相互リンク先の更新情報!

【友達】す・・す・・好きなんです②・・・9【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


大介さんとの、らぶタイムが終わって・・。

二人は、ベットの上に、ころり。

「…好きだよ。」

って、きゅって・・、大介さん。

「…私も、好き。」

って、きゅって・・、素直に伝える。

手を、触れ合いながら、

二人の言葉が絡み合って・・、

二人の恋心も絡み合って・・、

嬉しい時間。

そんなある日の、会話。

「海・・、好きなのか?それとも、ドライブ?」

「え・・?」

「友達だった頃、良く行きたがっただろう?」

「う・・、うん。海も、ドライブも好き。」




貴方が一番好きだけど・・ね。

ドライブも、海も、貴方と行きたかったの。

息抜き・・なんかじゃ、なかったの。

  ドライブ中、運転してる貴方を見てた…。

  ・・素敵だった。

  助手席で…。

  ・・彼女目線を満喫…。・・素敵だった。

  海での散歩…。

  ・・貴方との、デートな感覚を満喫…。・・素敵だった。

 

    私、貴方が大好き・・。

    これは、恋愛感情。 

    だけど、私は、貴方みたいに、素敵じゃない。

    どんな女性が、いつか貴方を独占するんだろう・・。

    素敵な女性に、きっと、巡り合うんだよね。

    大介さんに、良く似合う素敵な女性に、この先きっと。

    

    それでも、私も、味わってみたいな。

    本物には、なれなくても・・。

     貴方の・・彼女な感覚。

     大介さんの彼女な感覚。

  こんな想いは、手を触れた時から・・でした。

    

   ・・あの時、

    海までドライブのときも、

    初めて、手を触れたときも、

  考えてたのは、・・↑こんなコト。

    ・・。内緒だけど、こんなコトも・・↓。(恥)

     (服の下に手を滑り込ませたら、

     この手の温かさとか、…きっと同じハズ・・。

     はぁ・・。入れてみたい・・。) 

       そしてシュミレーション・・。

       「服にも、手入れてみてもいい?

        ・・肌、触ってみたい。

        私たち、友達だし、

        大介さんは男だから、・・構わないでしょ・・?」

       「・・・。…駄目だよ。」

       背中を向けられて・・。

       シュミレーションなのに、断られました・・。(はにゃ)

     手を触れながら、大介さんの、全身の肌の質感、温度も、

     触れている手から、想像してました・・。(私、女なのに・・恥)



そうして、今、

 友達の頃より、・・触れ合える時間。

 重なり合う、・・目と目。 

 交わすことの出来る、・・会話。

 時を越えて、繋がる、貴方と私の、・・体。(可愛がり合いっこ。)

そんな、今が、嬉しくて・・、嬉しくて・・。

貴方はいつも、私に、

プレゼントをくれます。

初めて会ったときから、

 優しさとか、思いやりとか、楽しい時間、微笑み。

 海までドライブ・・みたいに、

 突然の・・お願い・・も、叶えてくれたり・・。

かけがえのない、全てが、貴方からのプレゼントです。



私は、どんなときも、

 大介さん・・、

 貴方を、大切に、想ってます。

 貴方が、好きです。

いつか、離れる日が来ても構わない、

それでも全然いいんです。

この投稿は、大介さんへの、LOVELETTERなのでした。

「す・・、す・・、好きなんです。」



   


告白体験談関連タグ

||||||

【友達】す・・す・・好きなんです②・・・9【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年5月10日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ