相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】信用したことが・・2【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


嫌な予感がするなか、私は、歩いて探しに行くことしました。

少し歩いていると、男達の車二台が、林道に入った様に停まってました。

車に近付いたら、何か声が聞こえてきます。覗くと、男が40過ぎになる、妻を上にのしかかり、腰を振ってました。

私は、驚きドアを開けようとした時、頭に激痛が走りました。

そのまま倒れ、頭を押さえていると、もう一人の男がたってました。

男は、ガムテープで口を塞ぎ、私の手を縛ると、もう一台の車に乗せました。

中には、娘が、泣きながら、手を縛られた状態でいました。

「せっかくのとこを邪魔しやがって」

男は、娘に近付き、娘の「いや・・やめてー」と叫ぶ声を無視し、強引に服を脱がすと、押し倒し、「いやー」と言う、悲鳴と同時に乳房にしゃぶりついた。

「いや・・あっ」

ピチャ!ピチャ!

先程まで、親切だった男は、飢えた野獣の様に、娘を襲った。

「お・・おと・・たす・け・・」

男は、嫌がる娘の乳房を散々貪りつくと、下着をはぎ取り

「一発ヤってから、楽しむとするか」




縛られて、抵抗出来ない娘の間に入ると、唾液をペニスにつけ、挿入を始めた。

「いや・・お願いやめて」

その時、私は勃起していた。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【人妻・熟女】信用したことが・・2【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年5月13日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ