感じが寝取られプレイと言うことなのだろうか?理解はできないが、流れはわかってきた。  







そして、時間になったようで、慌ただしく3人とも寝室を出た。



おそらく、そのままシャワーを浴びて帰って行ったようで、リビングのボイスレコーダーにも特に音声はなかった。





これだけ証拠がそろえば、もう行動に出ても良いと思ったので、ネットで評判が良かった弁護士のところに行くことにした。



その後は、弁護士の指示で男の住所を調べ(尾行して)、勤務先も調べ(興信所)外堀を固めて、仕事帰りの男に弁護士と一緒に声をかけて話をした。





住所も勤務先も知られ、証拠もこれ以上ないと言うほど(音声、動画、メール)まとめられていて、それを知った男はすぐに白旗を揚げて、喫茶店の中だというのに土下座をして謝ってきた。



弁護士の指示で、一切感情的にならずに淡々と話をしている俺のことが、逆に相当怖かったようで、話は早かった。

男から、嫁に会う頻度を徐々に減らしていき、半年程度でフェードアウトするということにした。



そのあたりの流れは、弁護士がタイムスケジュールを作ってくれていて、その通りに動くよう念書も書かせた。



そして、全てうまく行きフェードアウトできたら、男の嫁にも、勤務先にも一切知らせずに、慰謝料も必要ないという話にした。





俺にとって一番大切なのは、嫁を悲しませずに、男と別れさせることだった。

こんな状況でも、嫁が悲しむのを見たくないからだが、そこに関しては弁護士も驚いていた。

普通は、間男を社会的にに抹殺して、慰謝料も搾り取れるだけ搾り取るという希望が多いそうだ。





俺は、男がいなくなればそれで良いし、金も必要ない。男がどうなろうが、正直興味がない。



そして、それは忠実に守られて、うまく嫁に嫌われながらフェードアウトするという、弁護士の筋書き通りに事が運んだ。





そうなってからの嫁と俺の関係は、期待していた以上の素晴らしいものになった。

友人からも、からかわれるほどのラブラブな夫婦になれた。



あの時の動画は処分しようとして、処分できずにいたが、いつの間にか俺も、その動画を見て興奮するようになっていた・・・

もっとも、寝取られ性癖に目覚めたとしても、嫁に話すことはないと思う・・・  多分・・・


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

【寝取られ】嫁を寝取っていたのは俺だった?完【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月17日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ