相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】留守の間に【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


私は大のゴルフ好きです。

ゴルフ歴は、20年です。年間40回位ゴルフをします。当然、年に3回位1泊2

日で遠征します。

家では、愛する妻と2人の子供がいます。妻は39歳。顔は10人並み。

小ぶりですが愛想がいいと近所の評判。

この間、1月の28日と29日に九州の鹿児島にゴルフの遠征がありました。

私は、その日に照準を合わせ朝5時起きもなんのその。心浮き浮き状態で出発。

ところが、飛行機に乗るや否や風邪で発熱。下痢はするや39度の熱を出しふらふ

らになりました。

いざ、ゴルフ場に着いても、とてもゴルフなんぞ出来る状態ではありませんでし

た。くやしいやら、情けないやら。と言う訳でその日急遽帰宅する事になりまし

た。別にいちいち妻に今日帰ると連絡もせず、それより自分の体の事しか考えて

なかった。

空港まで車で行っていたので、何とか運転して夜8時ごろ帰宅しました。

帰宅すると、何と妻がいない。




子供に聞くと、PTAの会合で出て行ったという。

おかしいなぁと思いながらも即ふとんに入りました。

熱でうなされ、ふと夜中の11時ごろに目が覚めました。しかし、妻がまだ帰って

きません。

おかしい思いながらも、そのまま寝てしまいました。

今度は1時ごろ目が覚めました。しかし妻はまだ帰っていませんでした。

それから気になって寝付けません。おかしい、何かある。そう思ったら、ますます

寝付けなくなって、起きてあちこち、せんさくしました。

電話のリダイヤルを見ましたら、見たこともない携帯の電話番号がありました。

私は即、非通知でその携帯に電話をしました。

すると、イカツイ男の声が聞こえました。「もしもし」

黙っていると、「早く」と女の声が聞こえました。「えっ妻の声や」直感しまし

た。間違いなく妻の声でした。

私は必死に耳を立てて聞きました。「誰や何にも聞こへん」と男の声。

「もう早く来て」「よしよし」と会話が聞こえる。その男、馬鹿な奴で携帯のスイ

ッチを切りそこなったのか、スイッチはONになったまま。私はドキドキしながら

耳を立てました。

男女のセックスが聞こえたまま。「もう3回目やで」「いいの今日は旦那はいない

し、いっぱいして」と言う声が最後で後は「あぁいいわ、そこ、そこ、もっといじ

めて、いっぱいいやらしくして」「いいわいいわ」チューチュー、グチュグチュ

の音。そして10分位後、「いい、いい、もっともっと突いて」「あぁ、あぁ」

プチュ、ブチュ、ベッドのきしむ音。30分位続きました。

妻が俺以外の男とおめこしている。

普通でも興奮するのに39度の熱を出しながら思わずセンヅリをかきました。

結局妻が帰宅したのは、朝の5時半。まだ表は暗い。こそっとドアー開け、寝室に

入ってきました。後はご想像の通りの修羅場。


告白体験談関連タグ

|||||

【人妻・熟女】留守の間に【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年5月25日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ