相互リンク先の更新情報!

【友達】まだ続々々々々・隣の少女【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


この投稿はあくまでネタです。

つじつまが合わない事もありますが、ご容赦下さい。ネタなので。

読みたくない方々にはご迷惑おかけします。



金曜日、罰ゲームの日ですねぇ。

佳純ちゃんがノーブラで学校へ行く日です。

バイトは昼からなので、佳純ちゃん家で朝ごはんをいただきました。

母親が先に出かけた後、

佳純ちゃんがノーブラか確認する。

「シンちゃん、恥ずかしいよー」

服を捲くり上げると、確かにノーブラです。

服の時はまだしも、体操着の時はノーブラってわかっちゃいますねー。 ムフ。報告はメールでしてもらいましょう。

いってらっしゃい!

火曜日まで、びっしりバイトです。

昼過ぎ、佳純ちゃんからメールで報告。




わかりやすくすると…

体育の時間、今の体操着は白いTシャツのような生地に紺の短パンなので、ノーブラの場合、思いきり透けちゃうみたい。

案の定、友達にノーブラを指摘され、朝慌ててて、つけわすれた。と言い訳。

そのまま体育に出る筈が、担任(女性)に、そのままじゃ恥ずかしいだろうし、男子の目もあるから。と、担任のタンクトップ(なんで持ってんだー)を借りて、そのうえから体操着を着たそうです。

想定外だ……担任が女性だったのか……

というわけで、ほとんど罰ゲームにならず、終了です。担任、なんて事してくれたのよ。

火曜日まで、特に何もなく、バイト漬け。

六月の十日(土)、十一日(日)を休みにしたので、丸々休みは七日しかない。

大変ではあるが、バイトを四つ掛け持ちしている方が金にはなるので仕方ない。佳純ちゃんに、十日にディズニーランドいこうか?とメール。すかさず、返信がきた。

本当!?やったぁ!

ですと。

俺自身は何度かディズニーランドには行った事があるので、それはいいとして、やはり、佳純ちゃんと一緒なのが…ムフ。

六月五日(月)

この日は昼からバイトなので、朝、佳純ちゃん家で朝食をいただきました。

「加藤さん、本当にいいんですか?佳純をディズニーランドに連れていっていただけるなんて」

「いいんですよ、本当に」

「すみません、本当に。佳純ったら、毎日その話ばっかりなんですよ」

「女の子にはディズニーランドは夢の国ですから、楽しみなんですよ」

「楽しみだなぁ」終始笑顔の佳純ちゃん。

その日の夜遅く。

バイトから帰宅した俺はメールをチェック。

ほとんど佳純ちゃんから。(笑)

一通ずつよむと……

その中で、佳純ちゃんが水曜日に友達の真実(仮名)ちゃん俺の部屋に遊びに来ていいか?という内容のメールが……真実ちゃん……おお!あの、ナイスバディのだっちゅーの!ポーズで写メを送ってきた子か!

んーしかしそうなると、佳純ちゃんとエッチできないなぁ。

しかし、真実ちゃんとはお近づきになれるチャンス!ここはOKしておくか。

佳純ちゃんとはディズニーランドで……ムフ。

火曜日。

ん?知らないアドレスでメールが来ている。

真実でーす!スミちゃんからアド教えてもらっちゃいましたぁ。

明日、おじゃましますネ!と、ピースサインの真実ちゃんの写メ付き。

む…カワイイ。

とりあえず、お待ちしてます。と返信しておいた。

佳純ちゃんと他愛のないメールを交換しながら、

水曜日……

うーむ。迷う…DVDカメラを買おうか?レンタルでいいか?デジカメにするか?とりあえず、電気屋へ向かった訳だが。

結局、デジカメにした。DVDカメラはいまの所はレンタルにしておこう。

佳純ちゃんからメールで、今から行きますよー。

急いで帰ろう!

部屋に戻り、二人を待つ。

しばらくして、二人がやってきた。

「シンちゃん!真実ちゃんつれてきたよー」

「河原真実です」おお!

おっぱいデカ!!

真実ちゃんは佳純ちゃんより少し背が高い。しかもとても小学生とは思えない巨乳!

それでいて童顔な真実ちゃん。

「おじゃましまーす」

「真実ちゃん、シンちゃんだよ!」

「よろしくね、真実ちゃん」

「よろしくお願いしますー」明るい子だねー

もう六月、暑くなってきて、服装も薄着になってきてます。

真実ちゃんのブラが透けて見えます。いやあ、形の良さそうな、柔らかそうなおっぱいだぁ…

「シンちゃん!」

「ん?」ぼーっとしていたみたい。

「ゲームしたい」

「ああ、いいよ」

二人がゲームに興じている間、俺は買ってきたデジカメの取説を見ていた。

それに気付いた佳純ちゃん。

「あーっ!デジカメだ!買ったのー!シンちゃん!」

「ん?そうだよ。ディズニーランドで佳純ちゃんを写そうと思ってさ」

「わーい!嬉しいな。あ、試しに今撮ってぇ!真実ちゃんと」

「いいよ」

デジカメで二人を撮りまくった。

それをテレビに繋いでみてみた。

「きゃはは!変な顔してるー真実ちゃん」

「スミちゃんだってー」

楽しそうだねー

しかし、突然、真実ちゃんが、

「…私も行きたいな…ディズニーランド…」

と、ボソッとつぶやいた。

それを聞いた佳純ちゃんは、

「真実ちゃん、ディズニーランドいったことないん?」

「…うん。両親忙しいから…あんまりお出かけとかしないんだぁ……」

ムフ……意外な展開になってきたな。

佳純ちゃんは真実ちゃんをかわいそうだと思ったらしく、

「シンちゃん…真実ちゃんも一緒じゃダメ?」

キタキタ!もちろんOK!でも……

「佳純ちゃんもそうだけど、ご両親の許可がないとダメだよ。勝手には連れていけないからね」

「わかりました」

真実ちゃんは何やらメールを打っている。

ま、両親が許せば連れていってあげるし、ダメなら佳純ちゃんと二人で…ムフ。そして、俺も交じり、再びゲームに興じる。

「わー、シンちゃんうまーい!」

当たり前です。

佳純ちゃんと真実ちゃんはゲームに夢中。

真実ちゃんはダボダボの長袖シャツを着ているので、まえかがみの時にブラを覗ける。

ん?チラチラ見てるのがばれたのかな?真実ちゃんがニヤッと笑った。

満更でもなさそう?

佳純ちゃんはゲームに夢中で気付いていない。

真実ちゃんがまた何やらメールを打った。

直後、俺のケータイに着信。

真実ちゃんからだ。

えっち!

の一言。

あちゃー。ばれてた。

でも真実ちゃんは笑顔。

ムフ…これはもしかして…

「あーあ、やられちゃったー」

しばらく、ゲームをしていると、真実ちゃんがケータイをみはじめた。

「スミちゃん、私のお母さん、佳純ちゃんと一緒ならディズニーランド行ってもいいって!」

マジ?

「わー、ほんとにー?」

と、佳純ちゃんは俺を見た。

「じゃ、一緒に行く?」

「はい!」

「わー!よかったねー、真実ちゃん!」

二人はニコニコだ。

ムフフ…カワイイ小学生二人とディズニーランド……疲れそうだな……

その後はディズニーランドの話題で盛り上がる。

こりゃ、楽しみだ。

ディズニーランドにはクルマで行く事に。俺はもちろん、クルマなんか持っていないので、レンタカーを借りる事にする。

そうこうするうち、夕方になり、真実ちゃんは帰って行った。

「シンちゃん、ごめんねー」

ん?何が?

「真実ちゃんもディズニーランド連れていってくれて」

「本当は佳純ちゃんと二人で行きたかったなぁ」

まあこれは半分マジで半分はウソ。真実ちゃんの俺にたいする態度も満更でなさそうだからね。ディズニーランドで一気にお近づきになるチャンス!

「えー?本当にー?シンちゃん」

佳純ちゃんが俺に抱き着いてきた。

「本当だよ」俺はベロチューした。

「うれしい…」

「また今度は二人で行こうね」

「うん…」ベロチュー。

「ご飯、佳純ん家で食べるでしょ?」

返事の代わりにベロチュー。

佳純ちゃんが俺のジュニアをまさぐる。

「今日はエッチできないから、佳純ちゃんの口でしてくれる?」佳純ちゃんは返事の代わりに俺のジーンズを下ろして、濃密なフェラをしてくれた。

明日はジジイに抱かれる日か……

「佳純ちゃん、気持ちいいよ!たまんないよ!」

佳純ちゃんはジュニアをくわえながら、上目使いでニコッと微笑んだ。

「う…くくっ…」

「んぐ!んぐ…」

「うあっ!出るよ、佳純ちゃん!」

佳純ちゃんは、ジュニアをくわえたまま射精を待つ。「おぅっ!おぅっ……」

「んぐふ……んぐ」

当たり前のように飲んでくれた。

「ふー。気持ちよかったよ、佳純ちゃん」

「いっぱい出たね、シンちゃん」

「あ、そうだ!明日、佳純ちゃん、大家さんとエッチだね」

「うん」

「佳純ちゃんがイクの我慢できたら…ディズニーランドで好きな物プレゼントしてあげるよ!」

「え!ほんと?わー。えーとね、デッカイプーさんのぬいぐるみが欲しい!」

「いいよ」

「よーし、我慢するぞー!」多分できません。

「我慢できなかったら、罰ゲームだからね」

「えーーー」膨れっ面になる佳純ちゃん。カワイイ。

「罰ゲーム、どうしようかなぁ…」

「恥ずかしいのはヤダからねっ」

「ディズニーランドにノーブラでいく事!」

「えー!?ヤダよー。真実ちゃんも一緒なのにー」

「ダメ。嫌なら真実ちゃんだけディズニーランド連れていこうかなぁ?」

「…ひどいよぉ…」

「決定ねー。さ、佳純ちゃん家いこうか?」

「シンちゃーん!他の罰ゲームになんないのー?」

「ダーメなんない」

「ふぇーん」


告白体験談関連タグ

|||||||

【友達】まだ続々々々々・隣の少女【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年5月29日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ