相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】悪魔のような少年6【告白体験談】

カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談
tag:


彼によると、父親は芸能プロダクションの役員をしており、自宅にも

タレントの出入りが多かった。13才の時、結構有名なタレントとホテ

ルで初体験をして、童貞を卒業した、それ以降も熟女を中心に10人以

上の経験があるとのこと。彼の自信に満ちた行為がそれを物語っている。

 ある日、ホテルに呼び出された。自慰を見られた日より、自慰はし

ておらず、欲求が高まっていたので、素直に従った。

 「艶美、アナルの経験はあるのか。」「あなた、私にある訳ないでし

ょう。あんなことは一部のマニアだけがしていることよ。」私は彼に対

し、あなたと語尾を上げて言うように指示されていた。「そんなことは

、ないよ。みんなしているよ。今日はアナルに挑戦だ。じゃ、浣腸をす

るぞ。」「あなた、止めて、絶対嫌よ。」

 押さえつけられると、いつもの性癖で力がぬけ、下着を脱がされお尻

を大きく開かれてしまった。彼は太い注射針で2回浣腸液を私のアヌスに

注入した。すぐにお腹が苦しくなってきた。「あなた、トイレに行かせ

て。」懇願したが、許してもらえず、洗面器を持ってきて、ここでしろ




と言われた。いくらセックスをした中でも、それは絶対見られたくなか

った。彼は私の秘所とアナルを何度も指でこすった。もう我慢ができな

くなった。私は彼の前で、大便を洗面器にしてしまった。

 「あ、あ、あ。」「ちょっと臭いがきついな。」彼は窓を開け、呆然

とした私を抱え、バスルームへ連れて行った。アヌスに油を、指でなす

りつけた。私は抵抗もせず、その快感を味わっていた。そして生まれて

初めてアヌスに挿入された。相当な痛みを予想していたが、実際はわず

かで太い便がお尻に残っている感じだった。そして彼が腰を動かし始め

るとあすこ以上の気持ちよさが私を包んだ。その日彼は、あすこに2回、

アヌスに3回射精した。妊娠の恐れもあるが、頼んでも必ず、中で発射し

ていた。

続く


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【浮気・不倫】悪魔のような少年6【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年5月12日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

このページの先頭へ