相互リンク先の更新情報!

【学校】真面目に生きていても【告白体験談】

カテゴリー:学校での告白体験談
tag:


これは僕が大学生だった頃のお話です。

自画自賛という訳ではありませんが

僕はイケメンです。勉強も良くできました。

しかし、僕がそれまでの人生、

幸せだったかというと、全くそんなことはありません。

なぜなら、僕は高校までの間、虐めにあっていたからです。

それはもう酷い虐めでした。







しかし、そんな僕にも大学では友達ができました。

入学式で、たまたま隣の席だった群馬出身のA君

語学の席が隣だった茨城出身のH君などです。

僕の傷ついた心は、彼らによって癒されていき、

GWが明ける頃には笑顔で他人と話せるようになり、




そして、夏休みになる頃には、彼女ができました。



これから語るお話は、その彼女、優佳についてのお話です。

優佳との出会いは、まるで漫画のようでした。



4月に行われた親睦会は立食形式でした。

A君、H君が別の人達と話していたため、

一人でぼうっと突っ立ていると、非常に可愛いい子が声を掛けてくれました。

僕は、何を話して良いやら分からなかったので

「は、はじめまして、」と挨拶しました。

「はじめましてじゃ、ないですよぉ。忘れちゃいました?」

「え?」

僕は女の子の顔をまじまじと見ました。



黒目がちな目は大きすぎず、唇も厚すぎず知的で上品な雰囲気

少し童顔ながら整った顔立ち。



「あ!」少ししてピンときました。



メイクをきちんとしていたので、以前と雰囲気が全く違ったため気づきませんでしたが、

肩まである真っ直ぐな黒髪と色白な肌が、とても印象的だったため、ようやく思い出すことができました。



彼女と初めて会ったのは受験の当日でした。

僕は、地下鉄の出口付近でキョロキョロしている彼女、優佳に声を掛けられました。

「あのぉ、すみません、道を教えてください。○○大学の戸山キャンパスへ行きたいのですが・・・」

彼女は青森から出てきて、受験前日に新宿のホテルに1泊したのですが、

地下鉄の出口を間違えてしまって、他の受験生も居なくてキョドってしまったようでした。



僕は地元出身で、たまたま、その出口が自宅から受験会場までの通り道だったのですが、

僕の受験会場は、彼女とは別のキャンパスでした。

僕は腕時計を見ました。『戸山キャンパスまで行っても間に合うかな』



「戸山キャンパスは、少し方向が違います。僕も受験生ですので、良かったら途中まで一緒に行きますよ。」



彼女は飛びっきりの可愛い笑顔で『ありがとうございます』と頷きました。



歩きながら、彼女が青森出身であること、僕と同じ学部が第一志望であることなどを話しました。

少し歩くと受験生達の波に合流できたので、僕の受験会場は違うキャンパスだからと言って彼女と別れました。

別れ際、彼女は「え?違うキャンパスだったのですか?そんなぁ、どうして言ってくれなかったのですかぁ?」と

少し騒いで、周囲の人達にジロっと見られたので、僕は慌てて「じゃあ、頑張りましょう」と言って逃げるように立ち去りました。



そんな出来事があって、二人とも無事に合格して4月に再会を果たしたわけです。



優佳と付き合うまでの間には、優佳に数人の男が言い寄ったり、

僕の方も、入ったサークルで3年の先輩に言い寄られたりなど、紆余曲折があって

結局、優佳から告白される形で、交際がスタートしました。



優佳は地方出身者特有のお洒落さがなく、地味な恰好を好む傾向がありました。

その当時も現在と同じように、丈の短いショートパンツが流行っていましたが、

優佳は恥ずかしがり屋なのか、足をモロに露出するようなショートパンツを履くのは嫌だったらしく

他の女子大生とは違って、いつも膝丈くらいのスカートかズボンを履いていました。



しかし、ある時、何度目のデートだったか覚えていませんが、

優佳は、ライトブラウンのショートパンツを履いてきました。

太ももの上の方までが完全に露出する短いものでした。

現在のようにレギンスが流行っていなかったので、白い綺麗な脚が眩しく

黒のシャツとの組み合わせも良く似合っていて

僕は見惚れてしまい「今日の服、とてもいいね。」なんて言ってしまいました。

優佳は「勇気を振り絞っちゃった」なんて言って照れてました。



恵比寿周辺を散策して楽しい時間を過ごしましたが、広尾の方まで足を伸ばしたのがいけませんでした。



あいつらに出会ってしまったのです。高校時代、僕を虐め抜いた村松と高野達です。

頭の悪い奴らではないのですが、高校生でありながら、箱と称してクラブのような場所に出入りしては酒を飲んでいるような者達でした。



彼らは僕を見つけると当然のように、近寄ってきました。

奴らを前にすると、僕はトラウマから蛇に睨まれた蛙になってしまいます。

まだ16時くらいだというのに飲みに行こうと誘われました。

もちろん優佳も一緒にです。

会った時から、優佳を舐めるように見ていることにも気づいていました。

それでも僕は断れず、優佳に「どうする?」と尋ねて、選択を優佳に委ねてしまいました。

優佳は僕の様子がおかしいことに気付いたのでしょう、「少しだけなら」と了承しました。



そして

渋谷の外れにある高校時代の同級生がバイトをしているというバーに連れていかれました。



着いて早々に「あれやってよw」と言われ、高校時代にやらされたことがある瓶ビール一気飲みをやりました。

優佳と何処で知り合ったかなど、どうでも良いことを話しながら、優佳も僕もカクテルなどを飲まされました。

話が途切れると、再度「あれやってよw」と言われ、ビール瓶に手を伸ばすと「違う」と言われました。



僕はウィスキーの角瓶を口に咥えながら、横目で優佳を見ました。

不安そうな顔をする優佳に、村松が「こいつ、酒、めっちゃ強いんだよ」と言っているのを聞いた所で

吐き気に耐えられなくなりトイレに駆け込みました。

どれくらいの時間、トイレに籠っていたのか分かりませんが

戻ってきた僕の目に飛び込んできたものは、

僕の正気を失わせる程のものでした。



あのライトブラウンのショートパンツ。

優佳のショートパンツの隙間に

村松の手が潜り込んで、モゾモゾと動いていました。

「な、何やってんだよ!!」

僕は冷静ではいられず、村松に怒声を浴びせてしまいました。



「見て分かるだろ?w 優佳ちゃんと遊んでるんだよ。」



優佳を見ると、明らかに様子がおかしく

目をしっかり開けているのに、ぐったりしていて、村松を払いのける様子もありません。



「ふざけるな!!優佳に何をしたんだよ!!」



「こいつ、怒ってるよw どうするよ?」

「放っておいていいでしょw」



僕は優佳を連れ出そうとして、へらへらしている、村松達の輪に割って入りました。

しかし、すぐに押さえ付けられてしまいました。



「無粋なことをw」

「そうそう、人の恋路を邪魔する奴は、死刑だぞw」



村松は優佳のショートパンツから手を抜いて

今度は胸に手を伸ばしました。

嫌々っと優佳の手が緩慢に動きましたが、村松がその手を払いのけると

そのままダラリと無抵抗になってしまいました。



「優佳!!大丈夫か!!」

明らかに優佳の様子がおかしく、僕は大声で叫びました。

しかし、優佳は僕の方へ目を向けただけで返事はありませんでした。



「心配するな、これだよ」

粉末が入っている袋を見せられました。



「こいつ理科大の薬学部だから、ってわけじゃないけど、すぐに動けるようになるから安心しな」



「その前に、だいぶ気持ち良くなるけどなw」

言いながら村松は、優佳のシャツのボタンを外していきました。



「ヤ、ヤメロ!!」

止めようと必死になっても二人掛かりで抑えられていて身動きができません。



「こんなカワイイ子、お前だけの彼女じゃ勿体ないよ」

言いながら、今度は高野が優佳の膝から太ももまで手を這わせました。



僕は喚きながら暴れました。



「多少のBGMは心地良いけど、あまり煩いのは勘弁w」



村松がそう言うと、腹と顔に衝撃を受けました。



「当然だけど、あの薬、違法薬な。お前が騒ぐと優佳ちゃんも困るんじゃないか?」

「将来有望、一流大学だしね」



殴られ脅されても喚き続けていた僕は、倒されて床に押し付けられ、

店のバイトが近づいて来て、ダスターを僕の口の中に突っ込みました。



「肌、白いね〜ツルツル。18だっけ17だっけ?」

知らない男の声が聞こえましたが、床に頬ずりさせられた状態では状況が分かりません。



『ぽとっ』と音を立てて

あのショートパンツが、床に落ちました。

この時、弱い自分が情けなくて涙が出ました。



「おら!」

突然、僕は無理やり上半身を起こされました。

状況を把握できるようになりましたが、

今までソファに座っていたはずの優佳が居ませんでした。



「こっちこっちw」

村松の声がする方を見ると・・・



「な、なんということを・・」



優佳は一人掛けのソファに座らされていました。

全裸に剥かれて、大きく開かされた脚が、肘掛けに乗せられていました。



村松はニヤニヤしながら優佳の両手を持って、

万歳のように頭上へ上げさせ、

僕に見せつけるように二の腕の辺りから胸まで、ゆっくり手を這わせてから乳房を揉みました。



僕は必死に目を閉じて、首を振りまくり、虚しい抵抗をするだけでした。



村松、高野、中原、、、と、次々に優佳を嬲り者にしました。



散々弄んだ後で、村松達は「優佳ちゃんは送ってあげよう」と言って

車で出ていきました。



僕は、一人店に残され、ただ呆然としていました。



その日以降、優佳が僕に話しかけることはありませんでした。

村松と付き合ったという話も聞きませんでしたが、

時々会っていたようです。



優佳は某製造メーカーに就職しましたが現在は知りません。

村松は某大手商社勤務で後に親の会社を継ぐようです、高野は公務員です。

僕は、不動産仲介業に先日就職しました。高校出たばかりの女性先輩に使われています。

(完)


告白体験談関連タグ

||||||

【学校】真面目に生きていても【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月3日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

このページの先頭へ