相互リンク先の更新情報!

【友達】両親のセックス【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


今は一人暮らしをしている短大2年生です。父と母はお互い若くして結婚しましたので母が42歳、父が44歳です。

母は私にとって自慢です。美人で、身長も164cm、バストも86cm、ヒップも88cmと均整のとれた身体付きです。私は母より一回り小さいボデーです。二人並んで歩いていると姉妹に参られる位なんです。控えめで、物静かな母、友人からもうらやましがられています。そんな母なんですが、昨年夏休み実家に帰り、その日はかなり蒸し暑かったのをよく覚えています。

我が家は旧家で、家の造りも個室がなく襖で仕切られていたり、ガラス戸で仕切られているんです。私はその2階で高校時代までそこで暮らしていました。その晩、寝苦しくて1階に下りて冷蔵庫で麦茶でも飲もうとして会談を降りていると、なにやらかすかに声が聞こえてくるんです。そこは父と母が寝ている部屋です。豆球にしていましたが目が慣れるとよく見えます。そこで見えたものとは、父と母が全裸になってセックスしている最中でした。私もこの年ですから、セックスのなんとかは耳学問では知っているつもりです。ただ未だ経験はありません。小さな明かり取のガラスの向こうでは私から見ると母はよつんばになってお尻をこちらに向けており、父はその後ろから両ひざをついて母のお尻に向かって腰をぶつけており、二人の身体が密着する度にパンパンと音がして余計卑猥さを感じます。母の口からはあはあという息使いとああ・・・と声にならない声が発せられていました。私が知っている母からは想像もつかない女の部分を見てしまった感じでした。もうそれ以上その場にいることが出来ずそっと部屋にもどりその時の状況を妄想していると、自然にあそこに手が行ってしまいました。翌朝起きて洗濯干し場に目をやると紫色のTバックにちいさなショーツが白いタオルに覆われて干してありました。母も夜にはあんな下着を穿くのかと二重にびっくりしてしまいました。母とお茶を飲んでいる時は昨夜の母はとても想像出来ません。


告白体験談関連タグ

||||||

【友達】両親のセックス【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年5月11日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ