相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】酷い【告白体験談】

カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談
tag:


長文になります、初めてなので文章が下手ですが、お許しを。

もう18年前位のことですので、記憶も所々記憶も抜けていますが興味ない方はスルーしてください。

当時18歳の私は(現在36の嫁アリ、子供2人)まあ世間で言うと程度の悪いクソガキでしたが、付き合っていた

仲間もそれ以上バカの集団でしたw(私も相当のバカだったと思う、またその馬鹿っプリ武勇伝は又の機会に)、その中で卑怯にも自分だけ勉強して何とか高校を出て父親のコネで何とか某大手の子会社家電メーカーに就職しました。

勉強しても根本がバカな私でわ就職した先は異次元の世界でした、学生時分働いたと言っても土建屋に幼馴染の親父がやってる電気工事士のバイトで、主に肉体労働で脳みそが筋肉化してた私にはサラリーマンという仕事がとても奇妙でしたが、女の子がまたイッパイww頑張ろうっと思いました。

で、入社式も終わり新人研修で何班かに分かれました、そこで会社案内終了後また大きな会議室に戻ってきて一人ずつ自己紹介させられ、私は時分の番が来たらどうしようと一人テンパッテました、周りを見るとやはり結構新社会人頑張りますって言わんばかりのエリート君面構えで、何処をどうやって入ったかという私とは生い立ちの違った奴ばかりでした、私は馬鹿がばれないか、かなり不安でしたが回りは私に興味など当たり前ですが全く無くすんなり、私の自己紹介も終わり、次に女子の自己紹介でした野郎はヤッパ野郎ですwまじめな男もヤッパ女には興味深深w、どれがかわいいだの、あれはどうのと自分たちで評価していました(自分の顔鏡で見てから言えよって言う奴が多数でしたが、私の隣のHはかなりのイケメンでしたし女子社員の噂わ彼荷に集中してました、隣で私は腹の中でコイツとは馬が合わないんだろうなぁって一人思っていたら、Hから話しかけてきて意外に結構話が合い中がよくなり研修期間中は帰りに酒飲んで帰ったりするようになり、地元とは別の友人ができた。

ある日Hとメシ食いながら話していて、やっぱ私たちも男ですから誰がカワイイとか言ってたんですね、そうしたらHが急にマジな顔して、M(新人女子一番人気)がカワイイ、一番やってあーや、こーやって一人で喋り出し私は腹が減っていたので食うのに必死で相槌マシーンになって食いながら、うんうんと相槌をうってました、当時私は地元に付き合ってる彼女が居て、馬鹿でしたから他の女に手を出すほど知恵も無かったから、うかつな事はしようと言う気になれなかったのです、この後に悲劇があるんですが馬鹿のガキは怖いですね、今思えば想像つかないことをしますね、馬鹿ガキは。

でHは時分の言いたい事を言い終わり最後に、新人女子グループのリーダーに新人研修が終わったら親睦会をやる事を言われた事を私に言い、T←(私)お前も来るやんなぁ?と言い、おぉw行くよって返事してその日は

それで話が終わり、新人研修終了日前日にHに、Tお前今日の晩時間無いかぁ〜って聞かれ、別段用事も無く彼女と少し喧嘩してて帰ってやることが無くどうしようかなと思ってた所でした、仕事終わったら居酒屋でメシ食って帰れへんかって言われて、OKした。で待ち合わせは現地でってことで、私は時間に少し遅れて行きました、するとHはもう来ており先にビールを飲んでました、ふとよく見るとHの前に二人女が座ってるでわ有りませんか、私は3人の元へ行くと女はなんとMでした横にYが居ました、事の話を聞くとHとMとYは入社当時からよく話して、昼飯もたまに一緒してたらしいです、で翌日の親睦会の前に私も含め4人でメシ食おうって話になってたらしいです、でその日は何も無くメシ食っておひらきで、Hは帰りがけに私にこう言います、あんな俺Mの事なホンマに好きになってん、どうにか付き合いたいねんって言ってきて、私は本音はうわ〜きた〜野郎に恋愛相談や〜最悪や〜ウザって思ったんですが、勝手にすればいいやんけって言い出せずに、おうがんばりぃ〜やwって、応援するでって言ってしまい、内心そんなんせんでもお前やったらいけんちゃうの?って思ってました。    *ちと用事で一旦切ります。

で、当日がやってきました、新入社員全員で居酒屋貸切です、先に野郎共が着いて席についており、私とHは対面2人掛けのテーブルに対角線上に座り双方の横を空けていました、程なくすると女子たちが来ました、女子たちはHの方に座ろうと来ましたが、Hが嫌そうにしているとMとYが来てMがHの横に座りYが私の横に座る形になり

、Hは満面の笑顔でしたw、私はもう応援とか要らないんでわと思い気良く食って飲んで帰って、愛車に頬擦りしようと思ってました、が!!何か様子がおかしいい?隣のYがHとMが仲良さそうに喋ってるのがつまらないのか

?なぜか暗い;;私は場を崩してはダメだと思いYに話しかけて、馬鹿な事をしてその場を取り付くって居ました、その時また別の女Kが来てそのKのスペックですが顔わ中くらい美人でもなければブスでもなくまぁかわいらしい子で、胸が強烈にデカカッタw

そのKが来たのはH目当てと思ってた私は特に気にもせずYとK3人で飲み食い喋りをしていました、時間も過ぎ何事もなく平穏に親睦会は終わりました。

その帰り際にHに私は呼び止められ深く感謝されHは有難うを連呼していました、私はというと早く帰りたい気持ちで、良かったなを連呼してお互い少し飲み過ぎたみたいで、あまり記憶がその時は飛んでいました。

次の日、新人の配置が決まってそれぞれ別々の部署に着きましたがMが総務課で、Hが企画部で、私とYが同じ設計課でした、巨乳のKは製造の方にまわされそれぞれ別々の部署で各自仕事をこなすようになりました、私はと言うと設計でも別の場所で直の先輩と二人で仕事することになりほぼ隔離状態でしたが、その先輩が又これかなりの変人でキモイのと違う意味で怖いとYに話したんです、すると次の日から昼休みになると、その部屋にYとMが弁当を食べに来るようになったんです、まぁ私は先輩と2人っきりにならず、助かっていましたw、そんな事が続き、ある日Hが私にその事を不機嫌そうに聞いてきました、何で3人で昼飯食ってんねんって?私はYに言った事と同じ事を説明し、事実本音でMの事別段大してイイと思わないって言いました、実際付き合ってる女の方がタイプでしたし、Mはロングのストレートの髪型で体系は細身で貧乳でした、私はデブはイヤですが少しポッチャリがタイプだったので、正直可愛かったですがタイプでわ無かったのでHにハッキリ言いました。がHが即答してきたんです、じゃあ何でお前彼女おるのMに言わへんねんって、って突っ込んできて少し興奮した状態で話がもつれて行き、少し私もムカついて、あのなぁ聞かれもせぇへんし、そんな話題もならへんのに、自分から彼女おんねんって何の前触れも無しに言ったら、アホ扱いちゃうの?って言ったら妙に納得してました、私はその時思いましたHは頭もツラも良いけど、馬鹿だと思いました。次の日Yが休みで昼休みは先輩と二人で昼飯と思いきや先輩は今日は食堂行くと言って昼前に出て行きました、私はと言うと車のローンと、ガソリン代、改造費で金欠でここ2〜3日パン&お茶のみでその日もパンを食おうとしたときでした、なんとMが一人でやってきて、やっぱりパン食べてるやんwってこれ一緒に食べようやぁwって笑いながら弁当を見ると2つ持っています?等の私は超が付くほどの馬鹿&鈍感です、クレル物は貰う食うって、2人で話しながら弁当を食べました、で話の途中私はMに質問しました、Y今日休みやでなんでここで食べるん?って聞いたらいつもここで食べてるから、深い意味はないよってMは言うので私は気にも止めなかったのです、でそれから数日が経ちHがMに猛烈なアタックが始まり、Hが私に言いました、明日告白して決めるって言ってきました、私は彼女とマダ喧嘩状態股間も淋しい状態にあり、人の幸せなんかどうでも良かったんですが、一応応援してる素振をして励ましていました、当日帰り際にHとMが一緒に歩いているのを発見し私は少し違う方向で帰宅しました、帰って彼女に電話しても、彼女母に居留守を使われその日も一人淋しく寝ました;;




翌日3時の休憩にHが私の部屋に訪れ帰り時間作ってと言って来ました、私は報告なんだな?と思い分ったと返事をして少し忙しかったのでHを追い出すようにあしらいました。

忙しかった私は定時に終わることが出来なく、Hも帰っただろうと思い更衣室に向かい更衣室に入るとHは待ってました、その時のHの表情は未だに覚えてます何とも言えない怒りとも悔しさとも言えない複雑な表情でした、私はからかわれてると思い、お前何おちょくってんねんって言い、結果は?って聞きました、そしたらHはアカンかった、ってそれだけ言ってスッと帰りました。私は意味が分らず帰り際見た二人はかなり楽しそうで大丈夫だろうと思ってましたから、なんでって思ってましたが、まぁ俺事違うしええかぁwって納得して帰ると、彼女から電話がありやっと仲直り出来ると思い話し始めると、やっぱりアンタと別れるわって一言だけ言われてガチャ、プー、プープーってそれ以降電話はならず、ショックで半べそ状態で寝ました。

翌日出勤して昼にYが弁当を食べに来ました、食べてる途中Yは言います昨日の事を、私は知ってるって言い、あかんかったらしいなって言って、半放心状態で食いながら答えました、するとYは私に言いました昨日Hと喧嘩ならんかった?と聞いてくるので、私は、はぁ?何でHが振られて俺と喧嘩せなアカンねんってお前意味分らんわって言い、私の昨日の出来事をYに話して、俺はハッキリ言って今はHの事より自分のショックの方がデカイねんと言いました、するとYはなんとなしに笑ったような気がしましたが、あまり気にとめなかったんです。

それから数日が経ち私も失恋の事が柔らんできて各部署の新入社員歓迎会で私とYの歓迎会もうちの部署もやってくれたんです、その時なぜかMも来てました・・・・・


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

【浮気・不倫】酷い【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年5月27日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

このページの先頭へ