相互リンク先の更新情報!

【友達】幼馴染ー小学生ー故障ーソープ!?【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


こんにちわ。今回は皆さんに僕の子供の頃の体験談を発表したいと思います。





小学生のころは僕は私立に通っていました。そのなかで僕と唯一家の近かったさとみ(仮名)と一緒に帰っていました。家が近かったせいかすぐに家の両親と彼女の両親は仲良くなりお互いの家に遊びに行くほどでした。彼女はとってもかわいくてクラスメートはみんな一緒に帰れる僕の事をうらやましがっていました。





小学6年のある日、僕と彼女の両親は一緒に飲みに行くといって2人を僕の家において行ってしまいました。テレビも見終わって何をすればいいのか途方にくれていると、「夕食でも作らない?」と言ってきました。僕も了解して2人でクッキングを始めました。笑いながら食材を選んでいる彼女といったらもう・・・。やばっかったス。





料理を食べ終えたら彼女は突然お風呂にはいると言い出しました。なのでお風呂を沸かしてあげました。リビングで彼女の入浴をジーッと待っているのもどうにもやりきれないので「もういいや!全裸で入っちゃえ!」と男の決心をつけました。勢いよく全裸になった

僕は風呂へ突入しました!





「きゃー」と小さく悲鳴を上げた彼女は丁度肛門を念入りに洗ってるところでした。「ごめん、さとみちゃん・・。僕も入っていいカナ」。そういうともちろん彼女は怪訝そうな目で僕を見ています。そのとき、おっぱいとアソコを一生懸命隠していたんですが、僕が夢見たさとみチャンの幼いマンコが丸見えでした。「で・・出てってよぉ!祐ちゃん!」と彼女は泣き叫びました。少しヤバイかと思い僕も出ようとしたんですがなんと扉が壊れてて。「ごめん、ドア壊れてて」。彼女は勢いよく浴槽へ飛び込みました。








10分経過・・・。





あまりに寒くなった僕は彼女に浴槽に入れてもらうように交渉しました。初めは拒否してたのですがあまりに寒がる僕をみて良心が痛んだのでしょう、しぶしぶ入れてくれました。浴槽に入るときの僕の興奮といったらもう、はちきれそうでした(下も)。

いうのを忘れていましたが家の浴槽はそう大きくはありません。なので僕がはいると

彼女の胸に足の裏、太ももに太もも、お尻の先同士がピッタリとくっついてしまいます。

少しでも体をよじらせようものならあのかわいいさとみちゃんとヌメヌメと擦り合います

。もう息子はパンパンでした。彼女も興奮したのかモジモジしています。そこで僕はだめもとで「ねぇシャンプーで遊ばない?」と誘ってみました。するとなんと返事は「ウン」。{笑顔}!キターーーーーーーー!!





外に出て彼女の裸を改めて見ました。胸は小学生らしくふくれ、乳首はもちろん薄ピンク色。毛は生えていませんが見事な縦筋のアソコでした。そこら辺の石鹸を使って体同士でヌメヌメ!ときどき当たるおしべとめしべ!いつの間にかディープキスもして二人の知ってるギリギリの大人の行為を楽しみました。





「祐ちゃんのおちんちんおっきー!」とシャンプーのついた手でいじられるとたまらず初射精をしてしまいました。それもシャンプーとまざりまた二人で30分くらい絡みあいました。気持ちよかったー。





両親が帰ってくるまでになんとかドアをあけて二人は一緒にソファーで寝ました。





今では25歳になりましたが彼女とは唯の友人関係のままです。

さて明日は久々にソープでの時の体験を思い出すかーー!





皆さん、どうだったでしょうか?こんな僕の淡い経験で萌えてくれたら幸いです。


告白体験談関連タグ

|||

【友達】幼馴染ー小学生ー故障ーソープ!?【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月2日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ