相互リンク先の更新情報!

【友達】す・・す・・好きなんです②・・・4【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


私の。

大介さんと…私の。

ずっと、望んでた。

子供の頃からの夢…だったから。

好きな人とスルこと…、夢だったから…。

大介さんに、捧げることが出来て…、

嬉しかった。

凄く、嬉しい。

大好きな人と、初めてを出来るというコトは、

幸せなコトでした。



「じゃあ、帰るよ。」

 あの扉を開けて、…帰ってしまう、大介さん。

貴方が好きだと言えずにいたら、

きっと、立ち去る貴方に、




何も言えずに、

ただ、見送るだけだった。

側にいれたらいいのに…って、思うのに、

貴方に似合わない私は、

大好きなその背中を、ただ…、見送るだけだった。



 今、

 貴方がいてくれて、嬉しい。

 微笑んでくれて、嬉しい。

 話せて、嬉しい。

 優しくしてくれて、嬉しい。

 

 貴方がいてくれて、嬉しい。



そうして。

私はまた、

大介さんを、独り占めに、するのでした。

「ごめんね。

 来てもらって…。」

「いいよっ。

 どうした?」

「…うん。」

「何かあった?」

「・・・・・。」

「・・話したかっただけ・・。」

「・・・・・。」

ぎゅぅ…。

「会いたかった だけ・・。」

「…俺も、会いたかったよ…。」

ぎゅう…。

「あ…。」

 大介さんも、抱きしめてくれる。

「・・・・・。」

「・・・・・。」

あぁ…。

ドキドキ…してる。

もう、男性…知ってるのに…。

もう、何度も、大介さんと…シテル(恥)…のに…。

なのに、初めての頃のままみたいに…、

女の子の頃みたいに…、ドキドキしてる…。

そっか。

…大介さんだから…なんだ。

男性を知らないとか、じゃなくて、

好きな人…だから。

大介さんだから…、なんだ。

こんなにドキドキしちゃうのは…。



 …でも  ね。

 

 今日の私…、

 ずっと、「おあずけ」ばっかりだったから…ね?

 いぢわるな大介さんに、

 「おあずけだよ」…って、永~……い間、

 されてたから…。

 凄~……く、お腹、空いちゃってるから…。

大~……好きな私の、

イケナ~……イご主人様に、

  …お仕置き…

しちゃおうと、思ってるの…。

鍵だって、

もう、かけちゃったんだからね。

ぎゅぅ…っ。

「大介さん。大好き…。」



…凄~…く、お腹、

空いちゃってるんだから…  ね…。



・・続き、書きます・・


告白体験談関連タグ

||||

【友達】す・・す・・好きなんです②・・・4【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月20日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ