相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】家庭教師と怪しい嫁2【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


息子のために家庭教師が来るようになった。

先生の悠斗君は、俺の思惑もありルックスで選んだようなものなので、とにかくイケメンだ。

だが、顔だけじゃなく本当に息子に対して一生懸命で、丁寧に接してくれる。

嫁に対しても接し方が上手で、上手くおだてたり褒めたりしてくれて、嫁もまんざらではない感じだ。



そして、実際に息子の成績も目に見えて向上し、副次的な効果で俺と嫁の夫婦仲も向上した。

単純に、若い男が週2で出入りするということで、俺が変に嫉妬して、嫁もそれを利用して俺を燃えさせて来る。それでセックスの回数が増えて、なおかつセックスの内容も濃くなった。



先生には頭が上がらないと思っていた。







先生が風邪をこじらせて家庭教師を休んだときに、嫁をお見舞いに行かせた。

結局何もなかったと言うことだが、ノーブラで帰ってきたり、怪しいところが多々あった。








そんなことがありながらも、先生とは夕食に行くだけではなく、休みの日にバーベキューに行ったりするようにもなっていた。



息子も大喜びで、先生も楽しそうにしている。

俺は先生に無理しなくても良いと言ったが、本当に楽しんでいるようで、逆に先生からお誘いもかかる。



嫁は、先生のことをかなり気に入っているようで、今ではかなり打ち解けた感じだ。

嫁は35歳になるが、最近若返った気がする。ダイエットにも気を遣っているようで、ウエストもくびれが目立つ。胸も、もともとFカップくらいあったのだが、痩せたのに胸のボリュームは変わっていない感じで、もっとカップが上がった感じがする。

最近暖かくなってきたので、バーベキューなどに行くとかなり薄着になる。



そうすると、本当に胸が主張しまくるので、他の男達の目が気になって、ちょっと心配になる。





今日は海辺でバーベキューをしているが、息子と先生は浜辺で楽しそうに遊んでいる。

「ホント、良い先生で良かったね。お兄ちゃんが出来たみたい。」

嫁は目を細めて嬉しそうに言う。



「そうそう、それにイケメンだから、優子も嬉しいしねw」

ちょっとからかうように言うと、

「ホント、悠斗さん来るの、楽しみだもん!」

そう返された、、、



実際に、今日の嫁はデニムのショートパンツに、8分丈のカットソーという若い格好だ。

ローライズっぽいので、お尻の上のところで、チラチラ下着が見える。

いわゆる見せパンなんだろうが、見ていてドキドキする。



先生は、この露出が高めの嫁に対して、どう思っているのだろうか?





そして、食事の準備を始める。

食材を切ったりし、バーベキューコンロに火をつけていく。

先生は料理も得意なので、手際よく準備をしていく。

嫁と二人でどんどん準備をしていくところを見て、嫉妬のような感情が出てくる。



楽しそうに、笑いあいながら準備をする二人は、一見恋人同士に見える。



「優子さん、バター取って下さい。」

「あっ、いいよ!私がやるから、ビール飲んでて!」



「優子さんに任せると、イマイチになっちゃいますからw」

「あーーーっ!! 言ったなぁww」

こんな感じで楽しそうだ。先生も、こんな冗談を言うようになっている。

嫁は、怒るでもなく楽しそうに笑っている。



「そうだよ、ママより先生の方が美味しいじゃん!」

息子にもそう言われて、みんなで笑った。



そして、みんなで楽しく食べながら、ワイワイと盛り上がった。

そして、先生が食器などを洗い場の方に持って行こうとする。

洗い場は、結構離れていて不便なのだが、このバーベキュー場はロケーションが抜群に良いので気に入っている。



1度にまとめて持って行こうとするが、かなりの量なので嫁も手伝って持って行く。



息子と二人になったので、砂浜でボールで遊び始める。

結構夢中になり、気がつくと30分以上経っていた。



ふと見ると、先生も嫁もまだ帰ってきていない。

心が少しざわついた。



息子に休もうと言って、クーラーボックスからジュースを取り出して飲む。

息子は楽しそうだ。先生は、あれくらいの歳の男の子としては珍しいと思うのだが、子供が好きな感じだ。本当に、息子と楽しそうに遊んでくれる。



遅いなと少し不安に思いながら待っていたら、やっと二人とも戻ってきた。

皿なんかを抱えて戻ってきた二人。



「お待たせ!混んでて時間かかっちゃったよ。」

何となく言い訳がましいと思った。



先生は、ちょっとソワソワしている感じがした。俺の方をあまり見ない感じだ。

何となく怪しいと思っていると、

「よーーし、ボールで遊ぼうよ!」

そう言って、先生が息子と砂浜にかけだした。





嫁と二人きりになる。

「お疲れ様。洗い物、大変だったね。」

「え?あ、そんなことなかったよ。先生も手伝ってくれたし!」

動揺するところが妙に気になる。



「先生とデートはいつするの?」

いきなり言ってみた。

「えぇっ!? なに言ってるの?」



「したくないの?」

「そ、それは、そんなわけないじゃん!」

動揺しすぎだ。



「別に良いのにw 正直に全部話してくれるなら、何してもOKだよ。内緒でなんかするのはダメだけどさw」

そう言った。



すると、嫁が黙り込む。凄く真剣な顔になる。



「ごめんなさい、、、  さっき、、、  悠斗さんの、お口でしました、、、」

うつむきながら、申し訳なさそうに言う。

あぁ、、、やっぱりか、、、



そう思ったが、俺は先生のことが凄く気に入っている。兄弟みたいに感じている部分もある。

なので、怒りはまったくわかなかった。



「口だけなんだ。もうやってるかと思ってたのにw」

できる限り明るく軽い口調で言う。



「ごめんなさい、、、 最後まではしてないです、、、」



「いいよ!そんな謝ることないし。先生となら全然OKだからw」

「本気で、、、言ってるの?」



「本気本気w やっぱりお見舞いに行ったときにしたの?」

「うん、、、 体拭いてたら、、、凄くもっこりしてて、、、  からかってるうちに、お姉さん風吹かせて、調子に乗って口で、、、」



「やっぱりw ブラしてないとか、怪しすぎるだろw」

「ごめんなさい、、、 次の日取りに行ったんだ、、、  慌てたし、いけないことしちゃったから動揺してて、、、」

「口だけなのに、ブラ外したの?」

「、、、ごめんなさい、、、  どうしても胸が見たいってお願いされて、、、  あ!でも、触られてもいないしホントそれだけだから!」

「信じるよw ていうか、口でしたら胸くらい触らせても同じじゃん?w」



「それは、、、けじめというか、、、」

俺は吹き出した。





そして、嫁の手を引っ張って歩き出す。

「え?どこ行くの?」

不安げな嫁を引っ張っていく。



まだ夏ではないので、シャワーブースは閉鎖されている。だが、簡単に入れるので、嫁を引っ張って入っていく。





そして、シャワーカーテンを引いて一応の密室になると、嫁にキスをした。

荒々しく、舌を吸い、唇を噛み、なめ回した。

嫁は、すぐに息が荒くなり、俺に抱きつきながら舌を絡める。



俺は、嫁を立ちバックの姿勢にして、ショートパンツを下着と一緒に膝まで下ろす。





そして、そのまますぐに生で挿入した。

嫁は、案の定すでにグチョグチョに濡れていて、挿入するとのけ反って嬌声を上げる。

「あなたぁ、、、 ダメ、声我慢できない、、、  聞かれちゃうよぉ、、、」

このシャワーブースは、トイレのすぐ横で、自販機も前にあるので、結構人が通る。



シャワーブースと言っても、簡単なカーテンだけで仕切られているので、声は筒抜けだ、、、



俺は、嫉妬で半分狂いながら腰を振る。



「先生のは大きかったのか?入れて欲しかったのか!?」

「あ、ぐぅ、、、 あなたの方が大きい、、、  でも、、、凄く堅かったのぉ、、、  口でしてて、、、、 あぁ、、、 欲しくてたまらなかったぁ、、、 あぁ、、、やぁぁ、、、」



「飲んだのか!? 先生の出したの、飲んだのか!」

「飲み、、ましたぁ、、、 ああぁ、、 ダメ、、イク、、 あなたぁ、、、もう、、、あぁ、、」



人が今外にいたら、完全にアウトだと思うほどの声だ。それでも俺の嫉妬から来る暴走は止まらない。



「キ、キスは!? したのか!?」

「うぐぁ、あ、、 あなた、、、 あぁ、、 ごめんなさいぃ、、、 お見舞いの時にぃ、、、 帰り際に、軽く唇で、、 あぁ、、  でも、、、 軽く触れただけ、、だからぁ、、、  もう、イク、、、イッていい? イッていいっ!?」



ガクガク体が震え出す。嫁は、この人がいつ来るかわからないシチュエーションのせいか、先生とのことを思い出してなのかはわからないが、恐ろしく高ぶっている。



「先生としたいのか!?」

「あぁ、、ヤァ、、、 言えない、、、」



「したいんだろ!?」

「ううぅぁぁあぁ、、、 したい、、、  ゴメンなさいぃ、、したいです! 悠斗さんとしたい!キスして抱かれたいぃっ! あぐぅ、、、イクっ!!」

そう言って、体を前に折るように倒れ込んでいく。

そのタイミングで射精したので、嫁の尻や背中にたっぷりと精子がかかった、、、





俺が、荒い息のまま立ち尽くしていると、嫁が起き上がって俺のチンポをくわえた。

「あなた、、、 凄かった、、、  頭真っ白になった、、、  本当に、ごめんなさい、、」

お掃除フェラをしながら謝る嫁。

今までこんなことをされたことはない。

俺は、先生が来る前は、女を捨てていたような感じだった色気を失った嫁が、こんなにも妖艶な感じになったことに嬉しくもあり、不安でもあった。



そして、慌てて身繕いをしてバーベキューブースに戻る。



まだ二人は砂浜でボールを追いかけていた。

夕焼けに照らされて、砂浜を駆け回る二人はとても絵になっていた。





そして片付けをして撤収した。



俺が息子と遊んでいるときに、草むらで先生は嫁にフェラをしてもらって、ゴックンまでしてもらっていた、、、

だが、怒りはわかない。

より親密になった気がしたし、もっと色々としてみたくなった。









それはすぐに実行された。

週末の家庭教師の日に、息子を実家に遊びに行かせた。

そして、俺はリビングの横の和室に隠れていることにした。

和室とリビングの間のふすまの前には、ソファが置いてある。

リビングから和室へは出入りしないので、そうしている。



嫁には、ソファで先生と色々するように命令した。

自由にして良いとだけ言った。



嫁は

「あなた、、、 本気、、なの?  怒らない?離婚しない?」

約束すると

「わかりました、、、」

戸惑いながら言うが、微妙に嬉しそうにも見える。



「笑顔になってるよw」

「あ!ばれた?w」

もう軽口がたたけるようになっている。浮気したくせに、女は強い。





そして、俺は靴を下駄箱の中に隠し、和室に入って気配を殺した。



しばらくするとインターフォンが鳴った。



「こんにちは!優子さん、今日も綺麗ですねw」

先生が、本気とも、からかうとも取れる口調で嫁を褒めながら入ってきた。

「あっ!先生?今日お休みにしてませんでしたっけ?」

嫁がすっとぼけた演技をする。

「えぇ!そうでしたっけ?颯太君は?」

「実家に行っちゃってます。」

「そうですか、、、 僕の勘違いですね、、、 すいません、、、」

先生は悪くないのにこんな事を言う、、、 こんなところも好感が持てる。





「ゴメンねw わざと言わなかったんだ、、、 まあ、上がってお茶でも飲んでってw」

嫁が意味深なことを言う。これは、俺が先生の立場だったら、ゾクゾク来ると思う。

「え?それって、、どういう、、、 あ、あぁ、お邪魔します。」

そう言って入ってくる。



「今日は旦那帰るの凄く遅いんだ、、、 ご飯食べてく?」

「え!それは、まずいというか、、、 帰らないと、、、」

先生が動揺している。イケメンな割に、意外と女性経験が少ないのかもしれない。



「まあまあ、座って待っててw」

襖のすぐ向こうで、ソファに座る音がした。

俺は、心臓のドキドキが先生に聞こえるのではないかと不安になるほどドキドキだった。



「おまたせぇ! つまみ、こんなのしかないけど、、、」

「え?ビールですか?お茶は、、、」



「私と飲むのはイヤ?」

「そんなことないです!はい、頂きます!」

なんか、先生は嫁と二人だとこんな可愛いんだと思った。それにしても、嫁のお姉さん風というか、痴女風というか、AVのような言い方に興奮が凄い。





「じゃあ、かんぱーーいw」

「乾杯!ていうか、何にですか?」



「決まってるじゃん!二人の夜に、、、よw」

「ぐぅぅ」

先生が、声の代わりに変なうめき声みたいなのを上げた。

思わず、笑いそうになって慌てた。





「でも、本当に悠斗さんには感謝しているんだよ。旦那も言ってたけど、颯太に凄くよくしてくれるでしょ?お兄さんが出来たみたいで喜んでるもの。ありがとうございます。」

「そんな!颯太君のできが良いだけですよ。それに、僕もこの家に来るのはホント楽しみですから。実家遠いから、なかな帰れないですけど、ここ来ると実家にいるみたいに落ち着きます。」



「いいのよ。ママって呼んでもw」

「イヤ、それは、、、w」



「そうだよね。普通はママに口でさせないもんねw」

「あ、え、、すいません、、、」



「立ってるw」

「あぁ!ごめんなさい。」

がたんと音がした。



「うわぁ! ヤベ!」

ビールがこぼれる音。

「あ、待って!脱いで!タオル持ってくるから!」





バタバタして、落ち着くと

「ごめんなさい、、、 どうしよう、、、」

「大丈夫、すぐ洗うから、乾燥機ですぐよ。」

「ごめんなさい。」



「いいから、謝らないの! ていうか、謝りながらもピンピンだw」

「あっ!! 優子さん!」

嫁が何かしたようだ。





襖のすぐ向で、下半身裸?タオルを巻いた?先生と、嫁がいる。

しかも、先生は勃起していて、嫁はつつくか触るかしているようだ。





俺は、はっきりと自覚した。

俺には寝取られ願望があると。

嫁が、先生に犯されるのを望んでいる。



それは、すぐにも叶いそうだ、、、





「タオル外すよ。  ふふふw そこも拭かなきゃだねw」

「優子さん、、、 僕、、、 あぁ、、、 そんな、、、」

「堅いねw こんなにお汁出して、エッチな先生だなぁw」



「優子さん、、、して下さい、、、、」

先生がか細い声でお願いする。



「何を?言わなきゃわからないよw」

「優子さんの、、お口で、、、  僕のチンポくわえて下さい、、、」





「はーーいw 頂きますw」

「あっ! 優子さん、、、あぁ、、」



嫁がノリノリなのがわかる。





しばらく先生の荒い息づかいだけが続く。



「優子さん、、、お願いします、、、 また、胸、、、見せて下さい、、、」

「じゃあ、脱がしてw」



しばらくして、衣擦れの音がかすかにする。

「あぁ、、優子さん、、、綺麗です。」

「ホントに? もう、すっかりおばちゃんだから、恥ずかしいよ、、、」



「そんなことないですって!ホントにスタイルいいし、、、 胸とくびれが、、ヤバいです、、、」

「悠斗にそう言ってもらうと、メチャメチャ嬉しいねw」



とうとう呼び捨てだ、、、





「あれ、、あれ、、、」

「もしかして、ブラ外したことないの?」

「え、は、はい、、、」



「もしかして、悠斗って、その、、、経験、、、少ないの?」

嫁が不思議そうに聞く。



「、、、、ないです、、、」

「ないって? もしかしてまだ童貞って事!?」



「、、、はい、、、」



「ウソだぁ! モテるでしょ? モテるに決まってるよね?」

「それは、、、はい、、、結構言い寄ってもらうんですけど、、、 僕、好みがちょっと、、、あれなんで、、」



「あれって?」

「、、、年上が好きなんです、、、  たぶん、マザコンが入ってると思います、、、」



「へぇ、、、 信じられないなぁ、、、  こんなイケメンなのに、、、、  じゃあさ、じゃあさ、私は年上だからどうなの?」

嫁が、明らかにハイテンションで聞く。



「どストライクです、、、 ストライク過ぎて、思わず見送るくらいのど真ん中です。」

「嬉しい!ホント!お世辞じゃないの?」

痛いくらい舞い上がっている。



「こんな事言ったら、、、ダメなんですけど、優子さんに会いたくて来てるようなものです、、、」

「うわぁ、、、 キュンとした。 ねぇ、、、  ん、、、  はぁ、、、  ん、、」

クチュクチュ音が聞こえる。



すぐ、1mもないくらいの近くで、嫁が他の男とキスをしている、、、

なのに怒りではなく、興奮が駆け巡る。



「ハァ、、 凄い、、 溶ける、、、」

先生が思わずつぶやく。



「もしかして、キスも?」

「この前のが初めてです、、、」



「私がファーストキス? ホントに!? うわぁ、嬉しすぎる、、、」

「僕も嬉しすぎますw」



「でもさ、今までの家庭教師先では、、、、  その、、 なかったの?」

「え?あぁ、ないです。 こんな綺麗な人、いないですから。」

「もう!こんなにときめかせて、どうするつもり!」

嫁のハイテンションぶりが凄い。本当に嬉しくて仕方ない感じだ。





「そう、そこを寄せて、、、 手前に倒す感じで、、、 」

「凄い、、、綺麗です、、、、」



「、、、いいよ、、、 触ってみて、、、」

「、、、はい、、」



「ん、、 あ、、、  ん、、、」

嫁の吐息が漏れる。



「優子さん、、 乳首、、、凄く堅いです、、、」

「あ、ふぅ、、 そう、、乳首も、、、興奮すると勃起するんだよ、、、  そう、、つまんで、、、  あ、はぁぁっ! 」



しばらく、嫁の吐息と先生の荒い息づかいが続く。



「くぅん、、あ、ひ、あぁ、、  悠斗、、舐めて、、、  乳首、舐めてぇ、、、」



「ああ、あぁぁ、ア、凄い、、、 気持ち良いよぉ、、、  悠斗、、、 そう、、そっちも、、、  あ、ふぅ、ン、んぁ、、  軽く、、噛んで、、、 ああっっ!! そう! 凄い、、、気持ち良いよぉ、、」





「優子さん、、、 その、、下も、、、見たいです、、、」

「脱がせて、、、」



「あぁ、、凄い、、、、 綺麗です、、、、」

「恥ずかしいよぉ、、、  そんなに見ちゃダメぇ、、、」



「優子さん、足広げて、、、」

「あぁ、、 ダメぇ、、、」

「凄い、、、 光ってる、、、  濡れてるんですか?」

「そう、、、悠斗に、、、乳首舐められてぇ、、、  濡れちゃった、、、 」



「広げて、、、下さい、、、」

「はずかしいよぉ、、、 ヤァ、、、 見ないで、、、」

「優子さん、、垂れましたよ、、、、」

「ヤァァっ! 言わないでぇ、、」





「、、、ねぇ、、、 悠斗ぉ、、、  触って、、、くれる?」

「いいんですか?本当に、いいんですか?」

先生が凄く緊張している。





「早くぅ、、、  ああああっっっ!!!! そう、そこ! あぁ、、、だ、、め、、、、」

「凄い、、  熱い、、、グチョグチョだ、、、」



「そこ、そう、皮、、、剥いて、、、あぁ、、 それ、、そう、、、 あぁっ! ハァ、ハァ、 ん、くっ! あああああ!  だ、めぇ、、、、 つまんだら、、、 そ、、あおぉ、、あ、ア、 悠斗ぉ、、、  お願い、、、  クリ、、、、  舐めてぇ、、、」

「はい!」

先生が嬉しそうに返事をした。



「あァん!ヒ、ひぃ、、、 ひゃうん! ア、ひぃ、、 そ、、う、、、 悠斗、、、上手、、、  ダメ、、だ、、  悠斗ぉ、、、 ダメぇ、、、  手、、握ってぇ、、、 あぁ、、イクぅ、、、」

「あぁ、凄い、、、 優子さん、、、」







「ふぅ、、、  童貞君にイカされちゃったw 凄く上手、、、 たまらなくなっちゃったよ、、、 今度は、私が、、、」

「あっ!優子さん! あぁ、、気持ち良い、、です、、、」





しばらくチュポチュポ音と先生の吐息が続く。



「んんっっ!!!!  だ、めぇ、、、  指、、、入れたら、、あぁ、、、  抜いてぇ、、、」

「優子さん、、、熱くて、、、締め付ける、、、  凄く、、、濡れてます、、、」

「そんな、、ダメ、、、  あぁ、、、 欲しくなるぅ、、、  あぁ、、もう、欲しい、、、 ダメぇ、、、 抜いてぇっ!!」



「何が欲しいの?言ってみて、、、」

先生が、言葉責めのようなことをする。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

【寝取られ】家庭教師と怪しい嫁2【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月2日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ