相互リンク先の更新情報!

【教師・先生】沙織(中学1年生)を飼っています 【告白体験談】

カテゴリー:教師・先生との告白体験談
tag:


もとせんぱい





どうも。私はとある中学校の数学教師をやっています。

数学は皆さんも知ってのとうり女の子が苦手とする科目の一つです。

これは、今回の中間の話です…。



はじまりの合図とともに一斉に生徒は試験を開始した。

そして私は一人教卓のところで本を読み始めた。

試験監督なんてそんなものだから真面目にはやらないのだ。

しばらくすると、チラチラこっちを見てくる女の子がいました。

目が合うと、さっ!と下を見ます。あやしいと思った私は、

彼女に近寄りました。すると、筆箱には公式の書いた紙がありました。

彼女がかわいかったのでそれを、さっ!と何気なく奪いました。

試験終了後、私は言うまでもなく彼女を呼びとめ、数学科資料室で話をしました。




しばらくして、これからの自分が怖くなったのか、

「もうだめ…。もう…。成績が…。」

と悲しい事を言って泣き出してしまいました。私は、複雑な気持ちの中、

「言わないでおいてあげるよ。でも、もうやっちゃだめだよ。

テストがまるっきり成績になるんじゃないんだから。」

というと、泣きながら抱き着いてきました。その時、彼女はこう言ったのです。

「タダじゃだめだよ。先生、何して欲しい?」

と意味ありげなことを言いました。私は、

「沙織が欲しい。」

と言うと、なんと彼女は、

「私も先生が欲しい。先生のが欲しいの。じゃあ決まりね。」

と言いました。私はすぐにキスをし、彼女の服を上だけ脱がし、

まだ未熟な乳房にしゃぶりつきました。激しく、熱く愛撫すると、

顔を天井に向け口を少し開けて、

「ぁ…。あぁ…。」

と感じ始めました。私は自分のムスコが張り裂けそうなので、

しゃぶらせると、とてもぎこちないので聞くとはじめてらしい。

あまりに積極的なのでもう処女じゃないのかと思った。

教えてあげると上手くなり、逝きそうだったので精液の味を教えた。

苦いけど、嫌いじゃない。後何回か飲めば好きになるよ。

と言ってほとんど飲んでいた。いい子を手に入れたと思った私は、

マンコを舐め、汁をたっぷりと飲んだ後、

彼女を机に手をつくように言って、バックで挿入した。

さすがに暴れたが、安心させてあげると感じはじめた…。

「先生!」と言われるたびに興奮した。

その日、彼女は淫乱と言えるまでの成長を遂げた。

そして、今は私の隣でアナルとマンコに通販で一番太いバイブを入れて、

私を待っている。そろそろ、我慢の限界だ。ヌルヌルのマンコをこっちに向け、

「ねぇ早く〜!私また逝っちゃうよ〜!」

と言っている。そんなに欲しいか…。待ってろ…。これを入れてやる。

今日は中出しだ。楽しみだ。ではまた書く。



Readmore:bbs


告白体験談関連タグ

|||||||

【教師・先生】沙織(中学1年生)を飼っています 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年5月9日 | 告白体験談カテゴリー:教師・先生との告白体験談

このページの先頭へ