相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】表示された名前は山田さん。その時はふーんと思っただけ。【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


<>382 名前: 恋人は名無しさん 投稿日: 2011/06/04(土) 22:11:22.75 ID:oa8+a+wX0<>

文才なくて長いですが…

俺男 25歳 社会人

彼子 21歳 俺男の彼女

山田さん 20代? 彼子の同僚

俺男と彼子は彼子の就職を機に同棲を開始。

付き合って2年だけど、喧嘩も得になく、同棲を始めてもうまくやっていた。

彼子の入社した会社は社員同士仲が良く、得に女子は女子会と称して月に何度か飲み会を開いたり、休日でも遊びに行くほどだった。



彼子は今日あったことを包み隠さず話す性格で、「今日会社の○○ちゃんと△△さんと××で遊んで来たよ」などと良く話し、俺は会ったことのない彼子の友達・同僚の名前や、その人の性格などを知っていた。

半年くらいたった頃、休日家でまったりしてると、彼子の携帯にメールが来た。

携帯に表示された名前は山田さん。聞いたことのない名前だ。



その場を離れていた彼子にメールが来た旨を伝え、ついでに山田さんが誰か聞いてみた。

彼子は最近同じ部署に配属された人で、席も隣でよく話す人だと説明した。




その時はふーんと思っただけで、特に気にも留めなかった。

ちなみに彼子の部署は女性だけで構成されており、山田さんは女性とばかり思っていた。



それから月日が経ち、彼子は何度も女子会に出席しては、その感想を俺に話した。

そこで俺はある違和感に気付く。女子会にも関わらず、彼子から山田さんの話しが出てこない。

そこで彼子に聞いてみた。

「あれ、この間メール来てた山田さんは女子会には参加しなかったの?」

「うん、山田さん飲み会苦手らしくて一度も来たことないの」

その後彼子に話題を逸らされ、山田さんの話しはそこで終わった。

その時馬鹿な俺は社内で山田さんは彼子以外の女子とはそんなに仲良くないのかななどと考えていた。

そしてまた違和感は続く。彼子は俺と一緒にいる時に電話が掛かって来ると、その場で出て通話を始める。

しかしここ最近は着信が来るとその場を離れ、別室に行くようになった。

更におかしいと感じたのは、女子会の頻度が増え、恒例の感想がない日が増えたことだった。

いつも女子会が終わったら、その報告を欠かさなかった彼子がそれをしなくなった。「今日の女子会どうだった?」と聞くと、「うん楽しかったよ」としか言わなくなった。

だんだん彼子のことが疑わしくなり、浮気をしているのでは…と思うように。



いつも女子会が終わったら、その報告を欠かさなかった彼子がそれをしなくなった。「今日の女子会どうだった?」と聞くと、「うん楽しかったよ」としか言わなくなった。

だんだん彼子のことが疑わしくなり、浮気をしているのでは…と思うように。

そして更に疑いを濃くしたのが、ある日の山田さんからの電話だった。リビングで彼子と談笑していると、彼子の携帯に山田さんから着信が入った。ふと俺が震える彼子の携帯に目をやると、山田さんからの電話だった。彼子はその場で取り、急いで寝室へ向かった。

その時電話の向こうの声が大きく、俺にまでその声が聞こえた。

「彼子今大丈夫?」

男の声だった。

寝室のドアに張り付いて話している内容を聞き出そうとしたが、彼子が小声で話しているらしく聞こえなかった。



30分後電話が終わった彼子に聞いてみた。

「山田さんって男?」

「えぇなんで?女だよ!何でそんなこと聞くの?」

「いや…さっきの電話の相手の声男の声っぽかったから…。」

「ひどーい!山田さん確かにハスキーな声だけど、男とかひどいよー!山田さんに言いつけちゃおw」

彼子はごまかした。

俺は自分の耳のよさには自信がある。確かにあれは男の声だった。

彼子は嘘をついた。

それから一週間後、修羅場が起きた。

彼子が風呂に入っているとき、テーブルに置きっぱなしの彼子の携帯に山田さんから電話が来た。

俺は一瞬ためらったが、電話に出ることにした。



「はい」かなりの裏声で出た。

「あぁ彼子?今大丈夫?」

…野太い男の声。

「うん」じゃないと気付かない山田さん。そのまま話し続ける。

「あのさー、来週の旅行なんだけどさ、俺△△も行きたいんだよねー」

…旅行?確かに彼子は来週の土日に旅行に行く。女子会のメンバーと。

頭が混乱して何も言えなかった。

しばらく沈黙が続いた後、「おーい、彼子?聞こえてる?」

俺はその声で我に返り、

「あの、彼子の彼氏ですがどなたですか?」

「すすすみません!間違えました!」

電話が切れた。



一瞬で状況を把握し、頭に血が上った俺は山田さんにかけ直した。何コールならしても出ない。



その時風呂を終えた彼子が来た。

「何してんの!?」

携帯を取りあげる彼子。

「今山田さんから電話が掛かってきた。山田さん…男だったんだな」

「人の電話に勝手に出たの?ひどい!」

「浮気してんの?」

「違う、してないよ!私のこと疑ってるの?」

「ふーん。来週の旅行、山田さんと行くんだろ?女子会メンバーと行くって言っていなかったっけ?」

「山田さんは車出してくれるだけだよ!それ以外は女の子だけだし!」

「車出してくれるだけの人が△△行きたいとか言うんだ。まあいいや。

なんか疑わしいから、その旅行に行く女の子に俺今から電話して聞いていい?」

「やめて!そんなことしないで!私のこと疑ってるの?」

「うん、疑ってる。何にもないなら今ここで俺が友達に電話して聞いてもいいだろ?」

「やめてよ!もうこんな時間だよ?友達も迷惑だよ!」

こんな時間っていってもまだ22時半なんですが…。

俺は拒む彼子にイラッと来て彼子から携帯を奪い取り、トイレに閉じこもった。

まずは受信メールを確認。すると出るわ出るわ証拠の数々。

来週の旅行の打ち合わせ内容や、大好きだよ、いつ彼氏と別れるの?などなど。

画像フォルダにはラブホでとったのであろう半裸の彼子と山田さんのツーショット。

吐き気がした。



トイレの前でぎゃんぎゃん泣き喚く彼子。

「ひどいよ!なんてことするの?携帯返して!」

「山田さんと浮気してたんだな…。」

「違う!違う!浮気じゃない!」

「半裸のツーショットとか、好きだよとかのメール見てどこが浮気じゃないんだよ?」

「違う!メール一方的に送ってくるだけだし!」

「そんな話し信じられるわけないだろ!お前も早く山田さんに会いたいとか送ってるくせに!それにこの写メはどう説明するんだよ!」

「確かにラブホには一回だけ行ったよ?でも何もしてないし!!」

俺はこのやり取りに耐え切れなくなり、トイレを出た。

「悪いけど今俺、お前のこと信じられないわ。」

と携帯を彼子に押し付け、家を出て行った。

車を出し約4時間かけて実家に帰った。一刻も早くこの町から遠い所に行きたかった。

実家に帰ると深夜にも関わらず妹が出迎えてくれて、布団を用意してくれた。

突然帰ってきたことに怒られたが、理由は聞かないでいてくれた。

そのまま爆睡し起きたのが15時頃。電源を切っていた携帯の電源を入れると受信メール150通。留守電の数も恐ろしいことに。

内容は「ごめんなさい。」「あなただけ。」「話し合いたい。」「別れないで」など。

爆睡したおかげで昨日よりは冷静に物事が考えられるようになった。

そして俺は彼子に電話した。ワンコールで出た。

「俺男!?今どこなの?」

「実家。」

「話を聞いてほしいの。」

「分かった。今日は実家でゆっくりしたいから、明日そっちへ帰るよ。話し合おう。」

「別れないで!」

「明日話聞くから!じゃあ。」



リビングに行くと妹と母親がいた。

彼子が浮気をしていたから別れるかもしれないと伝えた。

妹は泣いた。婚約はまだしていなかったが、彼子とは結婚を考えていた。

(彼子からもいつか結婚しようね。子供も産みたいと言われていた)

それを家族には伝えてあった。

親も妹も彼子のことを気に入っており、俺と彼子が結婚することを心待ちにしていた。

子供ができたら…なんて将来設計もしていた。

妹の泣き顔を見て初めて俺も泣いた。急に悲しいやら情けないやらでどうしようもなくなった。

次の日彼子の待つ家に戻った。

彼子は目を腫らしており、目の下にはくまが出来ていた。

きっと寝ていないのだろう。だが俺にはどうでもよかった。



以下話が長くなるので彼子が話したことを箇条書き。

・山田さんは別部署の人で会社の全体飲み会の時に仲良くなり、連絡先を交換した

・遊びに誘われたが、俺男がいることもあり初めは断った

・一度だけ食事しようということになり、一度だけなら…ということで飲みに行った

・酔いもあったせいもあるが、ノリでラブホに行った

・山田さんとのセックスがとても気持ち良すぎてもう一度したいと思った

・そこからセックスするだけの関係が続いたが、心はまだ俺男のことを愛していた

・セックスするときは山田さんではなく、俺男のことを考えていた

・俺男はあまりセックスをしてくれないのが不満だった

・自分からセックスに誘うのは嫌だった(こういうのは察して男から誘えとのこと)

・山田さんとは縁を切るし、連絡先も消去する

・週3以上は彼男とセックスしたい。そうしたらもっと彼男のことを好きになると思う。



ラストです。支援ありがとうございましす。

なんか話を聞いてクラクラした。一番の原因は俺が全然セックスをしてくれないかららしい。

確かに彼子との夜は月に1回程度であった。

俺はもともとそこまでセックスに対しそこまで執着はないし、彼子もそのことは付き合う前から知っていた。

彼子から求められたことも今までなかったので、彼子も俺と同じくらい淡白だとばかり思っていた。

3年近く一緒いてこんなことも分からなかった自分に腹が立ったと同時に悲しくなった。

けれど俺はどうしても一度でも他の男と関係を持った彼子が許せなかった。

潔癖症ではないが、彼子のことを汚らわしくさえも思えた。

俺のことを好きだといいながら、他の男と関係を持った彼子と週3回以上もできる自信はなかった。

俺は彼子に別れを切り出した。

彼子は別れたくないとずっと言っていたが、俺の固い意志に負け、別れることになった。

もう数年前の話です。

たいした修羅場ではないけど、長文失礼しました。


告白体験談関連タグ

||||||

【寝取られ】表示された名前は山田さん。その時はふーんと思っただけ。【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年5月14日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ