相互リンク先の更新情報!

【看護婦】隣のベッドの患者が・・・ 【告白体験談】

カテゴリー:看護婦との告白体験談
tag:


入院してりゃ、いろんなことがある。

今おれが入院してるのは、整形と内科がごっちゃになった混合病棟。

その病棟の4人部屋に入院している。

窓際の北側ベッドがおれ(36歳)。

隣が16歳くらいの少年。

向かいは2人とも70超えたじいさん(認知症あり)。



じいさん2人は内科の病気らしい。

おれと少年は整形の患者だ。

少年は右足骨折。

おれは左足骨折。



看護師らの会話によると、おれも少年も同程度の骨折らしい。

退院まで2ヶ月くらいかかるとの見通しで、どちらもベッド上安静だ。

おれのほうが1週間早く入院したが、年齢による回復力では16歳にかなわないだろうから、彼のほうが先に退院するだろう。






シモの話になるが、おれの場合、小便は尿瓶に、大便は差込便器にする。

用を足し終わると、看護師やヘルパーがブツを片付けてくれる。

手は動くから、ケツを拭くのも自分でやる。

寝ながらの大便は、最初は抵抗あったが、もう慣れた。



対して、隣の16歳、どうもオムツをつけているらしい。

少年は嫌がっているのだが、看護師がなかば無理やりオムツにしているようだ。

ちょっと前、こんな会話が聞こえてきた。



「なんで、ぼくだけオムツなんですか?隣の人は自分でしてるのに…」

「あのね、隣は隣でしょ?あなたの場合、自分で動くと骨に悪いの。だからオムツにして。わたしらナースがちゃんと綺麗にしてあげるから。」

「いや、だから自分でできるのに…」

「だから言ってるじゃない。自分ですると治るのが遅くなるんだよ?それでもいいの?」

「…、よ、良くはないけど…。でも…」

「○○くん、恥ずかしいんだよね。分かるよ。でもね、ここは病院だからそんなこと気にしなくていいの。わたしたちもそんなの慣れっこだから。全然なんともおもってないから。」

「そ、そうなんですか?」

「そうよ。全然、なんとも思わない。」

「…、わかりました…」

「ふふっ。いい子ね。じゃあ早速だけど、パンツ脱がすね。腰上げられる?」

「あ、はい。」



「あのね、手、どけてくれる?」

「で、でも…」

「さっきも言ったけど、わたしたちは見慣れてるから。てか、他にも患者さんがいるの。早くしてくれないと、他の患者に迷惑かかるよ?」

「は、はい…、すいません…」

「じゃ、下げるね。」



「オムツつけるね。私のほう向いてくれる?」

「はい…」



「はい、次あっち向いて。」



「じゃ、仰向けになって。ちょっと、おちんちんにパット巻くからね。」

「えー?なんですかそれ?」

「ここにおしっこするんだよ。パットが全部吸収してくれるの。おしっこ終わったら、ナースコール押してね。新しいパットに取り替えてあげるから。」

「は、はい…」

「じゃあ、ごめんね、さわるよ、おちんちん。」



「す、すいません、ごめんなさい…」

「いいのよ、気にしないで。若い子はみんなこうなっちゃうのよ。」

「あ、ちょっと、あ、ああ!」



「あ、ごめんね。触っただけなんだけど。気にしないでね。出ちゃう子も多いのよ。」

「…」

「さすが、若いねー。顔まで飛んじゃったね。すごい。拭くね。」

「…」

「ふふっ。真っ赤になっちゃって。かわいいね。」

「…」

「気持ちよかった?」

「え…?そんなこと…ないです。」

「そうなの?こんなに出ちゃったのにね。おかしいな。」

「…」

「前、入院してた男の子なんて、オムツ替えるたんびに出ちゃってたなあ。いっつもビクビクってなっちゃって。壁まで飛ばしちゃって。とろーんって目うるませて。かわいかったなー。あの子、今どうしてるんだろ。」

「…」

「はい、拭けたよ。じゃあパット巻くね。」

「…」

「おしっこでもウンチでも、出たらコール押してね。綺麗にしたげるから。」

「は、はい…」

「じゃ、またね。」



朝食後。

隣の16歳くん、コールを押したようだ。



「どうされました?」

「あ、すいません。大きいほうしたいんですけど。」

「いいよ、そのままオムツの中にしてくれる?終わったらまたコールして。」

「あ、はい…」



数分後、再びコール。



「あ、終わりました。」

「はいはいー、今行くね。」





「じゃ、今から取り替えるね。」



「こっち向いて」

「はい。」

「はい、次、あっち。」



「はい、仰向け。ちょっと石鹸で洗うね。」

「え?いいです、そんなの…」

「何言ってんの?綺麗にしないとかぶれちゃうのよ?いいの?」

「…すいません、お願いします…」

「いい子ね。じゃ、ちょっとおなかにタオルかけるね。」



「んじゃ、ちょっとおちんちん洗うね。」



カーテン越しにクチュクチュ音がする。

ボディソープで皮膚や粘膜を洗っている音だ。



「ふふっ、元気元気。」

「ごめんなさい…」

「いいのよ。ちょっと皮剥くね。」



くちゅ。



「あ、すいません。あ、ちょ、ちょっと、待って…」

「んん?何を待つの、綺麗にするよ?」

くちゅくちゅ。

「あ、ああ!ごめんなさい!」





「…、○○くんすごい!さっき出したばっかなのに、また?」

「ああ、すいません…」

「また、顔まで飛んじゃったね。よっぽどたまってたのね。」

「…ごめんなさい…」

「あやまることないのよ。しょうがないんだから。ほら、綺麗にしたげるね。」

「…」

「ちょ、ちょっと、泣いてるの?もう。しょうがない子ね。」

「で、でも…」

「かわいい。○○くんって、女の子にモテるでしょ。睫毛なんてくりんって伸びて、目がすごく綺麗だよ。」

「…そんなことないです。」

「いいの、わかってるんだから。はい、拭けたよ。じゃ、お湯流すよ。」







「はい、終わり。またおしっこ出たら呼んでね。」

「はい、ありがとうございました。」

「もう、泣かないの。かわいい顔がだいなしよ。」

「は、はい…」

「じゃあね。」





その夜、11時。



隣の少年、コールを押したようだ。

間もなく、看護師が到着。



「どうされました?」

昼間とは別の看護師だ。

「あ、すいません。おしっこ出たんです。」

「あ、はい、すぐ替えますね。」



「じゃ、前開けます。脚開いてください。」

「はい。」

「…いっぱい出ましたね。下のカバーまで漏れちゃってる。ちょっと待っててください。」



1分後、看護師が戻ってきた。



「ちょっと、洗いますね。」

「は、はい。」

「お湯かけます。」

「…」

「石鹸つけますよ。脚もうちょっとひらいてくれますか?」

「はい。」

「はい、ごめんなさい。」



くちゅくちゅ。



「す、すいません…」

「いいんですよ。男の子なら当然ですから。先っぽのほうも綺麗にしときますね。」



くちゅくちゅ。



「だいじょうぶですか?」

「あ、いえ、ちょっと、やばいかもです…」

「やばい?何がです?」

「あ、いや、その、あれがその…」

「気持ち…いいんですか?」

「あ、いや、ああ…はい…気持ち…いい…です…」

「…声ちいさくね…いいんですよ…しょうがないですから…」



くちゅくちゅくちゅ。



「あ、ああっ」



「…ごめんなさい…出ちゃいましたね。すぐ拭き取りますね。」

「ごめんなさい…」

「いいんですよ。よくあることですから。」





「はい、終わりました。またなんかありましたらコールしてください。」

「ありがとうございました。」





少年よ、どんだけ元気なんだ?

てか、うらやましすぎだろ。





翌朝。

前日夜勤の看護師が朝の検温にやってきた。

隣の少年を気持ちよくさせてしまった看護師だ。



「○○さん、おはようございます。体温計どうぞ。」

「あ、はい。」



白衣の胸がはちきれそうなそうに膨らんでいる。

グラマラス体型だ。

唇が厚くて色っぽい。



「熱はなさそうですね。」

「はあ。ところで看護師さん、ちょっとこの頃調子悪くてしんどいんですよね…。」

「そうなんですか?見たところお元気そうですけど。」

「いや、それがなんだか調子悪くて。」

「具体的には?」

「うーん、それが言いにくいんですけど、腕がなんだか調子悪くて。」

「腕、ですか?」

「はい。事故のときちょっと打っちゃったのが今きてるのかな。尿瓶とるのも一苦労なんです。」

「…そうなんですか?今朝はいけました?」

「いや、それがなんだかしんどくて。まだ小便してないんです。」

「…、じゃ、ちょっと介助しますね。」



やったぜ。



「はい、ズボンおろします。腰あがりますか?」

「はい。」

「パンツいきますね。もう一回上げてください。」



「ちょっと触りますね。」

「はあ。」



ムクムク。

前日から隣の少年と看護師が繰り広げてきた声のやり取りに悩まされてきたおれのペニスは、触られたとたん、いきり立った。



「…ちょっと尿瓶に入りにくいですね。」

「すいません。」

「…いいんですよ。よくあることですから。じゃわたしちょっと出ますんでタオルかけてお待ちください。」

「え?あ、いや、そうですか…」



くそ。

そうきたか。

なんだよ、そりゃ。

出てくのかよ。



一分後。

看護師が戻ってきた。



「どうです?落ち着きました?」

「は、はあ。まあ。」



落胆したおれのペニスはしぼんでしまった。



「じゃ、も一回触りますね。」



その途端。

ムクムク。



「あ、す、すいません。」

「…うーん、どうしましょう。ちょっと男のヘルパーさん呼んできますね。」



あ、それはちょっと。

それは、だめでしょ。



「あ、いやあの看護師さん。」

「はい?」

「あの、オムツにしていただくわけにはいきませんか?」

「オムツに、ですか?」

「はあ。こうやって看護師さんにご迷惑かけるのもアレなんで。オムツだったら、持ってもらわなくてもできるかなって思って。」

「うーん、そうですね…どうしようかな…医師に確認してからなら…」



おいおい。

なんでそんな必要ある?

確認なんかいらねえんだよ!

いいから、さっさとオムツにしやがれ!



「あ、あのですね。もうオシッコもれそうなんです。急いでもらわないと。」

「…はあ、分かりました。じゃ、オムツ用意してきます。」



ふう。

最初からそう言えばいいんだよ。

まったく。



一分後。



「じゃ、オムツしますね。私の方に向けますか?」

「はい。」

「はい、次は向こうです。」

「はい。」

「じゃ仰向けになってください。」

「はい。」

「ちょっと触りますね。パット巻きます。」



ああ。

看護師さんに触られてるだけで、なんか幸せ。



「じゃあ、○○さん。終わったら呼んでくださいね。」

「はい。ありがとうございました。」





一分後。

排尿を終えて、ナースコールを押す。



来たのはさっきとは別の看護師だった。

スリムだが、胸が大きい。

このナースもそそる顔立ちをしている。



「どうされました?」

「あ、オシッコ出たんですけど。」

「あ、分かりました。替えますね。前開きます。脚広げてください。」

「ちょっと、おちんちん汚れてるんで、洗いますね。ちょっと待っててください。」



おお。

その天女のような言葉。

36年間の苦労がいっぺんに報われるぜ。



一分後。



「じゃ、洗いますね。タオルおなかにのせます。お湯かけますよ。」

「はあ。」

「熱くないですか?」

「だいじょうぶです。」



ペニスにお湯をかけられる。

ああ。

気持ちいい。



ムクムク。

いっぺんに勃起した。



「すいません。こんなになっちゃって。」

「ふふっ。いいんですよ。みんさんこうなります。」

「そうなんですか?ちょっと恥ずかしいんですけど。」

「でもしょうがないんですよね。こればっかりは。」

「大変なお仕事ですね。」

「そう言っていただけると助かります。」

「いや、ほんと看護師さんって、すごいなあって思います。」



そう言ってる間に、ボディーソープを手に取った看護師、ソープを泡立て始めた。



「じゃあ、石鹸であらいますよ。ちょっとくすぐったいかも。」

「はあ。」



ペニスは、期待に打ち震えている。

先走りがとまらない。



「じゃ、ごめんなさい。」



看護師、手には薄いゴム手袋をしているとはいえ、ほとんど素手のような感触だ。

亀頭を左手で包み込み、右手は竿、玉をやさしく洗う。

亀頭はクリクリと左右にひねり、竿は上下、玉は転がすように。

玉を転がしていた手は、肛門に伸びる。

ぬるぬると肛門部を探られながら、亀頭をクチュクチュと。



ああ。

なんて、気持ちがいいんだ。

正直、ヘルスのサービスよりよっぽど気持ちいい。





「だいじょうぶですか?痛くないですか?」

「はい。だいじょうぶです。ぜんぜん痛くないです。」

「ちょっとかすがたまってるんで、もうちょっと綺麗にしますよ。」

「はあ。お願いします。」



この看護師、まさに、白衣の天使。





皮を下に引っ張りながら、カリ首をくりくり。

亀頭をこねこねしながら、竿をなでまわす。



左手は亀頭と竿をいったりきたり、右手は玉と肛門をなでるように。



やばい。

限界だ。



「あ、あの、看護師さん、ちょっと、そんなにされたら、やばいです…」

「ん?どうされました?痛いですか?」

「いや、そうじゃなくて、あの…」

「あ、じゃ、気持ち、いいですか…?」

「あ、はい、ちょっと気持ちよすぎで、やばいかも…」

「ふふっ。じゃ、このへんで終わりましょうね。」



ええ!

そ、そりゃないだろ!

もうちょっとだったのに!





「あ、あの看護師さん、ちょっと痒みがあるんでもうちょっとやってもらえないかなって…」

「ああ、そうなんですか?でもやばいっておっしゃったから。」

「あ、だいじょうぶです。もうだいじょうぶ。」

「ふふっ。じゃあ、もうちょっと洗浄のほう続けますね。」





そうだ。

それでこそ、白衣の天使。



看護師、ボディソープをさらに足し、さらに泡立てはじめた。

勃起したペニス全体に泡をまぶし、亀頭、竿、玉、肛門まで満遍なく洗い清める。



「痒いのはどちらです?」

「ああ、あの先っぽらへんが、ちょっと…」

「ここですか?」



言いながら、両手で亀頭を包むと、クルンクルンこねまわす。



や、やばい。

まじ、溶けそう。

いや、蕩けそう。



いや、てか、限界。





「あ、ちょ、ああ!す、すいません!」

「え?」



どぴゅ。



「あ!」



どびゅどぴゅ。



「あ、きゃ!」



ああ。

気持ちいい。

下半身、どろどろに溶けそう。



ペニスの脈動、一分くらい続いたんじゃね?

そんくらい快感が長く感じられる。



一分後、激しい快感は、ようやく収まった。



「ご、ごめんなさい…」

「い、いえ、いいんですけど…」

看護師、何かいいたそうにおれを見る。



あ、顔にかけちゃった?



「あ、すいません、ほんと。看護師さん、顔についちゃった、ほんとゴメンなさい!」

「…あ、いえ、こっちも長く洗いすぎて、ごめんなさい。」



頬から白濁液を滴らせながら、ペニスに湯をかけてくれる。



「あの、先、顔拭いたほうが…」

「あ、いえ、おしもを先に拭かないと患者さんに風邪ひかせたらまた怒られるんで…」

「はあ。そうですか。」



鼻の下に飛び散った精液は、作業の合間に唇へ流れていく。

それが邪魔なのか、舌でこそげ落とそうと、自分の唇に白濁をなすりつけている。



エロ。

もう、この記憶、死ぬまで脳内保存決定。



「はい。終わりました。」

「ああ、ありがとうございました。ほんとすいませんでした。」

「いいですよ。しょうがないです。じゃ、また来ますね。」

「はい。」



看護師、ようやく出て行った。



しかし、おれは見逃さなかった。

唇についた精液、舌でこそげた後、そのまま飲み込みましたね。

AV女優ですか、あなたは?



いやいや。

あしたからの入院ライフ、楽しみ楽しみ。
























告白体験談関連タグ

||

【看護婦】隣のベッドの患者が・・・ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年5月9日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

このページの先頭へ