相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】「単棹独穴⑤‥初雪ⅠⅡ」【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


【同穴 : 初雪Ⅰ】

 結婚式の日の夕方に 上野から夜行の寝台列車に乗り、翌日朝から青函連絡船で海を渡り 午後札幌に着いて街を散歩して一泊。その晩は抱き合って寝ただけで 肉体関係は無く、3日目は昼間 支笏湖と札幌市内を観光し、夜になって夜行寝台で釧路へ向かう。(続く)

 *以下の記事へは 間違って訪問した未成年者はもちろん、Sex描写に嫌悪を感じる方は お這入りにならないで下さい。◇

 (承前)4日目の朝釧路に着き バスで阿寒湖・摩周湖を回って川湯温泉泊まり。ここで初めて身体のことがあり 本当の夫婦になった。夜が明けると女房はもう起きて 化粧も済ませていた。心なし化粧が濃いのは 初夜の翌朝に、女性が〝顔の形でも変わってい無いかと ソット鏡を覘く…〟と聞くように、やはり心理的な ショックが大きいのだろう。

 それは… そうだと思う。昨日まで 赤の他人だった男が、婚約が済んだからと云って抱き合う。抱き合えば 着物の上からだけど乳房に触られる。二十数年の間 男と云ったら兄弟くらいしか接触が無かったのに、デイトの時には テーブルの向こうでニコニコしていた男の顔が、急に真顔で緊張して 目の前に来る。思わず眼を瞑ると唇が押し付けられ 夢中で応じると歯がぶつかり、躊躇っていると ヌルッと生温かい男の舌が這入って来る。思わず歯を弛めると舌先が絡み 舌を男の口に吸い込まれ、全身を舐められる感じに その舌がしゃぶられ、吸い込めば 遠慮も無く舌が自分の口に這入って来る。

 そんな後で男と離れると もうこれまでになく下り物でもしたように、股の間が ヌルヌルだった。そんなことに 少し馴れたと思ったら、結婚式が終わったとは云え 二日目の初めての晩に「裸で 抱き合おう…」と云う。覚悟を決めて裸になり 抱き合うと気持ちは良かったけど、また股が ヌルヌルになった。その上男は 自分の前の固く勃った肉の棒を握らせ、擦り方まで 教えて呉れる。男って普段は気取って居ても みんなこんなことをスルのかしら…。それじゃぁ… 兄や弟もヤッテいる訳か…。男の肉棒から透き通ったヌルヌルが出たのは 私が拭いて上げたけど、私のアソコも 男に拭かれてしまった。

 男は丁寧だったけど 好奇心タップリだったから、キット拭くついでに 私のアソコをチャンと見たに違い無い。大きくなってからは 親兄弟にも見せなかった処を、結婚したと云うだけで ここまで見せちゃってイイのかしら…。そして昨夜は… あの肉の棒を身体に押し込まれて…。男が札幌で 本を買って渡して呉れたのは、〝読んで 置いたら…〟と云うことだと 夜行の寝台で画だけ見てみたけど、明日 あんな格好をするんだと思ったら、恥ずかしくて顔はカッカとするし 股の間がまた濡れて来て困ってしまった。そして… 夜…。覚悟をしていたけど あの肉棒は痛かったなぁ。どうしても這入ら無いので 男が肩の上に両手を衝いて、足を開かされ 結局我慢してブスッと這入ったけど…。

 身体の中に男が這入り込んで来るって 妙な感じ…。男は始めはジットしていたけど その内に波打つように腰を動かして…。何だか 猥褻な感じがして…。男と肉棒で繋がっていると 〝ひとつの 身体になった!〟感じがして嬉しかったけれど、男に腰を動かされると 〝もっと 欲しい!〟と云う気がして、肩と腰を抱き 足を外側から男の太腿に掛けて、思い切り舌を吸ってしゃぶってやったら 男は「アァッ…」と声を立てて静かになり、私のお腹の中に ダラッと温かいものを感じたわ。あれが 子種だったのかしら…。子供を造るって こんなことを毎日するのかしら…。ほかの人も みんなこんなことを…。

 お父さんやお母さんも こうやって私を…。兄や弟も結婚すれば みんなあんな風に浅ましく腰を動かすのかしら…。あぁ…何だかもう… 頭が変になりそう…。そして明けた朝… こんな思いをしちゃって…、顔の形でも 変わっているんじゃ無いかしら…。鏡… 〝私って昨日まで どんな顔だったのかしら…〟‥‥‥。想像だが 恐らくこれに近いことを考えたのではないだろうか。化粧も濃くなるだろうし 男(私)にも何か今までと違うものを感じていると思う。〝それでも あんまり取り乱したらみっとも無いから…、ここは新妻らしく 出来るだけ落ち着いて…〟そんな風情に 私は一段とそそられるのでした。

 五日目の予定は 屈斜路湖畔を通って美幌峠でその全景を展望し、美幌駅から旭川へ出て 今夜は層雲峡泊まりです。バスは所謂団体の観光バスで無く 観光コースバスで 銘々が好きな処で乗り降り出来ます。湖畔で遊び 美幌峠で展望したとき、快晴の絶景に女房は 「菊田一夫が 〝君の名は〟で使いたくなる訳ねぇ…」と感じ入っています。お昼は美幌駅で 女房は駅前の食堂の鍋焼きうどんを美味いと喜びました。そこからの列車には 車中の達磨ストーブが珍しく、乗客が 石炭をくべていました。旭川に着き バスで層雲峡のホテルに入る頃 雪が降り始めます。この冬の 初雪でした。

 ホテルはやはり和室で 夕食が済むと早々に床を延べて呉れます。風呂は今までは別々に這入りましたが もういいだろうと「一緒に 這入ろうか?」「ハイ…」で、家族風呂を借りて一緒に這入り お互いに背中を流し合います。さすがにまだ お互いの陰部までは触れません。一緒に浴槽に這入り手を伸ばし 女房が抱きついて来るのを膝の上に乗せて、全身を まさぐり合います。私は乳房に触れ乳首を揉み 女房が躊躇っているので手をペニスに誘います。さっきから勃ち始めたペニスは 女房に握られカチカチに固く反り返ります。唇を合わせ舌を絡め眼を瞑ると もうウットリと気が遠くなりそうです。

 風呂から上がって浴衣に着換えましたが 私のペニスは収まらず、前を押さえて 部屋に直行です。女房も今日は浴衣で 部屋に入ると中から錠を掛けます。手拭を掛けて干すのももどかしく 布団に就くと私は女房に覆い被さります。舌を絡めながら 自分の浴衣の細帯を解き、続いて女房の細帯もスルリと解き捨てます。唇を離してお互いに手早く下穿きを脱ぎ捨てると 改めて舌を絡め、今度は両肘を衝き 両手で両乳房を包み持ち、両指先で 乳首をコリコリと摘んで勃てます。女房も逆手でペニスを握り タドタドしくシゴキ始めます。暫くして左手で股を探ると その辺りはもう充分に潤っています。(Ⅱへ 続く)



【同穴 : 初雪Ⅱ】

 (Ⅰより 承前)「イイぃ?…」「ウン…」 私が下側に回ると女房は、協力のつもりか 赤ちゃんがオシメを換えるときのように、中途半端に両足を上げます。それは あまりにも無様で無惨な形でした。(続く)




 *以下の記事へは 間違って訪問した未成年者はもちろん、Sex描写に嫌悪を感じる方は お這入りにならないで下さい。

 (承前)色気も何も あったものではありません。慌ててその足を抑え 一旦足を下げて貰ってV字に腿を弛めさせます。左手で大陰唇を回し撫でしながら 小陰唇を掻き分け、ソウッと 中指をヴァギナの処女膜の処に入れると、今日は 何とか第一関節くらいまで這入ります。それならと 女房のV字の足の間に両膝を衝き、左手で首を抱え 右手でペニスを持ってヴァギナに宛行い、静かに押すと 少しキツイが這入れそうです。

 そこで私は 両足を押し拡げるようにし、ゆっくりと抽送しながら ペニスを押して行くとスッポリと元まで嵌まり込みました。女房も今日はあまり痛まないらしく 私もペニスを暖かい肉襞に包まれて 何とも良い気持ちです。「動いても イイぃ?…「ウン…」と頷くので ユックリ腰を使います。ソロソロと われながら猥褻に腰を使い始めましたが、どうも オカシイ感じです。昨日は初夜で女房も痛かったでしょうが 〝今日は 多少は感じて貰えたら…〟と思っているのに、昨日とは違い 何となく抵抗感が少ないのです。まだ使い始めで ペニスの感覚も鈍いのでしょうが、それでも 昨日はもっと抵抗感がありました。

 腰を使いながらも どこか頼り無いのは、どうやらヴァギナが 大きくなっているようなのです。後で調べたら 女性が性的に昂奮すると、ヴァギナ(膣)が ペニスが勃起するように緊張拡大するのだそうです。これは男女とも持っている 「PC筋(ピューボコクシギウス:pubococcygeus筋)」と云う、オシッコを切るときに使う筋肉の働きと 関係があるのだそうです。しかしそのときは そんなことは判りませんから大慌てです。昔会社の仲間が下ネタ話で云った 〝太平洋で 牛蒡を洗うみたいなSex〟とはコレカ!と思い当たりますが、そんなことは 女房には云えません。取り敢えず 「足を 閉じてみて…」。

 ペニスを挿入したまま足を閉じ 私がその両腿を膝で挿み込み、全身を伸ばして上半身を両肘で支えると いくらかペニスが絞め付けられます。これは後に「性交体位集」を買って女房と眺めたら 正常位の中の「絞め小股」と云う体位だそうです。その最中に 夢中で何気なくヤッタのですが、〝私がそのままの形で 足を外側から女房の足に絡めて絞り込む〟と良く絞まったのが 「しがらみ」だそうで、体位と云うものは 自然だしそれぞれ目的に拠るものだと納得したことでした。とにかくその時は 〝なんとか しなくては…〟と一生懸命で、ようやくそこで抵抗感を捉まえ シコシコとヤッテ私は果てました。

 少し経って キスをして舌を絡め、落ち着いた処で 「今日は どうだった?…」と聞くと「昨日より 痛く無いし、何だか身体が浮くみたいで 気持ちヨカったわ…」と やはりイケ無かったようです。私としては 女性が、始めてのSexで イケるものかどうかは判ら無いのですが、マスと云うこともあるんだから その程度にはシテ遣りたいと思います。少し休んでから 「もう一度 風呂に入ろうよ…」と誘い、また家族風呂を借りて ご一緒です。「もう 洗わなくてもいいんだろう…」「えぇ…」「それじゃぁ ボクの出したモノだけ洗ってあげるから…」「そうォ…」と 風呂場の床に胡坐を掻き、女房を 横抱きにします。

 左手で肩を抱き 唇を寄せて乳房をしゃぶり、右手に石鹸を着けて その乳房から優しく泡立て、それを塗りながらお腹から陰毛 そして陰部へと手を回します。恥ずかしがるのを 「もう イイじゃないか‥」と抑え、少し股を拡げさせて 恥丘から小陰唇まで丁寧に指を回し、シャワーを出して女房に持たせ 股に掛けさせて置いて、中指をソッと ヴァギナの中に入れ、私の出した精液を掻き出してやります。その後 オマメを擦りながら、「ねぇ… ここで気持ちよくなったコトある?…」とマスの経験を聞くと 「シラナイ!…」と満更未経験でも無いような風情で、〝よしココで イカしてやろう!…〟と 思います。

 少し上体を起こさせ 左手を腋の下から左乳房に回し、唇を吸い舌を絡めると ソロソロとオマメを擦り始めます。女性が自分のをどんな風にヤルのか 考えてみたら、1回だけ独身時代に 隣の嫁入り前の娘が、中腰でマスを掻くのを 見たことがあります。それを思い出して クチュクチュと擦り立て、間でヴァギナの口に潤ってきた膣汁を指に取ってオマメの回りから陰毛までヌラヌラにして撫で回します。女房は眼を瞑り 下唇を噛んでいましたが 「モウ… ダメッ…」と叫びます。ヨクなって 来たのでしょう。ココだ! と思い 「イイんだよ…さっきはボクだけイッちゃったから… こんどはアナタが…ね」‥。

 女房は 「ソウォ… イイの?…」「イイんだよこのまま 判んなくなっても…」、それを聞いて気が緩んだのか 擦る手に身を反らせ、「ハァ… アッ…」と声を上げて動かなくなり 私の腕でグッタリとなります。今度は確かに イッタと思いました。耳年増で知る 絶頂汁は判りませんが、ヴァギナの口に触ると 膣汁が溢れています。初夜以来気になっていた 女房をやっとイカすことが出来て私も満足だし、何だか S的な快感も感じてしまいました。しかし このままでは風邪を引きそうなので、始め手元の桶で湯船のお湯を 女房に掛けて遣りましたが、それでは間に合わず 手を伸ばしてシャワーに切り換えます。

 それは 幸せな時間でした。Sexの後で 女房の身体を支え、その上 シャワーで温め続けるなんて、考えれば 鬱陶しくなりますが、そのとき私は 自分の手で女房をイカしたことが嬉しかったのです。ペニスで無かったのが 残念ですが、とにかく自分の手で女房がイキ しかもその失神した肉体を安心し切って私の委ねている…、それはもう 「男冥利」と云うよりありません。女房は10分か15分して気が戻り 私が自分の裸にシャワーを掛けて居たことに気付くと、照れくさそうに 「アリガト…」と呟きます。二人は もう一度一緒に浴槽に浸かり、顔を見合わせて また一段とお互いを身近に感じていました。(終わり)(ブログ「茫々録・共存録」より)


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

【人妻・熟女】「単棹独穴⑤‥初雪ⅠⅡ」【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年5月9日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ