相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】続・餓鬼がプールで②【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


(3)

ノーパンの妻はその後かなり飲んだようだ。

さすがに酔っぱらってしまうってことは無かったけど、

普段よりはアルコールが入っていたと思う。

9時も過ぎたころ息子の希望で、全員を泊っていって貰うことになった。

妻に岡島君ら3人の自宅へ電話をさせて、今夜はお泊りと決まった。

息子は3人と一緒に寝たがったのだが、明朝妻の両親から旅行に誘われていたから。

今夜はゆっくり自分の部屋で寝る様に命令した。

寝不足だと車の中で気分が悪くなったりするからね。

少年三人は、俺たち夫婦の横の和室に寝てもらうことになった。

風呂から上がって来た妻を抱きしめると、下着とパジャマを剥ぎ取り、

前戯もそこそこに後ろから挿入する。

後ろからのし掛かりながら、妻の耳にささやく、

「今日プールで触られたろう?」

妻は懸命に顔を横へ振っていた。




声が出ない様に否定をしているのだろう。

先ほどまで、微かに話声がしていたとなりの部屋から

まったく物音が聞こえなくなった。

リビングキッチンなどは改装しているが、元々は祖父の代から使っていた古い家である。

寝室と和室の間には木製の引き戸があるだけで大きな声を出せばすぐに聞こえてしまう。

枕元の灯りは付けているから、その気になれば、

戸の隙間から俺たちの姿はよく見えるはずだ。

触られて少しは感じたんだろう?

あくまでも妻は否定しているが、こちらは現場を見てるからね。

今日一日興奮していたせいか、隣にギャラリーがいたせいか、

思いのほか早く行ってしまった。

妻が逝って無いのは判っていたけど、少しだけ計算もあった。

もしこのまま、俺が外出でもしてしまったら・・・。

今夜はどんな夜になるのだろうか?

その想像だけで、ドキドキしてしまう。

今夜二度目のシャワーを浴びて寝室へ戻ってきた妻へ、

取引先から連絡があったと告げた。

仕事柄、真夜中でも呼び出しがあるのには慣れているので、

妻はすぐに私の外出の手伝いをしてくれた。

入り口は施錠して出かけるし、飲んでるからタクシーをひろう旨を告げて、

11時ごろ家を出た・・・・・ふりをした。

(4)

玄関のドアを閉める音をさせて、こっそりと座敷の方へ廻った。

古い家だから使って無い部屋もあるし、鈴木君たちが寝てる部屋と寝室は

広縁を通じても行き来できるようになっている。

まさか妻の方から3人が寝てる部屋へ行くはずもないと思ったので、

夫婦の寝室にある床の間、その書院の裏に身をひそめた。

書院の明りとりの窓は障子でできており、手入れが良くないせいか何カ所か破れ目がある。

そこから覗くと、もうすでに3人が神妙に妻の前に正座をしている。

鈴木君が廊下へ出ていき二階の息子の様子を見に行ったようだ。

寝付きだけは良いやつなので、まず明日の朝まで起きる心配は無いだろう。

その間も松井君は熱心に妻を説得している。

岡島君は3人の中でも一番身体が大きく中学生と言っても通りそうな雰囲気をしている。

ただ、一番のんびりとしていて・・・・まぁ所謂ぼーっした感じの男の子で、

鈴木君はぐっすり息子は眠ってると妻に告げているようで、妻は腕を組んで考え込んいるように見えました。

やがて意を決したように、妻はパジャマの上をゆっくり脱ぎ始める。

正面に岡島君が座り妻の胸を凝視しています。

胸のあたりにうっすら日焼けの跡がのこり、今日鈴木君と松井君を楽しませた

乳房は3人の眼に晒されています。

立ちあがった妻はパジャマのズボンをのろのろと降ろして行きます。

下着一枚になった妻に対して3人の包囲網はずっとせまくなりました。

鈴木君と松井君が左右から妻の下着に手を伸ばします。

彼女は脱がされまいとしゃがみこみましたが、子供たちの手は容赦なく下着を

足首の方へ引っ張ります。

仰向けに倒されたまま、下着を離そうとしない妻の手の指を

一本一本開かせて、それを抜き取ってしまいました。

寝室の明るい照明の中、真っ白な妻の乳房と

細い柔らかい毛で飾られた小さな丘が晒されていました。

それまで眼を見開いたまま妻の身体を凝視していた岡島君は猛然と乳房に襲い掛かります。

まるで噛みつくように乳首を吸いもう片方の手で左の乳房をもみしだきます。

妻は苦痛に耐える様に眼を閉じていました。

まだ独身のころと変わらず、甘く感じてしまうその唾液を味わうために

松井君が唇をむさぼります。

鈴木君は妻の足の間に身体を割り込ませると、

その秘部に顔を近づけ、指を差し込んでいるようにみえます。

やがて、指だけでは物足りなくなったのかあるいは本能なのか、

その顔は直接押しつけられているようです。

唇を吸われながら切れ切れに「やめなさい」と言ってるようです。

やがて松井君のペニスが妻の唇へ押しあてられます。

妻は躊躇なくそれを含みます。

身体を折り曲げられ大きく開かれた股間を容赦なく鈴木君の舌が侵食します。

両方の乳房を握り締め、左右の乳首を吸い上げられ、内出血したような赤々とした

突起は硬くとがっているように見えます。

鈴木君は妻の股間から顔を上げると妻の脚を折り曲げたまま、腰を進めます。

妻の手が彼の肉茎を捕らえると、自らの中へ導きます。

これ以上近づくことは不可能に見える様に、二人の身体は交わっているようです。

そして、ゆっくりとぎこちなく、前後へ身体が揺れ始めます。

その慣れていない動きに、妻の身体は応えていました。

きっと先ほど私が味わった気持ちよさと

同じような感覚を鈴木君は味わっているのだろう・・・。

いや、初めての粘膜と粘膜の摩擦は、息子の同級生には強すぎる刺激のはずです。

先ほどの中途半端なセックスで妻の欲望は不完全燃焼。

昼間受けた悪戯と、短すぎるセックスで爆発寸前のはずでした。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【人妻・熟女】続・餓鬼がプールで②【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月2日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ