相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】妻を露出Ⅱ【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


前回の、妻(幸美)の露出計画実行は、私もかなり満足しましたが、時がたてば・・・もっと!と思う気持ちが強くなります

先日、幸美も男の視線を感じて気がついていたのか?店を出て、自宅に戻るまでは言葉も少なく感じました。

自宅のドアを閉めたとたん、私も欲望のまま幸美の服をはぎ取るように脱がせ愛し合い、そんな私以上に幸美もエロ妻に・・

何度も入った後、幸美が「今日回りの人に見られて、おかしくなるぐらい興奮したよ・・」と聞き、私自身、成功を確信した。

幸美は、ある意味、私が望む事ならすなおに従うのかも?(今後しだいですが?)

で、今年は世間並みに、お盆休みを取る事にして、二度目の計画に・・・車でお出かけです!

私の車は、左ハンドルのクーペタイプです、意外と信号待ちとか、並走して車が走ると助手席の首から足元までが良く見えます

本日の幸美の服装は、黒の透けたキャミソールに、タイトな上までボタンのスカートに高めのヒール、下着は、黒のレースのT

バックとハーフの黒ブラです、今回は、グローボックスの中にローターと太めのこけしをしのばせ、ドライブです

助手席に座った幸美の、スカートをボタンをいきなりあそこが見える所まではずす、幸美は笑いながらも、はずかしそうな顔で

こちらを、見るが「足が開かないと乗ってて疲れるよ。」と一言で終わらせる。

市街地を抜けて高速に入る、少し走るとやはり、お盆!渋滞・・・心の中で、渋滞最高!と思ってしまいました。

右手で、幸美のふとももをさわりながら、スカートを左右に透けたTバックの前のレースの部分がかなり露出して見える最高

今度は、キャミのかたひもを下げながら、幸美に、「車の中だから、ブラをはずせと」と言ってみる、幸美「また?と・・」

でも渋滞の中、私の右手が幸美のおまんこをこすられ感じていないわけではなさそうで、ブラをはずしてしまう。




キャミの胸元から、乳首以外はほぼ露出し日差しで、おへそまで透けて確認できる、私も勃起状態で、ますます右手の指先に

力が入る、幸美も目がトロンとして、短時間でいってしまう、今日の妻は、何時も以上にエロい・・・

私は、計画実行に、渋滞中ウインカーをだし車線を左に、幸美は体を私の方に若干むけ先ほどとかわらず露出状態で、サングラスをかけ、うとうとしている様で、右車線の車の運転主から丸見えのはずだが?なかなか気がつかないのか?と思った瞬間

一台の車がやはり並走してくる、どこかに労務者風のワゴン車、食い入る様に幸美を見ている、その次また次と何台・何人が

妻の胸元・おまんこを、見たのか・・・私は、次の計画の実行のため、サービスエリアに車を入れた。

次回、後半また書きます。


告白体験談関連タグ

|||||||

【人妻・熟女】妻を露出Ⅱ【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ