相互リンク先の更新情報!

【学校】初体験は。。【告白体験談】

カテゴリー:学校での告白体験談
tag:


長い前ふりすいません。

中三の一月。下校時刻になったので、俺(以下T)は一人足早に駐輪場にやってきた。チャリの鍵を外した時に、後ろから声をかけられた。

自分の数少ない女友達「K」だった。

彼女は白い息を吐きながら、その場に膝まついた。どうやら走ってきたようだった。

「いた…よかった…。」

『どうしたんだよ?息切らして』

彼女は少し間をおいて息を整えた。

そして一言、「会いにきた…」と言った。

『……なんで?』

「うん…ちょっとついてきて」

彼女はそう言って、俺の手を引いて校舎に戻った。

彼女はクラスでも明るく、日頃からウザいと言われる俺が声をかけても答えてくれる素直な子だった。

顔は上の下くらい。ソフトボール部だったので運動はできるし、体の肉付きが完璧で、胸は少し小さいがクラス内の人気も男女関係なく高かった。

彼女は俺をホームベースへ連れて行った(教科教室型の学校で生徒たちがたわむれる場として設置されていた)

「単刀直入に言うよ?」




『ん…なに?』

「Tが大好き。。ウチと付き合ってください…」

俺は押し黙ってしまった。罰ゲームか、それともドッキリか、そんな余計なことを考えていた。

20秒くらい(たぶんもっと長い)してから腹をくくって口を開いた。

『いいよ…俺も好きだし』

「ほんとに!?」

大きな声で彼女が言った。俺は『本気なんだ』と感じ取った。

『声でかい!!』

「ごめん。」

『本気で喜んでるなら…これで許してあげる。』

そう言って、俺は彼女の唇に唇重ねた。(Kが162で俺が170だからちょうどよかった。)

俺は上手いキスの仕方なる物を知っていて苦しくはなかったのでファーストキス(本気の)を存分に味わったが、

彼女は知らなかったようで10秒くらい無抵抗の後俺の胸を軽く叩いた。

また息を切らしている彼女をみて少し悪い気もしたが、素直じゃ無いので笑ってごまかした。

「いきなりすぎるよ…初めてだったのに」

そう言ってむすっとする彼女はむちゃくちゃかわいかった。

そこまでは良かったのだが、沸騰直前のムラムラが爆発しそうになった。

彼女の上目遣いが更に追い討ちをかけた。

友人のロッカーからコンドー君を持ってきてはち切れそうなMyマグナムを包んだ。

 

後は承諾を得るのみ。彼女は一言…

「いいよ…好きなようにして?」

あいにく俺の理性はぶっ飛んでしまい、Myマグナムはズボン下に着ているものを破ってしまった。(後で母に何したの?と聞かれたが、雪で滑って破れたと適当に言っておいた。)

そして、彼女の服の中に手を入れた。

続く。。


告白体験談関連タグ

|||||||

【学校】初体験は。。【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年6月5日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

このページの先頭へ