相互リンク先の更新情報!

【友達】昼間のパッチンコ屋には続【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


さちをソファーに寝かし、チンコで大股開いたさちのクリをいじるとアァ〜ン早くといい自ら腰を密着させてきた。ヌルっと一気に奥までいれるとアッアッ・・・凄いイィアァ〜ンと エッチな音聞こえると聞くと 聞こえるよ オマンコの音聞こえるよと。バックにし入れると自分から前後に振り、外したと思うと座位で自ら腰をふりギシギシグヂョグヂョと首に手を回し、最後は正常位で 出すよと言うと中はダメェーと言うのでお腹の上にフィニッシュし、一緒にシャワーを浴びて、パチ屋に返った。車の中で5万円を貸しその日は帰った。数日後パチ屋さちを見かけたが見ぬ振りをしているとお金を返しに来なかったので、次の週に打っているさちの後ろから先週いたでしょと言うと顔をしかめて素直に認めた。さちも観念したか財布から1万をだしたが別に返してほしいとはこれっぽっちも思ってない。外に行こうと出玉を換金させ立体駐車場の4階に車で行き後部座席に移動し、パンティー見たいなぁというとジーンズに手をかけ前だけを開き白のレースを見せてくれた。下ろそうとするとイャと言うのでじゃぁ舐めてと言うとここじゃ嫌と言うが水曜日の昼間は4階に駐車する人はめったにおらず後部はスモークで見えない。角のスペースに前から入れてるため一角から車内の一部が見える状態であった。自分でズボンとトランクを足首までおろし背中に手ん回し顔をチンコに近づけた。ジーンズは無防備になりフロントから手を忍ばせ割れ目を擦りクリをグリ押しし、尻まででる状態までさげパンティーの脇から指を入れて、テマンした。下ではくわえながらアッアッアン言ってるさちがいる。濡れが悪いので片足を脱がしドアによしかからせクンニした。さちの見えるように嫌らしく音をジュルジュルならい、親指でクリを擦り、さちは時折窓の外を確認しながら口に指をあてしきりに声を我慢しながらも ンッアッアッ喘ぐ。中央に半寝の状態で座りさちに乗ってと言うともう無理だよ、口じゃ駄目と言うが入れたいよと甘えるとチンコをつかみ上にきて自分の穴に入れて一気にしゃがむとアァ〜ンと声を隠すためなのかキスをしてきて舌を絡ませンッンッアッとゆっくり優しく動いていた。さちを寝かせ体勢が悪いながらも正常位で入れてスローピストンでヌチャヌチャを楽しみ、甘えた声で聞こえる?て言いながら中でいい?って聞くといいよ 来てぇと言うので力強くピストンしイクよ あぁーイクと中にはてました。パチ屋には落とし物一杯


告白体験談関連タグ

||||||

【友達】昼間のパッチンコ屋には続【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年4月24日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ